ラベンダーを育てる方法

この記事には:準備をする苗を植える世話をする

ラベンダーは香りが非常に良いハーブです。美しい花を咲かせるので、観賞目的で育てている栽培者も少なくありません。栽培に適した場所と、多少の園芸の知識さえあれば、ラベンダーは簡単に育てることができます。この記事を読んで、ラベンダーの育て方を学びましょう。

1
準備をする

  1. 1
    日当たりの良い場所を選びましょう。ラベンダーは地中海原産のハーブです。そのため、暖かくて日当たりの良い場所を好みます。直射日光が1日8時間以上当たる場所を選びましょう。可能であれば、ラベンダーが風で倒されないように壁やフェンスで囲みましょう。[1]
  2. 2
    水はけの良さを確認しましょう。湿気はラベンダーにとって大敵です。場所を選ぶ際は、水はけの良さを最優先に考えましょう。空気をたくさん含んだ、軽くてふかふかの土がラベンダーの栽培には最適です。[2]
    • 水はけが悪い場合、土に珪砂を混ぜましょう。珪砂を混ぜると、「水はけが良くなる」「土が固まりにくくなる」「日光を反射するので、植物に当たる日光の量が増える」などの様々なメリットが得られます。寒くて湿度の高い地域にお住まいの場合は特に効果的です。[3]
    • 或いは、レイズドベッドを利用しましょう。最も水はけが良いのは斜面の上部、もしくは側面の板に近い部分です。[4]
  3. 3
    土のpH値を確認しましょう。ラベンダーは弱アルカリ性の土を好みます。理想的なpH値は6.7~7.3です。[5]土壌酸度計を使ってpH値を調べましょう。土壌酸度計はホームセンターや園芸店で購入できます。
    • アルカリ度が足りない場合は、土に石灰を混ぜましょう。混ぜる石灰の量は、土の種類や現在のpH値によって変わります。[6]
  4. 4
    ラベンダーを購入しましょう。家庭で栽培できるラベンダーには多くの品種がありますが、どの品種がうまく育つかはお住まいの地域の気候次第です。園芸店やホームセンターでは、その地域の気候に適した品種が売られているはずです。不安な場合は苗に付いているラベルを確認するか、お店の人に尋ねてみましょう。[7]
    • マンステッド、及びヒドコートは、特に耐寒性が強い品種です。
    • ラベンダーは種から育てることもできますが、あまり推奨されない方法です。ラベンダーの種は種皮処理、及び冷却処理が必要な上、発芽までに一ヵ月近くかかります。

2
苗を植える

  1. 1
    穴を掘りましょう。ラベンダーを植えたい場所に、移植ごてを使って穴を掘ります。穴の大きさは、広げた根がちょうど入るぐらいが目安です。[8]
    • ラベンダーを鉢植えで育てる場合は、かなり大きめの植木鉢を用意しましょう。ラベンダーは、地上部分に比べて根が非常に大きい植物です。[9]
  2. 2
    培養土を用意しましょう。まず、先ほど掘った穴の中に、1分(直径数ミリ)サイズの丸い小石を2握りほど入れます。その上から、カップ半分の石灰、発酵堆肥、骨粉を入れて、よく混ぜましょう。ラベンダーの生長に最適な培養土ができあがります。混ぜ終わったら、上から軽く土をかけておきましょう。[10]
    • 小石は水はけを良くするため、石灰は土のアルカリ度を上げるために入れます。骨粉と堆肥は、ラベンダーの初期の発育に必要な栄養源になります。[11]
  3. 3
    苗に水をやりましょう。育苗ポットから出す前に、苗に水を与えます。そのまま、1時間以上放置してから植えましょう。根が十分に水分を含んだ状態で植えることができます。ただし、水浸しにしてはいけません。[12]
  4. 4
    剪定しましょう。苗を植える前に、軽く剪定しましょう。剪定することによって、形が綺麗になるだけでなく、茎の間の風通しを良くしたり、生長を促進させたり、茎の木質化を防ぐことができます。茎の木質化は、ラベンダーの栽培においてよく起こる問題です。茎の間の風通しは、湿度の高い地域にお住まいの場合は特に重要です。[13][14]
  5. 5
    根鉢の土を落としましょう。育苗ポットから苗を出して、根鉢の余分な土を慎重に落としましょう。根をできるだけ剥き出しにした状態で植えます。こうすることで、ラベンダーは新しい環境に短期間で適応できます。[15]
  6. 6
    苗を植えましょう。先ほど掘って培養土を作った穴に、苗を植えます。培養土に根が直接触れないように注意しましょう。培養土には予め、土を軽くかけておきます。根を穴に入れたら、周りの隙間を土で埋めましょう。最後に、土を上から軽く叩いて押し固めます。[16]
    • ラベンダーを複数植える場合は、90cmほど間隔を空けて植えましょう。風通しの悪化を防ぐと同時に、生長に必要なスペースを確保できます。[17]

3
世話をする

  1. 1
    年に一回、肥料を与えましょう。ラベンダーは手間が殆どかからない植物です。肥料も、年に一回だけ与えれば十分です。春の初め頃に、堆肥と骨粉を混ぜたものを土の上に軽くまきましょう。[18]
    • 新しく植えたラベンダーには、最初の水やりが終わった後、土が乾いてから肥料を与えましょう。
  2. 2
    水は控え目に与えましょう。上でも書いた通り、湿気はラベンダーにとって大敵です。水不足や氷点下の気温よりも、根が水浸しになることの方が致命的です。実際、ラベンダーの栽培に失敗する原因として最も多いのは、春先、新しく植えたラベンダーに水をやり過ぎたというものです。水は、まとまった量を7~10日に1回だけ与えましょう。[19]
    • 土が十分に乾燥するまで、次の水やりは控えましょう。ただし、ラベンダー自体を乾燥させてはいけません。[20]
    • 寒い地域にお住まいの場合、水はかなり控えめに与えましょう。夏になって気温が上がり、土が乾燥するようになったら水やりの頻度を増やしましょう。頻度は、7~10日に1回が目安です。
    • ラベンダーを鉢植えで育てている場合は、水が植木鉢の底に溜まることなくきちんと排水されているか、こまめに確認しましょう。
  3. 3
    雑草の発生を防ぎましょう。ラベンダーの周囲を、薄くマルチングしましょう。雑草の発生を防ぐことができます。砂、砂利、貝殻など、明るい色のマルチング材を使用しましょう。[21]マルチングは、霜が降りた際の根の保護にもなります。
    • マルチングに木材を使用してはいけません。木は水分を吸収するため、根腐れの原因になります。
  4. 4
    剪定しましょう。年に一回、ラベンダーを剪定しましょう。理想的なタイミングは春、その年の生長が始まる直前です。また、春になってラベンダーが生長したら、その部分を3分の1から2分の1ほど刈り込みましょう。剪定バサミやヘッジトリマーを使用して、綺麗に丸く仕上げましょう。[22]
    • 新しく生長した部分は、葉が付いている枝から分岐して細長く伸びているはずです。また、枝が伸びるのと同時に、蕾も現れ始めます。この時期は、肥料を与える理想的なタイミングでもあります。
    • 剪定することで、新たな生長が促進されます。また、不規則に大きく広がるのを防ぐことができます。
    • 剪定し過ぎると、生長を止めてしまうので注意しましょう。
  5. 5
    花を収穫しましょう。茎の一番下の花が開き始めたタイミングで収穫しましょう。ラベンダーが最も活力に溢れ、香りが一番強くなるのがこのタイミングです。収穫する際は茎の根元の、葉が付いている付近を切りましょう。[23]
    • 収穫後は、その年に生長した部分を剪定しましょう。生長が促されるため、秋にもう一度花が咲く可能性があります。
    • 花がほぼ全て開いてしまったラベンダーは、ハーブとして使うには手遅れです。ドライフラワーを作りたい場合は、花が4分の3ほど開いたタイミングで収穫しましょう。
    • ラベンダーを乾燥させる際は、茎を輪ゴムで束ねて逆さに吊るしましょう。暖かく、暗く、乾燥した部屋で10~14日ほど吊るします。[24]
    • 乾燥させたラベンダーから花だけを集めたい場合は、金属ふるいを使いましょう。バケツの上にふるいを置いて、その上でラベンダーの束を転がします。
    • ラベンダーを部屋に飾りたい場合は、収穫した花を花瓶に入れましょう。ただし、水を入れてはいけません。水を入れると茎が柔らかくなり、花がすぐに落ちてしまいます。[25]

ポイント

  • 通常、ラベンダーの葉は灰色がかかった緑色、或いはシルバーグレイです。ただし、一部の品種の葉は明るい黄緑色です。全ての品種が簡単に手に入るわけではありません。欲しい品種が見つからない場合は、オンラインショップやカタログで探してみましょう。
  • ラベンダーは真夏に花を咲かせます。花の色は、ラベンダー特有の灰色や鮮やかな青紫色など、品種によって様々です。他にも、白やピンクや黄緑の花を咲かせる品種もあります。花は小さいため、開いていても遠目には蕾のように見えるかもしれません。花は、尖った茎の先端部分に付きます。
  • ラベンダーは多年生の植物です。品種にもよりますが、30~90cmほどの高さに育ちます。直射日光が1日6時間以上当たる場所に植えましょう。ラベンダーの耐寒性区分は5~10です。植える際は、株と株の間を40cm以上離しましょう。
  • ラベンダーの茎は、古くなると木質化して硬くなります。そして、他の多年生の植物と比べるとあまり枝分かれしません。移動が必要になった場合は、春、ちょうど生長が始まったタイミングで素早く移植しましょう。ラベンダーは取り木で増やすことができます。
  • 一部の品種(マンステッドなど)は種から育てることができます。或いは、春になると苗を購入することができます。人気のある品種はグロッソ、プロヴァンス、ロイヤルパープル、グレイレディ、ヒドコートです。

注意事項

  • ラベンダーは根腐れを起こしやすい植物です。水を与え過ぎてはいけません。特に冬場は、水やりの頻度を最小限に留めましょう。

出典

  1. http://www.hgtv.com/outdoors/flowers-and-plants/herbs/10-tips-for-growing-lavender
  2. http://www.hgtv.com/outdoors/flowers-and-plants/herbs/10-tips-for-growing-lavender
  3. http://bonnieplants.com/growing/growing-lavender/
  4. http://bonnieplants.com/growing/growing-lavender/
  5. http://bonnieplants.com/growing/growing-lavender/
  6. http://yardcare.toro.com/restore/restoring-a-tired-lawn/step-3-adjust-your-soils-ph/
  7. http://sunshinelavenderfarm.com/planting.php
  8. http://www.sunset.com/garden/flowers-plants/guide-planting-care-harvesting-lavender
  9. http://www.sunset.com/garden/flowers-plants/guide-planting-care-harvesting-lavender
続きを 表示する… (16)

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む18人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 園芸・ガーデニング | 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

English: Grow Lavender, Italiano: Coltivare la Lavanda, Français: cultiver de la lavande, Deutsch: Lavendel anbauen, Español: cultivar lavanda, 中文: 种植薰衣草, Português: Cultivar Lavanda, Русский: вырастить лаванду, Bahasa Indonesia: Menanam Lavender, Nederlands: Lavendel verzorgen, العربية: زراعة الخزامي, Tiếng Việt: Trồng hoa oải hương

このページは 1,644 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?