ラミネートフローリングは、傷や歪みを防ぐために定期的に掃除をする必要がありますが、刺激の強い洗浄剤を使用すると筋が付いたり、ラミネート加工が破損する可能性があります。通常の掃除は、乾いたモップを用いて定期的に行う必要がありますが、より念入りな掃除をする際には、ぬるま湯や刺激の弱いクリーナーを使用するとよいでしょう。この記事では、ラミネートフローリングの最適な掃除方法をいくつか紹介します。

方法 1 の 5:
一般的な掃除方法

  1. 1
    定期的にフローリングの掃き掃除をする 数日に一度、乾いたダストモップを使ってフローリングの表面全体を掃除し、日常的な汚れを取り除きましょう。[1]
    • ラミネートフローリングは比較的傷が付きにくい素材ですが、過度の汚れ、髪の毛、ゴミなどを長期間放置しておくと、傷が付いてしまう恐れがあります。定期的に掃除をすることで、そのような傷を防げるでしょう。
    • 乾いたダストモップの代わりに、掃除機に柔らかい毛のブラシのノズルを取り付けて掃除をしてもよいでしょう。
    • 一般的な床用ブラシを使用してはいけません。硬い藁状の毛によって、フローリングの表面が傷つく恐れがあります。
    • ラミネートフローリングのタイルが並べられている方向に沿って掃除をしましょう。こうすると、フローリング材の溝の間に落ちているゴミを取り除くことができます。
  2. 2
    液体をこぼしたら、すぐに拭き取る 液体がこぼれたら、即座に布やスポンジで拭き取りましょう。
    • 水を含め、液体を長時間フローリングに放置したままにしてはいけません。液体が残っていると、ラミネート加工の保護層にシミが付着したり、破損する可能性があります。
    • 乾いた布で余分な液体を吸い取りましょう。
    • 液体をこぼした箇所を掃除する前に、布やスポンジを湿らせてから、余分な液体を拭き取っておきましょう。
    • 柔らかく乾いた布で濡れている場所を拭いて乾かします。フローリングが濡れている状態で放置してはいけません。
  3. 3
    念入りな掃除をする際には、スチームクリーナーやポリッシャーではなく、モップを使う ラミネートフローリングは他のフローリングに比べて強度が低いため、スチームクリーナーやポリッシャーなどの機器を使うとすぐに破損してしまいます。汚れが目立ってきたら、一生懸命モップがけをしてきれいにしましょう。何度かモップをかける必要があるものの、ラミネート加工にはモップがけのほうが安全です。
    • 何を試しても汚れが落ちない場合は、清掃業者に連絡をして作業を依頼してみるのもよいでしょう。
  4. 4
    より洗浄力の高いクリーナーが必要な場合は、酢や低刺激の洗剤を使用する 他にも、ラミネートフローリング用の表示がある市販の製品も使用可能です。ただし、少量でも効果があるため、説明表示をよく読んで製品を正しく使いましょう。
    • 表面がピカピカになるという宣伝文句のクリーナーを使用すると、フローリングにワックス状の蓄積物が残る可能性があるため、使用を控えましょう。同様に、松の香りがする製品をラミネートフローリングに使ってはいけません。くすんだ石けんのような残留物が付着する場合があります。[2]
    広告

方法 2 の 5:
湯を使用する

  1. 1
    バケツに湯を入れる 熱湯でなくても構いませんが、ぬるま湯よりも高い温度にする必要があります。
    • 数ヶ月に1度、またはフローリングの広範囲が泥だらけになったり著しく汚れたりした場合に、徹底的に湯で濡らして掃除をする必要があります。
    • ラミネートフローリングの掃除には、一般的に湯の使用が最も適した掃除方法の1つとされています。正しく掃除を行えば、筋が残りません。また、湯は最も刺激の弱いクリーナーとなるため、ラミネート加工の保護膜を破損する可能性が最も低いでしょう。
  2. 2
    モップを湯に浸して絞る スポンジモップを湯に浸して絞り、軽く湿っている状態にしましょう。
    • 一般的なスタイルのモップも使用できますが、スポンジモップのほうが湿り具合の調整がしやすいでしょう。
    • モップは、よく絞ってから使用するようにします。水でさえも、フローリングに溜まっている状態のまま放置すると、シミになったり歪んだりする可能性があります。そのため、モップは軽く湿らせる程度にして、ラミネートフローリングの掃除を行いましょう。
  3. 3
    徹底的にモップがけをする[3]  フローリングの中央から掃除を始め、端に向かって全体にモップをかけましょう。
    • 他の方法としては、部屋の片側から反対側に向かってモップをかけてもよいでしょう。一方で、部屋の端から中央に向けてモップをかけることだけは、避けるのが得策です。掃除が終わって部屋を出る際に、モップがけをしたばかりの箇所が乾く途中に、その上を横切って歩かなければならないからです。
    • ほとんど濡れていない状態のモップを使って掃除をするため、途中で何度か湯に浸して絞る必要があるかもしれません。
  4. 4
    フローリングを乾燥させる フローリングがほとんど湿っていなければ、自然乾燥させましょう。ある程度湿っている場合は、清潔で乾いたマイクロファイバークロスで拭いて乾かします。
    • 研磨剤入りの布を使うと、フローリングが傷つく恐れがあるため、使ってはいけません。
    • ラミネートフローリングに水が溜まっている状態のまま、長時間放置してはいけません。
    広告

方法 3 の 5:
酢を使用する

  1. 1
    酢と水を混ぜた溶液を作る 約950~1000mLの容量のスプレーボトルに、ホワイトビネガー60mLを入れます。ボトルの残りのスペースに普通の水を入れ、よく振って混ぜ合わせましょう。[4]
    • ラミネートフローリングに泥がこびりついている時や、その他の汚れが付着して色褪せたりくすんだりした場合には、薄めた酢の溶液が特に効果的です。
    • 原液の酢は研磨力が強すぎるため、使用時に水と混ぜ合わせる必要があります。
    • 他の方法でも、同じような酢ベースの溶液を作ることができます。酢80mLに、液体の食器用洗剤を3プッシュ分とぬるま湯4Lを加えて、混ぜ合わせましょう。
  2. 2
    溶液を少量ずつフローリングに吹きかける 約30cm四方よりも狭い部分だけに、溶液を吹きかけましょう。
    • 一度にフローリング全体に溶液を吹きかけてはいけません。溶液は、ほぼ即座に拭き取る必要があるため、一度に全体に吹きかけてしまうと拭き取るのに時間がかかり、ラミネート加工の保護膜が徐々に破損する恐れがあります。
  3. 3
    湿らせたモップや布で溶液を拭き取る 溶液をフローリングに吹きかけた直後に、湿らせたタオルモップやスポンジモップで拭き取りましょう。
    • 柔らかいマイクロファイバークロスも使用可能です。ただし、研磨剤入りのモップや布は使用してはいけません。
    • モップや布は、必ず絞ってから使用しましょう。また、フローリングを水浸しにしたまま放置してはいけません。水分を長時間放置すると、フローリングが歪む原因になります。
  4. 4
    フローリングを乾燥させる 大量の溶液がフローリングに残っている場合は、乾いたマイクロファイバークロスで吸い取って乾かしましょう。
    • 溶液が少量しか残っていなければ、自然乾燥させましょう。この場合は、ラミネート加工の破損を心配する必要もありません。
    広告

方法 4 の 5:
低刺激の洗剤を使う

  1. 1
    バケツに湯を入れる 大きなバケツにぬるま湯よりも少し高温の湯を約4L入れます。
    • 熱湯でなくても構いませんが、ぬるま湯よりかなり高い温度にする必要があります。
  2. 2
    低刺激の洗剤やベビーシャンプーを加える ベビーシャンプーまたは低刺激の食器用洗剤大さじ2杯(30mL)を湯に入れてかき混ぜます。[5]
    • 香り付きや色付きの食器用洗剤を使用すると、筋が付いたりラミネート加工にダメージを与えたりする可能性が高いため、使用してはいけません。
    • ベビーシャンプーは、ラミネートフローリングに使用できるほど低刺激です。一方で、一般的な大人用のシャンプーの使用は控えましょう。
    • 石けんが溶けて泡立つまで、洗剤と湯を手で混ぜ合わせましょう。
    • 漂白剤やその他の強力な化学洗浄剤などの研磨剤入りの洗浄剤は、使用してはいけません。
  3. 3
    モップを溶液に浸して絞る タオルモップかスポンジモップを溶液に浸します。しっかりと絞り、モップが軽く湿っている状態にしましょう。
    • 泥や雪対策の塩化カルシウムが付着したスノーブーツの汚れや、広範囲の汚れを掃除するには、洗剤入りの溶液の使用が適しています。
    • マイクロファイバークロスも使用可能ですが、狭い箇所を拭くだけでなく、フローリング全体を一度にまとめて掃除するには、モップが適しています。
    • 余分な水分が残っていると、ラミネート加工が歪む原因となります。そのため、モップは水浸しのまま使用せずに、軽く湿っている程度まで絞ることが大切です。
  4. 4
    フローリングの片側から反対側に向けてモップをかける 部屋の片側からモップがけを始め、反対側に向けて全体を掃除しましょう。
    • または、部屋の中央から端に向けてモップをかけてもよいでしょう。一方で、部屋の端から中央に向けてモップをかけることだけは、避けるのが得策です。掃除後に部屋を出る際に、掃除したばかりの箇所が乾く途中に横切って歩かなければならないからです。
    • 必要に応じてモップを再び湿らせて絞り、全体をきれいに掃除しましょう。
  5. 5
    フローリングを乾燥させる 少量の溶液のみを使用した場合、フローリングはすぐに自然乾燥するはずです。部屋の反対側を掃除する頃までに自然乾燥しないようであれば、乾いたマイクロファイバークロスで拭いて乾かしましょう。
    • フローリングを水浸しにしたまま長時間放置してはいけません。
    広告

方法 5 の 5:
頑固な汚れを落とす

  1. 1
    血液のシミを落とすには、窓ガラスクリーナーを使用する 窓ガラスクリーナーをシミに少々吹きかけ、ぬるま湯でわずかに湿らせた布ですぐに拭き取りましょう。
    • 研磨剤の入っていないマイクロファイバークロスを使用しましょう。
    • 早めにシミの対処をするほど、汚れが落ちやすいでしょう。
  2. 2
    チューインガムを取り除くには、プラスチック製のナイフを使用する プラスチック製のナイフでガムを剥がしてから、湿らせた柔らかい布で残りのガムをこすり落としましょう。
    • 最大の効果を得るには、ミネラルスピリットで布を湿らせるとよいでしょう。
    • 金属製のナイフは粗く、フローリングに傷が付きやすいため、使ってはいけません。
  3. 3
    炭酸水、ワイン、クレヨンやインク汚れなどを落とすには、湿らせた布で拭き取る このような汚れは通常、軽く湿らせたマイクロファイバークロスを使えば簡単に取り除くことができます。
    • クレヨンの汚れを落とすには、ミネラルスピリットを布に塗布する必要があるかもしれません。
    • 頑固なインクのシミを完全に落とすには、布に洗剤やインク除去剤を少量塗布する必要があるかもしれません。手入れ後は、清潔なぬるま湯に浸した布で、再度汚れの部分をきれいに拭きましょう。
  4. 4
    マニキュア、靴クリーム、やになどの汚れを落とすには、アセトンベースのマニキュア除光液を使用する マイクロファイバークロスにマニキュア除光液を少量塗布し、汚れが浮き上がるまでこすりましょう。
    • 手入れ後は、清潔な水に浸したマイクロファイバークロスで汚れた箇所を拭いてきれいにしましょう。
  5. 5
    ヒールマークや靴が擦れた跡を落とすには、鉛筆用の消しゴムを使用する 汚れが浮き上がるまで、消しゴムでフローリングの汚れをこすりましょう。
  6. 6
    油汚れは凍らせる 保冷剤や冷凍野菜の包装を油汚れに当て、固めます。その後は、プラスチック製のキッチンナイフを使って凍った油を削り落としましょう。
    • 金属製の器具で油汚れを削り取ってはいけません。
    • 残りの油分を拭き取るには、窓ガラスクリーナーを汚れに少量吹きかけてから、湿らせた布で拭き取りましょう。
    広告

必要なもの

  • マイクロファイバークロス
  • ダストモップまたは柔らかい毛のブラシのノズルを取り付けた掃除機
  • 4Lのバケツ
  • ベビーシャンプーまたは低刺激の食器用洗剤
  • タオル地モップまたはスポンジモップ
  • 窓ガラスクリーナー
  • 保冷剤
  • プラスチック製のナイフ
  • マニキュア除光液
  • 鉛筆用の消しゴム
  • ミネラルスピリット

ポイント

  • フローリングの傷、へこみ、破損を防ぐには、家具の脚の下に布などを敷きましょう。
  • ペットの爪を切っておくと、ラミネートフローリングに傷が付くのを防げるでしょう。長い爪を持つペットが家の中で歩く、走る、遊ぶなどすると、フローリングに傷が付きやすくなります。
広告

関連記事

紙に付着した染みを取り除く紙に付着した染みを取り除く
銅製品の汚れを落とす
キャンドルの蝋を落とす
失くしたテレビのリモコンを見つける失くしたテレビのリモコンを見つける
薬品を使わずにノミを退治する薬品を使わずにノミを退治する
汚れているCDの手入れ汚れているCDの手入れ
濡れたカーペットを乾かす
時間が経った犬のおしっこのシミを落とす時間が経った犬のおしっこのシミを落とす
カーペットの臭いを消すカーペットの臭いを消す
家庭でのノミ駆除家庭でのノミ駆除
プラスチックに付いた塗料を落とすプラスチックに付いた塗料を落とす
ゴムを洗うゴムを洗う
服についたバターを取る
窓ガラスについた接着剤を落とす窓ガラスについた接着剤を落とす
広告

このwikiHow記事について

Michelle Driscoll, MPH
共著者 ::
Mulberry Maids設立者
この記事の共著者 : Michelle Driscoll, MPH. ミッシェル・ドリスコルは北コロラドを拠点とするハウスクリーニングとメイドサービスを提供する会社「Mulberry Maids」の社長を務めています。2016年にコロラド州の公衆衛生大学院にて公衆衛生学の修士号を取得しています。
カテゴリ: 掃除
このページは 119 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告