PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ラーメンは簡単ですぐにできるため、仕事が立て込んでいるときや、勉強で忙しい学生にもぴったりの食事です。ラーメンは低価格ですが、栄養価はあまり高くありません。またなかには、ラーメンをまずいと感じたり、麺が柔らかすぎると感じる人もいます。でも実は、麺を完璧な固さに仕上げるにはいくつかのコツがあります。付属のスープの素とは別に、調味料やトッピングを足すのも良いでしょう。時間をかけなくても、ちょっとしたアレンジで、より美味しく栄養バランスの良い食事が楽しめますよ!

材料

  • 水 600mL
  • ラーメン1袋(スープの素付き)
  • 卵、肉、ねぎなどのトッピング(あれば)

方法 1 の 2:
ラーメンを作る

  1. 1
    お湯を沸騰させる 鍋に水600mLを入れます。鍋をコンロで強火にかけ、沸騰させます。[1]
  2. 2
    スープの素を入れてよくかき混ぜる ラーメンに付いているスープの素を開けます。袋の中の粉を沸騰した鍋に入れて、かき混ぜます。[2]
  3. 3
    そのまま1分間火にかける 火にかけることで粉をしっかりと溶かし、次の工程に移る前にスープを十分に加熱しておきます。[3]
  4. 4
    麺を入れる 麺がスープに浸かるよう、箸か木製のスプーンを使って優しく押し込みます。しばらくそのまま押さえておいても良いでしょう。麺は勝手にほぐれるので、半分に割ったり、かき回す必要はありません。[4]
    • 別の鍋にお湯を沸騰させて、麺を調理しても構いません。[5]
  5. 5
    2分間麺を煮込む 麺がほぐれてきたら、箸かトングで麺を取り出します。[6] どんぶりの上にザルを置いて、そのままスープごと流し込んでも構いません。
  6. 6
    麺に風をあてる 風をあてることで、熱で麺が伸びてしまったり、柔らかくなってしまうのを防ぎます。ハンディ型の扇風機や小型扇風機、または硬めの紙やバインダーを使いましょう。[7]
    • 麺を冷水で洗う方法もあります。[8]
  7. 7
    麺をスープに戻す このときに卵や肉、野菜などのトッピングを入れても良いでしょう。[9]
    • トッピングによっては、ラーメンを器に盛ってから最後に入れた方が良い場合もあります。
  8. 8
    ラーメンを器に盛る 大きくて深めのどんぶりにラーメンを入れます。鍋にポーチドエッグや目玉焼きが入っている場合は、一度おたまですくい出してから、最後にラーメンの上に盛り付けると良いでしょう。このとき、炒めた肉などを加えても構いません。
    広告

方法 2 の 2:
ラーメンをさらに美味しくする

  1. 1
    ソースや調味料で味付けをする ソースや調味料の塩分が強い場合は、付属のスープの素を使う量を減らしても良いでしょう。こうすることで、ラーメンがしょっぱくなるのを防ぐことができます。以下に、ラーメンを美味しくする調味料をいくつかご紹介します。[10]
    • ナンプラー
    • カレー粉
    • ポン酢
    • 味噌
    • タイカレーペースト
  2. 2
    香辛料や油、その他の調味料でアレンジする ナンプラーやカレー粉、カレーペーストが好きではない人は、このアレンジがぴったりです。まずは以下を使ったアレンジを試してみましょう。[11]
    • レモンやライムの絞り汁など、柑橘系の汁。食べる直前に入れましょう。
    • ラードやバター、ラー油、ごま油などの油類。
    • 赤唐辛子、コリアンダーシード、胡椒などの香辛料。ただし、コリアンダーシードは食べる前に種を取り除くのを忘れずに。
  3. 3
    野菜を入れて、ヘルシーさをアップさせる ラーメンの仕上げに、美味しくて火が通りやすい野菜を投入してみましょう。火が通るのに時間がかかる、硬めの野菜の場合は、麺を煮込む際に一緒に調理します。以下にラーメンと合う野菜をご紹介します。[12]
    • 火が通りやすい野菜を使うなら、ベビーほうれん草、もやし、ねぎ、クレソンを試してみましょう。
    • 火が通りにくい野菜を使うなら、ブロッコリー、スナップエンドウ、サヤエンドウ、細切り人参を試してみましょう。
    • 生野菜がない場合は、冷凍野菜を使いましょう!あらかじめお湯で30秒間洗い流し、解凍してから使用します。
  4. 4
    卵をのせてラーメンにタンパク質をプラスする ラーメンには塩分やデンプン、脂肪分が多く含まれており、あまり体に良いとは言えません。タンパク質が豊富に含まれる卵を加えれば、ラーメンの栄養価をアップさせることができます。半熟または固茹での卵を半分に切ったものがよく食べられていますが、他の調理法でも良いでしょう。以下にいくつかのアレンジをご紹介します。[13]
    • 固めのゆで卵を作ります。卵は水の状態から入れましょう。殻をむき、半分に切ったら、食べる直前に盛り付けます。
    • 沸騰したお湯で、半熟のゆで卵を作ります。3〜7分茹でたら殻をむき、半分に切って食べる直前に盛り付けます。
    • 溶き卵をまわし入れても美味しくなります。麺とスープが出来上がったら、かき回します。麺とスープが回っているあいだに、溶き卵を注ぎ入れます。
    • 麺の上に卵を落とします。そのまま30秒火にかけます。火を止めて鍋に蓋をしたら、さらに30秒待ちます。[14]
    • 目玉焼きを乗せても良いでしょう。ラーメンとは別に、目玉焼きを作っておきましょう。食べる前に目玉焼きをラーメンの上に盛り付けます。
  5. 5
    肉でタンパク質を加える よく使われるのは薄切りの肉ですが、鶏胸肉や牛肉、豚ヒレ肉を使っても良いでしょう。別の鍋で麺を調理しているあいだに、スープの鍋で調理しましょう。火が通った肉は一度スープから取り出します。スープに麺を加えてから最後に肉を戻しましょう。[15]
    • 肉は少量にしておきましょう。ラーメンとスープの味わいを邪魔しないことが大切です。[16]
    • もっともよく使われるのが豚のバラや肩ロースの薄切りで、本場の味が楽しめます。[17]
  6. 6
    その他のトッピングを試してみる ここで紹介する食材は、スーパーで簡単に手に入るものばかりです。ぜひ最寄りのお店で探してみましょう。以下に、ラーメンと相性の良い食材をいくつかご紹介します。[18]
    • さつま揚げ
    • 大根、レンコン、椎茸の薄切り
    • 刻み海苔
    • メンマ
  7. 7
    出来上がり
    広告

ポイント

  • トッピングや調味料はお好みで量を調整しましょう。ラーメンの主役は麺とスープであることを忘れずに。
  • レモングラスを刻んで入れても良いでしょう。特にシーフードとよく合います。
  • トッピングの食材を入れるときは、丼に近づけて入れましょう。こうすることで、スープが跳ねるのを防ぐことができます。
  • シーフードラーメンを作るなら、いか、えび、かに、鮭などを入れてみましょう。
  • とにかくラーメンに合いそうなものを入れてみましょう。色々と挑戦してみることです。ただし、しっかりと火を通すようにしましょう。
  • コンロがない人も大丈夫です!実はラーメンはコーヒーメーカーや電子レンジでも作ることができます!
  • スープが口に合わない場合は、麺を茹でて、それを好みのソースや野菜と一緒に炒めましょう。
  • 塩やにんにく、味噌、醤油などの調味料をスープに入れてみましょう。[19]
  • ラーメンは早めに食べましょう。時間が経つとラーメンは美味しくありません。1食分が多い場合は、あらかじめ半分だけを調理するようにしましょう。[20]
広告

必要なもの

  • 箸または木製スプーン
  • 深めのどんぶり

関連記事

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算するミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する
クリームチーズを柔らかくする
たくさん食べるたくさん食べる
生卵とゆで卵を見分ける
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
生アーモンドをローストする
スパゲティーソースにとろみをつける
ロックキャンディを作る
牛乳からバターミルクを作る
シチューにとろみをつける
バーベキューでピザを焼く
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
パパイヤの種を食べるパパイヤの種を食べる
ハーブ漬けオリーブオイルを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: レシピ | 調理法
このページは 232 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告