リンゴ酢を飲む方法

3 方法:ダイエット糖尿病対策心臓疾患対策

リンゴ酢とはリンゴを発酵させて作った酢のことで、健康障害の改善に効果があるとされている酢酸を豊富に含んでいます。このwikiHowでは、その様々な飲み方をご紹介します。

1
ダイエット

  1. 1
    殺菌処理を施していない無濾過のリンゴ酢を購入しましょう。スーパーの商品棚に並んでいるリンゴ酢には低温殺菌と濾過処理が施されており、無濾過のリンゴ酢とは成分が異なります。
    • オーガニックのリンゴ酢にもいろいろとあります。高品質のものを選びましょう。
    • 無濾過のリンゴ酢には「マザー」と呼ばれる沈殿物が含まれています。「マザー」とは発酵の手順で残った細菌で、こんぶ茶のそれによく似ています。[1]
  2. 2
    毎食後に、果汁100%のジュースとリンゴ酢で作った気付けドリンクを飲みましょう。グレープフルーツジュース(240ml)とリンゴ酢(大さじ2杯)をグラスに入れて十分に混ぜます。
    • グレープフルーツジュースを好みのジュースに変えることもできます。ただし、糖分が大部分を占める果汁入り飲料ではなく、体に良いビタミンCを多く含んだ果汁100%のジュースを選びましょう。
    • リンゴ酢の味は癖が強いため、それをうまくカバーできるジュースを探しましょう。
    • リンゴ酢の酢酸には、脂肪燃焼タンパク質の活性効果もあります。[2]
    • 低カロリーの飲料や水を食事前に飲むと、少量の食事で満腹感を得られる場合があります。
  3. 3
    リンゴ酢でドレッシングを作りましょう。普段使用しているドレッシングにリンゴ酢を大さじ2杯加えます。
    • ノンオイルドレッシングのほうが健康に良いと言う人もいますが、これは間違いです。オイルはオイルでも、オーガニックのものにはその種類によって様々な健康効果があります。例えば、無精製かつ低温圧搾のココナッツオイルは、極めて純度が高いオイルです。市販されている一般の植物性オイルは健康に良くありません。上質のオイル(ごま油やオリーブオイルなどのオーガニックオイル)を選びましょう。なお、「オーガニック」とは遺伝子組換えでない製品であり、かつ添加物(無機化学物質)を大量に使用していないものを指します。
    • リンゴ酢とパセリ、レモン果汁、ニンニク(1かけ)をフードプロセッサーにかけます。
    • 低カロリーのドレッシングと新鮮な青果を日常的に摂取する健康的な食生活により、グリセミック指数(食品ごとの血糖値の上昇度合いを間接的に表現する数値)が低下し、体重が減少しやすくなります。
  4. 4
    間食の際にはリンゴ酢も摂取して、食欲を抑制しましょう。
    • パンをリンゴ酢と共に摂取したグループは、パンだけを食べたグループよりも満腹感が持続したという研究結果があります(2005年報告)。[3]

2
糖尿病対策

  1. 1
    無濾過のリンゴ酢大さじ2杯(30ml)を大きめのグラス1杯の水に混ぜて、就寝の1時間前に飲みましょう。
  2. 2
    これを毎晩飲むと、体内のブドウ糖濃度が一晩で4~6%減少します。
    • リンゴ酢が2型糖尿病の治療に効果的だとする研究報告もありますが、インスリン治療薬に悪影響を及ぼす可能性もあります。
    • 糖尿病の治療薬を服用している人は、リンゴ酢を摂取する前に必ず主治医に相談しましょう。[4]
  3. 3
    リンゴ酢を食前に飲んで、インスリンと血糖値の急上昇を軽減しましょう。
    • リンゴ酢(大さじ2杯)と水(180ml)、果汁100%のクランベリージュース(60ml)、ライム果汁(少々)を混ぜて飲みましょう。[5]
    • 糖尿病予備軍の人には特に効果があるようです。血糖値が半分まで減少したという報告も複数あります。[6]

3
心臓疾患対策

  1. 1
    普段使用しているドレッシングをやめて、オイルと酢で作ったドレッシングを使いましょう。いつも使っているお酢の代わりにリンゴ酢を用います。
    • オイルと酢を使ったドレッシングを使用すると、心臓病のリスクを軽減できます。
    • 心臓疾患対策には、健康的な食生活を送ることが大切です。飽和脂肪酸は避け、体に良い脂肪(不飽和脂肪酸)を摂取しましょう。
  2. 2
    リンゴ酢を水やお茶、ジュースに入れて飲みましょう。心臓疾患の要因である高血圧のリスクを軽減できる場合があります。
    • ネズミを使った動物実験で、酸酢が心臓疾患の改善に有効であるとの結果が出ています。

ポイント

  • リンゴ酢は、体に無害な洗剤として掃除や青果の洗浄にも使えます。
  • リンゴ酢には治癒効果もあります。肌に塗って菌由来の皮膚疾患やニキビを改善できる場合があります。
  • はちみつ(小さじ1杯)またはステビアエキス(5滴)を加えると、甘味が増して飲みやすくなります。

注意事項

  • ダイエット目的でリンゴ酢を使用する際は十分に気をつけましょう。リンゴ酢を過剰摂取して腎不全を引き起こしたという例もあります。いかに健康に良いものでも、摂り過ぎれば体に悪影響を及ぼします。リンゴ酢ダイエットに取り組む際には、事前にしっかりと調査を行って過剰摂取を防ぎましょう。リンゴ酢の過剰摂取により、塩類その他の欠乏症にかかった場合には塩分を補給しましょう。食卓塩ではなく、ミネラルを豊富に含む有機塩(ヒマラヤ塩やシーソルト)を選びましょう。
  • カリウムを摂取するためのサプリメントとしてリンゴ酢を使用するのは、よく調べてからにしましょう。体内のカリウム量の低下につながる可能性があります(リンゴ酢には大量のカリウムが含まれています。リンゴ酢とカリウム量低下との関係については確固たる証拠があるわけではないため、必ず自身で調査を行いましょう)。関節症や骨粗しょう症を患っている人はリンゴ酢を使うべきではないとする人もいますが、とりわけグレープフルーツの果実またはジュースと共に摂取した場合に関節症が改善したという事例も存在します。特許を得て自身の懐を肥やすために、世間に誤った情報を与え、正しい治療法を教えない業者もいるため、注意しましょう(自然界のもので特許を得ることはできません。そのため、こうした業者はみなさんに関連情報を与えないようにしているのです)。
  • 胃酸逆流症や胸焼け、消化性潰瘍の患者はリンゴ酢を飲んではいけない、と言うのはリンゴ酢についてあまり知識のない人です。実際のところリンゴ酢には、体内pH値の安定化や上記の症状をすべて改善する作用があります(酢は火傷の塗り薬として使用されることもあります)。誤った情報を鵜呑みにしないようにしましょう。
  • 薬剤治療であれ自然療法であれ、体のためを思うのであれば、市販の製品ではなく必ずオーガニックのものを選びましょう(スーパーに並んでいるはちみつやシナモンには本物のはちみつやシナモンは一切入っていないため、オーガニックでない限りは健康改善効果は得られません。)また、はちみつを輸送するには加熱処理が必要となり、品質が低下します。純度の高いはちみつを手に入れるには、地元で購入するのが一番です。
  • リンゴ酢をそのまま飲む場合は気をつけましょう。リンゴ酢は非常に酸が強く、食道に負担がかかる上に味も強烈です。そのまま一気に飲み干したいのであれば、ショットグラスに大さじ1杯のリンゴ酢と同量の水を入れて飲むとよいでしょう。

必要なもの

  • 無濾過のリンゴ酢
  • 計量スプーン
  • グレープフルーツジュース
  • クランベリージュース
  • アップルジュース
  • はちみつ/ステビアエキス/黒糖蜜(モラセス)
  • オイル、ニンニク、パセリ、レモン(ドレッシング用)

記事の情報

カテゴリ: 全般的健康

他言語版:

English: Drink Apple Cider Vinegar, Español: consumir vinagre de manzana, Deutsch: Apfelessig trinken, Italiano: Bere l’Aceto di Sidro di Mele, Français: boire du vinaigre de cidre, 中文: 喝苹果醋, Русский: принимать яблочный уксус, Português: Beber Vinagre de Maçã, Bahasa Indonesia: Meminum Cuka Apel, Nederlands: Appelazijn drinken, Čeština: Jak pít jablečný ocet, हिन्दी: एप्पल साइडर विनेगर पिएँ, العربية: شرب خل التفاح, ไทย: ดื่มน้ำส้มสายชูแอปเปิ้ล, Tiếng Việt: Uống Giấm táo, 한국어: 사과 식초 마시기

このページは 621 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?