PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

リーフティーをいれるために必要なものは、お湯、茶葉、そして茶こしだけです。ただし、茶葉の種類によって蒸らす時間や方法は若干異なります。美味しいお茶をいれるためには、適切な茶葉の量、お湯の温度、蒸らす時間は、パッケージに記載されている説明を参考にしましょう。茶葉の量や蒸らす時間を変えてみたり、お好みの甘味料や牛乳を加えて、ホッと落ち着くような満足のいく一杯を作ってみましょう。

方法 1 の 2:
茶葉の抽出方法の基本をマスターする

  1. 1
    片手鍋かやかんに汲みたての冷たい水を注ぐ 蒸留水や沸かしておいた水は、お茶の味が悪くなるため使いません。汲んだばかりの冷たい水道水を使います。[1] 電気ケトル、やかん、または片手鍋を使ってお湯を沸かしましょう。
    • 住んでいる地域の水道水が硬水(ミネラル含有量が高い)の場合は、より美味しいお茶にするために、市販の飲料水を使うのが良いでしょう。
  2. 2
    70〜100度になるまで水を加熱する お湯から蒸気が出始める、煮え始める、または泡がブクブクと出て沸騰したら火から外します。お茶の種類によっては、茶葉の最上の味を引き出すために、お湯をもっと熱くする、または冷ます必要があります。正確な温度を知るためには、料理用の温度計を使いましょう。
    • 好みによっては、茶葉を加える前に正しい温度になるまで冷ましましょう。[2]
    • 一般的には、白茶と緑茶は、蒸気が出始めるくらいの低めの温度でいれることができますが、ウーロン茶は適度に煮立った温度で、一番美味しく作ることができます。紅茶とプーアール茶は、ぐつぐつと沸騰した高温のお湯が最適でしょう。[3]
  3. 3
    180mlの水に対し2〜3gの茶葉を量る 茶葉の形やサイズは様々なため、体積よりグラムなど重量で量るのが適切です。[4] 体積で量る場合は、小さい茶葉はおよそ小さじ1杯、大きな茶葉ではおよそ大さじ1杯が目安になります。蒸らす時間によって好みの量の茶葉をすくって、茶こし、またはティーポットに入れましょう。
    • ティーカップの容量は180ml程度ですが、ほとんどのコーヒーカップの容量は300〜350mlなので、大きいカップを使う場合は茶葉の量を2倍にしましょう。
    • 使う茶葉の量は好みの問題です。 蒸らす時間を調節しながら、好みの味に近づけましょう。[5]
  4. 4
    お湯を入れて茶葉を3〜5分蒸らす 茶葉に直接お湯を注ぎ、風味が抽出されるまで数分間蒸らします。お茶の種類によって蒸らす時間が異なりますが、パッケージの説明に従いましょう。蒸らす時間がよく分からない場合は、最初の1杯は3分にしてみましょう。そして、 お茶を入れるたびに蒸らす時間を30秒ずつ増やしていけば、満足のいく良い味が見つかるかもしれません。
    • 一般的には、緑茶とウーロン茶は3分、白茶は4分、紅茶とプーアール茶は5分程度蒸らします。[6]
    • 味が渋くなるだけなので、蒸らす時間は5分を超えないようにします。より濃いお茶が飲みたい場合は、茶葉の量を増やして蒸らす時間は同じにしましょう。
    • ハーブティーには葉茶が含まれていないため、長時間蒸らしておいても、渋味が出ることはありません。[7]
  5. 5
    一度抽出した茶葉は取り除く 使用している茶こしの種類にもよりますが、かご綱型の茶こし、金属製やシリコン製のティーインフューザー、フィルターバッグは、抽出が終わったらティーポットやカップから取り出すことができます。濡れた茶こしからしずくが垂れないように、スプーンレストや受け皿に置きましょう。
    • ティーポットに直接茶葉を入れて蒸らす場合は、カップに茶こしをかざしてお茶を注げば、濡れた茶葉が茶こしに残ります。
    • 使い終わった茶葉は、濡れているうちに捨てるか、完全に乾くまで待つと、茶こしから取り出しやすくなります。
    広告

方法 2 の 2:
茶こしを使う

  1. 1
    茶葉を茶こしに直接入れる かご綱型の茶こしをカップかティーポットに入れます。茶葉の量を量って茶こしに入れ、茶葉に直接お湯を注ぎます。しっかり抽出できるように、茶葉をお湯で完全に覆うように注ぎましょう。[8]
    • 3〜5分したら、茶こしと濡れた茶葉を取ります。
  2. 2
    細かく粉っぽい茶葉にはフィルターバッグを使う ティー専門店やスーパーなどで、使い捨てのフィルターバッグを購入しましょう。綱目の茶こしからでは漏れてしまうような、細かい茶葉でお茶をいれたい時に使うと便利です。茶葉が浮いてこないように、フィルターバッグの開口部を水の高さよりも上になるように垂直に持ちます。
    • フィルターバッグは、お茶を1杯だけ作りたい時にも使えて、後片付けも簡単です。
  3. 3
    大きめの茶葉にはかご綱型の茶こしを使う ほとんどの茶葉は、これまでに紹介した茶こしで上手く抽出することができます。使用するカップ、またはティーポットの開口部にきちんと収まる茶こしを選びましょう。容器の中で動いてしまったり、沈んでしまうと、茶葉が漏れてしまいます。[9]
    • 外出先で便利な、茶こし付きのマグやボトルを使ってみましょう。3〜5分間抽出したら、茶葉を捨てるのを忘れないようにしましょう
    • 直接カップに入れられる小さいスティック型やボール型の茶こしは、1杯だけ飲みたい時に、深いかご型の茶こしは、大きなカップやティーポットでお茶をいれる時に便利です。
  4. 4
    大きい茶葉や細かい茶葉にはボール型のインフューザーは避ける 金属製のボール型やシリコン製の茶こしは、遊び心のあるデザインで人気がありますが、実際はあまり実用的ではないことを覚えておきましょう。小さいインフューザーでは、大きな茶葉が水を含んだ時に、茶葉が広がる十分なスペースがありません。また、茶葉がインフューザーの小さな穴から簡単に漏れてしまうため、細かく粉っぽい茶葉の使用も避けましょう。
    • 中型サイズの茶葉と少量のお湯なら、ボール型などのインフューザーで問題ないでしょう。
    • 蝶番付きのボール型インフューザーは、中に茶葉を詰めるのが困難だったり、金具が熱い時に開閉が扱いにくいことがあります。[10]
  5. 5
    茶葉が膨張するためのスペースを残しておく 茶葉はお湯を含むと、元のサイズの5倍も膨張することがあります。茶こしやフィルターバッグには、茶葉を入れすぎず、十分なスペースを残しておきましょう。[11]
    • かご綱型の茶こしは、茶葉が膨張して広がるための十分なスペースがありますが、小さいインフューザーでは茶葉を圧迫してしまいます。[12]
    • 少し余分なスペースがあれば、茶葉全体にお湯が行き渡るため、上手く抽出ができ、良い味を引き出せます。
  6. 6
    ティーポットで茶葉を蒸らして茶こしを使う これはティーポットに合う茶こしがない場合に、役に立つ方法です。茶葉を茶こしに入れる代わりに、茶葉の量を量ってティーポットに直接入れます。茶葉を蒸らしたら、茶こしをカップにかざします。お茶を注意してカップに注ぐと、茶葉が茶こしに残ります。[13]
    • ティーポットにまだ茶葉が残っているため抽出が続き、お茶の渋味が増すでしょう。
    広告

ポイント

  • お茶を長時間温かく保つには、ティーポットやカップの中に沸騰したお湯を入れて温めておいて、お茶を注ぐ前にお湯は捨てます。[14] または、キルトなどのティーポットカバーをポットにかぶせて保温しましょう。
  • 繊細な風味の緑茶や白茶は、すぐに飲むのが最適ですが、コクのある紅茶はゆっくりと楽しむことができます。[15]
  • お茶をカップに注いだら、好みに合わせて牛乳、蜂蜜、レモン、または砂糖などを加えてみましょう。ただし、牛乳とレモンを同時に入れると凝固するので避けましょう。
  • 特定のお茶をいれるには、お湯の温度を正確に測定するために、温度計を使うと役に立ちます。お湯が最適な温度に達すると、どのくらいの蒸気と気泡が出るか分かるようになれば、温度計は使わなくても目分量で良いでしょう。
広告

必要なもの

  • やかん、または片手鍋
  • 汲みたての冷たい水道水
  • ティーポット
  • ティーカップ
  • 茶こし、インフューザー
  • 茶葉
  • 計量器、またはスプーン

関連記事

ワインオープナーを使わずにワインを開ける
栓抜きを使わずにボトルを開ける栓抜きを使わずにボトルを開ける
牛乳を冷凍保存する
腐った牛乳を見分ける腐った牛乳を見分ける
ペットボトルを開ける
折れたコルクを抜く折れたコルクを抜く
ミントティーをいれるミントティーをいれる
ミルクシェイクを作る
ビールを一気飲みする
牛乳を温める牛乳を温める
アマルーラリキュールを楽しむアマルーラリキュールを楽しむ
透明な氷を作る透明な氷を作る
自家製ビールを作る
バナナスムージーを作るバナナスムージーを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 飲み物
このページは 175 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告