このガイドでは、アプリケーションがお使いのネットワークにアクセスできるように、ルーターで特定のポートを開放する方法をご紹介します。特定のポートを開放しておくと、ネットワークが攻撃に対して脆弱になってしまいますが、そのポートへの接続をブロックしているルーターの通常のセキュリティを通しても、ゲームやサーバー、BitTorrent(ビットトレント)クライアントやその他のアプリケーションが動作できるようになります。

ステップ

  1. 1
    ルーターのIPアドレスを確認しましょう。ルーターのページにアクセスするためには、ルーターのIPアドレスを確認する必要があります。
    • Windows - 「スタート」を開きます。「設定」の歯車マークをクリックして、「ネットワークとインターネット」をクリックします。「ネットワークのプロパティを表示」をクリックして、「デフォルトゲートウェイ」の横にあるアドレスを確認しましょう。
    • Mac - 「Appleメニュー」を開き、「システム環境設定」をクリックして、「ネットワーク」、そして「詳細」をクリックします。「TCP/IP」タブをクリックして、「ルーター:」の右にある数字を探しましょう。
    • Linux - ターミナルを開き、route と入力します。
    • 一般的なルーターのアドレスには、192.168.0.1192.168.1.1、そして192.168.2.1、Apple製のルーターでは、10.0.0.1などがあります。
  2. 2
    ルーターの設定ページを開きましょう。お好みのブラウザを開き、ブラウザのアドレスバーにルーターのIPアドレスを入力します。
  3. 3
    ユーザー名とパスワードを入力しましょう。ルーターのセキュリティ設定を既に行なっている場合は、自分で設定したユーザー名とパスワードを入力します。そうではない場合、一般的なデフォルトのユーザー名とパスワードには、次のようなものがあります。[1]
    • リンクシス(Linksys)のルーター - ユーザー名、パスワードの両方に admin と入力します。
    • ネットギア(NETGEAR)のルーター - ユーザー名に admin、パスワードに password と入力します。
    • お使いのルーターのマニュアルをチェックして、デフォルトのパスワードとユーザー名を確認しましょう。
    • ログイン情報を忘れてしまった場合は、ルーターをリセットする必要があるかもしれません。
  4. 4
    ポート開放のセクションを探しましょう。 このセクションは、ルーターによって多少異なります。ポート開放のメニューを含む一般的な設定のセクションには、「ポート開放」「ポート転送」「ポートフォワーディング」「アプリケーション」「ゲーム」「仮想サーバー」「ファイヤーウォール」そして「保護された設定」などがあります。ここに挙げたようなものが見当たらない場合は、「詳細設定」でポート開放の設定を探してみましょう。
  5. 5
    事前に構成された設定を見つけましょう。多くのルーターには、よく使用されるアプリケーション向けの事前に構成された設定を選択できるドロップダウンメニューがあります。そこに挙げられているアプリケーション向けにポートを開放する必要がある場合は、リストの中からアプリケーションを選択しましょう。
  6. 6
    カスタムの設定を作成しましょう。追加したいアプリケーションが事前設定のリストに入っていない場合は、自分でポート開放の設定を作成する必要があります。各ルーターで設定作成の方法はわずかに異なりますが、必要な情報はどのルーターでも同じです。
    • 名前、または説明 - サービスの名前を入力します(例えば、「マインクラフト」など)。
    • タイプサービスタイプ - TCP、UDP、または「両方」などがあるでしょう。どれを選べばいいかわからない場合は、「両方」または「TCP/UDP」を選択しましょう。
    • 内向き、または開始 - 最初のポート番号がここに入ります。選択したポート番号が、他のアプリケーションに既に使用されていないか確認しなくてはなりません。
    • プライベート、または終了 - 2つ目のポート番号がここに入ります。開放したいポートが1つだけである場合は、1つ目と同じポート番号を入力しましょう。例えば、5つのポートを開放したい場合は、「開始」に「3784」、「終了」に「3788」を入力しましょう。
  7. 7
    お使いのパソコンのプライベートIPアドレスを入力しましょう。「プライベートIP」または「端末IP」といった入力欄に入力します。プライベートIPは、Windowsパソコン、または Macで確認できます。
  8. 8
    設定を保存しましょう。保存」、または「適用」ボタンをクリックしましょう。再起動の確認メッセージが表示された場合、変更内容を反映させるために、ルーターを再起動する必要があります。
    • ここで、開放するポートの隣にある「有効」または「ON」という項目に、チェックを入れる必要があるかもしれません。
    広告

ポイント

  • ルーターの電源を入れたり切ったりする度に、異なるIPアドレスがパソコンに割り当てられる可能性があります。その場合は、ルーターの「ウェブページ」や管理コンソールを開き、ポート開放の情報を変更しましょう。
  • 正しい数字を入力するようにしましょう。間違ったポートを入力すると、プログラムが正常に動作しなくなるため、全てダブルチェックするようにしましょう。
  • ルーターの中には、「ポートトリガー」という機能がついたものがあります(D-Linkの製品など)。ポートトリガーを使用すると、静的IPアドレスを使用してゲームをプレイすることが可能になります。ポートトリガーは、ゲームの外向きの接続を監視し、ゲームのIPアドレスに対して、特定のポート開放のルールを自動的にセットアップすることで機能します。通常、ポートトリガー機能は、ルーターのホームページ(ゲートウェイIPでアクセス可能)において、手動で有効化する必要があります。
  • 問題が起きた場合は、余計なデスクトップファイヤーウォールを無効化しましょう。ノートンインターネットセキュリティや、同様の製品は、特に問題が起こりがちです。代わりにWindowsファイヤーウォールを使用した方が良いでしょう。

広告

注意事項

  • ルーターのパスワードがデフォルトのままである場合は、必ず新しいパスワードを設定しましょう。デフォルトのパスワードには、セキュリティ上のリスクが存在します。
  • ルーターで、全てのポートを開放しないようにしましょう。全てのポートを開放してしまうと、ハッカーがお使いのパソコンにアクセスできるようになってしまいます。
  • ルーターの設定を変更する際は、アンチウイルスソフトウェア、アンチスパイウェア、アンチアドウェア、そしてファイヤーウォールを必ず使用しましょう。
広告

関連記事

How to

2台のルーターを接続する

How to

LinuxでIPアドレスを確認する

How to

ネットワーク上の共有フォルダにアクセスする

How to

WiFiの受信感度を上げる

How to

ワイヤレスで印刷できるようにノートパソコンを設定する

How to

MacでIPアドレスを確認する

How to

ルーターにアクセスする

How to

イーサネットの設定

How to

Linuxでデフォルトゲートウェイを追加または変更する

How to

Androidを使ってWi Fiをハックする

How to

ネットワークプリンタを設定する

How to

AndroidでWiFi Directを使う

How to

パソコンのIPアドレスを確認する

How to

コマンドプロンプトを使ってWiFiアクセスポイントを作成する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は10,201回アクセスされました。
このページは 10,201 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告