ルーターはホームネットワークの要です。ルーターを適切に設定することで、情報をのぞき見されないようにし、家庭内のすべてのワイヤレス機器をインターネットに安全に接続し、さらには子供が見てはいけないものを見られないようにすることもできます。ルーターは以下の手順に従って数分で設定することができます。

パート 1 の 4:
ルーターに接続する

  1. 1
    ルーターとパソコン、モデムを接続する イーサネットケーブルを使ってモデムをルーターのWAN、WLAN、またはインターネットポートに接続し、自分の使っているパソコンをルーターの「1」「2」「3」「4」のいずれかのポートに接続します。
  2. 2
    ブラウザを起動する ルーターの設定画面には、同じネットワークに接続されているどのパソコンからでもアクセスすることができます。ルーターを設定する際は、イーサネットケーブルでルーターに有線接続されているパソコンに接続するのが最適です。
  3. 3
    ルーターのIPアドレスを入力する ルーターには、ブラウザのアドレスバーにIPアドレスを入力してアクセスします。IPアドレスはメーカーによって多少異なりますが、同じか非常に近いものがほとんどです。代表的なメーカーとそのIPアドレスは以下の通りです。[1]
    • ASUS:http://192.168.1.1またはhttp://192.168.50.1
    • BUFFALO:http://192.168.11.1
    • ELECOM:http://192.168.2.1
    • IODATA:http://192.168.0.150またはhttp://192.168.1.2
    • NEC:http://192.168.10.1またはhttp://192.168.0.1
    • TP-Link:http://192.168.0.1またはhttp://192.168.1.1
    • ほとんどのルーターでは、デフォルトのIPアドレスが取扱説明書に記載されているか、ルーター本体にシールが貼られています。また、デフォルトのIPアドレスはメーカーのホームページで検索することも可能です。そのIPアドレスが使えない場合は、ルーターをデフォルトの状態にリセットしましょう。[2]
  4. 4
    ユーザー名とパスワードを入力する 設定画面にアクセスする前に、ユーザー名とパスワードの入力を求められます。ほとんどのルーターには、デフォルトのユーザー名とパスワードの組み合わせが用意されていますが、何も入力せずに進められるものもあります。
    • ルーターの取扱説明書には、必要なデフォルトのユーザー名とパスワードが記載されています。また、ルーター本体に印字されている場合もあります。
    • 代表的なデフォルトのユーザー名の1つに「admin」があります。
    • 代表的なパスワードには、「admin」と「password」の2つがあります。
  5. 5
    ルーターにアクセスできない場合はリセットする デフォルトのIPアドレス、およびユーザー名とパスワードの組み合わせを調べて入力してもルーターにアクセスできない場合は、ルーターを工場出荷時のデフォルト設定にリセットして、変更されている可能性のあるものをすべてクリアしましょう。これは、ルーターが中古の場合や変更内容を覚えていない場合に便利です。
    • ルーターのリセットボタンを押して、ルーターをリセットしましょう。通常、このボタンは小さな埋め込みボタンで、ゼムクリップでしか届きません。また、ルーターの中には、もっと簡単にボタンを押せるものもあります。
    • リセットボタンを押した後、30~60秒待ってから、ルーターのIPアドレス、およびユーザー名とパスワードの組み合わせをもう一度入力してみましょう。
  6. 6
    ルーターに新しいユーザー名とパスワードを割り当てる ルーターをデフォルトのユーザー名とパスワードのままにしておくことは非常に危険なので、ルーターを設定したらすぐに変更しましょう。これは通常、ルーターの設定画面の「管理」という項目にあります。
    • ユーザー名とパスワードは、簡単には推測できないものにしましょう。パスワードには、解読されにくいように数字や記号を含めます。
    広告

パート 2 の 4:
ワイヤレスネットワークを設定する

  1. 1
    インターネット設定を確認する ルーターの「インターネット」、「設定」、または「ホーム」メニューで、インターネットのIPアドレス、DCHP、およびDNSがすべて設定されていることを確認します。これらは通常、サービス・プロバイダからの指示がない限り、自動に設定されているはずです。
    • 大抵の場合、インターネットメニュー画面にテストボタンが用意されているので、それをクリックして、インターネット設定が正しく行われているかどうかを確認しましょう。
  2. 2
    無線LAN(Wi-Fi)設定を開く このメニューは、「ネットワーク設定」、「無線LAN(Wi-Fi)設定」、「基本設定」などと表示されていることがあります。この画面には、無線LAN(Wi-Fi)のSSIDやチャンネル、暗号化方式などの設定が表示されます。
  3. 3
    ネットワーク名を入力する 「SSID」という欄を探しましょう。SSIDとはネットワーク名のことで、使用しているワイヤレス機器で利用可能なネットワークの一覧に表示されます。ただし、ネットワーク名は公開されるので、このネットワーク名には個人情報を含めないように注意しましょう。
    • 「SSIDブロードキャストを有効にする」にチェックが入っていることを確認しましょう。
    • 「チャンネル」は「自動」に設定しましょう。周辺に多数の無線LAN(Wi-Fi)がある場合は、ルーターによって自動的にネットワークが空きチャンネルに移動します。
  4. 4
    無線LAN(Wi-Fi)の暗号化方式を選択する 「セキュリティオプション」と表示されていることもあります。ここでは、ネットワークトラフィックの暗号化に用いる方式を選択することが可能です。ほとんどのルーターでは、WEP、WPA-PSK、WPA2-PSKが選択肢になります。
    • WPA2は最も安全な暗号化方式ですが、すべての機器が対応している場合に用いましょう。WPA2に対応していないのは古い機器のみです。
  5. 5
    パスフレーズを選択する パスフレーズとは、機器をネットワークに接続する際に入力するものです。強力なパスフレーズがあれば、不正アクセスからネットワークを保護することができます。ネットワークのパスフレーズは必ず用意しておきましょう。
  6. 6
    設定を適用する SSID、暗号化方式、およびパスフレーズを選択したら、「適用」または「保存」ボタンをクリックして無線LAN(Wi-Fi)を起動しましょう。ルーターの処理がしばらく行われた後、ワイヤレス機器で無線LAN(Wi-Fi)を検出できるようになります。[3]
    広告

パート 3 の 4:
ポートを開放する

  1. 1
    ポート開放メニューを開く これは通常、ルーターの設定画面の「詳細設定」という項目にあります。
  2. 2
    新しいサービスまたはルールを追加する ボタンをクリックしてカスタムサービスを追加すると、ポート開放情報を入力できるフォームが表示されます。
    • 名前・サービス名:ポート開放の対象となるプログラムの名前のことで、リストの中で認識しやすくするためのものです。
    • プロトコル:選択肢としてはTCP、UDP、TCP/UDPがあります。どれを選択すべきかは、ポート開放の対象となるプログラムを参照してください。
    • 外部開始ポート:開放したいポートの範囲内にある最初のポートのことです。
    • 外部終了ポート:開放したいポートの範囲内にある最後のポートのことです。開放するポートが1つしかない場合は、同じポートをこの欄に入力しましょう。
    • 内部ポートに同じポート範囲を使用するチェックボックスにチェックを入れるか、「内部ポート」という欄に同じ情報を入力します。
    • 内部IPアドレス:ポート開放の対象となるパソコンのIPアドレスのことです。IPアドレスを確認するには、Windowsの場合はこちら 、Mac OS Xの場合はこちらの手順に従いましょう。
  3. 3
    ルールを保存または適用する ルーターの処理がしばらく行われた後、変更が適用されます。これで、プログラムは指定したパソコンの開放ポートにアクセスできるようになりました。
    広告

パート 4 の 4:
ウェブサイトをブロックする

  1. 1
    「サイトブロック」メニューを開く このメニューは、ルーターの設定画面の「セキュリティ」または「ペアレンタルコントロール」という項目にあります。ここでは、ネットワーク上のどの機器からもサイトにアクセスできないようにブロックし、特定の機器からのアクセスのみ許可することができます。また、ブロックのスケジュールを設定することも可能で、宿題の時間や仕事に集中したいときに特に便利です。
  2. 2
    ブロックリストにサイトを追加する 使用しているルーターによって選択肢は異なります。ルーターによっては、特定のサイトだけでなくキーワードをブロックすることも可能です。ブロックしたいものをリストに追加しましょう。
  3. 3
    ブロックされたサイトの閲覧を信頼できるパソコンに許可する ブロックされたサイトの閲覧を、信頼できるIPアドレスに許可するチェックボックスにチェックを入れましょう。これは、子どもがアクセスできないようにブロックしたサイトに保護者が引き続きアクセスしたい場合に便利です。
    • チェックボックスにチェックを入れたら、ブロックを回避したいIPアドレスを追加しましょう。IPアドレスを確認する方法については、こちらの記事で紹介しています。
  4. 4
    ブロックのスケジュールを設定する これは、ブロックリストとは別のメニューに表示される場合があります。ここでは、ブロックを有効にする曜日や、実施する時間帯を設定することが可能です。設定が完了したら、「適用」ボタンをクリックしましょう。
    広告

関連記事

2台のルーターを接続する2台のルーターを接続する
LinuxでIPアドレスを確認するLinuxでIPアドレスを確認する
ワイヤレスで印刷できるようにノートパソコンを設定する
ネットワーク上の共有フォルダにアクセスするネットワーク上の共有フォルダにアクセスする
WiFiの受信感度を上げるWiFiの受信感度を上げる
MacでIPアドレスを確認する
Androidを使ってWi FiをハックするAndroidを使ってWi Fiをハックする
ルーターでポート開放を設定するルーターでポート開放を設定する
イーサネットの設定イーサネットの設定
USBプリンターをネットワーク接続するUSBプリンターをネットワーク接続する
Linuxでデフォルトゲートウェイを追加または変更するLinuxでデフォルトゲートウェイを追加または変更する
ルーターにアクセスするルーターにアクセスする
AndroidでWiFi Directを使うAndroidでWiFi Directを使う
ネットワーク接続を修復するネットワーク接続を修復する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む19人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ネットワーク
このページは 171 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告