PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

レジ袋とストローを使った小さなパラシュートは身近な素材で作ることが出来るので、教室や家庭で遊ぶのに最適です。独自の模様を描いて楽しむこともできます。気流に乗って高く遠く飛ぶ場合があるので、電線などに引っかからないように注意して、環境を汚さないことに気を付けて楽しみましょう。

パート 1
パート 1 の 2:
ストロー部分を作る

  1. 1
    フレックスストローを蛇腹からの距離が長い方を縦に8等分に裂きます。
  2. 2
    蛇腹の2段から数段まで切って止めます。
  3. 3
    蛇腹からの距離が短い方の端をペンチで挟み、ライターの炎の根元に当ててシールします。
  4. 4
    挟んだペンチから2mm程度出します。
  5. 5
    注意深くストローをライターの炎の根元に当て、溶かしてシールします。冷えて固まったことを確認してからペンチを外します。
  6. 6
    両面テープを8つに裂いたストリップ(条片)の先端内側に取り付けます。
  7. 7
    テープが貼られた箇所を折ります。
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
レジ袋を付ける

  1. 1
    使用済みのレジ袋を用意して皺を伸ばします。
  2. 2
    持ち手と底の部分を切り取ります。
  3. 3
    大まかに正方形を切り取ります。一辺の長さは約35㎝以上必要です。
  4. 4
  5. 5
    開くと円に近い形が出来上がっています。同時にパラシュートの糸(この場合はストローストリップ)を付けるポイントが残った折り筋によってわかります。
  6. 6
    折り線の端にストローのストリップに予め準備した両面テープを貼り付けます。
  7. 7
    シートの上にストローを放射状に広げて置き、シートの端を手前に折り返して接着します。  
  8. 8
    グラスビーズなどの重りをストローをシールした袋状の部分に入れて、ティッシュペーパーなどでビーズがこぼれ出さないようにしっかりと栓をします。
  9. 9
    飛ばし方をイメージする場合は、まず傘を使って空気抵抗を体感するのもよいでしょう。
    広告

ポイント

広告

注意

  • 狭い場所や電線のあるところで飛ばすと引っかかって取れなくなる場合があります。電線は高圧電流が流れているので危険です。また停電の原因となり迷惑をかける場合があるので投げる場所を注意して選んでください。
  • 故意ではなくても、パラシュートを置き去りにしてしまうと、海洋や森林の自然環境を汚染したり、動物に害を与えることになるので気を付けましょう。

必要なもの

  • ポリエチレン製のレジ袋など薄くて軽い材質の35㎝四方が切り取れる袋
  • フレックスストロー(蛇腹のある標準的な長さ21cmx直径6mm)
  • グラスビーズ(小さい方が微調整可能。オモリ用に使用するためプラスチックビーズは軽いため不可)
  • 強力両面テープ(幅広タイプが好ましい)
  • クラフト鋏
  • ラジオペンチ
  • ライター
  • 油性マーカー(オプション)

関連記事

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く
風船ガムを膨らませる
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
風船を膨らませる
(初心者用)かぎ針編みで帽子を編む
勝手に沈むオフィスチェアを修理する勝手に沈むオフィスチェアを修理する
革を染める
六角形を描く六角形を描く
紙でじょうごや円錐を作る
アルミ風船を膨らませる
息を長く止める息を長く止める
プラスチックに塗装する
数独の問題を解く数独の問題を解く
剥がれた合成皮革を修復する剥がれた合成皮革を修復する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,221回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 4,221 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告