PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

レモンティーはホットでもアイスでも、美味しい飲み物です。ホットハニーレモンティーは喉の痛みを和らげ、冷たいアイスレモンティーは暑い夏の日に清涼感を与えてくれます。基本的なレモンティーの淹れ方を習得したら、新鮮なフルーツ、フレーバーシロップ、またはお好みのお酒を加えて、さまざまな風味のレモンティーを試してみましょう。

材料

ホットハニーレモンティー

  • レモン果汁 大さじ1杯(15ml)
  • ハチミツ 大さじ2杯(30ml)
  • お湯 240ml
  • 紅茶ティーバッグ 1袋
  • 飾り用のレモンスライス(任意)

ホットハニーレモンティー 240ml分

アイスレモンティー

  • お湯 950ml
  • 砂糖 200g
  • 重曹 小さじ1/4杯(1.5g)
  • 紅茶ティーバッグ 10袋
  • レモン果汁 120~180ml
  • 氷 約5カップ
  • 飾り用のレモンスライス(任意)

アイスレモンティー 約1.9L分

方法 1
方法 1 の 3:
ホットハニーレモンティーを作る

  1. 1
    水240mlを沸騰させてカップに入れる 耐熱カップに水を入れ、電子レンジで30~60秒加熱するか、やかんでお湯を沸かしてカップに入れます。お湯を扱う際はやけどに注意し、必要であればディッシュタオルまたはオーブンミトンを使って手を守りましょう。[1]
    • 電子レンジによって、240mlの水を沸騰させるための加熱時間は異なります。まず30秒間過熱して、温度を確認しましょう。適温になるまで、30秒ずつ加熱しましょう。
  2. 2
    お湯にティーバッグを3~4分浸し、紅茶を抽出する 紅茶が抽出されたら、ティーバッグをカップから取り出します。紅茶の味が好みではない、またはカフェインを摂りたくない場合は、この手順は飛ばしてかまいません。「紅茶なし」のホットハニーレモンティーを楽しむ人はたくさんいます。[2]
    • 紅茶の代わりに、緑茶、チャイ、レモン風味のハーブティーを使うこともできます。
  3. 3
    紅茶にハチミツとレモン果汁を加える ハチミツ大さじ2杯(30ml)とレモン果汁大さじ1杯(15ml)を加えましょう。生のレモンを使う場合は、レモン半分程度で大さじ1杯(15ml)分になります。生のレモンが手元にない場合は、瓶入りのレモン果汁で代用できます。[3]
    • カップの底に溜まったハチミツが完全に溶けるまでかき混ぜましょう。

    ポイント:ハチミツをカップに入れてからお湯を注ぐと、ハチミツが早く溶けます。

  4. 4
    飾り用にレモンスライスを入れる 清潔なまな板とナイフを使い、レモンをくし型に切るか輪切りにします。レモンを搾って果汁をカップに入れるか、そのまま入れて、さらにレモンの風味を加えましょう。
    • 爽快なレモンの香りは、嗅ぐだけで気分を高揚させる効果があります。
  5. 5
    やけどに注意して、ホットハニーレモンティーを楽しむ 飲み始めは温度が高いため、舌をやけどしないように注意しましょう。ホットハニーレモンティーは美味しい飲み物として楽しめるだけではなく、風邪の症状や喉の痛みも和らげます。[4]
    • さらに甘くしたい場合は、ハチミツや砂糖を増量しましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
アイスレモンティーを作る

  1. 1
    水950mlを沸騰させ、耐熱ピッチャーに入れる 電子レンジで加熱するか、やかんで沸かしましょう。電子レンジを使う場合は沸騰するまで2~3分かかりますが、紅茶を抽出するのに十分な温度であるかを確認してから、ピッチャーに移しましょう。[5]
    • お湯が沸騰していたり、蒸気が出ていれば十分に熱くなっています。温度計で測る場合は、80~90℃を目安にしましょう。

    注意:沸騰したお湯を冷たいガラスの容器に注いではいけません。急激な温度変化でガラスが割れてしまいます。

  2. 2
    お湯に砂糖と重曹を入れ、溶けるまでかき混ぜる 砂糖200gと重曹小さじ1/4杯(1.5g)をお湯に加えます。長い柄のしゃもじを使い、ピッチャーの底に溜まった砂糖が完全に溶けるまでかき混ぜましょう。[6]
    • 白砂糖を使いたくない場合は、同量のハチミツで代用できます。また、アイスティーの甘さを変えたい場合は、ここで砂糖やハチミツの量を調節しましょう。

    ご存知ですか?紅茶に含まれるタンニンという成分が、紅茶に苦味を加えます。重曹を入れると苦味が中和され、紅茶がマイルドな味わいになります。

  3. 3
    ピッチャーにティーバック10袋を入れ、10分間抽出する 1人分のティーバッグを使う場合は、10袋使いましょう。ピッチャー用の大きなティーバッグであれば、2袋入れましょう。長い柄のしゃもじを使い、ティーバッグを押しつけて完全にお湯に浸し、タイマーをセットします。[7]
    • 紅茶と緑茶を半々にして風味を変えたり、ハーブティーを数袋加えてフルーティーな味わいにしてもよいでしょう。
  4. 4
    ティーバッグを取り出し、紅茶をピッチャーに絞り入れる 10分経ったら、しゃもじを使ってティーバッグを取り出しましょう。別のしゃもじを使い、ティーバッグから紅茶を絞り出します。絞ったティーバッグは廃棄しましょう。[8]
    • 使い終わったティーバッグを無駄にしたくなければ、コンポストに加えてもよいでしょう。
    • ティーバッグを掃除に使ったり、健康や美容目的で再利用することもできます。
  5. 5
    レモン6個分の果汁を搾ってピッチャーに入れ、紅茶と混ぜる 生のレモンがない場合は、レモン果汁120~180mlを加えましょう。酸味が強くなりすぎるのが心配であれば、好みの味になるまで味見をしながら少量ずつ加えていきましょう。[9]
    • レモンの他にオレンジ1、2個分の果汁を加えると、甘いシトラスの風味をつけることができます。
    • レモン果汁を入れすぎた場合は、水や甘味を加えて調節しましょう。
  6. 6
    ピッチャーに約5カップの氷を入れ、冷蔵庫で冷やす 氷を入れると紅茶は早く冷え、氷が溶けるとアイスティーの分量は倍になります。冷蔵庫に2~3時間入れると十分に冷えますが、ぬるいようであればさらに氷を加えましょう。[10]
    • 氷の量を半分にして、代わりに凍らせたベリー類を使ってもよいでしょう。
  7. 7
    グラスにレモンスライス1、2枚を入れ、アイスティーを注いで味わう 残ったアイスティーは、冷蔵庫で4~5日間保存できます。虫が入らないようにピッチャーに蓋をするかラップを被せましょう。[11]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
レシピに変化をつける

  1. 1
    ホットレモンティーにおろしたショウガを入れて、健康効果を高める 3cmほどの生ショウガをおろして加えると、爽やかな風味を添えるとともに、消化促進や鎮静効果も得られます。ショウガの量は好みで調節しましょう。[12]
    • ショウガパウダーを使うこともできますが、風味や健康効果は生のショウガとは異なります。小さじ1/4杯(約2g)ほどのショウガパウダーが、大さじ1杯(15g)の生ショウガに相当します。
  2. 2
    ホットレモンティーにウイスキーを入れて、ホットトディーを楽しむ 出来上がったレモンティーにウイスキー60mlを注ぎ、ウイスキーがカップの表面に溜まらないようにスプーンでよく混ぜ合わせます。[13]
    • ウイスキーの代わりに、スコッチ、ブランデー、スパイスドラム、またはフレーバーつきのアルコールを入れて、さまざまな風味を試してみしょう。
    • アイスレモンティーにアルコールを加えてもよいでしょう。
  3. 3
    紅茶にドライスパイスを加えて、ひと味違う風味に仕上げる シナモン、カルダモン、クローブ、スターアニス、チリパウダーなどを加えると、紅茶に暖かみのある風味を添えます。紅茶に好みのスパイスをひとつまみ(小さじ約1/4杯)加えて楽しみましょう。[14]
    • シナモンスティックがあれば、お湯を注ぐ前にカップに1本入れましょう。
  4. 4
    紅茶に風味を添えるフレーバーつきシンプルシロップ(シュガーシロップ)を作る ミントやラズベリーは、ホットやアイスティーに入れるレモンと相性が良いフレーバーです。白砂糖200gと水240mlを鍋に入れて加熱し、砂糖が溶けるまで約5分間煮立てます。そして、鍋を火から下ろし、ミントの葉約30gまたは新鮮なラズベリー約130gを加えます。そのまま30分おき、液を濾してガラスジャーに移し、紅茶に加えましょう。[15]
    • シンプルシロップ大さじ1~2杯(15~30ml)を紅茶に入れると、甘さとフレーバーが加わります。
  5. 5
    炭酸水を加えて、スパークリングアイスティーを作る グラスの途中までアイスティーを注ぎ、炭酸水を加えます。炭酸水の量を増やすと、より炭酸がきいたアイスティーになります。プレーンな炭酸水またはフレーバーつきの炭酸水を好みで加えましょう。[16]
    • 炭酸水は、スパークリングウォーターまたはソーダ水とも呼ばれています。
  6. 6
    フレッシュフルーツを入れて、鮮やかな色合いと爽やかな風味を添える オレンジスライス、ラズベリー、イチゴ、ブルーベリー、ブラックベリー、ピーチ、パイナップルなどのフルーツを加えてみましょう。約50gのフレッシュフルーツをグラスに入れ、アイスティーを注ぎ入れましょう。[17]
    • アイスティーを飲み終わったら、フルーツも味わうことができます。
    • 冷凍したフルーツを氷の代わりに使ってもよいでしょう。
    広告

ポイント

  • 上記のレシピを自分流にアレンジしてみましょう。砂糖、ハチミツ、またはレモンの量を変えたり、違う種類の茶葉を使ったりして、好みの味に仕上げましょう。
広告

注意事項

  • 熱湯を扱う際、手にやけどをしないように注意しましょう。必要であれば、ディッシュタオルまたはオーブンミトンを使いましょう。
広告

必要なもの

ホットハニーレモンティーを作る場合

  • ナイフおよびまな板
  • 計量カップおよび計量スプーン
  • シトラスプレス
  • ティーカップ、コーヒーカップ
  • やかんまたは電子レンジ
  • スプーン
  • ディッシュタオルまたはオーブンミトン

アイスレモンティーを作る場合

  • ナイフおよびまな板
  • 計量カップおよび計量スプーン
  • シトラスプレス
  • やかんまたは電子レンジ
  • グラス
  • 長い柄のしゃもじ
  • 耐熱ピッチャー
  • ディッシュタオルまたはオーブンミトン

関連記事

牛乳からクリームを作る
塩気の強いスープの味を調整する
固ゆで卵をひびを入れずに茹でる
シチューにとろみをつける
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
生アーモンドをローストする
ソースにとろみをつけるソースにとろみをつける
ソーセージを調理する
乾燥パスタの量をはかる
ご飯を温め直すご飯を温め直す
電子レンジでインスタントラーメンを作る
クルミを乾燥させるクルミを乾燥させる
クラフト・マカロニ・アンド・チーズを作るクラフト・マカロニ・アンド・チーズを作る
カシューナッツをローストする
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,145回アクセスされました。
カテゴリ: 飲み物 | 調理法
このページは 1,145 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告