PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ムダ毛の量を恒久的に減らす、または永久脱毛をするには、レーザー脱毛を受ける以外に方法はありません。ムダ毛が生える要因には、遺伝的な条件や医学的な状態などが挙げられます。一般的に、レーザー脱毛は、顔、首、脇、胸、背中、性器周辺部、腕、脚、指、つま先、足などのムダ毛を除去するために行われます。レーザー脱毛を受ける前には、皮膚科医に相談して、施術の流れや副作用、肌の色、毛の色や質がレーザー脱毛に適しているかを確認しましょう。この記事では、レーザー脱毛の準備に役立つ、通常施術前にすべきことを紹介します。

ステップ

施術日に向けて準備すること

  1. レーザー脱毛に備えて、最低1ヶ月間は日焼けを避ける レーザー脱毛に取り組んでいる期間中は、極力日焼けを避けなければなりません。この理由により、レーザー脱毛を行う人は冬に増えます。どうしても小麦色の肌にしたい場合は、セルフタンニングローションを利用しましょう。
    • 外に出る必要があり、脱毛したい箇所がUVAやUVBなどの紫外線にさらされる場合は、SPF15以上の日焼け止めを塗りましょう。
  2. 毛抜きや脱毛ワックスの使用を控える 毛を剃るのは問題ありませんが、毛抜きや脱毛ワックスなどを使用してムダ毛を処理すると、レーザー脱毛の効果が低減する可能性があります。また、ムダ毛の脱色も控えましょう。
  3. 施術の事前相談での指示通りに、レーザー脱毛を行う部位の毛を剃る 通常、施術日の1~2日前に毛を剃ります。毛穴は目視できる状態でなければなりませんが、長い毛があると、施術中に痛みを強く感じるかもしれません。
  4. 医師に処方された場合は、抗生物質や抗ウイルス薬を服用する
  5. 施術箇所の肌を清潔にする 化粧品、ローションやクリームなどが施術箇所に付着していない状態にします。デオドラントを使用した場合は、施術前に落としましょう。

施術日に気をつけること

  1. 施術箇所が表に出る服か、あまり締め付けないゆったりとした服を着る 痛みを和らげるために施術箇所に薬が塗布される場合があり、施術箇所に触れる服を着ると、塗り薬が服に付着してしまいます。また、施術後に肌が敏感なった場合には、きつめの服やザラザラした生地の服は着心地が悪くなります。
  2. 施術者が施術前に行うことを把握する 施術者は、施術前にクリーム状の局所麻酔薬を塗布したり、温湿布を使用したりします。また、施術箇所の剃毛をする場合もあります。
  3. 保護メガネを装着する

ポイント

  • レーザー脱毛に最適なのは、肌の色が薄くて、毛の色は濃い人です。肌の色が濃い人には、特殊なレーザーが利用される場合があります。また、白髪の人や毛の色が明るい人は、局所治療を受けることで、レーザー脱毛の効果が上がるかもしれません。局所治療を受ける場合には、1回目のレーザー脱毛施術の4週間前までに、施術箇所の毛を剃りましょう。
  • 施術中に痛みや不快感が生じたら、必ず施術者に伝えましょう。
  • 広告

    注意事項

  • レーザー脱毛の効果を最大限に得つつ、施術期間中の不快感を最低限に抑えるには、指示通りに施術前の準備をすることが大切です。
  • 脱毛が完了するには、1度の施術では不十分かもしれません。毛の成長には数段階あり、レーザー脱毛が効果を発揮するのは、活発に成長している段階の毛のみです。1回の施術で減少する毛の量は、10~25%が現実的な数値です。
  • 広告

    出典と引用 =

    関連記事

    タトゥーシールをはがす
    靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
    ワンピースのウエストを詰める
    眼鏡のレンズについた傷を消す
    防犯タグを外す防犯タグを外す
    革に付いた油染みを落とす
    ジーンズについた血液のシミを落とす
    自家製シュガーワックスを作る
    声を変える声を変える
    皮膚に付いた食品着色料を落とす
    縮んだ服を伸ばす
    洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
    おへそのお手入れおへそのお手入れ
    お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
    広告

    このwikiHow記事について

    Kaveri Karhade, MD
    共著者 ::
    学会認定皮膚科医
    この記事の共著者 : Kaveri Karhade, MD. カヴェリ・カーヘイド医師は、レーザー皮膚科、一般皮膚科、および美容皮膚科医としてサンフランシスコベイエリアを拠点に活躍しています。専門はニキビ治療と脱毛治療です。注射剤、レーザー、手術、その他審美治療に関する高度な訓練を受け、幅広い研究結果を医学雑誌で発表しています。 ミシガン州立大学にて学士号を、同医学部にて医学博士号を取得。内科のインターンをニューヨーク大学医学部にて、皮膚科研修をブラウン大学医学部にて修了。米国皮膚科学会および米国皮膚形成手術学会会員。 この記事は1,404回アクセスされました。
    このページは 1,404 回アクセスされました。

    この記事は役に立ちましたか?

    広告