ロケットは1つ1つ大きさが少し異なるものの、寸法さえ測れるようになれば、簡単に写真を用意することができます。ミリ単位で、できる限り正確に測りましょう。寸法が分かったら、写真のサイズを調整し比率を合わせます。印刷は、自分のプリンターを使うことも、オンラインで印刷を注文することもできます。印刷サービスを行っている店舗に実際に足を運ぶのも良いでしょう。どの方法を選んでも、簡単に写真が出来上がり、ロケットにしまって常に身につけることができるようになります。

パート 1 の 3:
ロケットの寸法を測る

  1. 1
    可能であれば写真をしまう部分の寸法を測る ロケットは写真をしまう部分の周りに枠があるはずです。この枠の内側にあたる、写真をしまう部分の寸法を測りましょう。可能であれば定規を使ってミリ単位で計測しましょう。
    • 定規の他に、巻き尺を使っても良いでしょう。
    • 寸法が分かっていれば、写真のサイズ変更をする時に参考にできます。
  2. 2
    測ることが難しい場合は見積もる 写真をしまう部分の寸法が測れない場合は見積もりましょう。一般的にロケット本体よりも縦横共に1ミリほど小さくなっています。
    • 少なめに見積もるよりも大きめに見積もった方が安心です。写真が仮に大きすぎたとしても、後で縁を切り揃えることができます。
  3. 3
    ロケットが丸い場合は幅ではなく直径を測る 丸型のロケットは、直線の辺がないので寸法が測りにくいかもしれません。こうした場合は、円の横向きの直径を測りましょう。これが大体の横幅となります。さらに、上下の直径を測り、大体の高さの値としましょう。
    • 寸法は厳密なものでなくても大丈夫です。ミリ単位でできる限り実際の寸法に近い値を把握し、少なくではなく多めに見積もりましょう。こうすれば、写真の端が余っても切り揃えることができます。
    広告

パート 2 の 3:
写真のサイズ変更をする

  1. 1
    写真をウェブサイト、ソフトウェア、あるいはスマホアプリにアップロードする 英語でのサービスにはなりますが、resizemypicture.comやWeb Resizerといったウェブサイトを利用すると無料で写真のサイズ変更をすることができます。その他にも、アプリストアからダウンロード可能なアプリも多数あり、同様に写真を編集することが可能です。あるいは、Paint、Microsoft Office、Photoshopといったソフトウェアを使って編集してみても良いでしょう。ロケットにしまって身につけたい写真を選びましょう。[1]
    • 写真編集のアプリには、例えば、Photo Editor、Photo Resizer、Image Sizeといったものがあります。
    • Locketstudio.comといったウェブサイトを使うと簡単にサイズ変更が完成します。写真をアップロードし、ロケットの寸法と形状を選び、出来上がった画像をダウンロードしましょう。[2]
  2. 2
    画像の設定を変更してサイズを変更する サイズは高さや幅、拡大や縮小倍率、あるいはピクセル(画素)数を変更して調整することができます。高さや幅を変更する場合は、ロケットの大体の寸法を入力しましょう。入力した値に合わせて画像が変換されます。
    • 拡大や縮小倍率を使ってサイズ変更をするのであれば、まずは元のサイズから何パーセント縮小しなければならないのかを把握しなければなりません。この計算が難しい場合は、試行錯誤しながら色々な値を入力してみましょう。
    • ピクセル数を使うのであれば、まず、サイズ変更をする前のピクセル数を把握しましょう。画像の設定画面から、ピクセルを変更するオプションを選び、元のピクセル数を参考に画像を縮尺します。
  3. 3
    出来上がった画像を保存し印刷する サイズ変更が完了したのであれば、保存して印刷しましょう。JPEGといった画像ファイルとして保存します。
    広告

パート 3 の 3:
ロケット用の写真を印刷する

  1. 1
    自宅の顔料インクプリンターを使う 写真のサイズ変更も完了し画像ファイルとして保存できたのであれば、次は「印刷」を選び、画像をカラーまたは白黒で印刷しましょう。マット紙、あるいは光沢紙を使いましょう。[3]
    • 自宅のプリンターであれば何回も試しながら印刷できるので、便利な方法です。
  2. 2
    ウェブサイトのサービスを利用して印刷する サイズ変更が完了した画像をオンラインの印刷サービスにアップロードし、印刷を注文して、出来上がった写真を郵送で受けとりましょう。
  3. 3
    コンビニやキンコーズといった印刷機のある店舗で印刷する 画像ファイルをUSBやディスクに保存し、印刷サービスを行っている店舗に足を運びましょう。ただし、注文はオンラインで行い、店舗で受け取るという仕組みを取り入れていることもあるので、事前に確認しましょう。[4]
    広告

関連記事

How to

DATファイルを開く

How to

DWGファイルを開く

How to

JPEG画像の画質を上げる

How to

大きいサイズのファイルを圧縮する

How to

dllファイルを編集する

How to

Zipファイルの作成

How to

PDFファイルを編集する

How to

JPG画像をベクター画像に変換する

How to

Gmailで別のフォルダにメールを移動する

How to

GmailにGIF動画を挿入する

How to

SWFファイルを開く

How to

Gmailで連絡先を追加する

How to

Gmailのメーリングリストをつくる

How to

両面印刷をする
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: マルチメディア
このページは 81 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告