ローズマリーは、地中海沿岸地方原産の人気があるハーブで、イタリア料理やフランス料理でよく使われています。温もりがあるスパイシーな香りが特徴で、ラムなどの濃厚な味わいの肉、酸っぱいレモン、甘い料理などによく合います。ローズマリーの葉は非常に硬いので、料理に使う際のポイントは細かく刻むことです。ローズマリーは塩味の料理や焼き菓子によく使われており、デザートにも使えます。

パート 1
パート 1 の 3:
料理に使うローズマリーを洗って刻む

  1. 1
    ローズマリーを洗う ローズマリーの束をざるに入れ、流水で洗いましょう。流水にあてながら手でこすり、収穫の際に残った汚れやごみを取り除きます。洗い終わったら、布巾で軽く叩いて水気を切りましょう
  2. 2
    茎を切り離す よく切れるはさみや包丁を使い、茎を切り離しましょう。茎の根元を切って、1本ずつに分けます。葉がついていない茎の太い部分も切り落として捨てましょう。
    • ローズマリーの茎は香りが良いものの、木のように硬いのでおいしくありません。
  3. 3
    香り付けと付け合わせには茎ごと使う 茎のままのローズマリーは、付け合わせ、飾り、一部の料理の香り付けに最適です。茎のままのローズマリーをオーブン料理やスープなどに加えて調理したり、できあがった料理に添えたりしましょう。
    • ローズマリーを茎ごと調理した場合は、ローリエと同じように盛り付ける前に取り除きます。
  4. 4
    茎から葉をこそげ落とす ローズマリーの茎の先端を持ち、そのすぐ下を反対の手の指で挟みましょう。指先に軽く力を入れ、茎の下に向かって指を滑らせながら葉をこそげます。葉をまな板に移して茎を捨てましょう。[1]
    • 茎を捨てずに吊るして乾燥させ、保存しても良いでしょう。バーベキューの野菜や肉を刺す串として使えます。
    • ローズマリーを料理に混ぜ込む場合は、茎のままではなく葉をこそげ落として使うほうが良いでしょう。
  5. 5
    葉を刻む よく切れる包丁でローズマリーの葉を細かく刻みましょう。ローズマリーの葉は、火を通してもあまり柔らかくならないので、細かく刻むと食べやすくなります。[2]
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
料理や焼き菓子にローズマリーを使う

  1. 1
    ハーブパンや焼き菓子を作る 細かく刻んだ生のローズマリーは、風味付けのスパイスとして塩味の焼き菓子やパンによく使われています。最も一般的な使い方は次の通りです。[3]
    • 新鮮なローズマリーブレッド、特にフォカッチャ
    • 自家製ローズマリークラッカー
    • ローズマリーとハーブのスコーン
    • 新鮮なローズマリーのパスタ、ニョッキ
  2. 2
    肉や魚と一緒に調理する 鶏肉、ラム肉、七面鳥肉、豚肉、牛肉などのあらゆる肉、および魚や甲殻類にローズマリーを加えて調理しましょう。ローズマリーを茎ごと肉に詰める、茎のままのローズマリーを肉と一緒にオーブンで焼く、刻んだローズマリーの葉で風味を付けるなどの方法があります。また、ローズマリーで万能スパイスを作り、肉などに下味を付けてオーブン、グリル、フライパンで焼いたり、炙り焼きにしたりしても良いでしょう。次の材料を混ぜ合わせて万能スパイスを作りましょう。[4]
    • 黒コショウ大さじ1杯(7g)
    • 塩大さじ1杯(19g)
    • 刻んだローズマリーの葉大さじ3杯(9g)
    • 乾燥ローズマリー大さじ1杯(3g)
    • ニンニク(みじん切り)8片
  3. 3
    チーズ料理に使う チーズとローズマリーは相性が抜群です。ローズマリーを使ってチーズ料理の風味を増す方法はたくさんあります。できあがった様々なチーズ料理に刻んだ生のローズマリーの葉小さじ1~3杯(1~3g)を振りかけましょう。ローズマリーは、次の料理によく合います。
    • マカロニアンドチーズ
    • 自家製チーズスティック
    • ピザ[5]
    • モッツアレラスティック
    • チーズサンドイッチ
    • チーズフォンデュ
  4. 4
    野菜と一緒にオーブンで焼く 茎のままのローズマリーは、野菜のオーブン焼きの風味付けに最適です。切ったジャガイモやニンジン、パースニップなどを天板に載せましょう。植物油を振りかけてレモンを搾り、ローズマリーの茎を1、2本載せます。200度のオーブンで野菜が柔らかくなるまで35~40分焼き、きつね色に仕上げましょう。[6]
    • オーブン焼きに適したその他の野菜は、さつまいも、根セロリ、ズッキーニ、ピーマン、アスパラガス、ナスなどです。
  5. 5
    ジャガイモ料理に使う 最も一般的な食品とハーブの組み合わせの1つは、ジャガイモとローズマリーの組み合わせです。ジャガイモのオーブン焼き、マッシュポテト、スカラップドポテト(スライスしたジャガイモのグラタン)などの様々なジャガイモ料理にローズマリーを使いましょう。次の方法を参考に、細切りやくし形切りのジャガイモをオーブンで焼き、ローズマリーで味付けしても良いでしょう。[7]
    • ジャガイモ3個をこすり洗いする
    • ジャガイモを細切り、またはくし形切りにする
    • ジャガイモに油大さじ2杯(30ml)と塩コショウをまぶす
    • 途中で2回裏返しながら、240度のオーブンで30~35分焼く
    • 刻んだローズマリーの葉とニンニクのみじん切り、塩コショウで味付けする
  6. 6
    ローズマリーとレモンのシャーベットを作る シャーベットは、果汁と砂糖で作る氷菓です。好きな果汁に好みの風味を加えて自家製のシャーベットを作ることができます。レモンとローズマリーの組み合わせは他の料理でもよく使われるので、レモンシャーベットにローズマリーを加えるとおいしいデザートになるでしょう。[8]
    • レモンシャーベットのレシピでレモンローズマリーシャーベットを作るには、 ガムシロップを作る際に刻んだローズマリーの葉小さじ1杯(1g)を鍋に加えましょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
ローズマリーを使うその他の方法

  1. 1
    ローズマリーティーを作る ローズマリーティーは温かくておいしいハーブティーで、水とローズマリーの2つの材料だけで作ることができます。やかんや鍋に水を入れ、コンロでお湯を沸かしましょう。生のローズマリーを茎ごとティーポットに入れ、沸騰したお湯を注いで3~5分間蒸らします。[9]
    • ローズマリーティーにくし形切りのレモンを加えても良いでしょう。
    • 室温に冷ましたローズマリーティーを密封容器に入れ、冷蔵庫で冷やして飲んでも良いでしょう。保存する前にローズマリーを取り除き、数日以内に飲みましょう。
  2. 2
    ローズマリーオイルを作る ローズマリーの香りのオイルを作るには、オリーブオイル120mlと生のローズマリーの茎3本を小鍋に入れます。オイルが82度になるまで、弱火で5分間加熱しましょう。オイルを火からおろして室温に冷まします。冷めたオイルとローズマリーを密封容器に入れましょう。冷蔵庫で1か月まで保存可能です。[10]
    • 普通の油の代わりにローズマリーオイルを使って料理や揚げ物をしたり、サラダのドレッシングを作ったりしましょう。
  3. 3
    ローズマリーバターを作る ハーブをバターに加えると、生のハーブやスパイスの風味を楽しめます。手作りのローズマリーバターの用途はたくさんあります。次の方法を参考にしましょう。[11]
    • トーストに塗る
    • オーブンで焼いた魚や肉のソースとして使う
    • ベイクドポテトやジャガイモのオーブン焼きに載せる
    • 温かいご飯やパスタ、野菜に載せて溶かす
  4. 4
    ローズマリーソルトを作る ローズマリーソルトは、様々な料理の風味付けに最適です。ローズマリーソルトを作るには、粗塩75gと刻んだローズマリーの葉小さじ1杯(1g)をフードプロセッサーで攪拌し、しっかりと混ぜ合わせましょう。密封容器に入れ、1日寝かせます。[12]
    • ローズマリーソルトを普通の塩を代わりに使いましょう。スープ、シチュー、肉、野菜、ポップコーンをはじめ、様々な料理の味付けに使えます。
    • ローズマリーソルトは、1年以内に使い切りましょう。
    • ローズマリーソルトにレモン、ライム、オレンジなどのゼストを加えても良いでしょう。
  5. 5
    レモネードの風味付けに使う レモンとローズマリーは相性が良いので、レモネードやレモンのカクテルにローズマリーを加えておいしい飲み物を作ることができます。[13] できあがったレモネードのピッチャーに生のローズマリーを茎のまま2、3本加えます。数時間おいてローズマリーの香りを付け、グラスに注ぎましょう。
    広告

関連記事

料理にコショウやスパイスを入れすぎたときの対処調味料の味を薄める裏技!コショウやスパイスを入れすぎたときの対処方法
ローズマリーオイルを作るローズマリーオイルを作る
パクチーを刻む方法 - wikiHow専門家からのアドバイス
生のローズマリーを保存する生のローズマリーを保存する
ミントを乾燥させるミントを乾燥させる
クローブオイルを作る
ハーブとスパイスを野菜に合わせる
ミントの鮮度を維持する
松葉茶を作る松葉茶を作る
ハーブ漬けオリーブオイルを作る
アロエベラを食べる
マスタードシード(カラシの種)の代用マスタードシード(カラシの種)の代用
タバスコソースを手作りする
シナモンの健康効果を得るシナモンの健康効果を得る
広告

このwikiHow記事について

Ollie George Cigliano
共著者 ::
プライベートシェフ、料理教室講師
この記事の共著者 : Ollie George Cigliano. プライベートシェフで料理教室講師のオリー・ジョージ・シグリアは、カリフォルニア州ロングビーチを拠点とする「Ollie George Cooks」の経営者です。伝統的な調理法や革新的な調理法を駆使して、新鮮で面白い食材を料理することを得意とし、経験は20年以上。また、同料理教室は、ロングビーチ地域でトップ3の評価を得ています。カリフォルニア大学バークレー校にて比較文学の学士号を取得。コーネル大学オンライン科にて栄養・健康生活学のコースを修了。 この記事は1,775回アクセスされました。
このページは 1,775 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告