ローマ字でかっこいいサインを書く方法

この記事には:サインの分析サインの改造サインの選択

これから有名になる予定の人も、暇を持て余している人も、ローマ字のサインをあれこれ試して楽しい時間を過ごしてみませんか。ここで紹介するコツとテクニックを試すだけで、かっこいいローマ字サインを書けるようになります。

パート 1
サインの分析

  1. 1
    現在のサインを分析します。まず今のサインの好きな点、直したい点を考えます。次に名前を構成するローマ字を見て、円・点・バツなどの形状を持つ文字(G、X、Bなど)とプレーンな文字(特に、SやOなどのように大文字も小文字も似ている文字)に注目しながら、最も効果的に見せる形を想像しましょう。サインの目玉となる文字や形を決めることがカギです。
  2. 2
    サインで表したい自分のキャラクターを考えます。クリアな文字で書かれたシンプルなサインは確かに読み易いのですが、その人の内面を表すには複雑なデザインの方が効果的で、飾り文字の多いサインは華やかな印象になります。またサインの仕方にその人の余裕の有無が現れることも意識しましょう。常に忙しく動き回る医師などは読解不能な走り書きサインが多く、著名な作家などは凝ったデザインのサインを時間をかけて優雅に書き上げます。
    • イニシャルだけのサインはフルネームのサインよりもフォーマルで実務的と考えられています。
    • 偽造が心配ならば、読みやすい文字で少し横に広がるようなサインを書くとよいでしょう。名字も名前も全て読みやすい文字で書くのが肝心です。読みやすい文字で書かれたサインのニュアンスをコピーする方が、読みにくい文字を偽造するよりも難しいのです。
  3. 3
    自分の名前のどの部分をサインにしたいかを考えます。フルネーム、名字だけ、名前だけ、イニシャルだけと、個人の好みで決めます。ビヨンセやロナウドのように名前だけが知られている人ならば、サインは名前だけにしたいと思うかもしれません。名字で呼ばれることの多い大学教授のような人であれば名字だけでもよいでしょう。
  4. 4
    他の人のサインを見てヒントを得ましょう。有名人のサインを見て、真似したいサインがあるかを考えます。面白いサインの人はたくさんいますが、カート・ヴォネガット、ウォルト・ディズニー、サルヴァドール・ダリ、ピカソ、ジョン・ハンコックは個性的なサインで有名です。そういう個性的なサインから人目を引く要素をどんどん拝借しましょう。

パート 2
サインの改造

  1. 1
    サイン実験開始 何度も書き直して可能性を探ります。様々なスタイルや飾り書きを試しながら楽しみましょう。その中で書きやすいもの、自分の名前に合うもの、何度書いても形が崩れないものを見つけます。手に馴染む筆記用具を使用しましょう。何度も消して練習するのであれば鉛筆が便利です。
  2. 2
    選んだ文字を強調する 選んだ文字を一つだけ大きく書いて目立たせるか、わざと小さく書いて目立たないようにしてみましょう。どちらも簡単に特徴を出す方法です。名前の最初の文字だけを強調したり、名前と名字の最初の文字を強調してもよいでしょう。
    • 形が崩れたりねじれたりしたサインは、一文字だけシャープな文字に変えてみるといいでしょう。逆に全体的にシャープな印象のサインであれば、一文字だけ力を抜いたルーズな文字や洒落た文字にすると緩急が付けられます。
  3. 3
    下線を引いて強調する これはサインを飾るクラシックな手法です。しかしシンプルなサインを書くよりも時間かかるので、本当に下線を引きたいときだけ採用しましょう。
    • 一文だけ伸ばして下線を作る方法もあります。大抵は最後の文字を伸ばしますが、好みのスタイルに合えばどの文字を伸ばして飾りにしてもよいでしょう。特に伸ばし易いのは長い尻尾の付いている y、g、j です。サインの下側で尻尾の部分を引き伸ばして飾りにします。
    • 下線を円形にする方法もあります。これは流動的な印象を加える飾り方です。
    • 下線をジグザクにする方法もあります。これは円形の下線と似ていますが、円形よりも鋭角で尖った印象になります。
  4. 4
    古風なレタリングを使う 横方向の線を伸ばして、最後をハネや飾り書きにします。手元にあれば万年筆を使ってみるといいでしょう。カリグラフィー、昔のサイン、ゴシック・レタリングなどを参考にしましょう。古風なレタリングを使うとシンプルなデザインのサインでも個性的になります。
  5. 5
    飾り書きで個性を出す 飾り書きはサインを個性的にする便利な方法です。人目を引くかっこいい飾りを付けられる文字を探し、いろいろな飾り書きを工夫してみましょう。飾り書きの例を4つ挙げてみます。
    • 繰り返す要素を使います。上のサインにある大小3つの楕円形はエコー効果を生み出し、デザイン全体をまとめる役割を果たしています。
    • 大文字で小文字を囲います。下に尻尾のある文字(g、jなど)が入っていない名前のサインに特徴を持たせる楽しくて便利な方法です。
    • 円でサインを囲います。これは形式張った威厳のあるサインという印象を与えます。
    • 文字の下の部分を大きく書きます。これはサインを飾る最も簡単で一般的な方法です。
  6. 6
    数字やマークを加える 自分が所属するチームの背番号や、簡単なスケッチ、学校の卒業年などをマークの中に入れてもいいでしょう。スポーツチームの一員として広く知られている人であれば、特定の番号やマークと自分が結びつくので、自分と似たような名前のサインと区別する格好の要素となります。ただし数字やマークを使う場合には、サインにかかる時間を短縮するためにシンプルなサインを心がけましょう。マークが多すぎるとデザインがいびつになったり、サインに時間がかかりすぎたりする原因になります。

パート 3
サインの選択

  1. 1
    お気に入りの要素を配置しましょう。まず自分がサインに書き入れた飾り書きの中からお気に入りを見つけます。その中から、使えるもの、使えないもの、自分のキャラクターに合ったものを選別します。そして練習を繰り返しながら、満足いく形になるまで細かい微調整を行います。
  2. 2
    凝りすぎないようにしましょう。見た目の良さだけで決めずに、スタイリッシュでありながら実用的なものを選びましょう。
    • サインとは、簡単に書けて、何度書いても同じ形になるものでなければなりません。流れるように数秒で書き上げられる簡単なものにしましょう。
    • 目的と個性に合ったサインを作ります。芝居っ気のある自分を表したいのならば、優雅なスタイルのサインにしましょう。礼儀正しく真面目な自分を表したければ、真面目さが表れるデザインがよいでしょう。
    • 認識できないサインは避けましょう。判読不能で、書くたびに形が変わる落書きのようなサインではなく、書いた人物を一目で判別できる自分らしいサインにしましょう。
  3. 3
    自然に書けるまで練習し続けます。サインはいつでも変えられます。しかし運転免許証・パスポート・クレジットカード・銀行記録のような法的書類で決まったサインを使っている場合には変更しない方が無難でしょう。サインは自分を証明するものなので、記録に残っているサインと異なるサインを書いた場合には本人でないと疑われる可能性があります。
  4. 4
    確実に再現できるサインにします。最高に複雑でかっこいいサインであっても、サインするときにもたつくようでは使えません。練習するときは、サインを書き終わる速度、特別な筆記用具の必要性、常に同じ形にできるかなど、現実的な視点で検討します。書くたびに形が変わるようであれば、シンプルなデザインに変えた方がよいでしょう。
    • ここで紹介した方法はデジタルサインには適用されません。デジタルサインが使われるデジタル書類署名アプリでは、最初に個人を特定するデジタルサインを保存し、そのサインを新たに署名が必要な書類にコピーします。デジタルサインとアナログサインを同一のものにしておくと便利です。

注意事項

  • サインを変更する頻度に注意しましょう。身分証明書・運転免許証・銀行記録・図書館カードなどの既存のサインとまったく違うサインに変えてしまうと、身分の証明が困難になり、トラブルを引き起こす可能性があります。
  • 正式な署名は常にシンプルなデザインを心がけましょう。書くのに時間を要する複雑なサインを作ったとしても、スーパーで買い物をするたびにそのサインをしていたら、すぐにうんざりしてしまうでしょう。
  • 飾りを盛り込みすぎる前に一度考えましょう。サインのスタイルをあれこれ変えて冒険するのは楽しいものですが、読みにくいサインが現実的かどうかをいま一度考えてみましょう。

記事の情報

カテゴリ: 執筆

他言語版:

English: Sign a Cool Signature, Español: tener una firma cool, Français: créer une signature qui en impose, Deutsch: Eine coole Unterschrift finden, Português: Criar uma Assinatura Legal, Italiano: Avere una Bella Firma, Русский: придумать красивую подпись, Bahasa Indonesia: Membuat Tanda Tangan yang Menarik, 中文: 写一手漂亮的英文签名, العربية: تصميم توقيع جذاب, Tiếng Việt: Tạo một Chữ ký Ấn tượng, Čeština: Jak se skvěle podepsat, ไทย: เซ็นชื่อแบบเท่ๆ, 한국어: 멋들어지게 사인하는 방법, Türkçe: Havalı Bir İmza Nasıl Atılır

このページは 6,372 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?