ローラースケート靴を新調した、あるいは現在の靴ひもがうまく結べていない場合は、しっかり結びましょう。少し手間がかかりますが、靴ひもの結びかたがローラースケートには極めて重要なのです。最終的に、靴ひもをきちんと足に合わせてうまく結んだ靴は、ローラースケートのパフォーマンスや快適性を最大限に引き出すのに役立ちます。[1] ここで紹介する人気のある結び方についてのアドバイスやコツを参考にして、ローラースケートをしに出かけましょう。

方法 1
方法 1 の 2:
伝統的なクリスクロス手法

  1. 1
    最低180センチの長さの靴ひもを2本用意する これは極端に長すぎるように思えますが、実は靴ひもが長いほどスケート靴を快適に締めることができます。[2]
    • ハイトップシューズや特に大きめの靴の場合は、少なくとも240センチから270センチの長さの靴ひもが必要です。
  2. 2
    つま先に一番近い左右2つのハトメにひもを通す ひも先(靴ひもの先端)を右の1番下のハトメから引き出します。同じように、もう片方のひも先を靴の左の1番下のハトメから引き出しましょう。[3]
  3. 3
    靴ひもを引いて確実に左右同じ長さにする 靴ひもの両端を揃えて持ち、長さを比べます。必要に応じてどちらかのひもをぎゅっと引っぱり、同じ長さになるようにします。[4]
  4. 4
    左側にあるひもを右下2番目のハトメから引き出す ひもを左下1番目のハトメの表に引き出しましょう。そして、同じひもを右下2番目のハトメの裏から通して、ぎゅっと引きます。[5]
  5. 5
    左下3番目のハトメに靴ひもを通す 先ほどのように、ハトメの表に引き出したひもを左下3番目のハトメの裏から表に通しましょう。[6]
    • ひもがねじれていたら指で返し、平たく見えるようにします。
  6. 6
    標準のハトメの一番上までひもを交差させながら通していく 一番下にある最初の一組のハトメにしたように、ハトメの「表から裏」へ交互にひもを通していきます。標準の丸いハトメに、1つ飛ばしで一番上までジグザグにひもを通していきましょう。[7]
    • 「標準」のハトメは円状の金具で、靴の上の方までついています。スケート靴の足首部分に金属製のフックのような「特製」ハトメがついていることもよくあります。
  7. 7
    右側のひもを既に通してあるひもの上にかけて、左下2番目のハトメを通して引き出す 最終的に、靴のベロの上に「X字形」を均一にいくつか描いていきます。このパターンを描くために、右側にきているひもを、既にジグザグになったひもの上を通して引きます。[8]
    • 確認のためちょっとしたコツがあります。ひもを靴の左右どちらか一方から見て、それがどちらに向かうのか確かめましょう。左側にあるすべてのひもはお互いに平行で、右側のすべてのひもはお互いに平行になっているはずです。
  8. 8
    同じひもを既に通してあるひもの後ろを通して、右側の次に空いているハトメに裏から入れる 「X字形」は、すぐ下の「X字形」と全く同じになるはずです。このことを留意しながら、持っているひもを、既に通してあるひもの後ろを通して、右下3番目のハトメから引きだします。[9]
  9. 9
    標準のハトメを通し終わるまで「表そして裏」へひもを通すことを繰り返す 右から左に行く場合は、常に既に通したひもの上を通りましょう。その後、左から右に行く場合は、既に通したひもの後ろを通して、ひもをぎゅっと引きます。標準の丸いハトメにすべてひもを通すまで、「X字形」を均一に描いていきます。[10]
  10. 10
    フックにひもを上からまわしかけてクリスクロス掛けする 両手に紐を持ち、右側のひもが左側のひもの上になるように交差します。最初の左右のフックにひもを上から下へ掛けましょう。そして、ひもを元の位置あたりに引いて、再び靴の正面に持ってきます。靴をきっちりと履くために、残りのフック2、3箇所についても同じ要領で掛けていきます。[11]
    • すべてのフックに掛ける必要はありません。1番上のフックにひもをかけないローラースケート選手もいます。
  11. 11
    残りのひもを蝶々結びにする この過程はとても簡単です。普通のスニーカーや編み上げ靴を結ぶ要領で結びましょう。すべてを定位置に固定するために、ベロの前でひもを結んで蝶々結びにするだけです。滑る準備の完了です。[12]
    • 靴は足にぴったりと密着して、かかとが滑ったり足やつま先に痛みを感じたりしないはずです。靴が足にしっくりとこなくても大丈夫です。まだ他にも調整する方法があります。[13]
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
快適に履くコツ

  1. 1
    かかとが抜けやすい場合は、靴の上部あたりをひもできつく固定する ひもを靴の1番上までクリスクロス掛けにします。そして、足にできる限りしっかりと密着するように、ひもをぎゅっと引いて、フック式のハトメにまわし掛けていきます。こうすると、かかとは滑走中でもしっかりと固定されます。[14]
  2. 2
    靴を2本のひもで結んで、つま先のしびれを和らげる 通常のクリスクロス掛けに従って、ひもを表裏と交互に掛けながら、1番下のハトメから4番目まで通していきます。その後、蝶結びで締め終わります。続きのハトメは、他の靴ひもを使って、1番上までクリスクロス掛けで結んでいきます。[15]
    • この方法だと、つま先にあまり圧力をかけずに、靴を足にぴったりと固定し続けることができます。
  3. 3
    靴の中央でひもを縦に結んで、土踏まずの痛みを和らげる つま先に近いハトメ3組をクリスクロス掛けにします。左側のひも(左下3番目のハトメから引き出したひも)を取り、すぐ上の4番目のハトメに表から通します。そして、そのひもを5番目のハトメに裏から通します。右側も同じように縦にひもを通しましょう。その後、靴の上半分に通常のクリスクロス掛けをします。[16]
    • 下から4番目と5番目のハトメの間に、ひもの縦方向の「線」があるはずです。この線が土踏まずへの圧迫を防いで、滑走を楽にします。
  4. 4
    ロウ引きひもと交換してベロのずれを防ぐ ベロは中央に位置して、靴の真ん中部分にきっちりと沿っていなければなりません。たいていのモデルにはベロの中央に固定用の特別な輪っかがついていますが、輪っかがついていないためにベロがずれてしまう靴もあります。こうした場合は、手持ちのひもを従来のひもよりきつく締まるロウ引き加工を施したひもと交換しましょう。[17]
    • ロウ引き加工をした靴ひもは、オンラインやローラースケート専門店で1200円未満で購入できます。
    広告

関連記事

生理中にナプキンを付けて泳ぐ生理中にナプキンを付けて泳ぐ
スケボーでオーリーを習得する
バキュームエクササイズで腹筋を鍛えるバキュームエクササイズで腹筋を鍛える
F1ドライバーになるF1ドライバーになる
ボウリングでボールにスピンをかけるボウリングでボールにスピンをかける
コントーショニストになるコントーショニストになる
バレーボールでトスを上げるバレーボールでトスを上げる
ドライバーショットを真っ直ぐ飛ばすドライバーショットを真っ直ぐ飛ばす
バーピーをする
逆立ちする
自由形で泳ぐ
ポケットビリヤードを楽しむポケットビリヤードを楽しむ
サーフィンを始める
菱形筋を伸ばす菱形筋を伸ばす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: | スポーツ
このページは 453 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告