従来の有線イヤホンに比べて、ワイヤレスイヤホンにはいくつも利点があります。Bluetoothで端末に接続できるので、ポケットの中で絡まりがちな長くて邪魔なコードが必要ありません。さらに、スマートフォンやタブレットを含め、Bluetoothが利用可能な様々な端末に接続することができます。自分の耳に合うイヤホンを見つけるまで、違う種類のワイヤレスイヤホンをいくつか試してみましょう。

方法 1 の 2:
耳にイヤホンを固定する

  1. 1
    様々な種類やメーカーのイヤホンを試して自分の耳に合うイヤホンを見つける 外耳道は様々な形や大きさのため、誰にでも合うイヤホンはありません。自分の耳に合うかどうか確かめるために、友達や家族が使っているイヤホンを借りて、色々なメーカーや仕様のイヤホンを試しましょう。または、心地よく感じるイヤホンを見つけるため、電化製品店でイヤホンを試着できるか店員に聞いてみましょう。[1]
    • 一般的に、男性の外耳道は女性より大きいため、より大きなイヤホンが必要です。
  2. 2
    イヤホンを外耳道にぴったりはめる イヤホンから効果的に音を聞き取るには、外耳道の比較的鼓膜に近い位置にイヤホンがはまっていないといけません。イヤホンを2、3回前後にねじると、イヤホンが良い位置に収まりやすいでしょう。[2]
    • 外耳道にワイヤレスイヤホンのイヤーピースをぴったり合わせると、聞こえてくる周囲の音を防ぐことができます。
  3. 3
    イヤホンをしっかり所定の位置に密着させるため、耳たぶを引っ張る イヤホンを両耳にゆるく装着したら、逆の手でそれぞれの耳たぶを軽く引っ張ります。この動作で外耳道を少し開きます。耳たぶを引っ張りながら、逆の手の人差し指でイヤホンを所定の位置に優しく押しこみます。[3]
    • 例えば、右耳にイヤホンをしっかり固定するために、左手で軽く右耳の耳たぶを引っ張ります。 同時に、右手の人差し指で外耳道にイヤホンを押し込みます。
  4. 4
    イヤホンがきちんとはまらなければ、耳垢を掃除する 耳垢が溜まると外耳道の大きさや形が変わり、イヤホンを着けるときにきちんとはまらなかったり、耳から外れる原因になります。イヤホンがいつも通りに耳にはまっていなければ、綿棒で耳掃除しましょう。[4]
    • イヤホンを外したときに、イヤホンに黄色い耳垢が付いて入れば、耳掃除をしましょう。耳垢を中に押し入まないように気をつけましょう。綿棒を優しく押し当てて擦ると、耳垢をさらに中に押し入むことなく、耳の中をきれいにすることができます。
  5. 5
    イヤホンの使用中は出来るだけ顎を動かさない 顎の形と外耳道との密着度によって、顎の開閉でイヤホンが緩むことがあります。電話中はもちろん顎を動かさないといけませんが、他の理由でイヤホンを使っているときは、出来るだけ顎を動かさないようにします。 [5]
    • 例えば、イヤホンで音楽を聴きながら、ガムを噛んでいるときやお菓子を食べているときに、顎の動きでイヤホンが緩み、耳から外れる可能性があります。
    広告

方法 2 の 2:
ワイヤレスイヤホンの使用

  1. 1
    携帯や他の端末にイヤホンを接続する 携帯や他の端末(タブレットやパソコンなど)で「Bluetooth」ボタンを押し、電源を入れます。続けて、イヤホンの片側にある「接続」ボタンを押します。携帯のBluetoothのメニューに使用するイヤホンが出てきたら、それを押して端末に接続します。[6] 今まで接続したことがない端末にイヤホンを接続する際、2、3秒かかることがあります。
    • 使用中のワイヤレスイヤホン独自の接続方法については、携帯のユーザーマニュアルで確認しましょう。
  2. 2
    リモコンでイヤホンを操作する ワイヤレスイヤホンの多くは5x7cm程度の小さなリモコンとセットになっています。曲を飛ばす、音量を調整する、電話の呼び出し音を無音にするなどの際にリモコンを使用します。[7]
    • イヤホンを着けてのジョギングなど、外出時には常にリモコンを持ち歩きましょう。そうしないと曲の操作が難しくなります。
    • リモコンを忘れた場合は、携帯(もしくは他の端末)で聴いている音楽を操作できます。
  3. 3
    リモコンがなければ、イヤホンの横にあるボタンを押す 付属のリモコンがない機種もありますが、その場合は、イヤホンの横に小さなボタンが付いています。聴いている曲の停止、再生、スキップ、通話・通話終了、消音にこのボタンを使います。間違ったボタンを押さないために、耳にイヤホンを着ける前にボタンを確認しましょう。[8]
    • ボタンが小さすぎて正確に押せない場合には、携帯電話で曲の調整や通話終了などの操作を行うとよいでしょう。
  4. 4
    耳垢に気づいた際にはイヤホンを掃除する 耳垢がイヤホンの表面に付いている場合、綿棒で取り、アルコールで拭きましょう。耳垢をすべて取り除くまでイヤホンの表面を拭きます。
    • ワイヤレスイヤホンの掃除に石鹸を使ったり、蛇口の水で洗い流したりしてはいけません。
  5. 5
    使用しないときには充電する 充電のシステムはそれぞれ違いますが、大抵の場合、イヤホンには充電器を接続する小さなポートが付いています。寝室やリビングのコンセントにポートを繋ぎます。イヤホンを使用していないときは常に充電器に繋いでおきましょう。[9]
    • イヤホンを充電し忘れると、使いたいときに使えないかもしれません。例えば、重要な電話会議の際にイヤホンが電池切れしていれば、深刻な問題に繋がりかねません。
    広告

ポイント

  • 電池とワイヤレスの技術の発展とともに、ワイヤレスイヤホンは充電しなくても長時間持つようになっていくでしょう。すでに30〜35時間持つ電池もあります。[10]

広告

関連記事

How to

ワイヤレスマウスを接続する

How to

iPodに音楽を入れる

How to

イヤホンが耳から外れないようにする

How to

一般的な電卓の電源を切る

How to

iPadの写真を削除する

How to

PCをBluetoothに接続する

How to

Philips HueブリッジをWi Fiに接続する

How to

iPodの世代を調べる

How to

デルのサービスタグを確認する

How to

AirDropを無効にする

How to

iTunesアカウントを作成する

How to

HPプリンタの印刷位置を調整する

How to

Windowsで印刷スプーラサービスを停止する

How to

USBフラッシュドライブにファイルを保存する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 電子機器
このページは 623 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告