PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、Windows 10パソコンにワイヤレスキーボードを接続する方法を紹介します。キーボードは小型のUSBレシーバーでパソコンに無線LAN接続するものが多く、こうしたキーボードではレシーバーへの接続に特殊な高周波(RF)を使用するため、Bluetoothが必要ありません。ただし、Bluetoothを必要とするキーボードもあります(必要に応じてBluetoothに切り替えることも可能)。キーボードがBluetoothに対応していれば、パッケージのどこかにBluetoothのマーク(蝶ネクタイを横向きにしたようなもの)があるはずです。

ステップ

  1. 1
    新しい電池を入れるか、キーボードを充電する キーボードに電池収納部がある場合は、キーボードのパッケージに記載されている通りに電池を入れましょう。ただし、キーボードによっては、単2電池や単3電池ではなく内蔵充電池を使用しているものもあります。キーボードに充電器が付属している場合は、しばらく充電してから電源を入れましょう。
  2. 2
    キーボードにUSBレシーバーを接続する ワイヤレスキーボードに小型のUSBレシーバーまたはドングルが付属している場合は、それを空いているUSBポートに差し込みましょう。USBポートとは、ノートパソコンの側面やデスクトップパソコンの前面または背面にある長方形の薄型スロットのことです。
    • キーボードの中には、メーカーが設定した高周波を使用するか、Bluetoothを使用するかを選択できるものがあります。Bluetoothを使用する場合は、キーボード上部のスイッチをBluetoothの位置にする必要があるかもしれません。蝶ネクタイを横向きにしたようなマークが目印です。
  3. 3
    ドライバーのインストールを求めるメッセージが表示された場合は、ドライバーをインストールする キーボードによっては、レシーバーを接続するとすぐにドライバーが自動的にインストールされる(またはメーカーのホームページからダウンロードするよう促される)場合があります。これは、キーボードがBluetoothを使用しない場合によく見られます。ドライバーが自動的にインストールされた場合は、通常、すぐにワイヤレスキーボードを使用することが可能です。
    • ドライバーがインストールされていて、キーボードがすでに動作している場合は、これで完了です。ただし、プログラム可能なメディアキーなどの追加機能がある場合は、メーカーのホームページからソフトウェアをインストールする必要があるかもしれません。念のため、取扱説明書を確認しましょう。取扱説明書がない場合は、キーボードのモデル名や型番をインターネットで検索し、必要なものを確認しましょう。
    • Bluetoothキーボードをセットアップする場合は、このまま読み進めましょう。
  4. 4
    キーボードをペアリングモードにする(Bluetoothのみ) 通常、Bluetoothを使用する場合は「コネクト」、「ペアリング」または「Bluetooth」というボタンがあります。ペアリングモードにするには、このボタンを5秒ほど押し続ける必要があるかもしれません。[1]
    • キーボードは、他のBluetooth機器とのペアリングの準備が整うとLEDランプが点滅するものがほとんどです。キーボードがパソコンに接続されると、通常、このランプが点灯します。
  5. 5
    Windowsの設定を開く 「スタート」ボタンをクリックし、スタートメニューの左下にある歯車アイコンをクリックします。
    • また、タスクバーの右端(時刻の隣)にあるアクションセンターでキーボードを接続することも可能です。通知アイコン(四角い吹き出しで、数字が表示されている場合もある)をクリックしてBluetoothをクリックし、接続をクリックしたら、ステップ8に進みましょう。
  6. 6
    デバイスアイコンをクリックする ウィンドウの上部にあるキーボードと電話のアイコンのことです。
  7. 7
    左メニューのBluetoothとその他のデバイスタブをクリックする
  8. 8
    「Bluetooth」スイッチをオンにする スイッチの横に「オン」と表示されている場合は、このステップをスキップしましょう。
    • キーボードがSwift Pair(スウィフトペア)という機能に対応している場合は、Swift Pairに関する通知を受け取るかどうかを尋ねるメッセージが表示されることがあります。その場合ははいをクリックし、ダイアログボックスが表示されたら接続をクリックしてキーボードを接続しましょう。[2] これでキーボードが入力できれば完了です。
  9. 9
    +Bluetoothまたはその他のデバイスを追加するをクリックする 右ペインの一番上にあるボタンのことです。
  10. 10
    Bluetoothをクリックする Bluetooth機器が検出され、一覧に表示されます。
  11. 11
    キーボード名をクリックする Bluetoothの検索結果にキーボードが表示されるまで、しばらく時間がかかるかもしれません。キーボードが表示されると、詳しい説明が表示されます。
    • キーボードが表示されない場合は、キーボードの電源を一度切ってから入れ直してみます。ペアリングボタンがある場合は、もう一度押してみましょう。
  12. 12
    画面の指示に従って、キーボードとパソコンをペアリングする キーボードの機種によっては、操作を行わないとペアリングが完了しない場合があります。キーボードのペアリングが完了したら、完了または閉じるをクリックしてウィンドウを閉じ、ワイヤレスキーボードを使用しましょう。
    • ペアリングモード時にペアリングまたはコネクトランプが点滅するキーボードの場合は、通常、ペアリングが完了するとランプが点灯します。
    広告

ポイント

  • WindowsとMacの両方に対応しているロジクールのワイヤレスキーボードの中には、ショートカットキーでWindowsとmacOSのレイアウトを切り替えられるものがあります。これらのキーボードはデフォルトでWindowsレイアウトになっていますが、そのキーボードをMacで使用したことがある場合は、Fn+Pキーを3秒間長押してWindowsレイアウトに切り替えましょう。[3]
  • ワイヤレスキーボードとパソコンの間で電波が途切れる場合は、USBレシーバーを取り外して交換してみます。それでも電波が途切れたままであれば、他の無線LANに切り替えて効果があるかどうかを確認しましょう(キーボードがBluetoothと他の高周波に対応している場合)。
  • 有線キーボードとワイヤレスキーボードは同時に使用することができます。
  • Bluetoothキーボードはタブレットにも使用可能です。
広告

関連記事

USBメモリーに音楽を入れるUSBメモリーに音楽を入れる
Nintendo SwitchをDiscordに配信するNintendo SwitchをDiscordに配信する
HPでスクリーンショットを撮るHPでスクリーンショットを撮る
2台のパソコンを接続する2台のパソコンを接続する
Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行するWindows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する
マウスの代わりにキーボードでクリックするマウスの代わりにキーボードでクリックする
ノートパソコンのカメラで写真を撮るノートパソコンのカメラで写真を撮る
ゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させるゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させる
LANケーブルで2台のパソコンを接続するLANケーブルで2台のパソコンを接続する
パソコンにヘッドセットを接続するパソコンにヘッドセットを接続する
デスクトップに動く壁紙を設定するデスクトップに動く壁紙を設定する
2台のモニターを設定する2台のモニターを設定する
特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する
液晶モニターを修理する液晶モニターを修理する
広告

このwikiHow記事について

Nicole Levine, MFA
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Nicole Levine, MFA. ニコール・レヴィンはwikiHowに勤務するテクノロジーライター兼編集者です。技術文章の作成に関し20年以上の経験があり、現在まで大手のウェブホスティング会社やソフトウェア開発会社のチームリーダーを務めてきました。ポートランド州立大学にてクリエイティブライティングの修士号を取得し、様々な教育施設にて作文、小説創作、Zine(個人制作の冊子)の作り方について講義を行っています。 この記事は40,837回アクセスされました。
カテゴリ: コンピューター
このページは 40,837 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告