ワキの汗を止める方法

この記事には:制汗剤を塗布する汗によるベタつきを抑える医療処置を受ける出典

ワキの汗は時に悩みの種となり、見た目にもよくありません。しかし、対処方法を知っていれば、ワキをサラサラに保って自信を持つことができます。デオドラントには汗の臭いを隠す効果しかありません。汗を抑えたいと真剣に考えているのなら、ワキの分泌腺に積極的に働きかける必要があります。制汗剤の正しい塗り方を学ぶとともに、ワキの汗に影響することもある生活習慣の見直しやもっと強力な医療処置についてもみていきましょう。

1
制汗剤を塗布する

  1. 1
    問題を特定しましょう。状況に合った製品を見つけるには、いつも使用しているデオドラントを買いに行く前に、一体何が問題なのかを少し考えてみる必要があります。ワキの汗による体臭が最大の問題である人もいれば、見苦しい汗染みで恥ずかしい思いをすることが一番の悩みだと言う人もいます。
    • 体臭や汗染みに悩んでいるのであれば、それぞれの問題に適した処置が必要です。デオドラントは嫌な臭いを「隠す」ことはできても、ワキの制汗には一切効果がありません。
    • 医療処置を施さない限り、体から出る汗を完全に止めることは不可能であり、こうした処置は通常、極端な事例に対してのみ行われます。体が皮膚から塩分や毒素を一切排出しなくなると、人は死に至ります。
  2. 2
    自分の症状に適した製品を購入しましょう。抱えている問題によって市販のデオドラントや制汗剤、その両方の効果を持つものなど、必要となる製品が異なります。あるいは、かかりつけの医師に相談して、さらに強力な制汗剤を処方してもらう必要があるかもしれません。
    • 「体臭」に悩んでいる場合は、低刺激の天然成分を使用したデオドラントで臭いを隠すと同時に、正しい衛生習慣を実践して問題改善に取り組む必要があります。基本的な衛生習慣については後述の項でみていきましょう。
    • 「汗染み」に悩んでいる場合は、塩化アルミニウム6水和物を使用した最も一般的な制汗剤がワキの発汗量を抑えるのに効果的です。
  3. 3
    デオドラントを手作りしてみましょう。天然原料だけを使用した市販のデオドラントもありますが、自然のデオドラントを手作りしてワキの汗を抑えることもできます。
    • 重曹と水を同量ずつ混ぜ合わせてペースト状にしたものをワキに塗ります。20~30分間が経過した後に水で洗い流します。
    • りんご酢や麦芽酢を使用して、臭いの元であるワキの常在菌を中和しましょう。これらの酢が生む乾燥効果によってワキの発汗量が抑えられ、ワキの下をサラサラに保つことができます。
    • レモン果汁とトマトの果肉を混ぜたものを試してみましょう。就寝前にワキに塗って、15分間放置します。
    • クルミの葉とユーカリの葉をすりつぶしてペーストを作りましょう。
    • セージティーが冷却剤として作用し、発汗を抑えると言う人もいます。
  4. 4
    デオドラントや制汗剤は正しく使用しましょう。ワキの汗にひどく悩んでいる場合には、制汗剤やデオドラントは就寝前と起床時、入浴後(直後でなくても可)に清潔な状態のワキに塗るのが一般的です。清潔な水とせっけんで腕を必ずきれいに洗って乾かした後に、乾燥したワキに薄く塗布しましょう。
    • 外出前や着替えの際にのみデオドラントを使用する人もいるでしょう。すでにワキに汗をかいている場合には、この方法は臭いや汗の対策として一切効果がありません。使用前には必ずワキを清潔にしましょう。
    • すでに汗ばんでいると感じた場合は、汗の上からデオドラントや制汗剤を塗布しないようにしましょう。これでは臭いの対策にはなりません。せっけんと水でワキをきれいに洗い、体の火照りが治まった後にあらためて塗布しましょう。

2
汗によるベタつきを抑える

  1. 1
    シャワーの回数を増やしましょう。モノや治療法に頼っているだけではワキの汗は改善しません。ワキの汗を終日にわたって抑えるには、体を清潔かつサラサラに保つことが不可欠です。汗がひどい人は一日に最低でも1、2回ほど全身にシャワーを浴びるか、せめてワキの下だけでも清潔にして汗を抑制するとよいでしょう。
    • ワキの汗に悩んでいる人で多湿地域にお住まいの場合は、夏の間、熱いシャワーを浴びた後には少し時間をおいてから服を着るようにしましょう。体が完全に乾いて体温が下がる前に服を着ると、すぐに汗ばんでしまうかもしれません。
  2. 2
    シャツは毎回洗濯しましょう。シャツが汗だくになってしまった場合は特に、一度着た衣服はきれいに洗濯することが大切です。先述したように、ワキの臭いは正確には汗ではなく、乾いた汗に繁殖した細菌が不快な臭いを放つことが原因です。
    • 服に付いた汗を放置すると、そこに繁殖した細菌が時間とともに蓄積して悪臭を放つようになります。着替えを頻繁に行い、服は清潔に保つことが重要です。
    • 汗の量が特に多い人は、日中でもシャツを着替える回数を増やしましょう。職場で汗をかくことがわかっている場合は、必要に応じて清潔なシャツを鞄の中に1枚準備しておくとよいでしょう。
  3. 3
    下着を着用しましょう。清潔な白いTシャツは余分な汗の吸収に絶大な効果を発揮し、汗が上着に付着するのを防止できます。汗が表に染みてこないように、大量に汗をかく人は重ね着をすることを検討しましょう。
    • 表に着るシャツと同様に、下着も頻繁に洗濯して清潔を保ち、悪臭を防止することが大切です。
  4. 4
    ワキ毛を剃りましょう。汗にひどく悩んでいる場合は、ワキ毛を剃るといくらか問題が改善する場合もあります。毛を剃ってもワキが涼しくなったり汗を抑えたりできるわけではありませんが、ワキに汗が溜まって汗染みが目立ったり、臭いが拡散するのを防ぐ効果はあります。
    • ワキ毛などの体毛には(たとえ顔の毛であっても)、体が出す汗(蒸発する際に熱を奪います)を集めて高温環境の中で体温を下げる効果があることを認識しておく必要があります。体毛を剃るとワキの汗は目立たなくなるかもしれませんが、体全体の発汗量はやや増加する場合もあります。
  5. 5
    食生活を変えましょう。最近の研究によると、香りの強い食品や特定の食材は汗の臭いを左右することがわかっています。[1]汗をかきやすい人は、現在の食生活が状況を悪化させている可能性を認識することが大切です。
    • タマネギやニンニクなどといったネギ属の食物を摂取した後にかく汗は、乾燥する際に硫黄のような強烈な臭いを放ちます。アサフェティダ(アギ)やクミン、カレーパウダーなどの香辛料もワキの臭いを左右しやすく、キャベツやブロッコリーなどといったアブラナ科の野菜も同様です。
    • 赤身の肉や乳製品、アルコールを多く摂取するような食生活は、独特の臭いがする汗を発生させますが、たいていの人は時間とともに、自身が放つこの臭いに慣れてしまいます。
    • 唐辛子に含まれるカプサイシンは、実際の熱と同じ作用で口内の神経受容体を刺激して、体に「暑い」という錯覚を与えます。そうすると、視床下部が発汗信号を発します。
  6. 6
    運動を行ってボディマス指数(BMI)を下げましょう。体格が大きい人の場合、体温を下げようとして体が発汗量を増やします。ワキの汗に深刻に悩んでいる人は、心血管運動を習慣付けて 体重を少し落としてみると問題が改善するかもしれません。汗は運動で出し切ってしまいましょう。
    • 体重を落とす最善かつ最速の方法は、活動量を増やして一日の消費カロリーを安定した水準まで下げることです。油ものや乳製品、赤身の肉の代わりに豆類や脂身が少ない鶏肉、卵などといった低脂肪のたんぱく質を取り入れて、毎日の食事で全粒穀物や野菜を多く摂取するように心がけましょう。
    • 終日にわたって水分補給をしっかりと行い、軽い運動から始めてみましょう。長めのウォーキングを朝晩に行った後にシャワーを浴びて汗を洗い流し、体の火照りを取りましょう。

3
医療処置を受ける

  1. 1
    治療法の選択肢についてかかりつけの医師に尋ねてみましょう。「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」とはワキに大量の汗をかく病気のことで、医師の診断のもとでさまざまな方法により治療が可能です。最初に勧められる可能性が高いのはアルミニウム系の特効塗布薬ですが、症状が重い場合には、さらに強力な治療法が他にもいろいろとあります。
    • 特にワキの発汗抑制に効果的な経口タイプの抗コリン薬を勧められる場合もあります。
    • A型ボツリヌス毒素注射について医師に尋ねてみましょう。これは体への害が少ない「低侵襲治療」で平均有効率が6~8カ月間あり、効果が高いと言われています。
  2. 2
    イオントフォレーシス(イオン浸透療法)による治療を検討しましょう。この種の電気療法では、通常、20分間の治療を週に2~4回行います。水を使用して皮膚の上に少量の電流を発生させるもので、制汗効果は数週間~数カ月間続きます。効果の程度はさまざまで多少の不快感を伴いますが、症状が改善する場合もあります。
  3. 3
    胸腔鏡下胸部交感神経遮断術(ETS)による治療は最終手段として考えましょう。この治療法では小さな内視鏡をワキの下に挿入して、汗を発生させる原因である交感神経を遮断します。効果的な治療法ですが、呼吸困難や神経損傷、他の部位における多量の発汗(代償性発汗)などの合併症を含む副作用の危険も伴います。
  4. 4
    長期的な解決策としては、ボトックス療法を検討しましょう。ボトックス注射は、理論的にはワキの汗を6カ月間まで抑制することが可能で、以前から用いられてきた手法です。この治療によりある程度の効果がみられたケースもあります。[2]ボトックス療法には高額な費用(保険が適用される場合もあります)や大変な痛みを伴うこともあるため、あくまでも症状が深刻な場合の選択肢としてとらえておきましょう。
    • ボトックス療法と汗との関連性を示す医学的な根拠はなく、多汗症の治療にこの方法を用いることは医学界では一般的に推奨されていません。しかし、ワキの汗への対策としてボトックス療法を用いる人も実際に存在します。

ポイント

  • 服はデオドラントが完全に乾いてから着ましょう。
  • 細菌がデオドラントに付着しないように、デオドラントの使用前には必ず、ワキを清潔にしましょう。
  • 就寝前にデオドラントを使用すると効果がみられる場合もあります。
  • 入浴直後にタルカムパウダー(ベビーパウダー)を使用すると効果的です。
  • 綿素材の服を着ると、発汗を自然に抑えられます。
  • ワキ毛を処理していない人は、剃ってみると効果があるかもしれません。
  • 適宜、デオドラントを使用しましょう。

注意事項

  • 経口薬は口内の乾燥や目のかすみなどの症状を引き起こすおそれがあるため、副作用を嫌ってこうした薬剤を使用しない人も大勢います。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む61人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 個人衛生 | ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Stop Armpit Sweating, Español: detener el sudor axilar, Português: Parar a Sudorese nas Axilas, Italiano: Fermare il Sudore delle Ascelle, Deutsch: Achselschweiß verhindern, Français: arrêter la transpiration des aisselles, Русский: перестать потеть под мышками, Nederlands: Okselzweet stoppen, Čeština: Jak se přestat potit v podpaží, Bahasa Indonesia: Menghentikan Ketiak Berkeringat, 中文: 防止腋下出汗, العربية: معالجة تعرّق الإبط, ไทย: สยบรักแร้เปียก, हिन्दी: बगलों (कांख) के पसीने से छुटकारा पाएं, 한국어: 겨드랑이 땀 억제하는 법, Tiếng Việt: Ngăn Mồ hôi Vùng Dưới Cánh tay, Türkçe: Koltuk Altının Terlemesi Nasıl Engellenir

このページは 3,232 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?