PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

大きすぎてクローゼットにしまい込んでいるワンピースを捨てる必要はありません。体にフィットするようにウエストを詰めれば、ワンピースを新調した気分になるでしょう。両脇の縫い目に沿って、袖下からウエストにかけて余分な生地をつまみ、待ち針で留めます。こうすると、脇を詰めた時にワンピースにしわが寄りません。また、ゆったりしたワンピースを詰める場合はウエストにあて布を縫い付け、ゴムを通してウエストを締めましょう。

方法 1 の 2:
ウエストを両脇で詰める

  1. 1
    ワンピースのウエストをつまんで、どれくらい詰めるか決めましょう。普段通りにワンピースを着てフィット感を確認し、どれくらい詰めるか考えます。好みの具合にウエストが締まるように、ウエストのくびれた部分で両脇の生地をつまみましょう。つまんだ部分に定規をあて、詰める幅を確認します。[1]
    • 左右対称に仕上げるために、ウエストの左右の縫い目で同じ幅を詰めましょう。
    • たとえば、左右を1.5㎝ずつ詰めるとウエストがぴったりになるかもしれません。
  2. 2
    ワンピースを裏返し、脇の縫い目を待ち針で留めましょう。ワンピースを裏返して平らな場所に置き、脇の縫い目の上、脇の下にあたる部分を目の前に置きます。ワンピースに定規をあて、詰める部分を待ち針で留めましょう。待ち針は、縫い目と同じ方向に刺します。待ち針と脇の縫い目の幅を測り、詰める幅と同じになっているか確認しましょう。
    • 袖下からウエストのくびれた部分まで、2~3㎝間隔で待ち針を打ちましょう
    • 表と裏の2枚の生地を貫通するように待ち針を刺しましょう。
  3. 3
    ワンピースを試着し、必要に応じて待ち針の位置を直しましょう。ワンピースの生地を切ったり縫ったりする前に、裏返しのままワンピースを試着します。余分な生地を待ち針で留めたので、ウエストが好みの具合に締まっているでしょう。
    • ウエストがまだ緩いようなら、待ち針の位置を直してさらに詰めましょう。ウエストがきつければ、詰める幅を減らしましょう。
  4. 4
    ワンピースを脱ぎ、脇の下からウエストまでの左右の縫い目に印をつけましょう。ウエストの締まり具合に問題がなければ、ワンピースを脱いで作業する場所に置きます。チャコペンを使って、待ち針に沿って線を引きましょう。この線を縫ってウエストを詰めます。できれば、元の縫い目と同じ曲線を描くように印をつけましょう。[2]
    • ウエストだけでなく、脇の下からウエストまでを詰めるようにすると、仕上がったワンピースにしわが寄りません。
  5. 5
    印に沿って直線縫いで縫いましょう。ワンピースと同じ色の糸をミシンにかけ、印に沿って両脇を縫います。待ち針の上を縫わないように、待ち針を外しながら縫い進めましょう。[3]
    • ワンピースを手縫いで詰めることも可能ですが、ミシンで縫ったほうが丈夫に仕上がり、縫い目も揃います。

    ポイント:裏地付きのワンピースを詰める場合は、表地と裏地をつなげている糸ループを切りましょう。表地の両脇を詰めてから、裏地も同じだけ詰めます。最後に、ワンピースの内側で糸ループをつなぎ直し、表地と裏地をつなげましょう。

  6. 6
    ワンピースを表に返して試着しましょう。ウエストの締まり具合に問題がなければ完成です。ワンピースの内側の詰めた生地が気になる場合は、縫い目から0.5㎝のところで切り落としましょう。[4]
    • 洗濯表示を確認してアイロンをかけるか決めましょう。場合によっては、アイロンをかけたほうがきれいに仕上がるかもしれません。
    広告

方法 2 の 2:
ウエストをゴムで詰める

  1. 1
    ワンピースを裏返しに着て、ウエストに細いベルトをつけます。ウエストを詰めるワンピースを裏返しましょう。裏返しのままワンピースを着て、ウエストに細いベルトを巻きます。ウエストのくびれた部分が丁度よく締まるように、ベルトを引き締めましょう。[5]
    • ゴムで引き締めたい部分にベルトを巻きましょう。

    ポイント:ウエストをゴムで詰める方法は、レーヨンやリネン、コットンなどの薄手の生地で作られた、ドレープがあるゆったりしたワンピースや大きめのワンピースに適しています。

  2. 2
    ウエストの周りにチャコペンで印をつけます。ベルトで締めたウエストの周りに、チャコペンで印をつけましょう。所々に印をつけるか待ち針を打つほうが簡単なら、それでもかまいません。その場合は、ワンピースを脱いでから印や待ち針で留めた部分をメジャーでつなぎ、直線を引きましょう。[6]
    • 後ろに印を付けるのは難しいので、この手順は友人に手伝ってもらうと良いでしょう。
    • チャコペンでつけた印は、ワンピースを洗えば落ちます。
  3. 3
    テーブルの上にワンピースを置き、ウエスト周りを測りましょうワンピースを裏返したまま、テーブルの上に置きます。印をつけたウエスト部分にメジャーをあて、ワンピースのウエストを測ります。[7]
    • サイズ表の値を使うのではなく、実際に測る必要があります。サイズ表に示されているサイズごとのウエストの値は、服によって大きく異なる場合があります。
  4. 4
    ワンピースのウエストより3㎝長く生地を切りましょう。ワンピースと同じ生地を0.6~1.2m用意して広げます。ワンピースのウエストより3㎝長い長さと幅4.5㎝で、この生地を切ります。[8]
    • 例として、ワンピースのウエストが97㎝の場合は、幅4.5㎝、長さ100㎝で生地を切りましょう。
  5. 5
    生地の幅を半分に折り、端から0.5㎝のところを縫いましょう。生地の表を内側で合わせ、幅を半分に折ります。ミシンを使って、長いほうの端を直線縫いで縫いましょう。端から0.5㎝のところを縫います。最後の5㎝を残してミシンを止めましょう。
    • 折り目にアイロンをかけ、平らにしておくと縫いやすいでしょう。
    • 細長い筒のようなあて布ができあがります。
  6. 6
    あて布の端に安全ピンを留め、引き抜いて生地の表を出しましょう。生地を指で表に返そうとすると、ねじれたり抜けなくなったりするかもしれません。端に安全ピンを留め、生地の内側を通して反対の端から出すようにすると、簡単に表に返せます。これで、あて布の表が外側に出るでしょう。[9]
    • あて布を平らにするには、表に返してからアイロンをかけましょう。
    • あて布を表に返したら安全ピンを外しましょう。
  7. 7
    ワンピースの印をつけた部分のすぐ下にあて布を留めます。ウエストの印のすぐ下にあて布を置きましょう。あて布の両端は、裏返しにしたワンピースの縫い目に合わせます。縫い目の位置はワンピースにもよりますが、例えば脇や背中の縫い目に合わせましょう。あて布を待ち針で留めます。[10]
    • あて布がずれないように、3~5㎝間隔で待ち針を打ちましょう。
  8. 8
    あて布の上下に端ミシンをかけて、ウエストに縫い付けます。普通の押さえ金を使い、あて布の端から0.3㎝のところに上下とも端ミシンをかけましょう。ウエストに沿って縫い付けます。あて布にゴムを通せるように、最後の5㎝を残してミシンを止めましょう。[11]
    • ミシンに端ミシン押さえがついていれば、それを使いましょう。あて布の端を端ミシン押さえのガイドに揃えて縫うと、きれいに縫えます。
  9. 9
    自分のウエストより3㎝長く平ゴムを切りましょう。幅5㎜の平ゴムを用意し、ウエストと同じ長さになるように広げます。自分のウエストに3㎝を加えた長さで平ゴムを切りましょう。[12]
  10. 10
    平ゴムの端に安全ピンを留め、あて布の中に通しましょう。安全ピンを留めると、ゴムを通しやすくなります。あて布に通した安全ピンを引っ張って、反対側から出しましょう。[13]
    • 平ゴムの反対側の端があて布の中に入らないように、反対側にも安全ピンを付け、あて布の近くの生地に留めておきましょう。
    • この時点でワンピースを試着して、ウエストの締まり具合を確認しましょう。
  11. 11
    ジグザグ縫いで平ゴムの両端を縫い合わせ、あて布の端を閉じます。平ゴムから安全ピンを外し、両端を3㎝重ねましょう。ここをジグザグ縫いで縫い合わせ、あて布の端を直線縫いで縫って閉じます。ワンピースを表に返し、ウエストが締まったワンピースを着てみましょう。[14]
    広告

ポイント

  • ウエストのあて布を目立たせたければ、ワンピースに合う別布を使いましょう。
広告

必要なもの

ウエストを両脇で詰める

  • ワンピース
  • チャコペン
  • ミシン
  • 定規
  • メジャー
  • 待ち針

ウエストをゴムで詰める

  • ワンピース
  • 細いベルト
  • 待ち針
  • ミシン
  • はさみ
  • 5㎜幅の平ゴム
  • ワンピースと同じ生地
  • チャコペン
  • メジャー
  • アイロンとアイロン台(任意)

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
生理を早める生理を早める
洗濯機で衣類を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
タトゥーシールをはがす
縮んだ服を伸ばす
防犯タグを外す防犯タグを外す
ジーンズについた血液のシミを落とす
そばかすを消すそばかすを消す
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
髪に付いたガムを取る
ジーパンをショートパンツにリメイクする
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は9,294回アクセスされました。
このページは 9,294 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告