一日中いい匂いでいる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:常に清潔にする服や靴の香りを保つ口の香りを保つ体の香りを保つボディケア用品出典

登校時や出社時には素敵なオーラを身にまとい、魅力的で颯爽とした姿で周りの人達をハッとさせたのに、日中にはその爽やかさが消えている、といった悩みを抱える人は大勢います。時間とともに、顔は脂でべたつき、髪は臭くなり、顔や体の半分は汗にまみれてしまうのでは無理もありません。二度とそのような事態に陥らないためにも、不快な臭いを遠ざけて、一日を爽やかな香りで過ごす習慣を身に着けましょう。香りを保つには、効果的な方法でシャワーを浴び、常に靴の匂いや口臭に気を配り、正しい製品を使うことが大切です。

パート 1
常に清潔にする

  1. 1
    全身を洗う 耳や首の後ろ、わきの下や腿の内側など、汗をかきやすい場所には特に注意が必要です。
  2. 2
    石鹸を泡立たせたボディタオルやヘチマスポンジで体を洗う 敏感肌のみなさんは、強い香料や抗菌成分を含んだ石けんは避けましょう。
    • 女性の場合、汗をかきやすく臭いが残りやすい胸の下もやさしく擦りましょう。デリケートゾーンもよく洗いましょう。
    • おしりの穴を洗いましょう。拭き残しがあると、臭くなります。
  3. 3
    髪を定期的に洗う 定期的に洗うことで、きれいな髪を保ちます。シャンプーやコンディショナーをつけて頭皮のマッサージを行い、清潔な水ですすぎましょう。
  4. 4
    足をきれいにして臭いを取る 足の指の間も忘れずに洗いましょう。シャワーの後は、タオルでしっかりと水気を拭きましょう。[1]

パート 2
服や靴の香りを保つ

  1. 1
    良質な洗濯洗剤を使う 高価な製品や強い香料を含んだ製品は必要ありません。服に浸み込んだ臭いを隅々まで洗浄できる洗剤を選びましょう。
  2. 2
    下着は頻繁に取り換える シャワーの後は必ず清潔な下着を身に着けましょう。
    • デリケートゾーンの臭いが気になる場合は、ランチタイムや、学校・職場から帰宅した後も下着を履き換えましょう。
    • 生理中の女性は、下着を頻繁に履き替え、ナプキンやタンポンは数時間おきに取り替えましょう。
  3. 3
    二日続けて同じ服を着ない 臭いの染みついた服を着ていては、爽やかな香りは期待できません。
  4. 4
    靴の清潔な匂いを持続させましょう。
    • 決して汚れた足で清潔な靴を履いてはいけません。靴の香りを保つうえで最も大切なのは、常に足をきれいにして、洗い立ての靴下を履くことです。
    • 靴は履き回しましょう。靴を空気に触れさせるために、同じ靴は二日続けて履かないようにしましょう。
    • 帰宅したらすぐに靴を脱ぎましょう。汗で蒸れた靴を空気乾燥させて、皮や繊維の内側に付着した細菌の繁殖を予防します。

パート 3
口の香りを保つ

  1. 1
    1日2回歯磨きをする 朝と夜(特に就寝前)は、歯磨きに最適な時間です。食後にも歯を磨くと、さらに口内を清潔にして、口の香りを保つことができます。また、舌も丁寧に歯ブラシで磨いて、口臭の原因となる舌苔(ぜったい)や舌に残った臭いを落としましょう。
  2. 2
    デンタルフロスを使う デンタルフロスは、歯の間に挟まった食べ物のカスを取り除き、隠れた臭いの原因となるバクテリアを掃除します。[2]
  3. 3
    アルコールを含まない口内洗浄液(マウスウォッシュ)でうがいをする アルコールは一時的には口臭を消すことができますが、長期的には口臭を悪化させてしまいます。
  4. 4
    口臭がひどい場合は、ミント味のタブレットやマウススプレーを使いましょう。

パート 4
体の香りを保つボディケア用品

  1. 1
    消臭剤(デオドラント)や制汗剤を使う 多汗症を抱える人や、脇汗に悩む人は、8x4やBANなどの消臭剤を使いましょう。[3]
  2. 2
    靴にベビーパウダーを入れる 別途販売されている、防臭効果のある中敷きも試してみましょう。臭いがついたら、取り外して洗浄することができます。
  3. 3
    お気に入りの香りをまとう コロンは全身につけましょう。香水は、首・耳の後ろ・手首の脈打つ部分に吹き付けます。服に香水を吹き付けるのも効果的です。ただし、香水のつけすぎには注意しましょう。大勢の人がいる部屋で自分の香水の匂いが充満しているなどという事態になりかねません。
  4. 4
    デリケートゾーン用の消臭スプレーは避ける この種のスプレーは、膣に炎症を引き起こし、膣の自浄作用を低下させます。
  5. 5
    常に化粧ポーチを持ち歩く 以下の必需品は、外出先で汗や臭いからみなさんを守ります。
    • ウェットティッシュ: 体から出る脂や臭いを拭き取ります。
    • パウダー: 髪や体に塗ると、汗を吸収し、爽快感を得られます。
    • コロン: 臭いをごまかすにはベビーコロンが最適です。
    • ミント: 歯を磨く時間がない場合は、ミント味のタブレットで口臭を防ぎましょう。
    • ヘアブラシと髪の美容液: 髪のコンディションが悪いときに使いましょう。
    • あぶら取り紙: 顔の脂分を吸い取ります。
    • 髪用消臭スプレー: 汗の臭いをごまかします。
    • 着替えのシャツ: 体臭が気になる場合は着替えましょう。
    • 消臭剤: どこでも使えるように携帯用サイズを選びましょう。
    • 生理用品(余分に持ち歩きましょう): ポーチにナプキンやタンポンをしのばせておけば安心です。
  6. 6
    席を外して近くの化粧室で気分転換をする 一人で行けば、他人に気兼ねすることなく体の手入れに専念できます。
  7. 7
    香りの良い肌荒れクリームを使う 外出前に、アロエ、桃、ライラック、オゾン、フレッシュリネンなど、爽やかな香りのするクリームやボディーローションを塗るのも効果的です。日中、必要に応じて塗り直しましょう(手や顔を洗った後など)。

ポイント

  • 香りを保つために、服は頻繁に洗いましょう。
  • ガムやミントで口臭対策をしましょう。
  • 消臭剤を使いすぎると、かび臭くなります。使いすぎに注意しましょう。
  • クローゼットに防臭シートを入れておくと服の香りが持続します。
  • 食前・食後は手を洗いましょう。
  • 靴に除湿シートを入れましょう。
  • 手指消毒剤で手を清潔にして、香りを保ちましょう。
  • 生理中は必要に応じていつでもナプキンを替えましょう。
  • 防臭シートの代わりに、新品の石鹸をクローゼットに入れるのも効果的です。
  • 靴が2足以上ない場合は、頻繁に洗いましょう。
  • ローションをつけすぎると、余計に汗をかき、時間が経つと肌が脂っぽくなるので注意しましょう。

注意事項

  • 多汗や体臭は隠れた病気のサインかもしれません。症状が異常だと感じたら、病院に行きましょう。
  • 効き目の強い制汗剤を使う場合は、事前に医師に相談しましょう。

必要なもの

  • シャンプー
  • ヘチマスポンジかボディタオル
  • 石鹸
  • タオル
  • 洗濯洗剤
  • 歯ブラシ
  • デンタルフロス
  • 口内洗浄液(マウスウォッシュ)
  • ミントタブレットまたはマウススプレー
  • 消臭剤または制汗剤
  • ベビーパウダー
  • コロンまたは香水
  • ウェットティッシュ
  • ヘアブラシ、髪の美容液、髪用消臭スプレー
  • あぶら取り紙
  • 予備のシャツ
  • 生理用品

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 個人衛生 | ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Smell Good, Español: oler bien todo el día, Français: sentir bon tout au long de la journée, Nederlands: De hele dag lekker ruiken, Italiano: Avere un Buon Odore per Tutto il Giorno, Português: Cheirar Bem o Dia Todo, Deutsch: Den ganzen Tag gut riechen, Русский: хорошо пахнуть в течение всего дня, Čeština: Jak vonět po celý den, Bahasa Indonesia: agar Wangi Sepanjang Hari, العربية: تحسين رائحة الجسم طوال اليوم, ไทย: ทำตัวให้หอมตลอดวัน, हिन्दी: पूरे दिन महकते रहें, Tiếng Việt: Thơm tho suốt ngày dài, 中文: 从早到晚散发怡人的体香, 한국어: 하루종일 좋은 향기를 풍기는 방법

このページは 5,439 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?