ニキビという言葉からまず想像するのは、白ニキビや黒ニキビ、または見た目も大きく痛そうな膿を含む黄ニキビでしょう。しかしニキビの中には、皮膚の下に形成され、頭頂部に毛穴の開きがないまま赤く大きく盛り上がっている隠れニキビもあります。隠れニキビとは、皮脂や古い細胞が小さなできもの状になったものです。そのほかのニキビと同様、鼻や額、首、あご、頬、さらには耳の後ろにもでき、痛みを伴うこともあります。肌の表面だけでなく、蒸気の力で肌を奥まで綺麗にすることで、隠れニキビを短時間で治しましょう。

パート 1 の 3:
濃密な蒸気の力で洗浄する

  1. 1
    水を加熱し、エッセンシャルオイルを混ぜます。1リットルサイズの鍋に湯を沸かし、1分間沸騰させます。 そこにエッセンシャルオイルを1、2滴落とします(もしくは水1リットルに対し小さじ半量の割合でドライハーブを加えます)。エッセンシャルオイルを使用すると、隠れニキビが体内に再び吸収されたり、膿の排出が促進される為、治りが早くなります。エッセンシャルオイルの種類によっては、ニキビ予防にもなります。エッセンシャルオイルを垂らした後、1分間は沸騰させます。以下のオイルを選ぶとよいでしょう。[1]
    • スペアミントもしくはペパーミント: 殺菌効果があり、免疫システムを改善するメントールが含まれています。ミントの刺激に弱い人もいるので、水1リットルに1滴の割合から始めましょう。
    • カレンデュラ:抗菌作用があり、治癒を促進する効果も期待できます。
    • ラベンダー:痛みを和らげ、心を落ち着かせ、不安やうつを抑える作用があります。抗菌効果もあります。
  2. 2
    オイルのパッチテストを行います。エッセンシャルオイルは植物由来のため、顔に蒸気を当てる前に、皮膚がその植物に敏感に反応しないかテストしておく必要があります。手首にエッセンシャルオイルを1滴垂らし、10〜15分ほど放置します。そのオイルに対し皮膚が敏感であったり、アレルギーがある場合、かゆみを伴う発疹またはかゆみのない軽度の発疹が出るでしょう。テストの結果反応が出ない場合は、顔に蒸気を当てて構いません。反応が出た場合は、別のオイルでテストを続けましょう。[2]
    • 以前はアレルギーのなかったハーブオイルであっても、肌が敏感になっている可能性があるため、毎回パッチテストすることが大切です。
  3. 3
    顔に蒸気を当てます。コンロの火を止め、鍋を移動させます。邪魔にならないよう髪は後ろで束ね、大きめの清潔な綿のタオルで後頭部を覆います。鍋の前に屈むようにし、タオルが顔の両側から垂れる状態にすることで、蒸気を閉じ込めます。目を閉じ、通常の呼吸を行い、10分間リラックスします。ぬるま湯で顔をすすぎ、清潔なタオルで軽くたたくようにして乾かしましょう。
    • 火傷をしないように、少なくとも30〜40cm程度はお湯から顔を離しましょう。
    • 蒸気に顔を当てるのを1日数回行う場合は、同じ水を蒸気が出るまで再び加熱して利用します。肌を蒸すことで毛穴が開き、奥に溜まった角質や皮脂を取り除くことができます。これにより、隠れニキビを除去できます。[3]
  4. 4
    保湿剤を塗布します。上から保湿剤を塗り、蒸気を顔に当てることで得た水分を肌に封じ込めます。ノンコメドジェニックの保湿剤を選びましょう。そうすることで毛穴を詰まらせたり、ニキビができやすくなるのを防げます。保湿は肌を柔らかくしなやかに保ち、皮膚へのダメージを防ぐことにもつながります。
    • 化粧品で肌が荒れる場合は、香料が含まれていない保湿剤を探しましょう。[4]
    広告

パート 2 の 3:
薬草を使用した民間療法を試す

  1. 1
    温湿布を当てます。ニキビは皮膚の深層部に根付いており、皮膚表面に現れて治療が行えるようになるまでに時間がかかります。この過程を速めるために、温湿布を使用して隠れニキビを皮膚表面まで引き上げます。湯にコットンボールまたは布を浸し、数分間隠れニキビに塗布します。1日3回を上限とし、隠れニキビが現れるまで繰り返します。[5]
    • ペパーミント、ラベンダー、カレンデュラ、タイム等を含む熱いハーブティーにコットンボールを浸してもよいでしょう。
  2. 2
    保冷剤を使用します。隠れニキビが赤みを帯びたり、炎症を起こしたり、痛みを感じたりする場合は、保冷剤を最長10分程度当てます。これにより腫れが引き、身支度を整える際にコンシーラーを塗りやすくなります。また、冷やすことで隠れニキビの痛みを軽減することもできます。[6]
    • 保冷剤は常に薄手の布で包むようにしましょう。氷の冷たさは繊細な皮膚細胞にダメージを与える可能性があるので、直接当てるのは避けましょう。[7]
  3. 3
    緑茶を使用します。2%の緑茶エキスを含むローションを使用して、ニキビを減らします。[8] または緑茶のティーバッグをぬるま湯の中に数分間放置してから、ニキビに直接塗布します。緑茶には収斂作用があり、ニキビが体内に再吸収されるのを促したり、またはニキビを皮膚表面に出し、緑茶の抗菌作用で殺菌することができます。
  4. 4
    ティーツリーオイルをニキビに軽く塗布します。コットンボールまたは綿棒をティーツリーオイルの原液に浸します。オイルを隠れニキビに直接塗布します。洗い流す必要はありません。ティーツリーオイルは、隠れニキビの原因となる炎症を抑え、治癒を促進します。[10] ティーツリーオイルには抗菌作用もあるとする研究があります。[11]
    • ティーツリーオイルの局所的塗布が皮膚の細菌感染の治療にどの程度効果的であるかは、まだ解明されていません。
  5. 5
    様々なハーブを混ぜてパックを作ります。抗菌作用や収斂作用のあるもの、皮膚の治癒に優れたものを混ぜることで、100%自然由来の化粧水を作ります。[12] 蜂蜜15ml、卵一個分の卵白(つなぎとして)、レモン汁小さじ1杯分(漂白剤として)を混ぜ合わせます。漂白が不要の場合は、代わりに炎症を抑える働きのあるウィッチヘーゼルを入れましょう。[13] 以下のエッセンシャルオイルのいずれかを選び、小さじ半量分を加え、よくかき混ぜます。
    • ペパーミント
    • スペアミント
    • ラベンダー
    • カレンデュラ
    • タイム
  6. 6
    パックをつけます。出来上がった化粧水を顔、首、またはニキビがあるところに伸ばします。パックを顔につけて15分間は放置した後、ぬるま湯で丁寧にすすぎます。パックを外すときは、肌をこすらないようにします。清潔な布で肌を軽くたたき、ノンコメドジェニックの保湿剤を塗布します。
    • 出来上がったパックを顔全体ではなく部分的なケアに使用する場合は、綿棒を浸し、隠れニキビの上のみに塗布します。
    広告

パート 3 の 3:
洗顔

  1. 1
    低刺激性の洗顔料を選びます。低刺激、スクラブ剤不使用、植物油ベースで作られた「ノンコメドジェニック」表記のある製品を探しましょう。こういった製品なら、ニキビの主な原因である洗顔料の毛穴詰まりが防げます。皮膚科医の多くは、グリセリン、グレープシードオイル、ひまわり油等の使用を推奨しています。アルコール成分が含まれる洗顔料も避けましょう。アルコールは肌に元来含まれる油分を奪い、乾燥や刺激を引き起こし、皮膚にダメージを与えます。[14]
    • 洗顔にオイルを使用することをためらう必要はありません。ノンコメドジェニックのオイルを使うことで皮脂を溶かすことができます。
    • ぬるま湯で顔を濡らしてから、指で優しく洗顔料をなじませます。ゴシゴシ強く洗ったり、布を使用するのは避けます。顔を拭くときはこするのは我慢して、柔らかいタオルで軽くたたく程度にし、保湿剤を塗ります。 洗顔は1日2回と汗をかいた後のみにとどめましょう。[15]
    • 肌に優しく、評判も良い洗顔料の1つにセタフィルがあります。使用を検討してみるのも良いでしょう。
  2. 2
    顔を洗います。指先で肌に洗顔料をなじませます。手ぬぐいやスポンジの使用は、肌を刺激し、ニキビを悪化させる可能性があるので避けましょう。こすらないように気をつけながら、優しくを円を描くように肌に洗顔料をなじませます。ゴシゴシ強く洗ったりピーリングを行ったりすると、肌に小さな裂け目や傷ができる可能性があります。 洗顔は1日2回行いましょう。柔らかく清潔な布を使用し、顔をやさしく拭きましょう。
    • ニキビをつついたり、潰したり、絞ったり、触ったりしてはいけません。再発してニキビ痕となり、治りも遅くなる可能性があります。
  3. 3
    刺激の強いスキンケア用品は避けましょう。様々なスキンケア用品が売られていますが、そのすべてが肌に優しいわけではありません。収斂化粧水、拭き取り化粧水、角質除去用品などといった刺激の強いスキンケア用品は避けましょう。皮膚を乾燥させるサリチル酸またはアルファヒドロキシ酸を含む製品の使用も推奨しません。削皮術のような治療が、特定の医療機関ではない場で行われる場合も注意が必要です。特定の皮膚治療に関しては、皮膚のダメージを防ぐためにも、訓練を受けた皮膚科医のみが行うべきです。[16]
    • 化粧はニキビや隠れニキビを悪化させます。製品に使用される化学薬品や混合物質が原因で毛穴詰まりや炎症を引き起こす可能性があります。
  4. 4
    毎日シャワーまたは入浴を行いましょう。毎日入浴したり、シャワーを浴びたり、肌を洗う習慣を身につけましょう。たくさん汗をかく場合は、よりこまめに洗いましょう。運動後はシャワーを浴びるか、少なくとも軽く洗い流しましょう。[17]
    • 過度の発汗をすぐに洗い流さない場合は特に、汗が皮膚内部に閉じ込められることがあるため、隠れニキビやその他のにきびを悪化させる可能性があります。
    広告

ポイント

  • ニキビの原因ははっきりわかっていませんが、テストステロン、皮膚の脂肪酸濃度の低下、炎症、細菌感染、化学物質への反応、喫煙、食事などの要因すべてがニキビの発生に関連していると考えられます。
  • 日に焼けないように注意し、日焼けマシンの利用も避けましょう。 紫外線照射は皮膚細胞を破壊する恐れがあります。

広告

注意事項

  • 軽度のニキビがあり、数日経っても改善が見られない場合は、皮膚科を予約しましょう。
  • 中度から重度のニキビがある場合は、自宅でにきび治療を行う前に皮膚科医に相談しましょう。
  • (特にニキビ治療の目的で)特定の医薬品を使用している場合、皮膚が日光に敏感になることがあります。これらの医薬品には抗生物質、抗ヒスタミン薬、癌治療薬、心臓治療薬、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)や、イソトレチノインやアシトレチンなどのニキビ薬が含まれます。
広告

関連記事

How to

口周りの黒ずみを取る

How to

埋没毛を処理する

How to

お酒の臭いを消す

How to

女性が立ち小便をする

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす

How to

歯磨き粉でニキビを治す

How to

肌に付いた塗料を落とす

How to

蒸し風呂に入る

How to

ひび割れて痛む唇を治す

How to

タンポンを使用する

How to

カミソリ負けを早く治す

How to

重曹でニキビを治す

How to

ペニスを洗う
広告

このwikiHow記事について

Mohiba Tareen, MD
共著者 ::
米国皮膚科学会認定皮膚科医
この記事の共著者 : Mohiba Tareen, MD. モヒバ・タリーン医師はミネソタ州のローズビル、メイプルウッド、そしてファリバルトの各市にて皮膚科専門クリニック「Tareen Dermatology」を経営する認定皮膚科医です。ミシガン大学アナーバー校の医学部を卒業。在学時には名誉協会「Alpha Omega Alpha」に在籍しました。皮膚科の研修医としてニューヨーク市のコロンビア大学に勤務中、同市の皮膚科学協会よりコンラッド・ストリッツラー賞を受賞。その業績は医学専門誌「The New England Journal of Medicine」にも掲載されました。皮膚形成外科、レーザー治療学、そして美容皮膚科学に焦点をおいた実務課程を修了。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 290 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告