一本に繋がった眉毛を除去する方法

共同執筆者 Camille Sanghera

一本に繋がった眉毛いわゆる一本眉はただただ苛立たしく、恥ずかしいと思うこともあります。一本眉の荒くれ男に聞いて見れば分かるでしょう。顔の産毛は色々な方法で除去できますが、ほとんどの場合、瞬間的ですが除去に伴う痛みに耐えなければならないことを覚悟しましょう。

方法 1 の 5:
眉毛を抜く

  1. 1
    タオルの角を湯につける タオル全体ではなく角だけをお湯につけると、顔全体に水が滴り落ちることなく眉を濡らすことができます。
    • シャワーの直後に眉を抜く方法もあります。シャワーの湯と蒸気で毛穴が大きく開くため効果的です。
  2. 2
    除去したい部分にタオルの濡れた部分を当てる タオルを当てたら冷めるまで待ちましょう。この作業を2〜3回繰り返します。お湯で毛穴が開くため、痛みをあまり感じずに眉毛を引き抜くことができるでしょう。
  3. 3
    鏡の前に立つ 拡大鏡があれば使いましょう。拡大鏡は引き抜きたい眉毛を1本ずつ確認するのに便利ですが、必ずしも必要ではありません。鏡に近づくことができれば標準的なもので十分です。
  4. 4
    一本眉の中央から抜き始め残しておきたい眉の方(外側)に向かって作業を進る 抜くのが難しい箇所はもう片方の手で皮膚を引っ張ると良いでしょう。むやみに抜きすぎないように注意しましょう。抜きながら頻繁にその後を確認し、どれくらい除去したいかを見極めましょう。
    • 眉頭の位置を確認するには、顔の上でピンセットを縦にかざし一方の端を鼻の最も広い部分(小鼻)に当て、もう一方の先端が眉と交わった箇所を見極めます。そこが眉頭になります。
    • 眉山の位置は、ピンセットを鼻梁に水平にかざし45度傾けてピンセットが指したところです。
    • 眉尻は目頭(上下のまぶたが合う場所)にピンセットを当て、45度の角度に傾けたときの延長線上に位置します。
  5. 5
    必要に応じて眉毛を薄くする 眉毛の下側から開始して上に向かって削いで行きましょう。繰り返しますが、削ぎながら頻繁に鏡で確認して削ぎ過ぎてを避けましょう。
    • 眉をアーチ型にしてみましょう。詳細はwikiHowの「眉毛をきれいに整える」を参考にしましょう。
  6. 6
    抜き終わったら抗菌石鹸で洗いローションを塗って皮膚を落ち着かせる アロエ化粧水またはアロエローションが効果的です。抗菌石鹸で洗うと、抜いた後の毛穴に細菌が入り込むのを防ぐことができます。即ちニキビの発生も防ぎます。
    • 抜いた部分に赤みや腫れが生じたら氷を当てましょう。赤みと腫れの両方を緩和できます。タオルの先を冷水に浸して患部に当てても効果があります。または、ヒドロコルチゾン配合クリームを少量塗っても良いでしょう。[1]
    広告

方法 2 の 5:
一本眉を脱毛ワックスで処理する

  1. 1
    眉専用のワックスキットを購入する ワックスキットには厄介な眉毛を除去するのに必要なものが全て含まれています。ワックス脱毛は、冷水と温水のどちらかを使って根元から眉毛を引き抜きます。ワックスで脱毛するとピンセットで抜く場合に比べ効果が長く続きます。
    • ストリップワックスを購入するのも良い方法です。ストリップワックスは初心者に最適です。脱毛したい部分にワックスが塗布されたシートを押し付けます。シートを軽く叩いて皮膚に押し込みます。剥がすときは周りの皮膚を指で押さえて、一気に剥がしましょう。
    • ワックスは非常に効果的ですが痛みが伴うことでも有名です。敏感肌の場合は、処置前にワックスを塗る箇所に局所麻酔クリームを塗っておくと良いでしょう。[2]
  2. 2
    ワックスを温める 製品の指示に従い正しく温めましょう。電子レンジでワックスを温めるのが一般的なやり方です。30〜60秒で温まります。その後よく混ぜて完全に溶けていることを確認しましょう。
  3. 3
    脱毛したい部分にワックスを塗る 自分で行うよりも友人に頼んだ方が遥かに簡単です。ただし、鏡を使い正確に狙いが付けられれば、もちろん自分で行えます。脱毛したくない箇所に間違えてワックスをつけてしまったら、すぐに洗い流して塗り直しましょう。
    • 細いブラシか鉛筆を小鼻から眉に向けて縦に当て、ブラシのもう片方の先端が眉と交わった部分が眉頭です。両方の眉頭の位置を確認し、どれくらい除去したいかを見極めましょう。[3]
  4. 4
    塗ったワックスの上に付属の細い布(またはシート)を当てる 布をしっかりとワックスの上から押さえ込みましょう。脱毛したくない箇所に布を当てないように注意しましょう。
  5. 5
    ワックスが固まるのを待つ 布(またはシート)を被せた後どのくらい放置するかはワックスキットが入っていた製品の箱に記載されている指示に従いましょう。ワックスにもよりますが、2〜3分で十分な場合があります。2〜3分経つと指で触れられるワックスの一部が冷たく感じるはずです。
    • 繰り返しになりますが、友人にワックス脱毛を頼む方が遥かに簡単です。
  6. 6
    布(またはシート)を剥がす 布の周りの皮膚を押さえ、バンドエイドを剥がす要領で素早く一気に剥がしましょう。
    • 布(またはシート)を剥がした後鏡で確認しましょう。何本か眉毛が残ってしまうこともあります。それらはピンセットで抜きましょう。
  7. 7
    皮膚が腫れたり赤くなったりした場合は、冷水か氷を当てて冷やす その後抗菌ローションを塗って、埋没毛や吹き出物の発生を防ぎましょう。
    • ヒドロコルチゾン配合クリームも痛みやヒリヒリ感を和らげるのに効果的です。[4]
    広告

方法 3 の 5:
脱毛クリームで除去する

  1. 1
    脱毛クリームを購入する 脱毛クリームは地元の薬局で見つけられ、顔にも安全に使用できます。ピンセットやワックス脱毛の痛みを避けたい場合に適しているでしょう。ただし、脱毛クリームは表面の毛を処理するだけで、ワックスやピンセット処理のように根元から引き抜くことができません。つまり、処理してもすぐに生えてきてしまいます。
  2. 2
    皮膚に試し塗りをして刺激を起こすかどうかを確認する 手の甲や別の箇所にクリームを少し塗って様子を見ましょう。製品の扱い方を読み放置する時間を確かめましょう(通常は2分です)。その後でクリームを洗い流しましょう。肌が赤くなったり炎症を起こしたりする場合は、顔に塗らない方が良いでしょう。わずかに赤くなるだけ、または反応がない場合はそのまま使用しても問題ありません。
  3. 3
    除去したい眉毛にクリームを塗る 鏡の前で塗りましょう。そうすればクリームを塗る場所を正確にコントロールできます。除去したくない部分にクリームを塗らないように気をつけましょう。
    • クリームを塗る範囲を見極めるには左右の眉頭を探しましょう。眉ペンシルか細いブラシを縦に持ち先端を小鼻の脇に付け、もう一方の先端が眉と交わったところが眉頭です。もう片側も同様に眉頭の位置を見つけます。見極めた左右の眉頭の間がクリームを塗る部分です。[5]
  4. 4
    クリームを塗ったら指示された時間放置する 放置時間については製品の箱にその記載があるはずです(通常は2分です)。 指示された時間より長くクリームをつけたままにしてはいけません。皮膚が炎症を起こす可能性があります。
  5. 5
    タオルでクリームを洗い流す クリームに含まれている化学成分によってクリームを洗い流すと同時に眉毛も洗い流されます。その後は顔を乾かしましょう。
    広告

方法 4 の 5:
眉毛を剃る

  1. 1
    この方法は効果が一番小さい 眉毛は剃ってもすぐにまた生えてきます。ピンセット、ワックス脱毛、脱毛クリームで処理する場合と比べて処置後の効果が長持ちしません。
  2. 2
    眉毛専用の剃刀を購入する 眉専用の剃刀は化粧品店や薬局などで買えるでしょう。
  3. 3
    剃る前に標準的なシェービングクリームを眉毛に塗る 残しておきたい眉毛にシェービングクリームがつかないように注意しましょう。
    • 眉用ペンシルで剃りたい部分に印をつけることもできます。そうすれば剃りたい部分にのみシェービングクリームを塗れます。
    • 眉用ペンシルを縦にかざして先端を小鼻の脇に付けます。もう一方の先端が眉と交わる箇所が眉頭です。左右の眉頭を確認したら、その間を剃りましょう。[6]
  4. 4
    剃刀を水にくぐらせる 剃りたい部分を慎重に剃ります。鼻筋の天辺、眉根から剃り始めましょう。
  5. 5
    濡らしたタオルでシェービングクリームと眉毛を拭き取る シェービングクリームが目に入らないように注意しましょう。剃り残しがあれば、もう一度クリームを塗りましょう。
    • 眉のラインからはみ出た毛はピンセットで抜きましょう。
    広告

方法 5 の 5:
シュガーワックスで脱毛する

  1. 1
    黒砂糖、蜂蜜、水を混ぜ合わせる 小さな耐熱容器に黒砂糖小さじ2杯(10 ml)、蜂蜜小さじ1杯(5 ml)、水小さじ1杯(5 ml)を入れてよく混ぜます。[7]
    • 蜂蜜と砂糖で眉毛の除去に効果的な「ワックス」を作ることができます。この方法も従来のワックスキットと同じくらい痛みがありますが、自宅にワックスキットがなく、購入したくない場合に便利です。
  2. 2
    電子レンジで30秒間温める 電子レンジの温度を「強」に設定して30秒間混合物を温めましょう。10秒おきに取り出してスプーンでよく混ぜましょう。泡が立ち茶色に変わって行きます。[8]
    • 電子レンジで長く温め過ぎてはいけません。熱し過ぎると硬くなって使えなくなります。
    • 泡が立って茶色くなる前の混合物は濃度が薄く効果が期待できません。
  3. 3
    ワックスを少し冷ます 室温より少し暖かい温度になるまで待ちましょう。その時点でワックスの濃度はかなり高くなりますが、塗るのに十分に柔らかい状態です。
  4. 4
    眉毛にワックスを塗る 指または薄いヘラなどを使って脱毛したい部分にワックスを塗りましょう。[9]
    • 小鼻の脇にブラシの先端を当てて、もう一方の先端が眉毛と交差する部分を確認します。そこが眉頭の位置です。
  5. 5
    布を当てる ベタつくワックスの上に清潔な布を当て押し込み、出来る限り多くのワックスを布に吸収させましょう。[10]
    • フランネルの生地や綿、または他の似たような素材のものを使うと良いでしょう。使用前に生地が清潔なことを確認しましょう。
  6. 6
    剥がしとる 布がワックスを十分に吸収できるように20〜30秒間放置します。ワックスが固まったら素早くスムーズに1回で剥がしましょう。ワックスと一緒に眉毛が除去できます。
    • 処理しきれない眉毛はピンセットで抜くと良いでしょう。再度ワックスを塗って剥がそうとすると益々ヒリヒリするかもしれません。
  7. 7
    ヒドロコルチゾン配合のクリームを塗る ヒドロコルチゾン配合のクリームを豆粒ほどの量取ってワックスを塗った部分に軽く塗り炎症を抑えましょう。[11]ワックスをかけた部分を氷で冷やしたり、抗菌クリームを塗って吹き出物や埋没毛の発生を防ぎましょう。
    広告

ポイント

  • この記事で紹介した処理方法を実践するのに不安がある場合は、脱毛サロンの専門スタッフに処理してもらいましょう。
  • レーザー脱毛などの永久脱毛もありますが高額です。また専門家による施術を受けなければなりません。
  • 美容電気脱毛も永久脱毛の1つですが、これも専門家の施術が必要です。
  • ワックスが塗布された布やシートを目の近くに当てないように注意しましょう。

広告

注意事項

  • 脱毛クリームの種類によっては炎症を引き起こす可能性があります。顔に塗る前に、必ず手の甲か別の箇所に試し塗りをしましょう。
  • ワックスを温めたら、顔につける前に手首の内側などに試し塗をしましょう。ワックスはベビーオイルで簡単に剥がせます。ワックスが熱くなり過ぎたら、冷ましてから顔に付けましょう。
広告

必要なもの

ピンセットで抜く場合

  • ピンセット(毛抜き)
  • タオル
  • お湯
  • 抗菌ローション、氷、ヒドロコルチゾン配合クリーム

ワックスで脱毛する場合

  • 家庭用ワックスキット
  • 皮膚の局所麻酔クリーム
  • タオル
  • お湯
  • 抗菌ローション、氷、ヒドロコルチゾン配合クリーム

脱毛クリームを使う場合

  • 脱毛クリーム
  • タオル
  • お湯
  • 抗菌ローション、氷、ヒドロコルチゾン配合クリーム

剃る場合

  • 剃刀
  • シェービングクリーム
  • タオル
  • お湯
  • 抗菌ローション

シュガーワックスで脱毛する場合

  • 蜂蜜
  • 黒砂糖
  • 耐熱容器
  • スプーン
  • タオル
  • 抗菌ローション、氷、ヒドロコルチゾン配合クリーム

このwikiHow記事について

美容専門家
この記事はCamille Sangheraが共著しています。 カミール・サンゲーラはブリティッシュコロンビア州バンクーバーにて「Lash Envy Cosmetics」と「Esvee Beauty」を経営しています。マイクロブレーディング、ヘアタトゥー、まつ毛エクステ、ヘアメイク、ラッシュリフトの施術資格を有しています。カナダのMicrobrading Map Canadaにその名を連ね、TuneIn RadioやBridal Fashion Week Magazineでも紹介されました。
カテゴリ: メイク
このページは 16 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告