一緒にいて楽しい人になる方法

この記事には:楽しむこと適切な発言をする楽しい事をする

しらけさせる人、退屈な人、またはうんざりする人と周りから言われたことはありますか?人付き合いをこれまで以上に楽しくする方法がわからないと感じていますか?心当たりがあったとしても心配はいりません。あなたがするべきことは周囲の人達に愛想良く振る舞うこと、進んで自分を笑いの種にすること、そして次の冒険への準備をすることだけです。その気になって努力をすれば、あなたにうんざりしている人達から場を盛り上げる人と呼ばれるようになるでしょう。

パート 1
楽しむこと

  1. 1
    リラックスしましょう。人は安心して落ち着ける友達と一緒にいるのを好み、楽しい時間を過ごしたいと思っています。気軽にふざけたり、周りを楽しませたりすることのできる感じを与えたいのならゆったり過ごしましょう。そうすれば周りの友達もゆったりとした気分にさせることができます。
    • 周囲の人達に簡単な褒め言葉をかけましょう。関心を持って周りの人をよく見ていることを示すことができます。
    • よく笑い、気さくで堅苦しくないボディランゲージを使いましょう。何事にも乗り気であることを示しましょう。
    • できる限り打ち解けて話しましょう。あなたが緊張していると友達も緊張します。羽目を外しましょう!
  2. 2
    友達に意識を集中しましょう。話を聞く時は相手の目を見ましょう。携帯電話をしまい、周りにいる人達に彼らは重要な存在であると思わせます。あなたが落ち着きなく、他の事で頭がいっぱいに見えると、友達はあなたの前で心を開いて楽しい時間を過ごすことはできないでしょう。
    • 周りの人に賛同しましょう。あなたから見下されている、批判されていると周りに思わせないようにします。さもないと彼らがあなたに心を開く可能性はほとんどありません。
  3. 3
    冗談をよく言うようにしましょう。自分がいかにばかげたくだらない人間に見えるかを心配しなければ、あなたの周りに人が集まってくるでしょう。周りの人たちを笑わせる方法を幾つか挙げておきます。
    • 先生または同僚など皆がよく知っている人物のそっくりな(あるいは全然似ていない)モノマネをする
    • 自分を史上最高のダンサーだと思っているふりをしながら馬鹿になって踊る
    • お気に入りの恥ずかしい歌に合わせてその歌詞を歌う
    • 滑稽な服を着る、またはふざけたメッセージをプリントしたTシャツを着る
    • 恐れずにつまらない冗談やくだらない駄じゃれを言う
  4. 4
    冒険に出掛けましょう。今まで一度もやってみたことのないことにぜひ挑戦しましょう!冒険をしない言い訳をする代わりに、自発的になって新しいことに挑戦しましょう。新しいことに挑戦する楽しいアイデアを思いつく人間になれば、友達はあなたのことを一緒にいて楽しい人だと思うでしょう。
    • 「無理です。だって…」という代わりに「やります」と返事をする機会を増やしましょう。新たな挑戦を喜んで受け入れて新しい事をやりましょう。
    • 友達と一緒に楽しめる事のアイデアについては最後の項目を参照しましょう。
  5. 5
    物事を楽天的に捉えましょう。ついていない日もありますが、気分をイライラさせる些細な出来事よりもこれまでに経験した良かった出来事や今後楽しみにしている事について話すことに焦点を当てるべきです。そうすれば社交の場で楽天的に振る舞う事ができて周囲の人達はあなたともっと一緒にいたいと感じるようになります。
    • 自分の悲観的な発言に気が付いた時には、楽天的な2つの発言で自身の発言に反論しましょう。
    • 周りの人が落ち込んでいたら、彼らの沈んだ気分に同調するのではなく元気づけてあげましょう。
    • ひどい一日を過ごした場合には無理に笑顔を作ってみせる必要はありません。しかし、少しイライラしている時や悩みの原因が大した事ではない場合には楽天的になる努力をするべきです。
  6. 6
    友達同士を結びつけましょう。グループでは、メンバーの多くが仲良くなるように、または少なくともお互いを知るように努めましょう。自分を犠牲にしても、周りの友達がお互いに仲良くなり一つにまとまるように皆のまとめ役になりましょう。
    • 機転を利かせましょう。お互いに共通点がないと感じている二人と一緒にいる場合には、彼らを結びつけるのに役立つ共通の関心分野を話題にしましょう。
    • お互いにあまり仲の良くない友達がいる場合には、二人が仲良くなるように片方の友達のいいところをもう一人に話しましょう。
    • ボーリングや花一匁などの全員が賛成する楽しい活動を提案してみんなをまとめましょう。活動が楽しいほど良いでしょう。

パート 2
適切な発言をする

  1. 1
    周りの人にどんどん面白い質問をして会話を始めましょう。楽しい会話のきっかけとなる質問をしたり、周りの人がくつろいだ気分で楽しく話せるようにするために、いろいろと詮索しすぎる必要はありません。周りの人に尋ねる質問の例を幾つか挙げておきます。
    • 子供の頃の恥ずかしい思い出
    • 最近見た面白いコメディドラマやコメディ番組
    • 失敗したり困った状況に陥った時のこと
    • 第一印象と全く違った時のこと
    • 今までに訪れた奇妙な場所
  2. 2
    あまり不満を言わないようにしましょう。あなたの不満が面白い場合を除いては、前向きな発言を続ける方が良いでしょう。不満を言う人や気が滅入るようなことを言う人は誰からも好かれません。友達はそのようなあなたを楽しい人とは全く思わないでしょう。本当にうんざりしていることがあるならば、紙に書くか親友に話します。楽しい人になりたいならばグループで集まっている時に大声で不満を言わないようにしましょう。
    • 他の人にもあまり不満を言わせないようにしましょう。周りの人が不満を言い過ぎる場合には、その話題をからかって皆が楽しめるような前向きな方向に会話を持っていきます。
  3. 3
    周りの人に心を開きましょう。楽しい人は自分自身に満足していて個人的な経験やアイデアを喜んで周りと分かち合います。自分から心を開くと周りも心を開きやすくなり、より楽しく心地よい雰囲気を作ることができます。心を開いて話すことのできる話題をいくつか挙げておきます。
    • 子供の頃の楽しい思い出
    • 恥をかいた時のこと
    • 恋愛の失敗談
    • いつも冗談を言ってあなたを笑わせる友人や親戚について
    • ばかげた夏のアルバイトの体験談
  4. 4
    自分を笑いの種にしましょう。真面目になり過ぎないようにします。人前で自分を笑いの種にしたり、少しおどけた自分を見せると楽しい時間を過ごせます。あなたがそうすることで他の人も少し羽目を外しやすくなり、場がより楽しくなるでしょう。
    • その日の出来事について、周りを大笑いさせるような面白い話をしましょう。気まずい発言をしたり、全身にコーヒーをこぼしたり、なぜか人からじろじろと見られたりするようなことがあったらその話を面白おかしく語りましょう。
    • たまたま何か馬鹿なことを言ってしまった時には、変な人だと見られることを心配してうろたえるのではなく、自分自身を笑い飛ばして「あぁ、まただ!」とでも言いましょう。

パート 3
楽しい事をする

  1. 1
    新しい人に出会いましょう。コーヒーショプで可愛らしいバリスタに自己紹介をする場合やまたは新しく興味深い人に出会った場合でも、出会いを楽しむ鍵は新しく出会った人の言う事に何であれ賛成することです。新しい人々や経験に心を開いてその出会いをより楽しいものにするには、これが唯一の方法です。
    • その人があなたと全く違うタイプの人であっても、自分の安全地帯に留まるのはなく、お互いの違いを楽しみながら喜んで受け入れるべきです。
    • 誰からも何かしらを学ぶことができます。多くの人と知り合いになればなるほど、より多くの知識を得ることができます。新しく出会った人を時間の無駄または投資する価値のない人物という目で見るのはやめましょう。
    • 「こんにちは」と挨拶をして自己紹介をし、相手について2、3質問をしましょう。相手をよく知るようになっても陽気に接しましょう。
  2. 2
    街や近所の新しい場所を探検しましょう。バッチボール大会(カーリングとボーリングを合わせたような競技)、のど自慢コンテストやフードフェスティバルなど何であれ、自分の住んでいる場所で行われる楽しい新しい活動を注意して探してみましょう。街の中のまだ行ったことのない新しい場所で、新しい経験の機会を探して友達も一緒に参加するように誘ってみましょう。こうした全てが新たな冒険です。
    • そのイベントが完全にあなたの安全地帯の外にある場合には、それが豚の丸焼きだろうと路上でのラップバトルであろうと、一層よい体験になるでしょう。自分の守備範囲とは全く異なることに挑戦する時に出会う新しい刺激的な人達のことを考えてみましょう。
    • あなたと一緒に冒険好きになるように友達に働きかけましょう。新しい事に挑戦する楽しさを彼等に教えましょう。
  3. 3
    安全地帯から外へ踏み出しましょう。新しい言語を学ぶことであれ、5kmのジョギングであれ、新しく刺激的なことに挑戦すると今よりも楽しい人になることができます。いろいろなことに挑戦すればするほど、ますます活動的な人になって周りの人と共有したい経験が増えます。次のようなことに挑戦してみましょう。
    • ジャグリング
    • 社交ダンス、ヒップホップ、またはベリーダンス
    • パスタを一から手作りする
    • 演劇教室に通う
    • 基本的な器械体操を習う
    • トランプ手品を習う
    • タロット占いを習う
  4. 4
    踊り方を知らなくても踊りましょう。パーティーで馬鹿のように一人で踊ったり、友達とダンスフロアに行って踊り方をよく知らないダンスを一緒に踊ったり、あるいはダンスフロアをパートナーと踊りながら移動するにしても、最も重要な事は踊りに行って楽しむ事です。
    • 激しく手足を動かし、お気に入りの歌の歌詞を大声で歌い、髪を後ろに振り上げれば、他の人たちはあなたのそばで一緒に楽しむでしょう。
    • 一緒にダンスフロアに来るように周りの人に声をかけましょう。壁の花になっている友達をダンスに誘い出してその楽しさを教えてあげましょう。
  5. 5
    恐怖を克服しましょう。高い所やピエロ、あるいは子犬など怖がっているものが何であれ、恐れを克服するための時間をとって強く一歩を踏み出してみましょう。自分に何ができるかに驚くでしょう。
    • 新しい事への誘いをもっと受け入れる習慣をつくりましょう。やった事がないという理由でハイキングや油絵に熱心な友人の誘いを断ってきたかもしれませんが、次に誘われた時には誘いを受け入れて自分がどれだけできるか試してみるべきです。
    • 次にパーティーや懇親会に出かける時には、集まった人たちの中で自分と最も共通点がないと思われる人を探しましょう。その人に自己紹介をしてどれだけの事を学べるか見てみましょう。
    • 番組などのショーでボランティアを求められたら恐れずに手を挙げましょう。お気に入りのコンサートでは大声を出して盛り上がりましょう。いい気分になれる変わった服装をしましょう。音痴でもカラオケに行ってお気に入りの歌を歌いましょう。馬鹿げたテーマのパーティを開きましょう。楽しい人になりましょう!

ポイント

  • 生涯学び続けましょう。多くの知識を得ると機知に富んだ話題の豊富な人になって人生が大いに楽しいものになります。
  • 他人の噂話をしたり、噂を流すのを控えましょう。そのような行為は誰のためにもならない上におおらかで一緒にいて楽しい人というあなたの評判が傷つきます。陰で態度を変えて自分の悪口を言う人がいると思ったら楽しめなくなります。
  • 友達や他の人を見て笑うのではなく、彼らと一緒に笑いましょう。
  • 自身の境界を定めましょう。一人になって気力とエネルギーを取り戻すための時間を取りましょう。また、他の人に立ち入って欲しくない境界があることを知らせるようにします。
  • いつも笑顔で皆を好きになるようにしましょう。人を批判するのはやめましょう。彼らが今何を経験しているのかを知ることはできないのです。
  • 楽観的でいるようにし、時には無私無欲の親切を行いましょう。何も良いことを言えない時には黙っていましょう。
  • 誠実になり、約束を守りましょう。信頼できる人でいることは大切です。あなたが信頼できるとわかったら周りの人達はあなたといる時にもっとリラックスするようになります。
  • 誰かといる時にいつも気まずく沈黙してしまう場合には、話題のリストを書いておきましょう。気まずい沈黙に陥った時はいつでもその話題の中の一つを取り上げましょう。常に物事の面白く明るい面を見つけるようにしましょう(当然そのような状況ではない場合を除いて)
  • 自分がしたいことだけではなく、他の人達がしたいこともするようにしましょう。
  • 誰にでも話しかけましょう。周りから好かれない人だとしても彼らを幸せな気分にさせることができます。また実は自分と多くの共通点があるかもしれません!
  • 最も恐れていることを克服しましょう。勇敢で冒険好きになりましょう。
  • 内なる声が否定的な考えをつぶやいている場合には、以前にも同じように否定的な内なる声を聞いたことがあり、そうした考えは役に立たなかったことを思い出して耳を傾けないようにします。自分の心と考えをコントロールするのはあなた自身です。他の人がどう思うかを気にするのはやめましょう。笑顔を見せて声を出して笑いましょう。楽しみたいと思っている周りの人達とうまくやっていきましょう。

注意事項

  • 人の事を笑わないようにしましょう。彼らと一緒に笑いましょう。ただし、自分自身の事を笑いの種にするのはいいことです。間違いや失敗は幸せでいるためには必要なことです。
  • 楽しい人でいることのみに注意を払うのではなく、真面目な部分も残して適切な場面でそれを見せることも必要です。友達が辛い時に助けを求めてきたら責任を持って助け、頼りになる友人であること示しましょう。両親についても同様に、両親の言うことを信頼して自分の言動に責任を持つことで、あなたにはもっと自由を与えられる資格があることを両親に示しましょう。
  • 現在付き合っている友達はあなたの親友ですから疎遠にならないようにしましょう。彼らを生涯の友人としましょう。さもないと彼らは気分を害するでしょう。
  • 健康的で、法律に違反せず、自分を含め誰も傷つけない楽しみを持つようにしましょう。
  • 本当に仲の良い相手に対しては、ふざけてからかっても良いでしょう。しかし、知り合ったばかりの相手に対しては礼儀正しく接しましょう。
  • 自分のことを楽しい人だと周りに思わせようとするのはやめましょう。強引に楽しい人のふりをしている印象を与えます。


記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む112人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 人間関係

他言語版:

English: Be Fun to Be With, Italiano: Essere una Persona Divertente, Español: ser una persona divertida, Deutsch: Wie man nett sein kann, Português: Ser uma Pessoa Divertida, Русский: стать интересным человеком, Čeština: Jak být zábavný, Bahasa Indonesia: Menjadi Orang yang Menyenangkan, Français: être amusant à fréquenter, Nederlands: Leuk in de omgang zijn, 中文: 成为有趣的人, ไทย: เป็นคนที่อยู่ด้วยแล้วสนุก, العربية: أن يكون من الممتع التواجد معك, Tiếng Việt: Trở thành Người Thú vị, 한국어: 즐거운 시간을 함께 보내는 방법

このページは 5,383 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?