七五三の準備をする方法

七五三とは、子供の健やかな成長を祈願するための日本の行事です。小さな子供たちが晴着を着て、家族と一緒に神社に参詣する姿はとても微笑まく、秋の風物詩と言ってもいいでしょう。七五三はその名の通り子供が7歳・5歳・3歳を迎える年に行う儀式ですが、そこには重要な由来や意味合いがありそうです。大切な子供の晴れの日なのですから、この日の意義をきちんと理解した上でしっかり準備を整えてあげたいものですね。

方法 1 の 2:
知りましょう

  1. 1
    七五三の由来を知りましょう 乳幼児の生存率が現代ほど高くなかった時代には、「七つまでは神のうち」という言葉がありました。7歳までの子供の成長は、いわば神様の手にかかっているという意味です。そういった背景を考えると、子供の健やかな成長を神様に祈るこの儀式がとても重要な意味を持っていたことがわかります。
    • 古くは平安時代から続く伝統的な儀式で、江戸時代に入ってから盛大なお祝い事に変化していったようです。5代将軍・徳川綱吉が長男の健康を祈る盛大な儀式を執り行ったことで流行したとも言われています。[1]
    • 庶民の間でも行われるようになったのは明治期以降ですから、庶民文化としての歴史は意外と浅いと言えるでしょう。
    • 7歳・5歳・3歳に儀式を行う由来は、陰陽五行説や易のうえで奇数がめでたい数字だとされているからという説が有力なようです。
  2. 2
    儀式の意味を知りましょう 古来より伝わってきた七五三は時代と共に変化し、現代では儀礼というよりもお祝いや記念行事のイメージが強くなってきています。本来の正式な儀式もあまり行われなくなりましたが、7歳・5歳・3歳の儀式にはそれぞれ大切な願いが込められているのです。そのような知識を身に付けておけば、七五三の準備もより趣深いものになるかもしれませんね。
    • 3歳で男女とも「髪置(かみおき)」を行います。赤ちゃんの髪は悪病の入り口だとしてしばしば剃られていたのですが、この儀式を境に伸ばし始めるのです。一段階成長したという節目と言っていいでしょう。
    • 男児は5歳になると、初めて袴を着用する「袴着(はかまぎ)」を行います。男児が容儀を整えるこの儀式は、今日の七五三に受け継がれていますね。宮中では「着袴の儀(ちゃっこのぎ)」と呼ばれ、男女ともに行われているようです。[2]
    • 5歳男児の「袴着」にあたるものとして、女児は7歳の時に「帯解(おびとき)」を行います。帯で結ぶ着物を着けるので、こちらも大人の仲間入りの第一歩という位置付けの儀式です。
  3. 3
    今日の七五三を知りましょう 七五三は、成人式と並ぶ日本独特の華やかな行事として海外からも注目を集めています。豊かな時代になるにつれ、行事も華やかさを増してきたと言えるでしょう。ここでは、現代の七五三の例をいくつか見ていきます。時代の変化や地域差、豪華であったり質素であったりといった違いはありますが、子供の無事な成長を祈る行事であることに変わりはありません。
    • 七五三を行うのは11月15日です。近年では混雑や悪天候を避けるため、10~11月の他の日に行われることも増えてきています。
    • 冬の到来が早い北海道などでは10月に行うことも多いようです。
    • 行事は「晴れの衣装で容儀を整える」「神社に参拝する」「家族にお目見えし、お祝いをする」の順で行うのが標準的です。地域によって異なる場合がありますから、親御さんや地域の年配の方などに確認しておくとよいでしょう。
    • 概して関東周辺では華やかに、関西周辺では質素に行われる傾向にあるようです。
    • 関東北部などの一部には、結婚披露宴のように豪華なお祝いをする地域もあります。
    広告

方法 2 の 2:
準備しましょう

  1. 1
    準備を始めましょう 家族の内々の行事ですから、「絶対こうしなければいけない」という決まりがないのも七五三の特徴です。自分なり、我が家なりのやり方で構わないのですが、とはいえ何の目安もないのでは準備に困るかもしれませんね。そこで、ここでは最もポピュラーなプランを紹介していきます。
  2. 2
    参拝の準備をしましょう 神社参拝は七五三の本題とも言える部分です。決しておろそかにはできませんが、特別な事をしなければいけないということではありません。気取らず、謙虚な心を持って、神様の前で子供の無事な成長をお祈りしましょう。
    • 子供を守って下さるのは土地の神様である「氏神様」ですから、自宅から近い神社に参拝するのが一般的です。[3] 近年、大きくて有名な神社を選ぶ人も多くなりましたが、遠出になって主役が疲れてしまわないように配慮するのも大事です。
    • ご祈祷を受けたいという場合は、神社に申込みをする必要があります。11月15日とその前後は混雑が予想されますので、可能であれば予約をしておいた方が無難でしょう。
    • 参拝の作法は「二拝二拍手一拝」というような作法があります。神様に対する礼儀作法ですので、一夜漬けででも覚えておきたいところです。[4]
  3. 3
    衣装を準備しましょう 主役である子供たちが正装した姿は、両親だけでなくおじいちゃん・おばあちゃん達の大きな楽しみでもあります。女の子なら晴着・男の子は袴を着けるのが主流でしたが、今日ではドレスやスーツが選ばれることも少なくありません。これらは「大人と同じ格好をして仲間入りする」という意味合いの衣装ですから、どちらを選んでも構いません。
    • 子供の体は成長が早く、衣装は七五三の時にしか着られなくなることも多いので、レンタルが選ばれることも少なくありません。購入するのに比べて費用を抑えやすく、ネットでレンタルできる便利なお店も増えています。
    • 衣装と合わせて、写真スタジオでの記念撮影も人気があります。七五三当日は混み合うため、早めに予約しておいた方が賢明でしょう。七五三の当日ではなく、空いている日に撮影するケースもあるようです。衣装のレンタルを取り扱っているスタジオもあるので、相談してみるのもよいでしょう。
    • 小さい子供は、慣れない正装で窮屈に感じているかもしれません。事前の予約を最大限活用して待ち時間を減らすのは、イベントをスムーズに進めるために有効です。
    • 衣装や履物は、できれば何度か何度か身に着けてみましょう。早めに試しておけば、苦しい、歩きにくい等があった際でも交換や調整ができます。また、身に着けることで本人のわくわく感が上がるという効果もあります。
  4. 4
    お祝いの準備をしましょう 家族でのお祝いや内祝いも行事の一部です。参拝や晴着の披露などがひと通り済んだ後、家族やごく親しい身内でお祝いの食事会の場を持つのが一般的です。内祝いには現金を包むことが多いようですので、受け渡しのマナーについても知っておいた方がよいでしょう。
    • 伝統的なお祝い料理と言えば尾頭付きの鯛や赤飯などが並ぶ和食の膳ですが、近年では子供やおじいちゃん・おばあちゃんの食べやすいものが選ばれることも多いようです。
    • 内祝いを頂いたら、後日挨拶に伺いましょう。子供の年の数だけ飴の入った千歳飴を持って行く慣習もあります。内祝いのお返しには、頂いた金額の半分~3分の1程度の品物(祝儀用の品や記念品)を選んでおくとよいでしょう。カタログギフトも喜ばれるかもしれません。
    • お祝いする側なら、渡す金額には注意しましょう。日本では「4・6・9」などを忌み数字と呼んで、使うことを避けるのが一般的です。これらの数字は「死・無・苦」といった悪いことを連想させますし、半端な数字でもあるので、他の祝い事においても滅多に使われることはありません。[5]
  5. 5
    当日の準備をしましょう あれこれ準備を進めてきても、やっぱり当日はバタバタと慌しくなってしまうものです。朝になってからあわててしまうようでは、思わぬハプニングのもとにもなりかねません。前の晩までにできることはしっかり準備して、すっきりとした気分で当日を迎えましょう。
    • 衣装や履物、小物などの付属品は早めに出しておきましょう。
    • カメラのバッテリー充電や記録メディアも抜かりなくチェックしましょう。
    • 慣れない服装で体力を消耗しがちですから、水分補給の準備も必要です。大事な衣装に飲み物をこぼさないよう、ストローも持参しましょう。
    • 履き慣れていない履物もストレスの原因になります。無理をさせないよう、履きなれた靴や靴下は準備しておきたいところです。
    • 着物でトイレに行く際に、洗濯ばさみやクリップが役に立ちます。
    • 持って行くもの・やっておくことのチェックリストを作れば、準備作業の効率アップが期待できますね。
    広告

ポイント

  • まだ幼い子供とはいえ、七五三は大人へと成長していく節目節目の重要な通過儀礼です。今の自分の姿を確認する大切な機会と理解することで、より有意義なイベントになるでしょう。

広告

注意事項

  • 七五三にかかる費用には幅がありますが、「衣装レンタル・スタジオ記念撮影・食事会7名」という場合で総額7~10万円位がひとつの目安です。内訳としては「衣装レンタル2万円+スタジオ撮影3万円+神社初穂料5千円+食事会3万円=合計8万5千円」程度をイメージするとよいでしょう。
  • もちろん内々のお祝いですから、家庭によって違いがあっても差し支えありません。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 23 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告