丈夫で長い爪を伸ばす方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:爪を噛む癖を直す必要なビタミンを摂取するきちんとマニキュアを塗る8 出典

丈夫で長い爪を伸ばすためには、いくつかのステップを踏む必要があります。きちんとしたお手入れさえすれば、自分の好きな長さに爪を伸ばすことが可能です。悪い癖がある人は、まずはその癖を直しましょう。そして、必要なビタミンを摂取し、マニキュアをきちんと塗れば、強く長い爪を伸ばすことができます。

パート 1
爪を噛む癖を直す

  1. 1
    まずは、爪を噛む癖を直しましょう。 爪を噛むことは、体によくありません。緊張するとつい噛んでしまう人もいますが、手や口に細菌が付着して皮膚感染症の原因になります。また、爪の周りにささくれが出来ていても、噛まずにきちんと爪切りで切りましょう。[1]
    • 噛みたい欲求を少しでも抑えるためには、爪をきれいに磨くか、あるいはネイルアートを施しましょう。
    • 退屈なときは、爪ではなく、ガムを噛みましょう。
    • 爪の周りの皮膚も、噛まないようにしましょう。皮膚を噛むだけならば、爪を傷つけずに済むと考える人もいるかもしれませんが、それは間違っています。唾液で濡れることで、爪は弱り、割れやすくなります。
    • 「今週は、この爪を噛まない」というルールを毎週決めましょう。噛まない爪を徐々に増やしていくことで、爪を噛む癖を直していきましょう。
    • 不安から、あるいは退屈しのぎでひどく爪を噛む人は、一度精神科に相談してみましょう。
  2. 2
    アクリルネイルやジェルネイルはやめましょう。除光液でさっと拭き取っただけでは、爪が乾燥して、脆くなりやすいからです。また、爪が伸びにくくなる原因の一つでもあります。専用のリムーバーできちんと落としたとしても、爪の周りの皮膚が濡れてしまうので、爪が傷つきやすくなります。爪の周りは、濡れていると刺激に弱いものです。[2]
    • どうしてもアクリルネイルやジェルネイルをしたい人は、普通のマニキュアと交互に行いましょう。
  3. 3
    剥がれかけたマニキュアを、無理やり剥がそうとするのはやめましょう。爪の周りの薄皮も一緒に剥がしてしまうことがあるからです。これでは、爪の支えとなる部分を傷つけてしまいます。[3]
  4. 4
    ベースコートとトップコートは、きちんと塗りましょう。特に急いで乾かしたいときには省きがちですが、これを怠ると結果的に爪を傷めることになります。ベースコートとトップコートは、爪の変色を予防するだけでなく、マニキュアを剥がれにくくします。マニキュアが剥がれにくくなれば、自分で剥がそうとすることも減り、爪を傷つけずに済みます。[4]
    • 鞄の中に、いつも携帯用除光液を入れておきましょう。マニキュアが剥がれかけたときに、すぐに落とすためです。こうすることで、自分で無理やり剥がそうとするのを防止できます。
  5. 5
    爪を道具のように扱うことはやめましょう。ラベルを剥がすとき、のりを剥がすとき、キーホルダーを外すときなどに、爪を使ってしまうと爪が割れやすくなります。普段気づかずにやっている可能性があるので、まずは、意識することから始めましょう。
    • 爪を道具のように扱わないためには、慌てないことです。何かを開けるときや剥がすときは、ハサミやその他の道具をきちんと使いましょう。

パート 2
必要なビタミンを摂取する

  1. 1
    ビオチン(ビタミンH)をたくさん摂りましょう。ビオチンは、爪や髪、肌にとても良いビタミンです。一日の食事やサプリメントで、30~40μg摂取することを心がけましょう。ビオチンは、全粒穀物、きのこ類、バナナ、鮭、アボカドなどに多く含まれています。[5]
  2. 2
    葉酸を多く含む食品を摂取しましょう。葉酸(ビタミンB9)は、神経細胞の修復を助け、赤血球を合成する働きがあります。葉酸は、爪を健康に伸ばすために必要不可欠なビタミンです。また、過剰に摂取しても、不必要な分はすぐ体から排泄されるので、心配はありません。葉酸は、魚、赤肉、チーズ、強化豆乳などに多く含まれます。
  3. 3
    ビタミンAも摂取しましょう。ビタミンAは、爪を丈夫にする働きがあります。一日に、700~900μgの摂取を心がけましょう。ビタミンAが豊富な食べ物は、さつまいも、にんじん、かぼちゃ、葉物野菜などです。[6]
  4. 4
    ビタミンCもたっぷりと摂取しましょう。ビタミンCは、免疫力を高めます。つまり、体内の細胞の修復作用があるということです。この修復作用によって、爪が丈夫に伸びます。ビタミンCは、オレンジ、ケール、苺、ピーマンなどに多く含まれています。

パート 3
きちんとマニキュアを塗る

  1. 1
    まず、土台となる爪をきちんと手入れし、形を整えましょう。爪を長く丈夫に伸ばすためには、そもそもの土台が整っていなければなりません。つまり、爪を清潔で健康的に保つ必要があります。きちんと磨き、キューティクルも処理しましょう。
    • 爪やすりで丁寧に磨きましょう。外側から内側に向かって、磨いていきましょう。一定方向に磨かなければ、爪を弱らせることに繋がります。[7]
    • 爪をきちんとした形に整えましょう。丸みを帯びた形にすると、きれいに伸びやすくなります。角張った形に整えてしまうと、つい何かを剥がすときに爪を使ってしまう可能性が高くなるのでやめましょう。
  2. 2
    キューティクル(甘皮)をきれいに処理しましょう。爪をぬるま湯に5分ほど浸けることで、キューティクルを緩ませることができます。爪にキューティクルリムーバーを塗り、キューティクルスティックで甘皮を押して取り除きましょう。最後に、リムーバーと除去した皮をきちんと洗い流しましょう。この作業を、週に4回繰り返します。
    • キューティクルをさらに健康に保つためには、処理したあとに、爪とその周辺にヒアルロン酸クリームを塗りましょう。
    • キューティクルを保湿しましょう。キューティクルに保湿剤を付けることで、ささくれや爪割れを防止できます。
  3. 3
    爪を強くするためのお手入れをしましょう。お手入れ方法はいくつかあります。爪をきちんと整え、キューティクル処理も完了したら、自分の予算と予定に合わせて、お手入れをしましょう。[8]
    • 美容液は値段が高いものも多くありますが、即効性があり、爪を丈夫にするにはとても効果的です。
    • 毎日のお手入れには、クリームを使いましょう。タンパク質を豊富に含んだ爪専用のクリームを朝と就寝前に塗ると、爪を丈夫に保てます。
    • 爪補強コートは、爪が欠けるのを防ぎます。非常に安価で使い方も簡単です。

ポイント

  • 常に爪やすりを持ち歩きましょう。爪が欠けたり割れたりしたら、無理やり剥がすのではなく、爪やすりで研ぎましょう。
  • プレネタルビタミン(妊婦用ビタミン)は、飲まないようにしましょう。爪を伸ばす効果があるという噂もありますが、飲むとお腹を壊す可能性があります。
  • 爪は放っておいても、自然に伸びます。
  • お湯にココナッツオイルを垂らし、その中に両手を5~10分間浸けます。タオルで一度水気を取った後に、冷水で手を洗いましょう。
  • 毎晩寝る前に、15~20秒ほど爪のキューティクルをマッサージしましょう。爪の周りの血流が良くなります。
  • ティーツリーオイルを使って爪の周りをマッサージすると、爪とキューティクルの健康を保てます。
  • オリーブオイル、ココナッツオイル、レモンジュース、ビタミンE(あるいはビタミンD)オイルを混ぜて、空のマニキュアボトルに入れましょう。これを爪に塗ると、手作りのキューティクルオイルになります。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: ビューティー・ファッション | 髪とネイル

他言語版:

English: Grow Long, Strong Nails, Español: hacer que tus uñas crezcan largas y fuertes, Italiano: Far Crescere le Unghie Lunghe e Sane, Português: Ter Unhas Longas e Fortes, Deutsch: Lange, feste Fingernägel wachsen lassen, Русский: отрастить длинные и крепкие ногти, Français: avoir les ongles longs et magnifiques, 中文: 长出修长坚韧的指甲, Bahasa Indonesia: Menumbuhkan Kuku yang Panjang dan Kuat, Nederlands: Lange en sterke nagels laten groeien, العربية: تطويل أظافر قوية, Tiếng Việt: Nuôi móng dài và khỏe, ไทย: ไว้เล็บยาวให้แข็งแรง, 한국어: 길고 튼튼한 손톱 기르는 방법, Türkçe: Uzun, Güçlü Tırnaklar Nasıl Elde Edilir

このページは 880 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?