上手に勉強する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 15 出典

この記事には:自分自身をいたわる賢く勉強する事前準備をする精神状態を整える

上手に勉強するとはつまり、賢く勉強することです。[1] テストのために前日に徹夜で勉強するなどはもってのほかです。上手に勉強するためには計画性が必要です。自分自身の得意を知り、かつ勉強のコツを知っておくことで上手に勉強できます。勉強はどれだけ真剣に、そしてどのような環境でするかにかかっています。

パート 1
自分自身をいたわる

  1. 1
    水をたくさん飲む 水は人間の体にとっての万能薬です。勉強中に水を飲むと集中力が上がります。水分補給をすることで記憶力も向上します。
  2. 2
    健康的な食事をとる 頭をしっかりと働かせるには体をいたわることが極めて重要です。集中力を上げ、健康に良い食べ物があります。テストの前の朝食としては、オートミールなどの高炭水化物で高繊維かつ消化の遅い食品を摂取するのが良いという研究結果が出ています。テスト前の2週間にとる食事はとても重要であり、勉強の効率にも影響します。果物と野菜をふんだんに取り入れたバランスの良い食事を心掛けましょう。[2]
    • 食生活の中でブルーベリーやアーモンドのようなスーパーフードを摂る習慣をつけましょう。
  3. 3
    循環系を刺激する 循環系は心臓や血液の経路をコントロールしています。健康的に勉強するということは、血液を健康的に脳へ送ることでもあるのです。循環系を20分間刺激すると記憶力が向上するという研究結果があります。しかし、したくもないのに無理やりランニングをする必要はありません。例えば、好きな曲を流しながら部屋で踊るなどして勉強の合間に休憩時間を設け、ストレスを軽減しましょう。[3]
    • 大切なのは心拍数を上げることです。心拍数が上がったら、最低でも20分間はそのまま運動を続けましょう。
  4. 4
    十分に睡眠をとる 少なくとも7~8時間、しっかりと睡眠をとるとやる気が湧きます。睡眠不足の状態では勉強が億劫になり、よく眠れた日に比べると学習能力も低下します。

パート 2
賢く勉強する

  1. 1
    スケジュール通りに勉強する 勉強の計画を立てて実行しましょう。毎日ある程度決まった時間を勉強に充てます。たとえテストやプレゼンテーションが2週間先であっても、毎日こつこつと準備をしましょう。
  2. 2
    自分が何を学んでいるかを理解する テストに出るであろう内容を暗記するという人も多いはずです。しかし、この方法はあまり効果的ではありません。学習内容の本質を理解すると、学んだことが記憶に残りやすくなります。試験が終われば三角法など覚えておく必要はないと思うかもしれませんが、長い目で見るときっと役に立つはずです。[4]
    • 学習内容につながりを見出しましょう。勉強している内容と日常生活を関連付けることは必ずしも簡単ではありません。しかし、訓練を続ければやがて自然にできるようになります。想像力を使い、学習している内容が自分の生活にどのように役立つかを考えましょう。[5]
  3. 3
    単語カードを使用する これは大半の科目に使える効果的な勉強方法です。学んでいることをカードに書き込むという行為により、脳がその内容に集中します。完成した単語カードを使って自分自身で確認テストを行い、本番に備えましょう。
    • カードで単語の意味を確認し、その単語に関する質問に答えます。続いて表裏を逆にし、単語や概念を見てそれに該当する定義や公式を答えましょう。
  4. 4
    ノートをもう一度作る 授業中に時間をかけて作ったノートを書き直すことに苦痛を感じる人もいるでしょう。ノートの内容に様々な情報を加えてもう一度新たなノートを作ってみましょう。何も考えずにただひたすらノートの内容を丸写ししてはいけません。教科書やエッセイなども参考にしながら完成させましょう。[6]
    • これには、ただ自分のノートや教科書を読むだけではなくそれ以上の作業が必要となります。読み、考え、書くという行為は全て効果的な勉強に必要な要素なのです。
  5. 5
    休憩をとる 45分〜1時間程度勉強したら、10〜15分間の短い休憩をとりましょう。これは実証済の勉強方法です。休憩の後には、先程まで勉強していた内容についてミニテストをしましょう。少し時間を置いた後に改めてその内容に触れることで、学習内容が脳に残りやすくなります。[7]
    • 休憩時間にテレビを観たりゲームをするのはやめましょう。そちらに集中しすぎて勉強に戻れなくなってしまいます。犬の散歩に行ったり、軽くランニングをしたりしましょう。
  6. 6
    自分でテストをする ある程度時間をかけて勉強したら、最後の20〜30分でテストをしましょう。そうすると学習内容の見直しができ、情報が脳に深く刻み込まれます。各章の最後に練習テストが記載されている教科書もよくあります。宿題として出されていなくても、この部分には出来る限り目を通しましょう。[8]
    • 必ずしも教科書の練習テストを利用する必要はありません。単語の意味やノートの一部を手で隠し、隠した部分を当てるといった即席テストも良いでしょう。
    • 不正解の場合は正しい答えを確認しましょう。
  7. 7
    一夜漬けをしない 知識を詰め込んだりテスト前夜に焦ってあれもこれもと勉強をしてもあまり意味がありません。きちんと知識を身につけるためには、数日かけてノートの内容をじっくりと見返す必要があります。[9] 一夜漬けをしたところで内容は記憶に残りません。何事も詰め込む方が効果的だと主張する人もいますが、そうした話は受け流しましょう。一夜漬けによって試験や学校でいつもトップの成績を残している人がいても、自分自身と比べる必要はありません。他人のことは気にせず、自分に合う方法で勉強しましょう。

パート 3
事前準備をする

  1. 1
    予定を守る 授業では様々な予定や期限を書き留めておくことが大切です。 [10]先生が来週の金曜日にテストがあると言えば、それを書き留めましょう。そしてそのメモをテストの日まで毎日見えるところに置いておきましょう。このように書き留めておくことで、テストの予定や宿題の提出日が頭にも残ります。
    • 学校や試験の予定をきちんと管理すると、後々焦ることもなく落ち着いて勉強を進められます。
    • その予定表を毎日利用し、机に向かう度に見ることが大切です。
  2. 2
    勉強する時間をあらかじめ決めておく 一日のうちで脳が活発に働く時間帯は人それぞれ異なります。色々なタイミングを試し、自分が最も集中して成果を上げられる時間帯を見つけましょう。学生であれば、帰宅後に少し休憩をとってから勉強する人が多いでしょう。おやつを食べて軽く休憩し、勉強を始めましょう。午後のうちに勉強が終われば、夜はゆっくりと過ごせます。[11]
    • 夜に勉強する方が効果的だと感じる人もいれば、早朝に頭が冴えるという人もいます。いずれも個々のスケジュールや習慣による違いです。
    • スポーツや部活動を行っている人は、勉強する時間帯を慎重に選ぶ必要があります。激しい練習の後には勉強をサボってしまいがちです。気をつけましょう。
  3. 3
    勉強に最適な空間を作る 勉強するためには、十分な大きさの机(テーブル)と照明が必要です。音楽やテレビの音、携帯電話があった方が勉強がはかどると主張する人もいますが、こうしたものはすべて集中力を低下させます。静かな環境ではどうしても勉強できないという人は、歌入りの音楽ではなく、アンビエント音楽(リラックス効果のあるゆったりとした音楽)を聴きましょう。
    • ベッドに寝転がりながら教科書を読むのはやめましょう。眠くなってしまいます。
    • 自宅以外の場所で勉強すると集中力が上がることもあります。環境を変えることで記憶力が向上します。[12]近所のカフェや図書館など、好みの場所で勉強してみましょう。
  4. 4
    グループで勉強する 勉強会に参加する人も多くいます。勉強会といっても全く堅苦しくなく、多くの場合は非常に効果的です。勉強はたった一人で孤独に勝ち抜きながらしなければならないものではありません。人との関わりも大切です。他の参加者が自分より優秀に思えても、ぜひ参加してみましょう。きっと何かしらの形でその勉強会に貢献できるはずです。
    • 勉強会に参加して試験対策をした人では、試験での合格率が高いという研究結果があります。
  5. 5
    自分の勉強スタイルを見つける 一般的に人の学び方は視覚、聴覚、 感覚の3つのタイプに分かれます。視覚タイプであればノートにマーカーを入れるなどするのが効果的でしょう。聴覚タイプは、学習内容に関連する歌を作ってみると効果的かもしれません。感覚タイプの人は、身振り手振りを使いながら勉強してみると良いでしょう。
    • 自分に向いている勉強スタイルを見つけることは大変重要です。自分に合った方法で勉強しなければ、せっかく勉強した内容も十分に頭に残りません。
    • 少なくとも1日に2時間半は勉強する必要があります。

パート 4
精神状態を整える

  1. 1
    意識を集中する 授業中は学習に集中するべきであり、ふざける時間ではないことを心得ましょう。席が決まっていないのであれば一番前に座り、授業中ふざけてばかりいるクラスメートの近くは避けましょう。このような心掛けにより、勉強への集中力が高まります。[13]
  2. 2
    問題や科目を変える 長時間にわたって同じ問題に取り組むと、かえって非効率的になることがあります。もちろんそれでも成果を出せるのであれば、素晴らしいことです。しかし別の問題や科目に切り替えると、新鮮な感覚で勉強に集中できます。[14]
  3. 3
    今しかない 誘惑だらけの現代において、勉強に集中することはとても大変かもしれません。勉強がはかどらないと感じ始めた時は、やるなら今しかないと自分に言い聞かせ、再びゆっくりと気持ちを勉強に集中させましょう。まやかしに聞こえるかもしれませんが、このように言い聞かせることによって集中力が上がる場合があります。もちろん効果のほどは人それぞれです。[15]
    • 癒し効果を高めるには、目をつむり、深呼吸をして言い聞かせましょう。

ポイント

  • 携帯電話の電源を切りましょう。
  • 授業中は常に先生の話に集中し、わからないことがあれば質問しましょう。
  • 重要ポイントを押さえて効率的に学習するには、教科書やノートの大事な部分に線やマーカーを引きましょう。
  • 教科書の中でわからないことがあれば、勉強を始める前に人に聞いておきましょう。
  • 先生の話をきちんと聞けば、必要なことの約60%は理解できると言われています。授業をよく聞くことはとても大切です。
  • 参考書を利用して、さらなる知識を得ましょう。
  • ノートに何かを書き入れる際はしっかりと集中して、内容を一つひとつ理解しながら書き込みましょう。
  • 勉強の邪魔になるものは意識的に避けましょう。
  • 歌詞の無い、ゆったりとした優しい音楽を聴きましょう。
  • 単語カードなどを利用した勉強法はとても効果的です。短期間で多くのことを学べます。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 学校・大学 | ティーン

他言語版:

English: Study Well, Español: aprender a estudiar, Deutsch: Gut lernen, Português: Estudar Melhor, Italiano: Studiare Bene, Français: bien étudier, Русский: хорошо учиться, Nederlands: Goed studeren, Bahasa Indonesia: Belajar dengan Baik, 中文: 学得好, العربية: الاستذكار الجيد, Tiếng Việt: Học có hiệu quả, ไทย: อ่านหนังสือทบทวนอย่างมีประสิทธิภาพ, 한국어: 공부 잘 하는 방법

このページは 1,004 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?