中学校で人気者になる方法

中学生になると身体的、肉体的な変化に直面し、周りからどう思われているかも気になってくるため、誰にとっても学校生活が難しく厳しい時期です。そんな時でも人気者になりたいと思うなら、勇気を持って挑みましょう。それ程大変なことではないかもしれません。みんなによく知ってもらい、誰に対しても親しみやすく接し、自分自信に正直でありながら、最高の自分を保てるように努力すれば夢は叶うでしょう。

パート 1 の 3:
自分を知ってもらう

  1. 1
    勇気を出して一歩踏み出す  人気者になるには人に自分の存在に気づかせ、友達になりたいと思わせることが一番の鍵です。そのためには、勇気を出して自分をさらけ出しましょう。校内移動は常に1人で、いつも次の授業を心配し、体育の授業中ずっとしかめ面をしていれば、誰からも好印象をもたれず、友達になりたいとも思ってもらえません。友達になりたいと思ってもらいたいなら、常に大声で笑い愉快に振る舞いましょう。そんな明るいあなたを見れば、人はたちまち興味を抱き仲良くなりたいと思うでしょう。[1]
    • 友だちと過ごす時には、笑顔を見せ少し頑張って楽しく愉快に振る舞いましょう。中学校生活を楽しんでいることを知ってもらえます。
    • 1人の時でも人には笑顔を向け、明るく前向きなエネルギーを発しましょう。人はあなたについて深く知りたいと思うでしょう。
  2. 2
    正当な理由で自分を目立たせる ピンクのモヒカン頭や水着を着て登校すれば確実に目立ちますが、そのような目立ち方を目指してはいけません。正当な方法で自分を目立たせましょう。周囲に自分をよりよく知ってもらい、あなたの名前を聞いてみんなが好感を示してくれるように努めましょう。次に自分を知ってもらう方法をいくつか紹介します。
    • ギターが弾ける子だと思ってもらえるように常にギターを持ち歩きましょう。
    • 笑い声を聞いてすぐに自分だと分かってもらえるように、常に明るく大声で笑いましょう。
    • 超かっこいいファッションで自分を目立たせませしょう。おしゃれの最先端を先取りした装いやロックシンガーのようなスタイルで登校してはどうでしょうか。
    • 独特の低音ハスキーヴォイスや風変わりな癖などがあれば隠さずにさらけ出しましょう。すぐにあなただと分かってもらえるでしょう。自分を特別にさせる特徴を最大限に利用すれば目立つはずです。
  3. 3
    スポーツチームに参加する チームに参加すれば運動ができ幸福感が得られるだけでなく、新しい人とも出会えるため、自分自身を知ってもらう絶好のチャンスです。チームに参加するとは言っても、花形選手を目指す必要はありません。放課後、体を動かして仲間と楽しい時間を過ごすだけで十分です。学校のチームに参加するのが簡単でしょうが、学校の運動会で活躍するのも良いでしょう。少なくとも1つのスポーツに勤しめば、色々な興味を持つ人たちと出会う可能性が高まります。
    • スポーツ好きになるか、今後もスポーツを続けて行きたいと思うかは別として、中学校で1年間スポーツを続ければ友達がたくさんでき、交流の輪も広がる可能性が高くなります。
    • スポーツを通してチームワークはもちろん、様々な才能や性格を持つ人たちとの接し方も学べます。ひいては、日常生活での人との関わり方のヒントを得ることができるため、人気者になりたいなら非常に効果的です。
  4. 4
    クラブ活動に参加する クラブに入会すると色々な人に出会えます。積極的に色々な活動に参加して、自分の好きなことを追求し魅力的な中学生になりましょう。討論クラブ、フランス語のクラブ、模擬国連、その他あらゆる活動の中から自分が気にかけていることを選んで参加しましょう。入会したらリーダーになり、クラブの改善に取り組みながら色々な人たちと積極的に知り会いましょう。
    • クラブ活動に参加するのをかっこ悪い、またはオタク的だと思ってはいけません。高校に入ってようやくクラブで活動することのかっこ良さに気づき、入会する生徒がたくさんいます。中学生のうちにクラブ活動に参加すれば人の先を行くことができます。
    • 時間が許せばスポーツクラブにも参加しましょう。交流の輪が更に広がります。クラブ活動では会えない人たちに出会えるでしょう。
  5. 5
    色々な関心を持つ たくさんの活動を行えば、より多くの人と知り合いになれます。より多くの人と知り合いになれば、自分を知る人も増え、あなたの名前を聞いて「その子誰?」とポカンとした表情をする人もいなくなるでしょう。サッカーをしたり演劇クラブで活動したり、図書館で補佐役を務めたりしましょう。面白いと思うことは何でも挑戦し、新しい人との出会いを大いに楽しみましょう。
    • 1つの興味しか追求しなければそれに興味ある人としか出会えません。人気者になるには、色々なタイプの人を喜ばせるスキルが重要です。
  6. 6
    授業中に発言する 授業中積極的に発言するのはかっこ悪いと思うかもしれません。後ろの方で他の生徒とおしゃべりをしたり、他にすることがある振りをしている方がかっこいいと思っているとしたら、そのような考えは改めましょう。先生の話を積極的に聴き自分の意見を述べ宿題もきちんと行えば、理に叶った話ができる人だと認められるでしょう。先生のお気に入りになる必要はありませんが、授業中はできるだけ発言をして、自分の存在また意見を他の生徒に理解してもらいましょう。
    • 発言する時には知ったかぶりは避けましょう。先生の質問には敬意を持って答え、広い心で色々な考え方を受け入れましょう。
    広告

パート 2 の 3:
友達をたくさん作る

  1. 1
    誰に対しても親しみやすく接する 人気者になりたいなら、たとえ恥ずかしがり屋でも社交的になれるように努力しなければなりません。ただ誰とでも打ち解けられるようにと個性を変える必要はありません。例えば、「学校での自分の地位」を上げる手助けはしてくれないだろうなと思う人のご機嫌を取ろうと自分を曲げる必要はありません。最悪なのは、自分を人気者にしてくれそうな人とだけ話をして地位を獲得しようとすることです。そんな人になってはいけません。時間をかけて出会う人全員に好意的に接しましょう。後で必ず報われます。
    • 知っている人を見かけて忙しそうでなければ、笑顔を向けたり手を振ったりして挨拶しましょう。親切にするために相手とたくさんの共通点を持つ必要はありません。
    • 米国の学園コメディ番組「Mean Girls(ミーン・ガールズ)」に出てくる女の子がよく行う意地悪行為はかっこよくありません。映画やテレビの世界では上手く行くかもしれませんが、意地悪な態度をとり続ければいつか痛い目にあいます。
    • 親切心と敬意を持って人に接しましょう。「親切にしたら誕生日パーティーに招待されるかもしれない」などと期待を抱かずに、見返りを気にせずに人に優しく接し、頼みごとも聞いてあげましょう。
  2. 2
    人に興味を示す 人気者になりたいなら、自分に好感を持っている、いないに関わらず周りの人全員を気にかけていることを態度で示しましょう。知り合いや友達を見かけたら足を止めて近況を尋ねたり、趣味や興味ごと、家族、学校以外で掲げている目標などを尋ねて、相手に興味を持っていることを示しましょう。
    • 人とすれ違ったら「どう、楽しく過ごしてる?」「週末楽しいことを計画してる?」などと声をかけましょう。相手は、自分のことを気遣ってくれていると思い嬉しくなるでしょう。
    • 自分が話すのと同じくらい人の話を聴きましょう。最近の楽しい出来事など自分のことばかり話していると相手はすぐに興味を無くします。
    • 色々な事柄について人の意見を聞きましょう。学食のデザートの良し悪しを尋ねたり、どのクラブに入部すべきかについてアドバイスを求めたりすれば、人の意見を尊重する姿勢を示せます。
  3. 3
    色々なグループの子たちと友達になる 人気者になりたいなら、人気のある子だけではなく他の子たちとも友達になりましょう。一緒にいると自分がかっこよく見える特定の子とばかり話していると高校生になった時に辛い思いをするでしょう。新しい人たちが大勢集まってくる場所で、ほんの一握りの人しか知らなければ惨めな気持ちになります。近所の優しい女の子、ロッカーが隣の男の子など誰とでも友達になれるように努めましょう。
    • 出会う人全員と親友になる必要はありません。一緒にいて楽しく興味深い子、自慢せずに色々なことを教えてくれる子を見つけて友達になりましょう。
  4. 4
    世間話をマスターする 世間話は決して無意味ではありません。マスターできれば会話上手になれ、相手の気分を良くした上で深い話やより面白い話に移ることができます。世間話は、人に気軽に自分の近況を話すという至って簡単なものです。小さな事柄を取り上げて質問すれば意味のある会話に繋がる可能性もあり、相手が心を開いてくれるかもしれません。次に世間話の仕方をいくつか紹介しましょう。
    • 「映画の『ワールド・ウォーZ』見た?狂気の沙汰だと思ったよ。君(あなた)はどう思った?」
    • 「この間の数学のテスト超難しかったと思わない?この週末ずっとテスト勉強してたけど、半分も答えられなかったよ。君(あなた)はどうだった?週末はテスト勉強よりも何か楽しいことした?」
    • 「大事な試合があったんだよね。どうだった?ごめん僕(私)見に行けなかったんだ」
    • 単に「イエス」か「ノー」だけで答えられる質問は避けましょう。話を広げられる質問を考えましょう。一言だけで片付けられてしまっては、次に何を話そうかと迷ってしまいます。
  5. 5
    人を笑わせる 社交的で人気者になるには人を笑わせるスキルが重要です。抵抗なくクラスのお調子者になれるなら、積極的にそうしましょう。鋭いウィットで人を感動させたいなら、それも素晴らしいことです。また人をからかい、大笑いさせることに長けているなら、それがあなたの得意技になるでしょう。可笑しくもないユーモアで人を強制的に笑わせようとしてはいけません。自分の長所を最大限に活かして人を笑わせましょう。
    • どんな時に人が大笑いするのかを確かめましょう。自分のどんな言動が人を笑わせるのかを覚えておき、別の機会に同じようなことをもう一度試しましょう。
  6. 6
    自分をネタにして笑う 自分をネタに笑うことができれば社交的で一緒にいて楽しい人間になることができ、人気者としての知名度も増すでしょう。人は一般的に「人気者は、『自分は完璧だ。間違いなど犯さない』と思っているに違いない」と考えます。ですから自意識過剰にならずに自分をネタに笑える自然な振る舞いは他人にはとても新鮮に映ります。自分を卑下する必要はありませんが、自分のことを笑えるようになると良いでしょう。自分の弱点や心配事を取り上げて笑ってみましょう。自分に満足している人間だと示せます。
    • 完璧な人はいません。日常会話で自分をネタに笑うことができれば、人はあなたの素晴らしさを再認識するでしょう。
    • 自分を笑えず、人にからかわれると本気で怒るようでは、冗談の通じないつまらない人だと思われ、人から避けられてしまうでしょう。
    広告

パート 3 の 3:
最高の自分になる

  1. 1
    外見に気をつかう 注目を集めて人気者になりたいからと、メイクの重ね塗りをしたり流行のシューズやジーンズを履いたりする必要はありませんが、身だしなみには気をつけましょう。きれいに洗濯された服を選び、体や顔も毎日洗って清潔さを保っていれば人は好印象を抱きます。また、きちんとした格好でいれば自分も気分が良くなります。
    • 特別したいと思っているわけではないのに友達がしているからとメイクをする必要はありません。自然な美しさはアイシャドウやリップグロスで繕った美しさよりも遥かに好印象です。
  2. 2
    自信を持つ 一晩で自信をつけることは不可能ですが、自信を持てるように努力することはできます。自分自身に、また自分の行動や外見に満足できるように努力しましょう。欠点ではなく自分の長所に焦点を合わせましょう。どんな場所や会合に行く時でも、「ここに参加する権利がある」という態度で、正々堂々と振舞いましょう。最初は難しいかもしれませんが、できるようになるまでできる振りをしましょう。自信がなくても自信あるように振る舞えば、人はいつかあなたに敬意を払うようになるでしょう。[2]
    • 自信のある人という印象のボディーランゲージを使いましょう。下を向いては行けません。背筋を伸ばし胸を開き肩を大きく横に広げてまっすぐ前を見ましょう。
    • 人と話す時にはアイコンタクトをとりましょう。誰とでも堂々と話せる姿を示せます。
    • 自分を卑下してはいけません。注意を引こうとして、若しくは単に話を面白くしようとして自嘲的な態度をとれば、自分を大切にできない人だという印象を与えます。
  3. 3
    独自性を持つ 注目されたいなら、外見でも人生観でも独自性を大切にしましょう。「変人」になったり違和感があるのに敢えて人と異なる態度をとったりする必要はありません。一風変わった癖や考え方、自分の行動パターンを受け入れましょう。人の真似をせず、徹底して独自性にこだわっているあなたに人は注目するでしょう。
    • 周囲に溶け込みたいからとみんなと同じ格好をするのは避けましょう。自分の個性にあったスタイルを選びましょう。
    • 人気者になりたいからとみんなが好きな音楽を好きになる必要もありません。自分が本当に好きな音楽を見つけて友達に紹介すれば、更に敬意を持ってもらえます。
    • クラスのみんなと違う意見でも堂々と発言しましょう。その独特な考え方を聞いて人はあなたの存在に改めて気づきます。
  4. 4
    特定の分野で才能を見せる 自分の素晴らしさを理解してもらい、且つ自分自身も幸せな気持ちになるには特定の分野で才能を発揮するのが最も簡単です。例えば、国語の授業で鋭い洞察力を発揮して物事の真実をつく、これまで学校で誰も見たことがない最高のゴールキーパーになるなどが挙げられるでしょう。あることに拘るのを「かっこ悪い」と思ってはいけません。自分の好きなことを認め受け入れ、その分野で更に才能を高められるように努力しましょう。いつか報われる時が来ます。
    • 得意なことがあると、人に気づいてもらえるだけでなく人格も高められます。
    • 本当に大切だと思うことに没頭すれば、人の意見など気にならなくなります。また得意なことを磨き続けて行く過程で新しい友達も作れるでしょう。
    • ある分野で優れた才能を発揮できるとハツラツとした人になれるだけでなく、話しても面白い人になれます。自分の好きなことを純粋に話すあなたを見て人は一層好感を持つでしょう。ただし、自慢話にしてしまうと一気に印象が悪くなるため注意しましょう。
  5. 5
    他人の考えを気にしない 人は中学生活の大半を誰かの噂話や、自分がどう見られているかを気にしながら過ごすため、他人の意見や考え方を気にしないで行動するのは大変難しいことです。身体的、精神的成長過程で他人の意見が気になるのは当然です。また自分がどういう人間かが理解できず、自分の居場所が掴めない時期です。
    • 不安を感じたり、自分がどう思われているかを気にしたりするのは自分だけではないと気づけば、少しは楽になり人の意見が気にならなくなるでしょう。
    • 幸せな気持ちになれることだけに焦点を当てましょう。こんなことをしたら笑われるのではないか、などと不安を抱く必要はありません。
    • これをしたらもっと人気者になれるだろうと、他人の視点で物事を考え行動していると満足した人生は決して送れません。
    • どんな場所でも、背筋を伸ばしプライドを持って行動しましょう。数秒ごとに自分の姿を確かめたり、服をいじったり自分の外見について他人がどう思うかなどと推し量ったりするのは止めましょう。
  6. 6
    まだ中学生であることを認識する 高校生になったら中学での人気は全く意味がありません。実際に、高校生以上になると人は「人気ある人」の典型的な行動パターンに辟易するため、人気者は嫌われます。人気者の地位は中学生の間しか続きません。短命に終わる人気を気にする必要はありません。ただ、人には親切に接し自分にとって意味のある人と友達になりましょう。人気者になったところで、本当は誰からも好かれていないのであれば何の意味があるでしょうか。まだ中学生です。人気者になる、ならないは、これから待ち受ける様々な試練に比べれば大したことはありません。
    • 実際、中学時代に「人気のない」子が大人になって成功するという調査結果があります。今人気があると思えなくても、これからが上り坂だと考えましょう。今人気のある人たちは、すでに人生のピークに達しています。[3]
    広告

ポイント

  • 同性の人たちとばかり仲良くするのではなく、異性の友達も作りましょう。
  • 新しい友人を1人作れば、そこから友達の輪が広がります。人脈を構築してより多くの人と知り合いになりましょう。
  • 意地悪な人を相手にしてはいけません。彼らに自分の貴重な時間を割く価値などありません。「彼らの意見など取るに足らない」という態度を示せば、彼らは「この上ない悔しさ」を感じるでしょう。
  • 学校で流行っているものに独自性を加えましょう。自分のオリジナルのスタイルを加味して流行を作ってみましょう。誰も人真似を好みません。
  • 人気者になるために人気グループの一員になる必要はありません。スポーツ万能でもチアリーダーであっても、それだけで必ずしも人気者になれるとは限りません。人気グループの一員として人気があるだけの人もいます。
  • 友達や先生、大人など周囲の人に意地悪をしてはいけません。意地悪やいじめをすれば、自身の評価が下がり関心を持ってもらえなくなります。失礼なことを言われても逆上せずに冷静に対処しましょう。相手を侮辱せずに軽妙で機転の効いた返答をしましょう。
  • 自分の顔形や体つきを理解していると洋服やヘアスタイルを選ぶのが楽になります。
  • 教室の後ろの方で1人で授業を受けている子がいたら、ランチに誘って一緒に食べましょう。
  • 得意なことはどんどん実践して、より上手になりましょう。たくさんの物事に挑戦しましょう。1人の友人とばかり仲良くするのは避けましょう。
  • 非凡な才能があるなら、隠さずに披露しましょう。ただし、自慢し過ぎれば嫌われてしまいます。

広告

注意事項

  • 人気者になることだけに拘ってはいけません。根本的に自分自身を変えることはできません。あるがままの自分を受け入れ満足しましょう。なりたい自分に取り憑かれてはいけません。
  • 人を侮辱する言葉を使ってはいけません。人を平気で見下す人だと思われます。冷静に振る舞いましょう。
  • 仲間の圧力に屈し薬物やアルコールなどに手を出してはいけません。相手と同じ振る舞いや、行うべきではないと分かっている物事を強要する人を友達にしてはいけません、
  • 人の人格をけなしてはいけません。噂はすぐに広まります。誰も意地悪な人と友達になろうとは思いません。
  • 人気者になりたいからと古い友達を見捨ててはいけません。彼らと時々話をしたり一緒に出かけたりすれば、その友情は永遠に続くでしょう。人気者は、良い時だけは友達付き合いをしてくれるでしょうが、ずっと側にいるとは限りません。
    • 誰かからのいじめがずっと続くようなら、親、学校の先生、校内カウンセラーなど信頼できる大人に相談しましょう。他人に対して横柄な態度をとったり悪い噂を広めたり、他人を精神的肉体的に傷つけたりする権利は誰にもありません。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む364人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 学校・大学
このページは 182 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告