乾燥肌の顔のスキンケア方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:洗顔・角質ケア効果的な保湿肌の健康維持

顔の肌乾燥に悩んでいる方は、これまでにできることは全部試したと思っていることでしょう。ありとあらゆる超乾燥肌向け化粧水やクリーム、オイルなどをたっぷりつけても、まだ顔が乾燥してカサカサしていませんか。顔のスキンケアにはいくつかの過程があります。乾燥肌に合うように、洗顔、角質ケア、保湿などの毎日のスキンケアを見直しましょう。以下の乾燥肌向けスキンケアを取り入れ、乾燥肌の悩みを解決して、健康的で生き生きとした輝く肌をもう一度手に入れましょう。

パート 1
洗顔・角質ケア

  1. 1
    水(ぬるま湯)だけで洗顔してみましょう。スキンケアにありがちな大きな誤りは、洗浄力の強い洗顔料を使うことです。乾燥肌の場合、皮膚が剥がれ落ちるのを防ぐための油分が十分に生成されません。そこへ強い洗顔料を使用すると、肌が生成する油分を落として問題をさらに悪化させます。どんな種類であれ洗顔料を使わないで、(化粧していない場合は特に)水だけで洗ってみましょう。
    • 熱湯は肌を乾燥させるので、熱いお湯ではなく、ぬるま湯で洗います。洗顔クロスをぬるま湯で濡らし、顔全体を優しく拭きましょう。次に、清潔な柔らかいタオルで顔を押さえて水分を取りましょう。
    • 洗顔料に保湿成分入りと書いてあっても、肌を乾燥させる成分が含まれている可能性があります。表示を見て成分を確認しましょう。硫酸塩、アルコール類、サリチル酸などが含まれている場合は、顔に使わないようにしましょう。
  2. 2
    オイルクレンジング洗顔をしてみましょう。水だけ洗顔ではきれいにならない場合、夜の洗顔にはオイルクレンジングが最適です。肌を乾燥させずに、化粧、ほこり、汗を落とすことができます。肌の洗浄にオイルを使うとは、一見逆のようですが、実際はオイルが汚れの油分を引き寄せ、低刺激性の洗顔料の役目を果たします。この洗顔方法はどの肌質にも有効なので、ニキビに悩む友達がいたら教えてあげましょう。
    • 最初に自分の肌質に合うブレンドオイルを作ります。ホホバオイル、アルガンオイル、アーモンドオイルは保湿力が高く、このブレンドオイルは超乾燥肌にかなり効果があり、乾燥を防ぎます。オイリーな箇所があれば、ひまし油を少々加えましょう。
    • 顔をぬるま湯で濡らし、次にブレンドオイルを指で顔にまんべんなく塗ります。これはウォータープルーフのアイメイク落としにも使えます。
    • 洗顔クロスをぬるま湯で濡らして、オイルを優しく拭き取ります。円を描くようにして拭き取ります。クロスを頻繁に洗いながら、オイルを完全に拭き取りましょう。
    • 顔に化粧が残っているようなら、繰り返しましょう。
    • 顔をゆるま湯で洗い流し、柔らかいタオルで押さえて水分を取ります。
  3. 3
    週に2、3回顔の角質ケアをしましょう。実は、死んだ肌細胞が積み重なり、それが剥がれ始めた状態が乾燥肌です。この死んだ乾燥肌の層を週2、3回取り除くことで、下にある新しい健康な皮膚が表面に出ます。以下の方法のいずれかで角質ケアをしましょう。
    • スクラブ剤を使います。スクラブ剤は蜂蜜大さじ1とオートミール粉小さじ1を混ぜて作ります。これで乾燥した部分を円を描くように擦って、あとは洗い流すだけです。
    • スクラブでは除去できないほど角質がある場合は、グリコール酸やアルファヒドロキシ酸(AHA)を使ってみましょう。これらの酸は果物や砂糖から抽出されており、死んだ肌細胞を除去しながら、その下の皮膚を強くします。
    • 角質ケアをする際は、肌をブラシやクロスで擦ったり、洗浄力の強いボディ用スクラブ剤を使ってはいけません。肌が傷ついて弱くなります。

パート 2
効果的な保湿

  1. 1
    朝に保湿しましょう。夜に顔に保湿クリームを塗ることの是非については、見解が分かれています。顔の肌細胞は夜間に再生するので、顔にクリームをつけると、健康な細胞の自然な再生を妨げるという研究もあります。しかし、朝に保湿をするのは良い考えです。日中、肌を乾燥させる汚染物質やほこり、乾燥した空気、熱風その他から顔を保護します。ぬるま湯で濡らした洗顔クロスで顔を拭いたあと、保湿剤をつけましょう。
  2. 2
    アルコール(エタノール)が入っている保湿剤は避けましょう。市販の保湿剤は種類がとても多いので、自分の顔に最適のものを選ぶのは難しいかもしれません。良いものと悪いものを見分ける簡単な方法は、成分にアルコールが含まれているかを調べることです。アルコールは肌を乾燥させるので、特に乾燥肌の場合は顔に使ってはいけません。また、保湿剤の成分表に「~アルコール」、「~エタノール」とつく成分があれば、その製品は避けましょう。
    • オイルとラノリンの混合物による天然の保湿剤を求めましょう。これらの成分は肌を保護し、乾燥を防ぎます。
    • 肌がとても乾燥している日は、ピュア・アルガンオイルやココナッツオイルを使ってみましょう。未精製ココナッツオイルは、精製されたものよりも肌に良いので、こちらを選びましょう。
  3. 3
    高保湿トリートメントをしましょう。週1回ほど顔に高保湿マスクをして肌の再生力を高めます。天然成分のマスクを作って顔にまんべんなく塗り、15分経ったらぬるま湯で洗い流します。以下の成分を組み合わせてみましょう。
    • オリーブオイル大さじ1、蜂蜜大さじ1、潰したバナナ1本、
    • ココナッツオイル大さじ1、蜂蜜大さじ1、潰したアボカド1個
    • グレープジードオイル大さじ1、蜂蜜大さじ1、牛乳大さじ11
  4. 4
    外出時にはココナッツオイルで保湿しましょう。外出時にはいつも小さな容器にココナッツオイルを入れて携帯しましょう。肌がかさついてきたら、そこに少量のオイルをつけます。すると、肌が滑らかで健康に見えます。ココナッツオイルは唇の乾燥やひび割れにも有効です。
  5. 5
    寝室で加湿器を使いましょう。家の空気が乾燥していたら、それも乾燥肌の原因かもしれません。就寝中の肌の潤いを保つために、寝室に加湿器を置きましょう。この方法は冬、暖房器具によって室内の空気が極度に乾燥するときに特に効果があります。

パート 3
肌の健康維持

  1. 1
    化粧のやり方を見直しましょう。化粧品の成分が原因で乾燥肌が進んでいる場合があります。化粧しないのが一番ですが、そういうわけにもいかないならば、アルコールなどの刺激の強い成分を含まない、油性化粧品に換えてみましょう。ココナッツオイル、シアバター、アーモンドオイル、蜜蝋などの天然成分でできた化粧品を求めましょう。これらの成分は肌を乾燥させず、栄養を与えます。
  2. 2
    顔を日光から守りましょう。日光は肌を乾燥させます。肌の健康な輝きが失われ、カサカサになって剥がれ始めます。適度の日光は健康に良いものですが、日焼けを防ぐことが大切です。しかし、乾燥肌の場合は日焼け止めの成分に気をつけなければいけません。アルコールなどの化学物質は肌を乾燥させるので、天然物質のみの日焼け止めを求めましょう。
    • 日焼け止めの代わりに帽子をかぶる、あるいはいっそ両方使いましょう。帽子は昔ながらの方法ですが、確実に日除けになります。
    • 日光を浴びたあとはただちにアロエなどの高保湿剤で肌を保湿しましょう。
  3. 3
    体の内側から健康になりましょう。摂取したものは肌の健康に大きな影響を与えます。潤いのある健康で輝く肌が欲しければ、以下の良い習慣を取り入れましょう。顔の肌の状態が改善するだけでなく、全身が健康になるでしょう。
    • 水を大量に飲みましょう。脱水状態は肌に表れます。
    • ビタミンの豊富な食物、特にオメガ3脂肪酸などの体に良い脂肪を摂りましょう。これらは魚、魚油、アボカド、ナッツ類に含まれています。
    • 喫煙、大量のアルコール、禁止薬物はいけません。タバコやアルコール、薬物は肌に大きな影響を与えます。これらを摂取すると、肌が乾燥して実年齢より老けて見えます。健康な肌のために、止めましょう。

ポイント

  • スクラブで強く擦らないようにしましょう。肌の状態が悪化する場合があります。
  • 敏感肌の場合、細かい顆粒状のスクラブを使いましょう。
  • 尿の色が濃い黄色になると脱水症状だと言えます。
  • 体の水分が十分なときは、尿の色は薄くなります。
  • 肌を乾燥させる製品を多く使わないようにしましょう。
  • ココナッツオイルを多く使い過ぎないようにしましょう。オイルを塗れば塗るほど、肌自体の生成する油分が減少します。その結果、乾燥が当初よりひどくなる可能性があります。

注意事項

  • 乾燥防止のために日焼け止めを忘れないようにしましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Treat Dry Facial Skin, Español: tratar la piel seca de la cara, Italiano: Trattare la Pelle Secca del Viso, Русский: лечить сухую кожу лица, Deutsch: Trockene Gesichtshaut behandeln, Français: bien hydrater son visage pour avoir une belle peau, Bahasa Indonesia: Mengatasi Kulit Wajah Kering, Čeština: Jak pečovat o suchou pleť obličeje, 中文: 治疗干燥的脸部肌肤, Nederlands: Een droge gezichtshuid behandelen, ไทย: ดูแลรักษาผิวหน้าที่แห้ง, العربية: التعامل مع بشرة الوجه الجافة

このページは 556 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?