事業を始める方法

この記事の内容 事業アイデアを練る 事業計画を練る マーケティング計画を練る さらに4項目を表示 項目を隠す 関連記事 参照

事業の経営にはストレスが多いものの、キャリアにおいても人生においても良い選択肢です。経営には時間と集中力が要求されます。事業を立ち上げるにあたって、軌道に乗るまでは仕事に専念する覚悟が必要です。事業の始め方に関しては様々な意見がありますが、下記に基礎的な考え方とガイドラインをご紹介します。

パート 1
事業アイデアを練る

  1. 1
    アイデアを思いつく 何をするよりも先に、事業アイデアが必要となります。より鮮明なイメージを持つために市場調査を実施してもよいでしょう。新しく事業を始めるには多くの時間と費用が必要なため、あなたが情熱を持てるものを選択すべきです。
    • 近隣地域やインターネットでは販売されていない、人々が必要とし、買いたいと思う商品、または他の人より優れた商品やサービスを提供する事業のアイデアを考えましょう。
  2. 2
    実現可能性を考える さらに計画を進める前に、思いついたアイデアの実現可能性を考えてみましょう。人々はそれにお金を支払いますか?費やす時間に値するだけの利益を生み出しますか?また、その計画の実行が可能であることを確信する必要があります。画面から食べ物を出してくれる魔法のコンピュータがあれば便利ですが、実現は不可能でしょう(あなたがスター・トレックのパトリック・スチュワートなら別ですが)。
  3. 3
    独自性を持つ どんな事業アイデアであろうと、ユニークであるに越したことはありません。独自性があれば競争に打ち勝つことができ、事業の成功確率が高まります。既存の製品に小さな変更を加える(赤いお菓子を青くするなど)だけでは事業を起こすには十分ではありません。独自性を突き詰めましょう!

パート 2
事業計画を練る

  1. 1
    運転資金を見積もる 投資家にプレゼンするためにはしっかりとした事業計画が必要となりますが、手始めに運転資金を見積もることから着手してみましょう。これにより製品もしくはサービスを製造・提供するのに必要な資金が判明します。運転資金には製造費、配送費、税金、人件費、オフィス賃料などが含まれます。[1]
    • 事業の成功を考えるうえで、運転資金額を知ることは重要です。事業を継続するには、この運転資金額を上回る売上を上げる必要があるためです。
  2. 2
    潜在市場を定義する 現実的に考えてみましょう。何人があなたの事業の顧客になりますか?顧客はあなたのサービスにいくら払いますか?事業を維持するのに必要な費用に対して、これらの数字が小さすぎる場合は、事業計画を練り直すもしくは変更する必要があります。
  3. 3
    障害を究明する 事業を行ううえで起こり得る全ての問題に備えておく必要があります。
    • 競合を調査しましょう。競合の市場シェアや提供製品が強力かつ安定している場合、その市場に参入するのはかなり厳しい戦いになるでしょう。すでにある完璧な製品やサービスを、同じ価格もしくはそれより高い値段で買おうとは誰も思わないからです。
    • 関連する法律や規制の調査を怠らないようにしましょう。とくに税金に関する事項は大切です。国税庁や管軸の各自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。[2]
    • 設備費などのが費用が高すぎるため利益を出せない、などの問題がないかを確認しましょう。例えば、フォードが効率的な生産体制を確立し、価格を抑えることに成功するまで自動車は世の中に普及しませんでした。

パート 3
マーケティング計画を練る

  1. 1
    予算を組む 必要な資金について大体の目安がついたら、広告に使える費用を算出し、マーケティングの予算を組んでみましょう。
  2. 2
    予算内で収める工夫をする 予算が判明したら、マーケティング手法ごとに必要となる費用を調べ、予算内で顧客を集めるのに最も適していて、効果的な施策を考えましょう。もしマーケティングに多額の予算を投入できるなら、コマーシャルを撮影することも可能です。ほとんど予算を投入できない場合は、SNSをうまく利用する施策を考えましょう。 低予算でも高い効果を狙うことができます。
  3. 3
    マーケティングを実施するタイミングと場所を決める 実施するマーケティング手法が決まったら、広告を出すうえで最も効果的な場所や、ターゲットに届けるうえで一番良いと思われる時間帯や月、年について考えてみましょう。
    • あなたの製品やサービスに興味を持ってくれそうなターゲットに適したマーケティング手法を選びましょう。55歳以上限定のクルーズ客船のマーケティングのように、SNSが使っても意味がないケースもあります。 一方で、新しくできたダンスクラブの広告を出す場合には、新聞広告がベストな手法とは言えないでしょう。またシカゴでしか実施していない事業の広告をシアトルで打つ、といったことも無意味です。適した場所を選びましょう。
    • 季節に左右されるサービスの場合は、年間を通して広告を出すのにベストな時期を見定めましょう。またTVに広告を打つ場合も、狙った人たちに見てもらえるよう、放送するタイミングを調整する必要があります。

パート 4
資金を調達する

  1. 1
    銀行と話す すでに良好な関係にある銀行に相談してみましょう。どんな種類の事業融資を実施しているか、そしてそれらはあなたの事業にどれくらい恩恵をもたしてくれるかを尋ねましょう。既に利用している銀行に行くことで、銀行側はあなたの通帳の記録を参照することができ、より確信を持ったうえで融資してくれます。
  2. 2
    地元の投資家とつながる 銀行融資だけでは充分な資金が集まらない場合は、地元の投資家を調べてみましょう。あなたの成功を確信してくれる、地方の有力者や資産家がいるはずです。あなたを助けてくれる資金と動機の両方を持っている地元の投資家を探してみましょう。
  3. 3
    ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家を探す エンジェル投資家とは裕福な個人のことで、ベンチャーキャピタルは会社です。双方とも将来有望なベンチャーの株を保有するのと引き換えに、資金を投入してくれます。また、経験に基づくアドバイスや経営のプロ人材を提供してくれることもあります。彼らとは何らかのつながりや団体を通して出会うのが一般的です。[3].
  4. 4
    友達や親族に当たってみる あなたのことを長く知っている人は、あなたの能力や意図を理解してくれる見込みがあります。こういった人々は、あなたが事業の立ち上げ期に苦労していたり、資金調達が必要な時に力を貸してくれるかもしれません。しかし、投資にはリスクが伴い、最悪の場合は資金を全て失う可能性があること、また短期間にリターンを出すことが難しいことは必ず伝えるようにしましょう。
  5. 5
    クラウドファンディングをつかう まだ充分な資金が調達できていない場合は、初期投資に必要な金額を集めるのにウェブサイトを使ってみましょう。これらのファンディングサイトにはいくつかのメリットがあります。クラウドファンディングの場合は、調達した資金に対して金利がかからないうえに(実際の製品もしくはサービスの対価として支払われるため)、製品に対しての人々の興味を判明できるだけでなく、顧客の基盤をつくることもできます。うまく活用すれば、数百もしくは数千人の顧客を抱えたうえで事業を始めることができ、他の人にもどんな事業を行うのか説明できます。
  6. 6
    報告する 資金調達の方法を問わず、投資家には経営戦略上重要な数字を定期的に、年に2回程度は報告するようにしましょう。関係者全員が出席できるようであれば、取締役会を開催するのもよいでしょう。物理的に集まるのが難しければ、テレカンファレンスを開催することも可能です。

パート 5
インフラを整える

  1. 1
    オフィスを手に入れる 事業を行ううえでは専用の場所が必要です。あまり場所を必要とせず、従業員もいないなら、自宅兼事務所でもよいですし、ワークショップを行う場所や倉庫が必要な場合もあるでしょう。一等地のオフィスを探す前に、賃料が安い地域や、事業インキュベーターを当たってみましょう。また大学の中には、革新的な技術を元に起業するベンチャーに向けて、低料金で場所を提供しているところもあります。全ては事業内容と今後のビジネスの展望によって決まります。 借りたい場所が見つかったら、そこが登記されていて法的にも問題がないか、予算内で収まるかの2点を確認するようにしましょう。
  2. 2
    備品を購入する 仕事を始めるのに必要な物を全て購入しましょう。これには技術的な設備や、コンピュータ、電話、文房具などが含まれます。何を購入すべきかは事業内容によります。法人向けの割引が大きい業者から購入するように心掛けましょう。手持ちの資金が少ないようであれば、リースで手に入れる選択肢もあります。そうすることで初期投資を抑えられます。
  3. 3
    記録システムを作る 税金を支払ったり、不明な20万円の行方を調べるため、顧客記録と照らし合わせて、特定の顧客がすでに支払い済みかを確認したりするなど、事業をスムーズにかつ効率的に運営するには、記録をしっかりと管理することが重要です。ファイルの保存方法や貼るラベル、記録を残すためのソフトウェアに投資して、常に数字が整理された状況を作っておきましょう。

パート 6
顧客基盤をつくる

  1. 1
    マーケティングとPRをうまく使う 事業の潜在顧客に訴求して、製品やサービスを使ってもらいたいと考えるでしょう。安定した顧客基盤が出来上がる前の、事業初期の段階でこれらを行うことは非常に重要です。
    • 最小のコストで顧客の関心を集め、できれば想像を越えるような方法で広告を打ちましょう。創造的になって、事業に活きそうな顧客にアピールする方法を考えましょう。
    • 製品に関して良い口コミをしてもらうために、ターゲット顧客に無料のサンプルを渡すのも効果的です。口コミ(良いPRの典型)は、新しい顧客を獲得するのに最も効果的です。悪い口コミやネガティブな意見をもらったときは、ポジティブな返信をしたうえで、問題を取り除きましょう。あなたが何としてでも解決するという姿勢を見せれば、人々はミスにも寛容になってくれるものです。
  2. 2
    古くからある方法で人脈を作る ビジネスに関係する展示会やチャリティーイベント、会議など、顧客となりそうな人たちが集まっている場所に顔を出してみましょう。言い換えれば、外に出て、人と触れあうべきということです。友達の人脈をつかって、あなたを助けてくれそうな人を探すのもよいでしょう。事業を始めるうえで、こういった交流は非常に重要です。オフィスでじっと待っているわけにはいかないのです。[4]
  3. 3
    カスタマーサービスに力を入れる 人と交流するのに慣れましょう。人が言おうとしていることの行間を読む練習をするべきです。顧客自身も気づいていないニーズを見つけられるようになりましょう。彼らを幸せにするにはどうすべきかを考え、愛想よく振る舞いましょう。また最も大事なことは謙虚さです。顧客は常に正しいことを言うわけではありませんが、あなたは顧客が「自分は正しいことを言っている」と感じられるようにしてあげなくてはいけません。
  4. 4
    ウェブサイトをつくる インターネットは欠かすことができません。どんな事業でも、今後10年以上継続することを考えていれば、必ずウェブサイトを持っています。人々があなたに連絡をとったり、所在地を調べたり、対応時間を知ったり、質問や提案を行ったり、もしくは製品やサービスを購入するのにも、ウェブサイトは有効です。インターネット上にウェブサイトやサービスを持っていれば、国中もしくは世界中に提供範囲を広げることができます。

パート 7
売上を上げる

  1. 1
    支払いを請求する 悪い人に言いくるめられないようにしましょう。支払い期間(事業に適切な)に基づいて、支払いを請求します。請求書はできるだけ早く送付するべきです。支払いが遅れた場合は、話しに行きましょう。こうった問題を見て見ぬふりしていると、あなたは無料で働くことになり、事業は失敗してしまいます。[5]
  2. 2
    クレジットカードに対応する 現金で製品やサービスを購入する人はあまり多くありません。記録を残すという意味でも、会計処理の意味でも、クレジットカードやデビットカードに対応すれば、事業の運営が格段に楽になります。多額の手数料に躊躇する場合や設備投資をしたくない場合は、Squareを検討しましょう。Squareならスマホやタブレットに挿して、顧客のクレジットカードをスワイプするだけです。
  3. 3
    オンラインシステムを整備する 製品をオンラインで販売する場合は、専用の支払いシステムを用意する必要があります。PayPalのようなサービスを使えば驚くほど簡単に設定できます。自社に最も適した方法は何かを調べてみましょう。ただし、使うシステムの安全性はよく確認すべきです。万が一あなたの情報や顧客情報が漏洩すると、大変なことになります。

ポイント

  • 販売する製品やサービスが、自分だけの視点ではなく、世の中に魅力的に映ることが重要です。そうでない場合は、どうすればより良い製品になるかを熟考しましょう。
  • 自宅で事業を行っている知人に話を聞いてみましょう。事業を始める上で手助けしてくれるかもしれません。
  • あなたの事業がプロフェッショナルかつ魅力的に見えるように演出しましょう。プロにふさわしいロゴやブランド、ウェブサイトはそれらの助けをしてくれます。またこういったブランディングを全面的に支援してくれるサービスもいくつかあります。
  • 事業を軌道に乗せるのには時間がかかることを認識しておきましょう。ほとんどの事業はすぐに利益が出ないので、その前提でプライベートも計画しておくべきです。自分の事業を持つには多少の犠牲が必要です。
  • 無料のサービスを活用しましょう。地元の図書館にいけば、会社の設立や、事業計画書の書き方、マーケティング、該当業界の情報など大量の役に立つ文献を見ることができます。商工会議所などの地元の自治体が、様々なトレーニングや材料、ネットワーキングの場や資金まで提供していることもあります。また引退した経営者に、事業立ち上げのアドバイスを貰えるようなサービスもあります。
  • 従業員を採用する際は、候補者を注意深く見極め、面接を行うようにしましょう。候補者に関する情報の信憑性を、パスポートやID、前職、免許証や信頼している人々に尋ねたりして確認しましょう。
  • 便利で手軽な支払い方法を提供しましょう。クレジットカードや月払いに対応し、1つ買ったら1つプレゼントするキャンペーンや、セールなどを行ってみましょう。
  • 社名やスローガン、サービスなどを思いついたら、他の人に意見を求めてみましょう。
  • 両親に頼ることもできます。
  • 友達や親戚、同僚の中から、あなたを本当の意味で応援してくれる人を見つけましょう。
  • 独自性のあるアイデアを考えましょう。ソフトウェア関連の事業を行うなら、成功の鍵はシンプルさと独自性と機能数です。一般的なソフトウェアの特徴は備えたうえで、ユーザーが圧倒的に便利だと感じる特徴が必要です。
  • 業務を問題なく遂行できるようになるまで、従業員にはハンズオンでトレーニングを行いましょう。

記事の情報

カテゴリ: ビジネス

他言語版:

English: Start Your Own Business, Italiano: Aprire un'Attività, Español: abrir un negocio, Português: Começar seu Próprio Negócio, Deutsch: Ein eigenes Unternehmen starten, Русский: открыть свое дело, 中文: 创业, Français: créer sa propre entreprise, Čeština: Jak založit svoji vlastní společnost, Bahasa Indonesia: Memulai Usaha Sendiri, 한국어: 자기 사업 시작하는 방법, العربية: البدء في عملك الخاص, ไทย: เริ่มธุรกิจของตัวเอง, Tiếng Việt: Bắt đầu công việc kinh doanh riêng, Nederlands: Je eigen bedrijf beginnen, हिन्दी: अपना खुद का बिजनेस शुरू करें

このページは 157 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?