人から好かれる方法

この記事には:好感度の高いボディランゲージをマスターする1対1の関係で自分を好きになってもらう世の中の人全員を虜にする8 出典

出会う人全員に好きになってもらうことは不可能なことですが、社会生活を送る上で、またキャリアを進めて行く上で人に好感を持ってもらうことは重要です。相手を傷つけずに自分の身も守る、言わば世渡り術を発揮して、会う人ほとんどが自分を好きになってくれるように努力しましょう。好感度を上げることは、多少の努力をして人の生活ぶりや趣味などに興味を示すのと同じくらい簡単なことかもしれません!

1
好感度の高いボディランゲージをマスターする

  1. 1
    笑顔を見せる 人に好かれるには純粋な笑顔を見せることが最も簡単な方法と言えます。人は、楽しくハッピーにしている人の側にいたいと思うものです。自分達も同じように幸せな気分になれるからです。陽気に振る舞い幸せオーラを出している人は、特別なことをしなくても周りの人をハッピーにさせます。近くにいて楽しい人だと思ってもらうには笑顔でいることです。それが一番の、そして疑う余地のない特効薬です。さあ、笑顔を見せましょう。好感度アップは間違いありません!
    • 幸せな気分で行動すればより幸せな気分になるでしょう。偽笑いをしても人に見抜かれてしまいますので避けましょう。ただし、落ち込んでいる時に無理にでも笑ってみると気分が上がることがあります。
  2. 2
    気持ちの良いアイコンタクトをとる 自然なアイコンタクトが取れると理想的です。アイコンタクトは相手に注意を払っていることを示す最も簡単な方法です。テレビを見る時には、テレビに目を向けますね。同じように話し相手にもきちんと目を向けましょう。
    • 相手の目をあまり見ないと失礼だと受け取られる場合があります。相手は「どこを見ているのだろう」「何に気をとられているのだろう」「自分との会話は楽しくないので注意力散漫になるのだろうか」などと思ってしまうかもしれません。心当たりがあるなら、まず自分の振る舞いや癖に気づくようにしましょう。それが改善のための第一歩です。
    • 相手の目を見つめ過ぎると不快感を与えてしまうでしょう。睨み倒そうとしているかのように映るかもしれません。凝視してしまう癖があるなら、時折目を逸らしたり体を動かしたりしましょう。会話の最中に手や食べ物に目を向けたりすると良いかもしれません。その他にも注意を引くものがあるでしょう。時折それらに目を向けてみましょう。
  3. 3
    相手に向かって顔を上げる このジェスチャーには科学的根拠があります。相手に対して顔を上げると頸動脈が露出することになります。人間は進化の過程で命に関わる頸動脈を露出させることで「喧嘩を仕掛けているわけではない」という意図を相手に伝えようとして来ました。[1]これを見た相手は脳の深い部分で「相手は脅威ではないので快適に会話を続けることができる」と判断します。
    • 顔を相手に向けることで「対決」姿勢が回避できます。また、雰囲気を和らげることができ、相手への共感を示すこともできます。同時に、自分に注意を向けて欲しいという人の願望を満たすこともできます。相手に対してどのようなスタンスを取れば良いのか分からない場合には、相手に顔を向けるようにしましょう。あらゆる状況に対応できます。
  4. 4
    一瞬眉を上げる 気づいていないかもしれませんが、これは非言語的コミュニケーションの1つです。あるいはもうすでに知っているかもしれませんね! 一般的に、親しみやすさや脅威ではないことを示す際に、眉を素早く上げる行為が使われます。眉毛を僅かに上下に動かすだけです。人に近づく時の動作の1つとして使われ、遠くからでも分かります。[1]
    • 眉を上げると同時に笑顔を見せましょう。そうすれば、好感の持てる、かつ、近づきやすい人になるための基本をマスターしたことになります。ただし眉を上げるのは会話の最初だけに留めましょう。会話中頻繁に行う行為ではありません。顔を相手に向ける動作も同じように会話の出だしだけで十分かもしれません。
  5. 5
    相手の姿勢を真似る 自分が相手と同じような姿勢をとっている時には、おそらく考えも相手と似ている可能性があるでしょう。[2]このようなジェスチャーは自分でも気づかないうちに行っていることが多いかもしれません。それを自分の有利になるように使ってみてはどうでしょうか。人は自分と似た人を好みます。同じ姿勢をとれば、相手との類似性を最も簡単に表せます。
    • 相手が自分と似た姿勢を取っているとしたら、相手の考えもおそらく自分と同じなのではと感じるはずです。相手はきっと自分に対する理解を示し、仲間意識を持ってくれていることでしょう(しめたものです!)。会話中にこのテクニックを使ってみましょう。ただし姿勢ばかり気にしてはいけません。それが目立つと不自然です。
  6. 6
    自分の優位性を主張しない 人に会う時には胸を張り顎を上げて常にしっかりと握手をするようにと、多くの本がアドバイスします。もちろんこれらのアドバイスは間違いではなく、それなりに重要ですが、状況によっては強い人だという印象を与えない方が良い場合があります。自信ある人を印象付けるためのジェスチャーは心に留めつつ、競技場であっても相手を尊重しているという意図を時折示しましょう。
    • 誰に対しても敬意を示しましょう。それであなたの評判が傷つくことはありません。初めて会う人と握手をする場合は、一歩前に出て、お辞儀を示唆するように相手の方に体を傾けましょう。頭を傾け、腕や脚は組まずに体を開き、体の片側に体重を乗せて立ちましょう。リラックスして相手に興味を持っていることを示せば、相手は会話のレベルに関係なくあなたに対して好感を持ってくれるでしょう。

2
1対1の関係で自分を好きになってもらう

  1. 1
    相手について尋ねる 相手に興味を持ちましょう。自分の話に純粋に興味を持って聞いてくれる人との会話以上に楽しいものがあるでしょうか。会話中「それ、やったことある。ああ、それもやったよ」などと口走る癖がある場合には、治しましょう。代わりに相手の意見を尋ねましょう。会話とは双方向的なものです!
    • 何かを言う以上は本気で言いましょう。謙虚な振りをしても見抜かれます。実際には興味がないのに「人気を得るためだけに」人に興味を示したとしても長期的には上手くいきません。心の底から人に興味を持てる人に「成り」ましょう! 特定のトピックで興味が湧かなければ、会話を別の方向に仕向けましょう。
  2. 2
    頼みごとをする このアドバイスを聞いたことがなければ、あまりピンとこないかもしれません。「ベンジャミン・フランクリン効果」として知られているテクニックですが、基本的な考えは、あなたがある人に頼みごとをすれば、相手はあなたのために何かを成し遂げてくれ、あなたは相手に感謝することになります。すると、「相手」が「あなた」を更に好きになるというものです。直感的には、頼みごとをした人がそれを叶えてくれた人のことを好きになると考えるところですが、実際にはその逆です。次に何かを借りる必要があると感じたら、躊躇なく人に尋ねてみましょう!
    • この考えは、誰もが人の役に立ちたいと思っていて、人に恩義を感じるよりも人に恩義を感じてもらいたいと思っている、という人間の心理を表しています。人に何かをしてあげるという行為を通して自分の力が実感でき目的意識も生まれます。つまりその人のお陰で前向きになれるので、その人のことが更に好きになるのです。[1]ただし、頻繁に人を頼ってはいけません。し過ぎれば厄介者になります。
  3. 3
    相手が好きな物事について話す 相手の趣味や情熱を注いでいるものなどを知っていたら尋ねましょう。おそらく相手は話が止まらなくなり、あなたのプレッシャーは軽くなるはずです!相手は素晴らしい会話だと感じて気分を良くし延々と喋り続ける一方で、あなたは一言も挟めずに頷くだけの状態になるかもしれません。それでもひたすら聴き続け、後で再開した時に相手がその会話で言ったことに触れてみれば、あなたへの好感度は益々増します。
    • 機会あるごとに相手の名前を呼んで見ましょう。人は自分の名前を呼ばれることが大好きです。アメリカの作家であり教師、また自己啓発等に関するコースの開発者でもあるデール・カーネギー氏は「人にとって、世の中に存在する全ての言葉の中で自分の名前ほど暖かく響くものはない」と言いました。[3]自分の名前は自分の存在を肯定するもので、結果的に安心感が生まれてより幸せな気分になれるのです。会話の端々に相手の名前を挟んでみましょう。
  4. 4
    共感する 分かりやすく論理的なアドバイスですね。しかし奇妙なことに、分かってはいてもなかなか実行できません。私たちは常に自分のことで頭がいっぱいで、次はいつ自分のことを話せるかと心待ちにするところがあります。好感度を上げるには、相手にスポットライトを当てることが大切です。彼らを理解することに集中しましょう。
    • 単に言い回しを変えるだけで上手く状況を切り抜けられることがあります。例えば、相手が最近の悩みをあなたにこぼしているとしましょう。こういう時には通常「気持ち、分かるよ」と返答してしまうものです。当たり障りのない返答に思えますが、これはあなた自身に、加えてあなたの共感能力に焦点を当てた返答の仕方です。その返答に相手は「分かるはずないじゃないか」と思うかもしれません。相手の気分を害さないためにも決まり文句を避け、突き詰めれば自己利益を考えての言葉ではあっても、より意味のある返答の仕方を選びましょう。例えば「だからあなたは○×△のように感じるんだね」など相手の言葉を繰り返して言うだけで、相手は自分に注意を払ってくれていると感じることができ、気分を「良くする」ことでしょう。
  5. 5
    人を褒める この手段もとても分かりやすいものですが、残念ながら褒め言葉は時として相手をまごつかせ(褒められてどうして良いか分からない人がたくさんいます)、悪意から(関係を築こうとして)褒めているように勘違いされる場合があります。それでも人を褒めることは重要です。まず自意識を捨てましょう。誰もが絶妙のタイミングで心からの褒め言葉をかけられれば最高に嬉しくなります。
    • 褒める場合には、まずその目的が明白で適切であることを確かめましょう。酷い夜を過ごしたのが明らかで、清掃が行き届いていない公衆トイレの床の汚れが着いたままにも関わらず「とても綺麗だよ」などと伝えるのは避けましょう。褒め言葉は本心からそう思っている時に発して初めて感謝され、真剣に受け止めてもらえるものです。
    • 男性のネクタイを見て「素敵でいいわね」と褒めたところで、相手はどのような返答ができるでしょうか。「ありがとう。遠方の工場で働く子供達が作ったんだ。僕が作ったわけじゃないよ」と言われたらどうでしょう。もちろん「そんな返答」は実際にはないかもしれません。ここで鍵となるのは、何を褒めるかです。コツはすでに理解してもらえましたね。褒めるのであれば、本人が作った素晴らしいパワーポイントのプレゼンテーションやユーモアのセンスなど、相手にとって重要なもの、実際に取り組んだ作品に焦点を当てましょう。価値があることが確証されて喜ぶこと間違いありません。
  6. 6
    たまには恥ずかしい思いをしてみる 5歳半にもなれば、社会全体が24時間年中無休で自分たちを監視していて、ある行動は不適切であるけれど別の行動は歓迎されるものだと気付き始めます。私たち人間は、監視に耐えられないので疫病を避けるのと同じように、監視からも逃れようとします。しかし残念なことに、恥ずかしい思いをすることから簡単に逃れる方法はありません。ですから、他人がそのような状況に陥ってしまったら、彼らの気持ちは痛いほど分かります。もちろん彼らの気持ちは言うに及ばずです。その恥ずかしい気持ちに耐えている人たちを私たちはより好きになるものです。[4]
    • 例えば、ある人のパンツが落ちてしまったのを目撃したとしましょう。この場合、両者に無意識の反応が起こるでしょう。パンツが落ちてしまった方は(願わくば)笑いながら顔を赤らめ、冗談を放ち首を振って手で顔を覆いながらも、なんとか威厳を保って1日を過ごそうとするでしょう。その行動が示したものは何でしょうか。人間味です。面目を失いそれを自らの振る舞いを通して認めたのです。誰もが好感を持ちます。純粋で嘘がありません。
      • 同じ状況が別の人に起こったとしましょう。しかし、本人が顔色1つ変えず、パンツを元の位置に引き上げて素っ気なく頷き、そのまま立ち去ったとしたら、まったく可愛げがありません。罰の悪さを受け入れようとしない行動です。共感や同情できるところがなく、人間として魅力的だと思えるような要素もありません。好感度ゼロです。
  7. 7
    相手に触れる 率直に言います。相手と関係を築きたいと思うなら、相手に触れてみましょう。もちろん、人間関係はそれぞれに異なりますから触れ方もその関係性によって変わるでしょう。しかし、絆を深めるには一般的に肌と肌の触れ合いが最も効果的です。[5]ほんの少しの接触でも効果が得られます!
    • 誰かと道ですれ違い際に「こんにちは」と素早く短い挨拶をしたとしましょう。この場合、あまりにも一瞬なので、相手のために割く時間が十分にないかのような印象を与えます。しかし、同じように足早に歩きながらの短い挨拶ではあっても、相手の肩に少しでも触れたならどうでしょうか。衝撃的な印象を与えます。相手の身体に触れるには焦点を絞らなければなりません。その行為によってあなたの存在は相手に認識され、あなたへの好感度も上がることでしょう。
  8. 8
    相手の気分を良くする これも当たり前のことですね。この記事の最重要テーマは「相手の気分を良くすること」に尽きます。ただ、その方法が問題なだけです。人はそれぞれに違いますが、似たような資質も持ち合わせています。人から注目してもらいたい、幸せな気分になりたい、大切に扱われたい、誰かの役に立ちたいという願望を私たち全員が持っています。そして私たちは、その願望を満たしてくれる人を好きになるのです。
    • 相手に好感を持ってもらうには、戦術をいくつか組み合わせて使うと最も効果的です。ただ人を褒め、頼みごとをし、笑顔を見せるだけでは十分ではありません。これら全てをあらゆる場面で織り混ぜながら行う必要があります。すべきことに集中し続ければ、いつか行動に移せる様になるでしょう。相手を意識していることが分かるように質問をする、相手の気分が良くなるように褒める、相手が賢いから、また目的意識を持っているからこそアドバイスを求めていることが伝わるようにする、そして相手を思いやる気持ちが分かってもらえるように共感する、といった行動が自然に取れるようになります。相手が気分を良くすれば、あなたのことも好きになるはずです。

3
世の中の人全員を虜にする

  1. 1
    自分のイメージを高めてくれる人と付き合う 私たちは出会った人の人となりを判断するのに、残念ながら手っ取り早く間違いのないサインを見つけて行う傾向があります。それが常に正確であるとは限りませんが簡単で面倒ではないので、ついそのような行動をとってしまいます。ある状況を見て、無意識にその外観から重要性を判断しがちで、気に入らなければ切り捨ててしまうのです。あなたが人から評価を受ける時にも、同じことが言えます。人はあなただけを見て判断を下すのではなく、あなたの周囲にあるものも含めた全体像から評価する傾向にあることを覚えておきましょう。
    • 少し抽象的な言い方ですが、つまりは、付き合う人によって自身の評価が決まる、ということです。友達が悪臭を放つ嫌な奴であれば、あなた自身がそうでなくても、そのように評価される危険性があるでしょう。これは特にフェースブックで見られる傾向です。フェースブック上の友達が綺麗なら、あなた自身も綺麗に見えるということです。[6]もちろん正しい評価とは言えませんが、これが現実です。
  2. 2
    印象付ける服装を選ぶ 「現在の仕事ではなく、就きたい仕事に相応しい服装を選ぶ」と言うことわざがあります。正にこの言葉通りです。自分の気持ちや、性格、職業を反映する服装ではなく、人に持ってもらいたい自分のイメージにぴったりの服を選びましょう。服装で簡単に人を惑わすことができます。「馬子にも衣装。身なりでその人が分かる」ということわざもありました。他にもまだ似たようなことわざがたくさんありますが、これ以上必要ですか。
    • 最近の研究で、ブランド品を身に着けることで認知度が高まるという結果が出ました。高級ブランドの洋服を纏っているだけで、その服の品質に関係なく地位の高い人だと認識されることが判明したのです。つまり、好感度が上がるということです。[7]これも他人を評価するのに、手っ取り早い方法を使う例だと言えるでしょう。もちろん絶対確実な方法ではないでしょうが、簡単なことは確かです。
  3. 3
    人の記憶に残るようなことをする 何をするかは各人の性格に合ったものでなければならないので特定することはできませんが、自分の好感度を上げられる「ものごと」を考えましょう。人の記憶に残りやすく、少なくとも人々があなただと特定できる具体的な「何か」です。人が「これがあなただ」とすぐに認識できるものが良いでしょう。「あ!いつもオウムを連れている男性だね」という具合です。
    • 外食産業で働いた経験があれば、これに関連したエピソードをいくつか知っていることでしょう。例えば、いつも2ドル紙幣でチップをおいてくれる顧客がいませんでしたか。1、2回来店しただけで強い印象を与えたことでしょう。そしてウェイターたちは、その客を自分のテーブルにつけようと必死になりませんでしたか。なぜなら、独特な個性の持ち主で、すぐに覚えることができ、大勢の客の中で際立っていて興味深いからです。そういう人は好まれます。[8]
  4. 4
    物事を自分のコントロール下に収める 極めて当たり前のことですが、人は危険人物を避ける傾向にあります。また、何が起こるか予測不可能な状況では、不安になり緊張もします。そういった人の性質を踏まえて、物事が期待通りに運ばない時でも慌てずに落ち着いて、前向きな態度を示すようにしましょう。あなたとあまり親交のない人達は、困難な状況や保証のない危険な状態を嫌い、神経質そうな態度には辟易するかもしれません。
    • 自分の感情を隠せと言っているのではありません。全く違います。隠すどころか逆に自分の感情に素直でなければなりません。がっかりすることがあったら素直に落胆の気持ちを表しましょう。それを人が嫌うなら、仕方のないことです。ただし重要なことは、行動に出る前に勝てる戦いを選ぶことです。批判を受ける覚悟があるなら、そのまま進みましょう。そうでないなら、状況に対する反応の仕方を見直しましょう。
  5. 5
    自分の聴衆を知る 年齢、集団の特徴、人の性格よって友人やパートナーに求めるものが異なります。年齢を重ねれば重ねる程、ネットワークは縮小し停滞気味になります。このため、接する人に応じて、世の中に対して見せたい外面、いわゆるペルソナを変えると効果的でしょう。誰と接しているのか、彼らが求めているものは何かを知ることが重要です。
    • 中学高校時代と大人の世界とではその性質が異なります。ウィキハウとしてこれを伝えるのは多少辛いところがありますが、中高時代は少し意地悪で利己的なところがあっても、人から嫌われることはないでしょう。むしろ好かれることが多いかもしれません。最近の研究で、いじめっ子の人気が高くなるという結果が出ました。[9]その理由として、中高時代は世の中がどのように機能するかをまだ理解しておらず、強さが長所だと見る傾向にあることが挙げられます。つまり、子供は意地悪だと言えるでしょう。
  6. 6
    清潔に保つ 悪臭を放つ人の側に寄りたくはありません。事実かどうかは何れにせよ、そう言われている人の側にも近づきたくはないでしょう。定期的にシャワーを浴びたりお風呂に入ったりして清潔に保ちましょう。髪の毛を洗い、必要であればひげを剃り、歯をきちんと磨いてフロスもかけ、髪の毛をとかして、ブレスミントやミントガムで爽やかな息を保ちましょう。また、爪もカットしたり整えたりして清潔にしましょう。消臭剤を使い、こまめに着替え、手も清潔に保ちましょう。簡単にできることばかりです!
    • これらを自分への投資だと考えましょう。見栄えを良く(そして気分も良く)するためにかける時間は、決して無駄になりません。将来的に利益をもたらすでしょう。好感度が上がるだけでなく、あなた自身の健康にも良いことです。
  7. 7
    自分を好きになる 正直に言って、自分が自分を嫌いでいたら誰があなたを好きになってくれるでしょうか。否定的な考え方は日々の態度に出るものです。もちろん他人にも分かってしまいます。どうして自分が嫌いなのですか。そのままで十分に素晴らしいではありませんか。少なくとも周りの人と同じくらいあなたは素晴らしい人です。
    • 自分とは異なる別の人になろうとしてはいけません。そういった振る舞いは人に見抜かれます。自分自身を知るように努め、自身の性質、特徴を自分の個性として上手に使えるようにしましょう。人とは異なる道でも我が道をひたすら進み続ければ、最終的には必ず報われます。無理に何かを変えたところで時間が経てば元に戻ってしまうでしょう。初めから自然体でいるのが一番です。
  8. 8
    ユーモアのセンスを使う 誰にでもユーモアのセンスがあります。フルに活用しましょう。人を笑わせることができれば、もうバッチリです!ただし、冗談はその場に合わせて発しましょう。目標は人を怒らせることではありません。笑わせることが「ゴールです」。
    • 自分が面白い人間だと思わないなら、無理に面白くなろうとする必要はありません。おそらく人とは少し違うユーモアのセンスを持っているのかもしれません。皮肉屋さんかもしれませんし、風変わりな面を持ち合わせているのかもしれません。そうでなければ、恐ろしく頭が良いのかもしれません。しかし、これらのどれをとっても笑いに変えることは可能です。自分の持ち味を発揮しましょう。その場が陽気な雰囲気に早変わりするでしょう。

ポイント

  • 新しい友達を作りながらも、昔からの友達とも質の高い時間を過ごしましょう。それを怠れば友達は離れて行ってしまうでしょう。
  • 正直でいましょう。一度嘘をつけば、それ以降人はあなたの言葉を信じなくなるでしょう。
  • 友達に覚えてもらえるように、たまには、天然なところを出してみましょう。
  • 相手をよく知らない限り、宗教、政治、中絶などの物議を醸す話題については触れないようにしましょう。
  • 人に自分のことを好きになってもらおうとしている様子を見せてはいけません。そういう姿勢を嫌う人がいるかもしれません。同様に「全てにおいて詐欺まがいの行動は避ける」という原則も心に留めましょう。
  • 好ましくない人たちと付き合ってはいけません。あなたと一緒にいるのが楽しいと感じ、それを表に出してくれる人達と付き合いましょう。
  • 友達でも例え敵であっても、影で彼らの悪口を言うのは避けましょう。いつか当人に分かってしまい、裏切り者として見なされ、疫病のように人から避けられてしまうでしょう。友達を失い、新しい友人でさえも作ることが難しくなるでしょう。
  • あなたのことを好きになれない人もいます。だからと言って全員がそうであるとは限りません。
  • 親しみやすく振る舞い、人の放った冗談には例え面白くなくても笑って対応しましょう。
  • よく知り尽くし冗談を言い合う相手なら別ですが、そうでなければ皮肉を放ってはいけません。
  • 対立を避けましょう。また、常に自分の正当性を証明しようとしてはいけません。公平な態度を心がけましょう。
  • 好きでもないのに、学年で人気があるからという理由でその子とデートに行くのは避けましょう。

注意事項

  • 好きでもないのに好きな振りをしてはいけません。最終的には友好関係を失うことになります。
  • 悪口、特に悪意のある噂話をしている人達の仲間に入ってはいけません。その場を立ち去り、より良い自分になりましょう!
  • 人とアイコンタクトを取る時には、狙撃者が獲物をにらみ倒すように凝視してはいけません。親しみやすい態度で温かく注意深く聞いていることがわかるように、アイコンタクトをとりましょう。
  • 他人に多大な期待を寄せてはいけません。人の反応に留意しましょう。
  • プレゼントをたくさん送って友情を買おうとしてはいけません。相手に不快感を与えてしまうばかりか、お返しの負担をかけてしまうでしょう。加えて、金銭的な物に基づいて友情を築こうとする人と真の友達になりたいと思いますか。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む151人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 友情

他言語版:

English: Get People to Like You, Italiano: Piacere alla Gente, Español: caerle bien a la gente, Português: Fazer as Pessoas Gostarem de Você, Русский: научиться нравиться людям, 中文: 让别人喜欢你, Deutsch: Menschen dazu bringen, dich zu mögen, Français: se faire aimer des gens, Nederlands: Aardig gevonden worden, Bahasa Indonesia: Membuat Orang Menyukaimu, Čeština: Jak zajistit, aby vás lidé měli rádi, العربية: كسب إعجاب الناس, हिन्दी: लोगों की पसंद बनें (Get People to Like You), Tiếng Việt: Làm cho mọi người thích bạn, ไทย: ทำให้คนอื่นชอบคุณ

このページは 197 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?