PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

人間というのは複雑なものです。取扱説明書もありませんし、新しいWindowsのOSよりも不具合を起こしやすいでしょう。自分でも何がしたいのかよくわからないこともあります。知り合いかそうでないかにかかわらず、人と話すのが苦手な人もいるかもしれません。ステップ1から読み進めて、楽しくスムーズな他者との交流を楽しみましょう。

パート 1 の 4:
ハードルを取り去る

  1. 1
    ためらう理由をはっきりさせる なぜ今、あなたは人と交流しようとしないのでしょうか?あるいは人と交流していても、自分のやり方は間違っていると感じることはありませんか?何が問題なのかがはっきりすれば、問題克服への一歩を踏み出すことができます。以下のアドバイスを参考にしてみましょう。[1]
  2. 2
    社会不安を克服する 人と接すること自体がストレスという人もたくさんいます。他者と話すことに不安を感じる場合は、まずは自分の抱える不安に対処することから始めましょう。
  3. 3
    自分を信じる 友達作りに失敗することや人を怒らせてしまうことを恐れていると、他人と交流するのがとても難しくなります。自分を信じられるようになれば、人との交流も楽になっていくでしょう。
  4. 4
    自尊心を育む 自分よりもはるかに優れている人が、自分と話したいとは思わないだろうと考えて生きていると、素敵な交流のチャンスを逃してしまうでしょう。自分の素晴らしさを実感できるような経験をすることで、世界が全く違って見えるはずです。
  5. 5
    自信を持つ 自分に自信が持てないと、人と交流することが本当に難しくなるでしょう。あなたが不安がっていることを周囲の人が感じ取り、気を遣わせてしまうこともあります。他者にもっと好感を持ってもらえるよう、自分に自信をつけるか、せめて自信があるフリができるようになりましょう。
  6. 6
    練習する どんなスキル(社交術は間違いなくスキルです)にも言えることですが、練習することで上達していくものです。学んだ社交スキルを、できるだけ実践してみるようにします。家族、またはスーパーマーケットの店員や銀行の窓口係などの知らない人との交流から始めていきましょう。[2]
    広告

パート 2 の 4:
他者との交流を始める

  1. 1
    自己紹介をする 初めて会う人と話す際には、自己紹介をから始めましょう。ただし、どのタイミングで自己紹介をするかは、それぞれの会話の流れによって変わります。
  2. 2
    よく知らないと話す 今はあまり他者との交流がなく、これから交流を持とうと考えている人は、今後、まったく知らない人とも会話をしていくことになります。しかし、それは思っているほど悪いことではありません。話すきっかけを見つけたら、自然に話しかけてみましょう。もしかしたら、新しい友達ができるかもしれません!
  3. 3
    友達を作る 友達は一番交流しやすい相手であり、友達が増えることで人生も楽しくなるでしょう。内気な人やあまり社交的ではない人にとって、友達を作るのはとても難しいことですが、根気と忍耐力があれば、友達がたくさんできるはずです。自分を見失うことなく、自分を向上させてくれる友達との付き合いを大切にしましょう!
  4. 4
    友達を大切にする すでに友達がいるなら、その友達を大切にしましょう。多くの交流にもつながっていくはずです。辛そうな人がいたら、話しかけて力を貸してあげましょう。その人自身のことを話してくれているときは、その話に耳を傾けるだけで十分です。
  5. 5
    友達と話す 話すことが本当に何もなくても会話をしてみましょう。気まずい沈黙が続くと、友達を心配させ、緊張させてしまいます。無視されていると感じる人もいるでしょう。
  6. 6
    楽しく会話をする 会話を楽しいものにしましょう。質問をし、相手の話をしっかり聞いて、積極的に会話をリードします。自分ばかりが話してもいけませんし、黙っていてもいけません。会話においてはチームワークを大切にしましょう![3]
    広告

パート 3 の 4:
交流の機会を作る

  1. 1
    仲間と交流する 学生でも社会人でも、交流できる仲間を作りましょう。学校の友達や同僚は、交流する相手としてピッタリです。
  2. 2
    オンラインコミュニティに参加する 特に強い社会不安を抱えている人は、オンラインコミュニティを利用しましょう。社会的な関係を築く練習になります。同じテレビ番組や本が好きな人が集まるコミュニティを探したり、ウェブサイトを運営するボランティアをしたりしてみましょう!
  3. 3
    地域のクラブ活動に参加する 実生活でクラブ活動や何らかのグループに参加してもよいでしょう。こうしたクラブやグループは、社会的な交流の練習にもピッタリです。学生の場合には学校の部活などがありますが、大人でも参加できるクラブ活動を(地元の図書館や公民館などで)探してみましょう。
  4. 4
    ボランティアをする ボランティア活動への参加は、人と会う機会になるだけでなく、地域社会への恩返しにもなります。炊き出し、募金活動、家の建設(海外の場合)、動物の保護など、地域社会を助ける方法はたくさんあり、同じような価値観を持った人との出会いのチャンスもあるでしょう!
  5. 5
    宗教関連の集まりに参加する 教会やお寺などの宗教関連の集まりは、人と出会い、安心して交流できる場です。同じような興味や価値観を持つ新しい友人もできるでしょう。信仰には様々な形がありますが、大抵は何らかの集まりが開催されているはずなので、試しに参加してみましょう。
  6. 6
    既存の友人ともっと交流する ここまでのステップの内容が難しいと感じる場合、すでにいる友人ともっと仲良く付き合うという方法もあります。静かに過ごすパーティーを開いたり、ブッククラブを開催したりしてもよいでしょう。自分に合っていて、友人たちが楽しめる形であればどんな方法でも構いません。
    広告

パート 4 の 4:
人と上手に付き合う

  1. 1
    親切にする 優しい態度で話すようにしましょう。相手のことを認めて、前向きな態度で付き合います。嘘をついたり、相手の陰口を言ったりするのはやめ、自分がそうしてほしいと思う態度で相手に接するようにしましょう。
  2. 2
    礼儀正しく接する 礼儀正しく話しましょう。常に、誰に対しても同じように礼儀正しく接することが大切です。相手が自分に対して失礼な態度をとってきても、それは変わりません。「お願いします」や「ありがとうございます」などの言葉を添えるのを忘れず、また相手の話をさえぎらないようにしましょう。彼らの態度にも我慢しなければなりません。あなたと同じように相手も人と接するのが苦手な場合もあります(障害や精神疾患など、何かしらの問題を抱えている場合もあるでしょう)。自分のおばあちゃんに誇りに思ってもらえるような態度で、相手に接するようにしましょう。あなたならそれができるはずです。
  3. 3
    謙虚でいる 人と話すときは謙虚になりましょう。自慢話をしたり、自分のことばかり話したりしてはいけません。好感度が下がり、誰もあなたとは話したがらなくなります。みんなに話す機会を与え、何かを教えてくれた相手に対して、自分の知識をひけらかそうとするのはやめましょう。
  4. 4
    親しみやすい人になる 親しみやすい態度で会話をしましょう。話の内容や会話の相手に、興味がなさそうに見えるような態度をとってはいけません。(自分が落ち込んでいる時でも)その場が明るい雰囲気になるよう、笑顔で目を合わせ、きちんと話を聞くようにしましょう。
  5. 5
    尊敬の念を持つ 交流するすべての人に敬意を払いましょう。相手に話す機会を与えて、侮辱するような言動を控え、自分と違う点も尊重するようにします。自分が相手にされたいと思う態度で接しましょう。[4]
  6. 6
    話を聞く 人と上手に付き合う上で最も重要なことは、相手の話をしっかりと聞くことです。自分が何をどれだけ話したかよりも、相手の話をきちんと聞いて、どう反応するかのほうが大切になります。話を聞くための基本的な技術と、行間を読む能力を鍛えれば、すぐにプロのようにやりとりができるようになるでしょう。[5]
    広告

ポイント

  • 「3回言ったことは本当だ」という言葉があります。感じていない気持ちを3度も装うことはできません。ひどい一日でも、人に笑顔で接するようにしてみましょう。最初のうちは無理に笑っているように思えても、そのうち本当に気分が良くなってくるはずです。一方で、実際に感じていないのに怒ったり悲しんだりすることは難しいでしょう。ネガティブな気持ちになっているフリをするのはやめましょう。その結果同情されたり怒られたりしても、何の意味もありません。
  • 人間というのは本来非常に共感性の高い生き物です。姿勢や話し方で互いの感情を察知できます。あなたの気分は周りの影響で変わり、またあなたも周囲の人の気分に影響を与えているはずです。嫌な感情を引きずって落ち込むのではなく、常に笑顔で、元気よく、現状を楽しむようにしましょう。飽きるほど目にしてきたものでも、改めてよく見てみることで、驚きや喜びを感じられることがあります。
広告

注意事項

  • 常に感じの良い態度で接するようにしましょう。よかれと思って言ったことも、相手には違った意味に捉えられてしまうことがあります。
  • 何事もやりすぎは禁物です。相手に余裕がある時には積極的に交流してもよいでしょう。ただ、よく知らない人を会話に無理矢理引き込もうとしても、相手を警戒させ、気まずくなるのでよくありません。相手が自然と引いた境界線を踏み越えようとするのはやめましょう。
広告

関連記事

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
男性から好意を持たれているか知る男性から好意を持たれているか知る
落ち込んでいる彼女を慰める落ち込んでいる彼女を慰める
陰口を叩く人に対処する陰口を叩く人に対処する
誕生日のお祝いに応える誕生日のお祝いに応える
車椅子を利用している人と接する車椅子を利用している人と接する
失礼な人に対処する失礼な人に対処する
より良い人になるより良い人になる
人の感情を認識する人の感情を認識する
好きな男性に自分の存在をアピールする好きな男性に自分の存在をアピールする
馬鹿にされたとき言い返す馬鹿にされたとき言い返す
冗談に対応する冗談に対応する
ウインクをするウインクをする
存在感を消す存在感を消す
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む23人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 社交関係
このページは 148 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告