人に無視されると心が痛むものです。特に、無視される理由が故意なのか誤解があってなのかわからない時には、どう対処すべきか悩んでしまうかもしれません。無視されるのは常になのかどうか、さらに相手の他人への接し方を観察してから、自身の振る舞いを決めましょう。周りから無視されている理由を知ることは、正しく前向きに対処する助けになります。

パート 1 の 3:
無視されている理由を探る

  1. 1
    相手が自分を無視する理由を自問する[1]  人から無視される理由は、意図的か誤解があるかのどちらかです。前回その人達に会った時のことを思い返してみましょう。その時、相手が怒っていたか、敵対的だったか、それとも自分が相手の気分を害してしまったのかを思い出しましょう。もし気分を害したのであれば、最初のきっかけは何であれ、相手はおそらく今もイライラしているに違いありません。一方で、前回相手と会った時に一緒に楽しく過ごしたのであれば、誤解があってあなたを無視している理由につながる介入要因があるのかもしれません。もしかすると、相手は試験勉強で忙しいか、新たな恋愛対象ができて夢中になっている可能性もあります。
  2. 2
    第三者に自分が無視されている理由を聞く 無視している人が友人や同僚の場合、共通の友人か同僚にあなたが無視されている理由を知っているか聞いてみましょう。その共通の友人は、あなたが無視されている理由を明らかにして、説明してくれるかもしれません。もしかすると、あなたが気づかないうちに相手を怒らせてしまい、あなたに直接伝えるよりも、対立が深まるのを避けるために無視する方法を選んだのかもしれません。第三者は状況をより客観的に観察し、あなたが無視されている理由を見つけ出す手助けをしてくれるでしょう。
  3. 3
    あなたを無視している人に直接理由を聞く あなたを無視している本人に直接、個人的に話がしたい旨を伝えましょう。静かで人目につかない場所で、 「ちょっと聞きたいんだけど、どうして私を無視しているの?」と落ち着いて聞いてみましょう。電話やメールを返してくれないことや、話しかけた時に答えてくれないなど、無視されていると思われる根拠を示しましょう。そして、相手の説明に真剣に耳を傾けましょう。[2]
    専門家情報
    Amber Rosenberg, PCC
    Amber Rosenberg, PCC
    キャリアコーチ

    専門家からも一言:大抵の場合、率直に聞くことが最善の行動です。誰かに避けられていると感じたら、相手と話しましょう。「あなたに無視されてるように思うんだけど、そうなのかな?」などと自己防衛的にならないようなはっきりした言葉で尋ねましょう。そうするとあまり自己弁護に見えず、相手を身構えさせることなく、自分の立ち位置を確認できます。

  4. 4
    操作的行動を見分ける その人があなたを無視するのが初めてであれば、それなりの理由があるのかもしれません。しかし、友人や同僚があなたや他の人を無視する時に決まったパターンがある場合、その行為から満足感を得ているのかもしれません。[3] あるいは、相手は謝罪させるきっかけを作るため、もしくは誰かの命令に従っているために沈黙を守っている可能性もあります。そして最後の可能性として、相手はあなたから力を奪うために無視しているのかもしれません。「私のことをよく分かっていたら/大切に思っていたら、あなたを無視している理由なんて確認しなくてもいいはずよね。」と相手は言うかもしれません。これらの例は自己愛性人格を示しています。そのように理解し、あなたが応じる必要はありません。
    広告

パート 2 の 3:
しつこく追及しない

  1. 1
    無視している相手の行動を見て判断する 例えば、あなたが無視している相手を追及し、追及されている理由を相手が理解していると答えたとします。相手は、無視したことを謝るかもしれませんが、またその後に無視をし始める可能性もあります。この場合、相手が本音を隠していることや、あなたと良い関係を続けることを望んでいない事実を受け入れなければなりません。
  2. 2
    あなたと距離を置くという相手の決意を受け入れる[4]  無視したことに関して相手に謝罪をしつこく強要したり、相手の態度でいかに傷ついたかをくどくど述べて、相手に説明を求めたりしてははいけません。慢性的に冷たい態度をとる人は、そうすることで満足感を得ている場合が多いのです。この件に関して歩み寄ろうと何度も努力をして相手の思惑どおりにならないようにしましょう。
  3. 3
    相手の態度が原因で自分を責めない[5]  あなたが相手と和解する努力をしてからも相手が無視を続ける場合は、それは相手が決めたことです。相手があなたやあなたの考え方に耳を傾けてくれるようにこう言えばよかった、あの時違う行動をすれば良かったと思い悩むことはありません。
  4. 4
    チャンスを与える あなたが和解を望んでいることを、無視をしている友人や家族に分かってもらいましょう。[6] 相手のことをあきらめてはいけません。人によっては、良い関係を維持する方法を見つける前に、個人的な問題を誰かに指摘してもらう必要があります。相手が誰かと話したい時や助けが必要な時はいつでも自分が力になるということを知っていてもらいましょう。
    広告

パート 3 の 3:
無視をしている人との対立を解決する

  1. 1
    コミュニケーション方法の相違として問題を考える[7] 友人やパートナーが悪意を持って無視しているのではないと仮定してみます。この場合、相手は単純に対立が深まったり長引いたりするのを避けようとしていると考えられます。おそらく相手には少し考える時間が必要で、対立後にお互いが少し冷静になれるようにしているのかもしれません。無視に対する相手の異なる考え方をあなたが理解できた時、後に相手と仲直りしやすくなり、対立が深まるのを避けられるでしょう。
  2. 2
    自分の気持ちを受け入れる あなたが気にかけている人に無視されると、心が痛むものです。無視されていることにイライラしたり怒ったり、悲しくもなるでしょう。そう感じる時は、そうではないふりをしてはいけません。[8] 自分の感情を受け入れることは、自己表現をして相手が不親切にふるまっていることを相手に知ってもらうための第一歩です。
  3. 3
    特別な機会を設けて話し合う 話し合うために時間を設定しましょう。その場では怒鳴ることや相手の悪口を言うことは禁止するなどの規則に沿って会話を進めます。また、双方は事前に目の前の問題を整理し、自分の要点を話す練習をした上で会話に臨みます。[9] 二人の間に深い精神的な結びつきを阻むような長年の問題がある場合は、このようなアプローチが役立ちます。
  4. 4
    自分の安心領域から抜け出してみる 自分自身で異なるコミュニケーション方法を試してみましょう。[10] 絶えず怒鳴り、怒り、感情が燃え上がるなど、あなたが感情的な衝突型コミュニケーターの場合、感情的になった時に自分を抑えられるように訓練しましょう。逆に、あなたが冷静な衝突型コミュニケーターであり、相手を無視することで、対立が起きた時に一歩引いて少しの間考え、自分の言いたいことや立場を説明する場合は、対立を解決する際にもっと臨場的で感情的になりましょう。ただ、我を忘れて怒鳴ったり悪態をついたりしてはいけません。
  5. 5
    必要な時にはお互いに謝罪をする 相手が説明する途中で、あなたが相手を傷つけてしまったことに気づいたら、そのつもりはなかったことを伝え謝罪しましょう。そして、相手に無視されたことで自分も傷ついたことをしっかり説明しなくてはなりません。無視をした相手を許し、あなたが必要と感じるならば、相手も自分を許してくれることを望んでいると伝えましょう。[11]
    • 無難に思える発言や物事で人を怒らせた理由を理解することは、時に難しいものです。相手が無視している理由が説得力のない曖昧なものであっても、謝罪をするとよいでしょう。
    広告

ポイント

  • 無視している人に、時間を与えましょう。そして、少しずつ相手に話してみましょう!相手があなたと友人関係を続けたいと感じれば、長い間あなたを無視することはないはずです。
  • 誰かが他の人を無視している時に理由がわからない場合は、話をして問題を解決する努力をしましょう。
  • 多くの場合、人が誰かを無視する時は、個人的な問題を解決するための時間と場所を必要としています。個人的な攻撃と受け取らず、個人のプライバシーの権利を尊重しましょう。
  • まず第一に自分を尊重し、次に大事なことは、あなたが先に相手に話しに行くのではなく、相手があなたの所に来て話すべきだということです。この場合の最優先事項は、自分自身に敬意を払うことなのです。

広告

関連記事

How to

ずる休みをする

How to

勃起を隠す

How to

夢精を止める

How to

女の子らしい女の子になる

How to

背を高くする

How to

彼があなたのことを好きかどうか知る

How to

生理中に水泳をする

How to

こっそりとコンドームを買う

How to

学校を楽しむ

How to

未来の自分に手紙を書く

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

見つからないようにこっそり家を抜け出す

How to

宿題がしたくなる

How to

アロエベラジェルでニキビを消す
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 人間関係 | ティーン
このページは 550 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告