人の信頼を取り戻すために説得する方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

この記事の内容 効果的な謝罪をする 信頼を築くためにできる行動をする 前に進む 関連記事 参照

誰かの信頼を失うことは、関係する全ての人にとって辛いものです。人から信頼を取り戻すのは難しいですが、辛抱強くなり思いやりを持つことで信頼回復が可能になります。相手が友人、家族、恋人など、誰であっても信頼を取り戻すためにできることがあるはずです。

パート 1
効果的な謝罪をする

  1. 1
    考えをまとめる 説得が難しい謝罪をする時には、おじけづいてしまうこともあるでしょう。緊張するのは当然です。事前に時間をかけて考えをまとめ、言いたいことを把握しておきましょう。[1]
    • 主要ポイントのリストを作成しましょう。リストには、謝罪、責任の受け入れ、償いのためにすべき行動を書きましょう。
    • 言いたいことを練習しましょう。鏡を見ながら声を出して謝罪の言葉を述べてみましょう。
    • 話せる時間を作ってもらいましょう。「自分が君を怒らせてしまったことはわかっている。座って話がしたいから、今週少し時間をとってもらえないかな?」と聞いてみましょう。
  2. 2
    自分の気持ちを表す 人から信頼を取り戻したいのであれば、相手と真剣に話さなければなりません。誰かに悪いことをしてしまった時には、謝ることが最善の方法です。自分の気持ちを伝えるところから始めてみましょう。[2]
    • 友情を取り戻したい時は、感じていることを相手に伝えましょう。「信頼を裏切ったことは悪いと思ってる。難しいのはわかっているけれど、もう一度友情を取り戻すために何かをしたい」と伝えてみましょう。
    • 自分の意思を伝えましょう。相手が恋人であれば、「もう一度お互いを信じあえるようになりたい。そのためならどんなことでもする」と伝えてみましょう。
    • 誠実に接しましょう。謝罪で何を伝えるにしても、心を込めて伝えるようにしましょう。嘘をついていれば相手は気づくでしょうし、関係の悪化を招く結果となるでしょう。
  3. 3
    責任を認める 謝罪をするということは、何か悪いと感じている節があるということです。誰かの信頼を取り戻すには、何が悪かったのかを理解していることを行動で示さなければなりません。謝罪とは、誤りを認めたり行動で表すことでもあります。[3]
    • 自分が何を間違えたのかをはっきりとさせましょう。仕事上の付き合いで信頼を取り戻したい時は、具体的な例を出すとよいでしょう。
    • 「この書類を慎重に確認しなかった結果、ミスをしてしまいました。会社に損失を出してしまったことは認識しています」と伝えてみましょう。自分の行動によって予期しない影響が出てしまった事実を把握していることが伝わるでしょう。
    • 友人と話している時も、具体的な例を出すとよいでしょう。例えば、「残業があるって嘘をつくべきじゃなかった。他の友達と出かける時は、正直にそう伝えるべきよね」と伝えてみましょう。
  4. 4
    積極的に聞く 建設的な会話とは、1人以上が参加する会話のことです。自分が言いたいことを言った後、相手に話す機会をあげましょう。自分が相手の話を聞いていることが伝わる方法を実践しましょう。[4]
    • ボディー・ランゲージを使いましょう。相手が話している時は頷いたり、視線を合わせたりしましょう。
    • 主要ポイントをわかりやすく言い換えましょう。こうすると、言ったことを記憶に留めていることが伝わります。
    • 例えば、「君が僕への信頼を失ったことも、信頼を取り戻すのに時間がかかることもわかっているよ」と伝えましょう。
  5. 5
    手紙を書く 面と向かって謝罪するのが一番良い方法ですが、残念なことに毎回そうできるわけではありません。相手が遠方に住んでいたり、相手が自分とは話したくないと思っているかもしれません。このような場合は、謝罪の手紙を書いてみましょう。[5]
    • 手紙は手書きで書きましょう。謝罪の手紙は、メールよりもさらに個人的なものです。重要な謝罪は、メッセージ(ラインなど)で伝えるべきではありません。
    • 手紙の内容をよく考えてまとめましょう。下書きを何枚か書き、表現や内容がふさわしいものになるようにしましょう。
    • 簡潔で的を得た手紙を書きましょう。3段落程度にまとめ、最初の段落では謝罪を伝え、第2段落では責任を認め、第3段落では問題解決のためにできることを説明しましょう。

パート 2
信頼を築くためにできる行動をする

  1. 1
    信頼できる人になる 信頼を取り戻す際に、言葉はとても重要です。また、行動も同じくらい重要です。頼れる人になり、自分が信用できる人間だということを証明しましょう。[6]
    • 有言実行を果たしましょう。毎回遅刻をしない約束をしたのであれば、自分が心を入れ替えたことを示して時間を守るようにしましょう。
    • 電話をすると約束した時間に電話をしましょう。信頼を取り戻そうとしていることを忘れてはいけません。電話をするという小さな行為でも、自分がすると言ったこと全てを守りましょう。
    • 自分は頼れる人だということを示しましょう。上司から重要な書類を整理保管するように指示された場合は、確実に時間内に仕事をこなしましょう。
  2. 2
    相手が時間をおけるように配慮する 人の信頼を失った時、お互いが感情的になってしまうこともあるでしょう。自分は罪悪感を感じるかもしれませんし、相手は悲しみや怒りを感じるかもしれません。相手は乗り越えるために時間をおく必要があるかもしれないことを忘れてはいけません。[7]
    • 早めにこの状況を解決したいと思うのは当然のことですが、相手には時間が必要だということを理解しましょう。
    • 「自分たちの関係を本当に元通りにしたいんだけど、君には少し時間が必要だっていうこともわかるよ」と伝えてみましょう。
    • 相手の境界線を理解しましょう。数日間は電話をしないでほしいと誰かに言われた場合には、相手に必要な時間をあげましょう。
  3. 3
    愛情、思いやり、感謝を表す(英語ではthree Aと言われ、Affection、Attention、Appreciationの3つの意味) 恋愛関係を修復したい場合は、更なる方法を実践して相手を思う気持ちを示すことができます。愛情、思いやり、感謝の三つが大事です。日々これらの感情を表わす方法を考えましょう。[8]
    • 愛情を示す方法はたくさんあります。例えば、恋人が仕事から帰って来た時にハグをするのを忘れない、などです。
    • 小さな気配りでも思いやりを伝えることができます。恋人がコーヒーを飲みたい時には、頼まれる前に入れてあげましょう。
    • 相手への感謝の気持ちを言葉にして表わしましょう。「気遣ってくれていること、本当に感謝している」などと伝えてみましょう。
  4. 4
    期待以上の責任を負う 自分が信頼できる人間であることを示すひとつの方法は、一層の努力を見せることです。個人的でも仕事上の関係でも、信頼を取り戻そうとしている時には、期待以上の責任を負うようにすると非常に効果的です。懸命に努力している姿勢を見せることができるでしょう。[9]
    • 上司に対して、自分が信頼できる人間だともう一度説得したい場合もあるでしょう。上司が、月末報告の作成などで人手を必要としている時は、自主的に残業しましょう。
    • 友情を取り戻したい時は、自分の時間を削ってでも何か良いことをしてみましょう。友人が職場で忙しくしている日には、昼食に連れ出してあげるのもよいでしょう。
    • 恋人との関係を修復したい場合もあるでしょう。頼まれる前にお皿を洗ったり、ごみ出しをしてみましょう。
  5. 5
    自分自信でいる 信頼を取り戻そうとしている時に、自分は変われるのだということを見せることが重要です。それと同時に、誠実さを示すのも大切ですが、性格を完全に変えようとしてはいけません。[10]
    • 極端に変わろうとすると誠実には見えないでしょう。親からの信頼を取り戻したい時は、急に他の子供のように振る舞ってはいけません。
    • 両親は家の手伝いをもっとしてほしいと思っているかもしれません。ですが、そのために友人との外出を完全にやめる必要はありません。ただ、バランスを見いだして努力をすればよいのです。
    • 人格を変えようとしてはいけません。普段から友人と冗談を言い合える性格であれば、それをやめる必要はありません。常に真面目すぎる人間になってしまうと、誠実には見えないでしょう。

パート 3
前に進む

  1. 1
    辛抱強くなる 関係が始まった当初、信頼関係をすぐに築けたわけではないはずです。信頼は時間をかけて得るものです。信頼関係が崩れた時、修復には時間がかかります。[11]
    • 修復過程を急がないようにしましょう。相手が自分をもう一度信頼するには、時間が必要なことを理解しましょう。
    • 要点を伝えましょう。「修復にはしばらく時間がかかるだろうけど、それはわかっている。好きなだけ時間をかけてね」と伝えましょう。
    • 現状にくよくよ思い悩まないようにしましょう。大事なことですが、一旦謝罪をして信頼を取り戻す努力をし始めたのであれば、常にその状況について考えこむ必要はありません。
  2. 2
    感情を把握する 個人的な関係を修復する際には、とても複雑な過程に感じることもあります。きっと様々な感情が押し寄せてくるでしょう。相手も感情的になっているかもしれないことを忘れてはいけません。[12]
    • 罪悪感、苦悩、悲しみ、不満などを感じるのは当然です。自分が様々な感情を持つことを許してあげましょう。
    • 自分の感情を理解し、気持ちを切り替えましょう。「今日はかなり罪悪感を感じている。だけど、改善するために努力をしているのだから、自分に辛くあたってはいけない」と自分に言い聞かせましょう。
    • 友人には恐らく様々な感情が押し寄せていることを察しましょう。傷心、怒り、悲しみなどの感情は、普通のことです。
  3. 3
    新しい関係を築く 信頼が崩れた場合でも関係を修復することは可能ですが、これまでの強い関係ではなくなる事実を理解しておくことが重要です。以前と異なる関係になるという心の準備をしておきましょう。[13]
    • 上司の信用を踏みにじってしまった場合もあるでしょう。その場合、当面は職場で責任のある仕事は任されない事実を受け入れる心積もりをしておきましょう。
    • 恋愛関係で信頼を裏切ってしまった場合、以前ほど親密にはなれないかもしれません。恋人はしばらくの間、親密感を持ってあなたを信用することはないかもしれません。
    • 崩れた友情と向き合う場合、今現在の友情は以前よりも表面的であることを受け入れなければならないでしょう。
  4. 4
    様々な結果に向き合う準備をする 人の信頼を失った場合でも、信頼を回復する可能性はあるでしょう。しかしながら、関係が修復できないほど崩れてしまう可能性もあることを理解しておかなければなりません。心の中で、様々な結果に備えておきましょう。[14]
    • 気持ちを切り替える必要があるかもしれない事実を受け入れましょう。ある人が、もう自分と友達でいたくなくなった場合には、相手を強要することはできません。
    • 自分の生活の中でポジティブなことを探し、それに集中しましょう。自分がしていること全てのリストを作成してみましょう。
    • 他の人達と時間を過ごしてみましょう。今、自分の周りにいる人との関係を深めることに集中しましょう。

ポイント

  • 何事にも焦ってはいけません。信頼を築くには、時間がかかるものだということを理解しましょう。
  • 自分に厳しくしすぎないようにしましょう。状況を良くするために、自分は努力をしていることを忘れないようにしましょう。
  • 常に誠実でいましょう。信頼を築くには最も効果的な方法です。

記事の情報

カテゴリ: 友情

他言語版:

English: Convince Someone to Trust You Again, Italiano: Convincere Qualcuno ad Avere di Nuovo Fiducia in Te, Español: convencer a alguien para que vuelva a confiar en ti, Português: Convencer Alguém a Confiar em Você Novamente, Русский: убедить кого то снова вам довериться, Deutsch: Vertrauen wiederherstellen, 中文: 再次获取别人的信任, Français: convaincre quelqu'un de vous faire confiance à nouveau, Bahasa Indonesia: Meyakinkan Seseorang agar Percaya Lagi kepada Anda, Tiếng Việt: Thuyết phục Người khác Tin tưởng Bạn thêm lần nữa, العربية: إقناع شخص أن يثق بك مجددًا, Nederlands: Iemands vertrouwen terugwinnen, ไทย: สร้างความเชื่อใจขึ้นมาใหม่, 한국어: 다른 사람의 신뢰를 얻는 방법, हिन्दी: किसी को आप पर फिर भरोसा करने के लिए समझाएं (Trust you again)

このページは 87 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?