PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

人の夢に入り込むのは難しいものです。人の夢に影響を与えることはできるものの、潜在意識によってその人が直面している問題に対処する内容の夢が作り出されるため、うまくいかない場合があります。[1] それでもなお、この記事に記載されている、知人の夢に影響を与える方法を試してみることはできるでしょう。1つ目の方法は、その人が寝る前に意識に入り込むこと、2つ目は全般的に相手の記憶に残るようにすることです。

方法 1
方法 1 の 2:
人の意識の中に入り込む

  1. 1
    相手に自分の写真を見せる この方法は、相手があなたの写真をベッド脇に置くと成功しやすいでしょう。その人が眠りにつく直前に目にするのがあなたの写真であれば、あなたの夢を見る可能性が高くなります。[2]
  2. 2
    就寝時間が近づいたら相手に電話する、またはメッセージを送る 相手が寝る前に会話をすれば、眠りにつく際にあなたのことを考える可能性が高くなるでしょう。[3]
  3. 3
    相手に話しかける まずは相手が深い眠りにつくまで待ちます。その人が夢を見ている間に、「○○(自分の名前)の夢を見て」または「今夜、○○(自分の名前)はとてもきれいだったでしょ?」などと静かに囁いてみましょう。声が大きいと起きてしまう場合があるため、注意しましょう。[4]
    • この方法による成功率が高い理由は、音や感覚が夢に影響する傾向があるからです。そのため、あなたの声を相手に聞かせると、その人の意識の中にあなたのイメージが浮かぶきっかけとなるかもしれません。[5]
  4. 4
    特徴的な香りを使う 特徴のある香水を持っている場合や、特殊な石けんを使うほうがよければ、その香りを眠っている相手に嗅がせましょう。音と同様に香りも夢に影響する可能性があるため、その香りによって相手があなたのことを思い出した場合には、夢にあなたが現れるかもしれません。[6]
  5. 5
    自分の姿を録画する 相手が寝る前にその動画を見れば、あなたの夢を見る可能性が高まるかもしれません。
  6. 6
    自分を思い出させるものを置く 例えば、相手が自分のことを思い出すように、お気に入りのネックレスを置きます。寝る前に自分のことを思い出してもらえるように、相手のベッド脇に置いてみましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
相手の記憶に残るようにする

  1. 1
    自分のユニークな個性を活かす 黒縁メガネが好みでも、猫を20匹飼っている場合でも、あなたを印象付けるのはその特殊な一面なのです。自分の夢を見てもらいたい相手に、そのユニークな面を見せるのを恐れてはいけません。[7]
  2. 2
    素の自分を出す これは、自分の意見や考えを隠さないということです。真の自分自身でいれば、人の記憶に残りやすいでしょう。[8]
    • 例えば、注目してもらいたい相手に好きな映画を聞かれた場合、ただ単に「あぁ、コメディーだよ」と答えるのではなく、「最新のスタートレック映画がとても気に入ったよ。スタートレック好きの人には評判がよくなかったけど、 ストーリー展開がすごくよかった」と具体的に答えましょう。
  3. 3
    相手を褒める 人は自分自身に関してよいことを言われるのを好むため、実際に人を褒めれば記憶に残る可能性が高まるでしょう。[9]
  4. 4
    独特な行動を取る 人の意識の中に留まるには、周りよりも目立つ必要があります。そのため、普通ではない行動を取る必要があります。相手の近くで面白い帽子をかぶってみたり、ケーキを作ってあげるなど、特にあなたを印象付ける行動をとってみましょう。[10]
  5. 5
    熱心に耳を傾ける 相手に興味があることを示すには、熱心に耳を傾けるのも1つの方法です。こうすると、相手の思考や発言を心から気にかけていることが相手に伝わるでしょう。これほどの資質を持つ人はめったにいないため、印象に残りやすいでしょう。[11]
  6. 6
    相手を引き付ける話をする 単に相手と会うだけの場合は、自分に関して記憶に残る話をします。質のよい話は本当に面白いものです。[12]
    • 例えば、東京での集まりで姉妹の友人に会うとします。このような場合には、「○○の妹で、ずっと大阪に住んでいます。夜行バスで来たんですが、あまりにも遠かったのでもう関西弁を忘れてしまいました!」などと言ってみるとよいでしょう。
  7. 7
    面白い話題を選ぶ 会話を始める際には相手の仕事や天気に関する質問はしないようにしましょう。代わりに、地元で上演中の演劇や読み終わったばかりの感動した本など、興味深い話題について話してみましょう。[13]
    広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む17人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,595回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 4,595 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告