関節をポキッと鳴らすと凝りが解れることがあります。その行為をクラッキングといいますが、人の背中をクラッキングをして軽い痛みや凝りを緩和させることができます。背中のクラッキングを頼まれたら、平な床やベッドの上にうつ伏せになってもらい、相手が気持ちよく感じるまで背中を押しましょう。ただし、背中のクラッキングを医師は勧めません。激しい痛みがある場合は特に推奨しません。医療専門家の下で行うなら別ですが、そうでなければ控えましょう。[1] 軽い痛みや凝りがある場合にのみ行いましょう。

方法 1 の 2:
人の背中をクラッキングして症状を和らげる

  1. 1
    カイロプラクターが行う穏やかなマッサージ法を忠実に守る その他のやり方でクラッキングを行うと危険な場合があり、専門家は推奨していません。合併症のリスクを抑えるためにもカイロプラクターが行う穏やかなマッサージ法を忠実に守りましょう。ベアハグと言われる強い抱擁や相手を持ち上げるようなやり方でクラッキングを行うのは避けましょう。腕力に任せてのクラッキングはトラウマを引き起こす可能性があります。[2]
    • ここで紹介する方法やカイロプラクターの指導に基づいたもので安全に実施できます。ただし、一番良いのは専門家に相談することです。
  2. 2
    平らな面に横になってもらう クラッキングを受ける人に平らな面でうつ伏せになってもらいます。ベッドやテーブルの上か床にうつ伏せになってもらいましょう。[3]
  3. 3
    患者の背中と尻を押す 安全に背中をクラッキングするには、強い力で押すというよりも優しいマッサージに似た感覚で行います。片手で相手の尻を、もう片方の手で上背部を軽く押しましょう。まずは押す離すの動作を優しく数秒間行いましょう。[4]
  4. 4
    背中を押しながら骨盤を引き上げる 患者の尻の少し上の腰背部に手を当て、もう片方の手を片側の骨盤の下にいれます。骨盤を少し持ち上げながら腰背部を優しく押し下げます。[5]
  5. 5
    患者の脚を上げ下げしながら背中を押す 骨盤を整えた後、うつ伏せの状態のまま患者に両脚を上下に動かしてもらいます。カイロプラクターが使う治療専用のテーブルがあると上手く機能します。治療専用のテーブルは下半分が多少上下に動く仕組みになっているため患者自らが脚を動かす必要がありません。しかし専門家でない限りそのようなテーブルは持ち合わせていないでしょう。患者に行ってもらいましょう。この動きもクラッキングの一部なため、穏やかに上下に動かしてもらいましょう。[6]
  6. 6
    腰背部を押す 背骨の一番下の少し上の部分を押します。患者が気持ちよく感じるまで押し続けましょう。ただし、関節が鳴る音(クラッキング音)が必ずしも聞こえるとは限りません。それでも揺らしたり押したりするだけで患者は関節が解れる感覚がもて爽快感が味わえるでしょう。[7]
  7. 7
    処置を行っている間患者に話しかける 背中をクラッキングしている間、患者に話しかけて不快感がないことを確かめましょう。処置が正しく行われていることを確認するためにも常に状況を尋ね、患者が違和感を覚えたらすぐに止められるように、患者に報告してもらいましょう。患者が痛みを覚えてもなおクラッキングを続けると怪我の恐れがあります。[8]
    広告

方法 2 の 2:
安全策を講じる

  1. 1
    痛みが酷くなったら医師の診察を勧める 激しい痛みがある人に背中のクラッキングを行ってはいけません。そのような状況でクラッキングを行えば深刻な合併症を引き起こす可能性があります。重度の腰痛の治療は医療専門家のみが行います。[9]
  2. 2
    頻繁に背中をクラッキングしない 背中のクラッキングが頻繁に必要だと感じる場合には、背中の筋肉や背骨に関連した基礎疾患があることが疑われます。背中のクラッキングは一時的に痛みを和らげることはできても、酷い腰痛の治療にはなりません。[10]
  3. 3
    背痛や腰痛を防ぐための対策を講じる 頻繁に背中のクラッキングを行うと健康全般に悪影響を及ぼします。クラッキングに頼るのではなく、次のステップを踏んで痛みがでないように予防しましょう。[11]
    • 骨の健康維持のためにバランスの取れた食事をとりましょう。
    • 筋肉をストレッチするために定期的に運動を行い余分な体重を落としましょう。
    • 足にフィットする靴を履きましょう。
    • 喫煙を止めましょう。ニコチンは背痛や腰痛を悪化させる可能性があります。
    広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

一日で体重を2キロ減らす

How to

低体重の人が体重を増やす

How to

食欲を増やす

How to

抜けにくいタンポンを取り出す

How to

一晩で体重を落とす

How to

消化を早める

How to

自分で抜糸する

How to

1週間で5kg痩せる

How to

10日で体重を減らす

How to

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らす

How to

早く結膜炎を治す

How to

脳への血流を増やす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 383 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告