PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

好かれたいという気持ちは誰にでもあります。より深く理解し合えることで、良い印象を与え、公私共に長い人間関係が築けるかもしれません。人を惹きつけることで、人脈づくりや人間関係構築のための新たな機会が生まれます。人を惹きつけるためには、適切なボディランゲージを用い、適した言葉を選びましょう。さらに、「自分は特別なんだ」と相手が感じられるような、接していて心地良く思ってもらえるような性格特性を形成していきましょう。

方法 1 の 3:
ボディーランゲージを用いる

  1. 1
    きちんとした身だしなみを心がける 自分の見た目に気を配りましょう。髪はブラッシングし、髭も整え、外出して人と接する前に必ず顔と首元を洗いましょう。必要に応じて最低限のメイクもし、自然な第一印象を与えることを目指しましょう。自分の体型を引き立たせる色やスタイルの服を選びましょう。ただし、派手なもの、露出度が高いもの、あるいは催し物や打ち合わせなど、その時の場に適さないもの(気軽な場にスーツを着ていく、フォーマルな場にジーンズで現れる、など)は避けましょう。
  2. 2
    笑顔を見せる 笑顔を作ると自分の気持ちが前向きになるだけでなく、親切かつ楽しそうに見えるので周囲の人もあなたに話しかけようという気持ちになります。ただし、誰かに会って直ちに微笑んでしまわないよう注意しましょう。まず、挨拶する際に短い間を置いて相手の顔を観察しましょう。次に優しそうな笑顔を見せ、瞳にも同じ気持ちを込めましょう。こうすることで、あなたの笑顔が自分だけに向けられているような印象を相手に与えます。[1]
  3. 3
    アイコンタクトを保つ アイコンタクトをとると、相手と理解し合いたいと思っている気持ちや親しみやすさを示すことができます。気になる人がいれば、誰が話しているのかに関わらず、時々その人のほうを見て、反応が気になるということを示しましょう。会話中は誰も不快にならない範囲でアイコンタクトを保ちましょう。[2]
    • 例えば、相手の目に視線がくっついてしまったかのようにじっと見つめることがポイントです。話が終わってさらに数秒経過するまで目をそらさないようにしましょう。ゆっくりと名残惜しむように、くっついた状態を引きはがすように視線をそらします。[3]
    • その他に、会話の最中に相手が何回瞬きをするのかを数えるという方法をとることもできます。[4]
    • ただし、このような視線で不快な気持ちになる人もいるという点に注意しましょう。相手がじっと見られていることに否定的な反応や緊張している様子を示している場合は、より頻繁に視線をそらしましょう。[5]
  4. 4
    相手に体を向ける 人間は、相手が自分にどのように接するのかという点に注意を向けます。初対面の相手に対しては、その人のほうに体を向けて真っすぐに見ましょう。このように体を向けると、あなたにとってその相手が特別なのだということが伝わります。[6]
  5. 5
    そわそわしない 頻繁に体を動かしたり、顔の近くで手をせわしなく動かしていると、相手が重要ではないかのような、あるいは早く会話を終わらせたいと思っているかのような印象を与えてしまうかもしれません。場合によっては、信頼できない人だと思われてしまう可能性もあります。会話の最中は相手に視線を合わせ、そわそわと小刻みに動いたり、もぞもぞしないよう注意しましょう。身をよじらせる、髪をいじる、引っかくなども禁物です。[7]
  6. 6
    背筋を伸ばす 背筋は真っすぐに、ただし無理のない範囲で伸ばしていると自信があるような印象を与えます。頭を高く上げ、肩を引き、軽やかに歩きましょう。落ち着きを見せながら冷静に身を動かし、背筋を伸ばして腰かけましょう。足元をじっと見つめたり、背中を過度にこわばらせないよう注意しましょう。前かがみになってしまうのも禁物です。
    • 天井や戸口に馬具のハミが吊り下がっている様子を思い浮かべ、それを噛んでいるところをさらに想像します。この状態の時、大きな笑顔を浮かべている表情になり、姿勢は真っすぐで、体は軽く感じられます。[8]
  7. 7
    出会う人すべてが昔からの友人だと思ってみる 昔から知っている大切な人のことを考えてみましょう。誰かと初めて会う際は、その大切な人を思い浮かべます。こうすることで、自分の体と表情を上手にだまし、肩の力を抜くことができ、より心を開き親しみやすい態度で接することができるかもしれません。例えば、眉の表情が優しくなり、自然に笑みが浮かぶでしょう。また、その相手を好きなふりをして接したほうが、その相手との会話をより容易に楽しめるようになります。[9]
  8. 8
    相手のボディランゲージを読む 相手を惹きつけられるボディランゲージを自分で用いるだけでなく、相手のボディランゲージを読むことも大切です。表情や姿勢から相手が感じていることが理解できれば、適切に反応することが可能になります。興味がある、退屈している、あなたに賛成している、あるいは、あなたに気があるということをほのめかしていることもあるかもしれません。こうしたヒントを認識することができれば、次にどう行動すべきかが分かるでしょう。
    • 純粋な笑みを見落とさないようにしましょう。笑顔になると目じりにしわが寄り、口元と一緒に頬が引き上げられます。これは心からの笑みで、その人はあなたとの親交を楽しんでいるということを意味しています。[10]
    • 立ったり座ったりしている時の相手の足がどちらを向いているのか見てみましょう。つま先があなた自身のほうに向けられていれば、相手はこの時間を楽しんでいるということを意味しています。同様に、あなたとは別のほうに向けられている場合は、この場を立ち去ろうとしています。[11]
    • 胴体があなたのほうを向いているという状態も、相手が楽しんでいることを意味している可能性があるものの、腹部が別のほうを向いているという場合は、守りに入っている、あるいは会話が楽しめていないという可能性もあるでしょう。[12]
    • そわそわと手や脚、腕を動かしたり、脚を組んでいる場合は、不安になっている、退屈している、あるいは怒っている可能性があります。[13]
  9. 9
    触れる より近づき、それに対する相手の反応を観察しましょう。体をこわばらせたり、緊張している様子が見られた場合は、徐々に距離を広げましょう。くつろいでいる様子が見られたり、より近づくよう促しているようであれば片腕に触れて、和やかな雰囲気を作りましょう。
    広告

方法 2 の 3:
適切な言葉を選ぶ

  1. 1
    挨拶する 初めて会う相手には常に挨拶をするよう心がけましょう。気さくな「こんにちは」という一言でたいていの場は通用します。これによってコミュニケーションが始まり、やり取りの雰囲気が決まります。相手があなたのことに気づいていなかったとしても、これで気づいてもらうことができます。[14]
    • 自己紹介し、相手がまだ名乗っていない場合は相手の名前を尋ねましょう。
    • 「お会いできて本当に嬉しいです」といった一言を添えて、話すことができて嬉しいという気持ちを伝えましょう。
  2. 2
    質問する 初対面の人を惹きつけるための最大のポイントの一つが、質問するということです。純粋に興味があるということが伝われば、その後もあなたと話したいと思ってもらえたり、あなたに対してより強い関心を抱いてもらえることにつながるかもしれません。相手についてできる限り多く質問して、その人をよく知るようにしましょう。趣味や好きなもの、興味を持っているもの、あるいは目標について質問してみましょう。はい、いいえで終わってしまわないように質問の仕方を工夫すると、相手の返答を促し、より多くの情報が共有されます。
    • まずは服装などを褒めることから始めましょう。演技を披露し終えたばかり、あるいは会議や打ち合わせで話し終えたばかりという場面であれば、演技や話した内容を褒めてみましょう。相手のこれまでの業績を知っているのであれば、その中から褒められる点を見つけ、口に出して褒めましょう。「素敵な靴ですね」や「先ほどお話されていた内容、素晴らしかったです」といったように切り出すことができます。
    • パーティーといった特別な催し物に参加しているのであれば、「主催者とはどのようなご関係なんですか?」といった質問をすることができます。
    • 「どのような音楽が好みですか?」や「最近観た映画はありますか?」といった質問も相手と打ち解けやすいでしょう。
    • 共通点を強調しましょう。例えば「私もワイン(あるいはアート、ファッションなど)にハマっているんです。お気に入りはありますか?」というように上手に会話に取り入れてみましょう。
  3. 3
    名前を忘れない 名前を覚えていれば、興味を持っているということが確実に相手に伝わります。初めて聞いた後に声に出して繰り返しましょう。次に、記憶術(ストーリー法など)を使って何度も頭の中で繰り返します。[15]
    • その人物の背景や印象と関連付けると、格段に顔と名前が思い出しやすくなります。
  4. 4
    特定の話題を避ける 負のエネルギーは周囲を自分から遠ざける傾向があります。相手に文句を言う、侮辱するといった行為のほか、噂話、皮肉なども会話に用いないよう注意しましょう。物議をかもしている話題、自分をうわべだけの人間のように見せてしまう恐れのある話題(お金、宗教、健康に関するものなど)も避けましょう。
  5. 5
    配慮しながら丁寧に接する 多少必要以上に丁寧に接し、敬意を持っているということを示していれば、相手から前向きな反応が返ってくるでしょう。年配の人や目上の人には敬称を用い、「ありがとうございます」や、お礼を言われた際は「とんでもございません」といった言葉を必ず用いましょう。[16]
  6. 6
    率直に、正直に接し助けになる こうした特性はどのような人間関係においても重要な要素ですが、情報が保護されている職場環境では特に有益でしょう。現時点では把握していないものの、調べれば相手に提供できるような情報がある場合は、何か分かれば共有すると伝えましょう。格別な努力をして助ける気持ちがあるということが伝わります。[17]
    • 「状況を説明すると、こうです」「何か手伝えることはありますか?」「調べてみますね」といった表現を用いましょう。
    • 助けを申し出ると、感謝され喜ばれます。あなたの手助けが誰かの成功につながるのであれば手を差し伸べましょう。あなたの存在に気づき、あなたの率先した協力的な人柄が好まれ、惹きつけられる人が増えるでしょう。
    • 自分の弱みを認めることを恐れないようにしましょう。改善点を認めることのできる器の大きな人物、助けを必要としていることを恐れずに認められる人物は好かれます。謙虚さを少し見せるだけで周囲のあなたに対する考えが、かなり大きく変わるでしょう。
  7. 7
    励ましの言葉をかける 他者から承認されるとやる気が増し、結果的により多くの成果を出すことができます。つまり、誰かを励ますことで前向きな影響を及ぼすことができるのです。「君ならできるって信じてるよ」といった一言は励みになり、相手を元気づけます。それだけでなく、あなたの好感度もかなり高まるでしょう。[18]
  8. 8
    もっと話をする 沈黙を破ることを恐れない人は好かれます。会話が静まり返ると、人は相手が何を考えているのか、自分は好かれているのだろうか、など色々なことを気にしてしまう傾向があります。考えていることを声に出すと、当て推量が交流に代わり、周囲の肩の力も抜けるでしょう。[19]
    • 話題にできそうなことを探しているのであれば、朗報を共有するようにしましょう。前向きな物の見方で元気が出るような知らせがある人になりましょう。国内のニュース、海外のニュースでも、会社や企業団体にとっての朗報でも構いません。子供が生まれた、といった個人的なことでも良いでしょう。
    • 2~3の笑える話、あるいは面白い話を用意しておきましょう。自己紹介の後、こうした話題を使って会話を始めると、ゆったりとした人だということが相手に伝わります。沈黙を破る際にも便利です。
  9. 9
    良い印象を残せたら会話を終える 去り際は相手の名前を用いて挨拶をしましょう。会話の後も相手は良い気分で過ごすことができます。ここでのポイントは、あなたのことをもっと知りたいと相手に思わせることです。例えば、また会って話をしたいと思ってもらえたり、あなたの言葉や行いに好奇心を抱いてもらうことができれば理想的です。去り際は、挨拶のほかに連絡先を交換してから次の仕事に向かったり、別の人との会話を開始しましょう。[20]
    • 「知り合うことができて本当に嬉しいです、今日はありがとうございました」といった表現を用いましょう。
    • リレーションシップ・カウンセラーの中には、恋愛関係にすぐには発展させないことを推奨する人もいます。先延ばしにすることで友人関係から始まり、相手をよく知ることができるので魅力が高まるかもしれません。
    広告

方法 3 の 3:
魅力的な性格特性を形成する

  1. 1
    前向きになる 前向きな感情や考え方を育み、同じく前向きな会話を築けるようになりましょう。人間は自分の気分を良くしてくれる人やものに惹かれます。楽観的になり、物事の良い面を見る練習をして、前向きな雰囲気を周囲にも広めていきましょう。
    • 障害となっている個別の物事ではなく大局に目を向けられるようになりましょう。自分の関心事を自分が抱える問題の外に広げましょう。自分が抱える問題は脇に寄せ、その場を明るくして周囲の話に集中して耳を傾けられる人が好まれます。
    • 自分の人生に関わっている人、物事、成功、そして経験に感謝しましょう。感謝の気持ちが会話にもあふれるようにして、知り合うことができて嬉しいというあなたの気持ちを相手に知らせましょう。感謝していることを日記などに書き留めておくと、初対面の人と会う前も後も前向きな気持ちを維持しやすくなります。[21]
    • 後ろ向きで否定的、あるいは批判的な考えを自分や周囲に対して抱いてしまっている自分に気づきましょう。こうした時は、対象の人物(自分あるいは他人)に関する前向きな点を2つ考えて対抗しましょう。[22]
    • 前向きに見える姿勢を維持しましょう。背中を真っすぐに伸ばし、肩は少し後ろに引き、顎を高くして腕を広げます。会話の最中もこの姿勢を続けることで、自信があり前向きだという印象を与え、結果的に前向きな気持ちが強化されていきます。[23]
  2. 2
    自信を持つ 自信を持って考え振舞うことで大きな変化が現れるのはボディランゲージだけではありません。人間関係が強まり、自尊心、さらに他人を説得する能力もまた高まります。自分には価値観と才能、そして技能があり、他人の要望に役立てることができるということを認識できるようになるはずです。
    • 何か言いたいことがある時は声に出し、自信を持って述べましょう。言いたいことは、末尾で抑揚を上げる質問形式にしないよう意識しましょう。また、主張するときは「~と思います」といった不確かさを醸し出す表現の使用は控えましょう。
    • 自分の特別な点を毎日、自分に言い聞かせましょう。鏡を見て「いいね」と自分に向かって言いましょう。自分で自分が気に入っていれば、他人もあなたのことを好きになります。
    • 何らかの成果を出すことができた時は、それを自分で評価しましょう。また、問題ではなくその解決策に目を向けましょう。
  3. 3
    元気よく積極的に振舞う 熱心さ、やる気は伝染します。「やればできる」という心構えで前向きに、自信を持って、明るく振舞っていると、周囲にプラスの影響を及ぼすこともあります。周囲も、あなたと知り合って、そのカリスマ性にあやかり、さらにあなたのエネルギーがどこから生じているのかを突き止めたいと思うでしょう。特定のテーマ、趣味、プロジェクト、あるいは人物に対する自分の情熱を臆さずに伝えましょう。
    • 夜はしっかりと睡眠をとりましょう。毎日同じ時刻に就寝し、照明はすべて消しましょう。また、就寝前はアルコール摂取や量の多い食事を避けると、翌朝の調子が改善されているように感じるかもしれません。[24]
    • 朝は水を飲んで体内に水分を補給し[25] 朝食をとりましょう。[26]
    • 毎日15~30分は外で自然光を浴びましょう。曇っている日は光療法用照明を使いましょう。[27] 散歩に出かけましょう。最低でも20分は外で過ごすと、心身ともに20パーセント元気が増します。[28]
    • カフェインやエナジードリンクは控えましょう。[29]
  4. 4
    押しつけがましくならない 押しつけがましい人は周囲にストレスを与えます。自分の考え、信念、選択を他人に押し付けようとする人を好きになるのは難しいものです。柔軟に、異なる状況や性格に臨機応変に対応できるようになりましょう。ゆったりとした性格で心が広い人だということが分かれば、周囲も、より容易にあなたと仲良くなれるでしょう。[30]
  5. 5
    人を笑わせる 一緒に笑い合うことができると、より仲が深まります。自分を笑わせてくれる人に、また人生や、その場の会話におおらかな気持ちで向き合える人に人間は惹かれます。冗談で人を笑わせるような性格ではない、あるいは冗談をあまり言いたくないのであれば、身の回りの何らかの物事に面白味を見いだせるようになると良いでしょう。よく笑う人と思われたほうが、つながりは自然に深まります。[31]
  6. 6
    人の話をよく聞く 誰でも自分の話を聞いてくれる人と接したいと思うものです。自分が話した後は、常に少し間を置き、周りを見渡して反応を待ちましょう。自分以外の人が話している時はアイコンタクトを絶やさず、うなずいたり、相槌を打つなどして、賛同していることを示しましょう。聞くという姿勢によって、相手の話す内容に関心を持っているということが伝わります。また、相手が話した内容を自分で言い換えたり、質問をすると本当に聞いていたということが相手にも分かります。
  7. 7
    後日連絡する 会話をした後日に連絡をし、その時の話題に通じる話題を絡めることができると、会話に本当に耳を傾けていたということが、さらに裏付けられます。話題になった内容を一つ選び、その人を想起させるような別の経験と関連付けてみましょう。例えば、「テラス席のあるカフェの前を通り過ぎた際に、あなたが外でコーヒーを飲むのが好きだったということを思い出しましたよ」と伝えます。これをきっかけとして上手に利用し、次はカフェで待ち合わせる約束ができるかもしれません。
    • こうした連絡は、直接の会話でも、メモ、電話、メールなどでも良いでしょう。
    • 可能であれば、相手にとって特別な意味を持つ日付(誕生日、記念日、卒業式など)を覚えておきましょう。カードを送ったり、心のこもった贈り物を渡すと良いでしょう。
  8. 8
    出会いのある環境に身を置く 「自分の殻を破って挑戦する」という表現があります。新しい仕事、新しい恋人、あるいは新しい人脈を求めている人も、定期的に新たな出会いのある環境に身を置くと、社交的な場でも、より肩の力を抜いて人と交流できるようになります。また、様々な人と知り合うことができるでしょう。[32]
    • 外出する時は大人数のグループに加わらないようにし、一緒にいるのは2名までにしましょう。大人数になると、お互い守りに入ってしまうことがあるだけでなく、普段のグループの外で人と知り合う気がないという意思表示をしてしまうことになります。
    広告

関連記事

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
男性から好意を持たれているか知る男性から好意を持たれているか知る
落ち込んでいる彼女を慰める落ち込んでいる彼女を慰める
陰口を叩く人に対処する陰口を叩く人に対処する
誕生日のお祝いに応える誕生日のお祝いに応える
車椅子を利用している人と接する車椅子を利用している人と接する
失礼な人に対処する失礼な人に対処する
より良い人になるより良い人になる
人の感情を認識する人の感情を認識する
好きな男性に自分の存在をアピールする好きな男性に自分の存在をアピールする
馬鹿にされたとき言い返す馬鹿にされたとき言い返す
冗談に対応する冗談に対応する
ウインクをするウインクをする
存在感を消す存在感を消す
広告
  1. http://www.womansday.com/relationships/advice/a6429/reading-body-language/
  2. http://www.womansday.com/relationships/advice/a6429/reading-body-language/
  3. http://www.womansday.com/relationships/advice/a6429/reading-body-language/
  4. https://www.psychologytoday.com/blog/fulfillment-any-age/201206/the-ultimate-guide-body-language
  5. http://www.psychologytoday.com/blog/real-men-dont-write-blogs/201108/how-attract-women
  6. http://www.forbes.com/2010/04/20/how-to-remember-names-entrepreneurs-human-resources-remember-names.html
  7. http://www.inc.com/bill-murphy-jr/19-words-that-will-make-people-like-you-more.html
  8. http://www.inc.com/bill-murphy-jr/19-words-that-will-make-people-like-you-more.html
  9. http://www.inc.com/bill-murphy-jr/19-words-that-will-make-people-like-you-more.html
  10. http://time.com/135945/make-people-like-you/
  11. http://www.huffingtonpost.com/lisa-mirza-grotts/cocktail-party-conversati_b_481397.html
  12. https://www.psychologytoday.com/blog/hope-relationships/201409/6-ways-become-more-positive-today
  13. https://www.psychologytoday.com/blog/hope-relationships/201409/6-ways-become-more-positive-today
  14. https://www.psychologytoday.com/blog/hope-relationships/201409/6-ways-become-more-positive-today
  15. http://www.huffingtonpost.com/2011/08/20/energy-in-morning_n_931730.html
  16. http://www.huffingtonpost.com/2011/08/20/energy-in-morning_n_931730.html
  17. http://www.huffingtonpost.com/2011/08/20/energy-in-morning_n_931730.html
  18. http://www.huffingtonpost.com/2011/08/20/energy-in-morning_n_931730.html
  19. http://www.huffingtonpost.com/2011/08/20/energy-in-morning_n_931730.html
  20. http://www.huffingtonpost.com/2011/08/20/energy-in-morning_n_931730.html
  21. http://time.com/135945/make-people-like-you/
  22. http://time.com/135945/make-people-like-you/
  23. http://www.forbes.com/sites/dorieclark/2013/03/15/how-to-attract-the-right-people-to-your-life/

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む12人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 社交関係
このページは 167 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告