人を意のままに操る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:人の心を操るスキルを磨く様々な心理操作の方法を用いる自分の周りの人を操る9 出典

人を心理的に操作することで、相手を自分の思い通りに動かし、欲しいものを手に入れることができます。[1] 例えば、上司に昇給を認めさせたり、恋人や伴侶にロマンチックな旅行へ連れて行ってもらうこともできるでしょう。ただしこの方法は一般的に非道徳的で悪いことだと考えられています。目的は何にせよ、他人の心理を操る場合は如才なく立ち回ってスキルを磨くことが大事です。様々な心理テクニックを試し、あらゆる状況で実践できるようにすると良いでしょう。この記事では、嘘泣きよりも即効性のある心理操作方法をご紹介します。

1
人の心を操るスキルを磨く

  1. 1
    演技のレッスンを受ける 心理操作を行う上で重要なことの一つに、自分の感情をコントロールして、演じている感情を相手に信じ込ませることがあげられます。実際よりも苦しんでいるように見せかけたり、その他あらゆる感情表現を駆使して物事を自分の思い通りに運ぶには、演技の指導を受けて偽りの感情表現に説得力をもたせましょう。
    • 心理操作だけを目的に演技を学ぶ場合、レッスンを受講していることは他人には伏せておきましょう。相手を信じ込ませるどころか、策略ではないかという不信感をもたれてしまう可能性があります。
  2. 2
    討論や演説のレッスンを受ける 演技を学ぶことで、自分の感情を利用して相手を動かす技術が身に付く一方、討論や演説のレッスンを受けることで、人を説得する力を身に付けることができます。自分の考えを建設的に整理して表現できるだけでなく、自分の要求に説得力をもたせる技術を習得することができるのです。
  3. 3
    相手との類似性を生み出す 相手のボディランゲージや抑揚の付け方などを真似する「ペーシング」という手法を用いて、相手との類似性を生み出すことができます。[2]
    • 上司や同僚を説得するには、落ち着いた説得力のある話し方が効果的です。職場で感情を出すことはむしろ逆効果になることもあります。
  4. 4
    カリスマ性を身に付ける カリスマ性のある人はごく自然に、自分の望みを叶える傾向があります。つまり他人を思い通りに操りたいのであれば、自分のカリスマ性を磨く必要があるでしょう。笑顔で場の雰囲気を明るくしたり、人が話しかけたくなるような親しみやすいボディランゲージを使いましょう。また、9歳のいとこから歴史の教師まで、年齢やジャンルを問わずあらゆる人と会話ができることも重要です。他にも以下のような方法でカリスマ性を身に付けることができます。
    • 相手に特別感をもたせてあげましょう。会話中は視線を合わせ、相手の気持ちや興味関心事について聞きましょう。例えその相手に興味がなかったとしても、関心があるように振る舞うことが大事です。
    • 自信を滲ませましょう。カリスマ性のある人は、自分自身や自分の取り組みを高く評価しています。自分を信じることで、他人からも真剣に受け止められ、要求を通せる可能性が高くなります。
    • 自信をもちましょう。何かを発言するときは、それが事実でもでっちあげでも、自信をもって発言します。自分のことはできるだけ饒舌に話すと良いでしょう。
  5. 5
    心理操作の達人から学ぶ 人を操る能力に秀でている友人、家族、はたまた天敵などがいる場合、その人たちをよく観察して、できれば気付いたことを記録に残しておくと良いでしょう。いかにして何事をも思い通りにしているかよく観察するのです。例えその過程で自分が操られる側になってしまったとしても、新たな洞察が得られるでしょう。
    • 心理操作術を本気で学んでいれば、いつのまにか自分が観察していた相手をも操れる技術を習得しているかもしれません。
  6. 6
    人の心を読み取る力をつける 人の感情や精神構造は千差万別であるため、どのような心理操作が効果的かは相手によって異なります。自分が学んだ方法で心理操作を計画立てる前に、時間をかけて相手のことをよく理解しましょう。何がその人を動かす鍵となるか理解し、自分の要求を受け入れさせるための最良の策を考えましょう。人の心を観察しているうちに、次のようなことに気付くかもしれません。[3]
    • 他人の感情的な反応に敏感な人はたくさんいます。このタイプの人は自身が感情的で、映画を観て泣いたり、子犬が大好きだったり、他者に同情・共感しやすい特徴があります。このタイプの人を動かすには、相手が同情して屈するまで、感情で訴え続ける必要があります。
    • 中には罪悪感を持ちやすい人もいます。非常に制限された家庭環境の中で育ち、少しの失敗をも許されなかったため、結果的に自分のあらゆる行動に罪悪感を抱きながら生きています。相手がこのタイプの場合、要求を受け入れないことに罪悪感を感じさせればよいのです。
    • 合理的なアプローチの方が受け入れやすい人たちもいます。論理的に考え、普段からニュースをよく読み、何かを決断するために事実や証拠を必要とするような友人が相手の場合は、感情に訴えるのではなく、落ち着いた説得力をもって仕掛ける必要があります。

2
様々な心理操作の方法を用いる

  1. 1
    無茶な要求の後に、合理的な要求をする これは要求を通すための有効な手段として、長年かけて実証されている方法です。やり方はとても簡単で、まず無茶な要求をして一旦相手に断らせた後、妥協案としてもっと合理的な要求をするのです。最初の無茶な要求に比べて魅力的に感じさせる効果があり、販売員によく使われている手法です。[4]
    • 例えば、翌日社員に早朝出勤をさせたい場合、「新しいプロジェクトを指揮してもらいたいので、明日から数ヶ月間は2時間早く出勤してもらえますか?」と言います。社員がそれを拒否したら、「そうですか、では明日早めに出勤してこの報告書をまとめるのを手伝ってもらえますか?」と言います。最初に受け入れがたい要求をしておくことで、その後の妥協案が受け入れられやすくなるでしょう。
  2. 2
    目的の要求をする前に、相手の意表を突くようなお願いをする 自分の要求を受け入れてもらうには、事前に思いもしない頼み事をすることで相手を油断させ、判断力を鈍らせて断る隙を与えないという方法もあります。人は金銭や車での送迎、宿題の手助けなどは避けようとする習慣があるため、はじめからそのような頼み事をしてしまうと、断られる可能性が高くなります。 [5]
    • 例えば、道端で見知らぬ人に対して請願書の署名をお願いする場合、まずは背中を捻挫して前に屈めないから靴紐を縛ってもらえないかとお願いしてみます。これによって、その人との関係が構築され、そのあと請願書の署名をお願いしたときに断られる確率が低くなります。
  3. 3
    恐怖心を煽り、その後に安心させる 相手の恐怖心を煽った後、安心させて気分を良くさせることで、つい要求を呑んでしまうように仕向けることもできます。少し意地悪な方法ですが、効果はあります。[6]
    • 例えば友人にこんなことを言ってみましょう。「先日貸してくれた車を運転していたとき、突然エンジンが壊れたようなもの凄い異音がしたんだ。でも実はラジオの音だったんだけどね。笑っちゃうでしょう?」その後少し間をおいて友人が安堵するのを確認したら、「それで思い出したんだけど、今週末また車を借りても良い?」と聞いてみると良いでしょう。
  4. 4
    罪悪感を感じさせる 相手さえ間違わなければ、罪悪感を感じさせることも自分の思い通りに操る上で非常に効果的です。まずは罪悪感をもちやすい人を選びましょう。相手が定ったら、どんなに馬鹿げた要求であっても、それを呑んであげられない自分は悪い親、友人または恋人なんだと思わせるようにします。[7]
    • 両親が相手の場合、様々な経験をさせてもらえないが故に辛い人生や子供時代を送っていると思わせましょう。
    • 友人が相手の場合、今までの恩を思い出させるか、これまで自分が失望させられ続けてきたことをそれとなく伝えるのも良いでしょう。
    • 恋人が相手の場合、「いいよ、そうだと思っていたから」とだけ言い、いつも失望させられていることが暗に伝わるようにしましょう。
  5. 5
    相手を買収する 買収も欲しいものを手に入れる有効な方法です。相手を買収するために恐喝する必要はありません。むしろさほど魅力的でない報酬や、元々予定していたことを条件に相手を動かすことができます。例えば、車通学の時に友人を同乗させたことがあり、自分にとってそれは大したことでないかもしれません。しかし同乗させることを条件に、数学のテスト勉強を助けてもらうようお願いすることができるのです。
    • 相手が欲しているものを探り出して、それを与えるようにしましょう。友人が学校の新入生に一目惚れをしているのであれば、自分の要求と交換条件で彼の電話番号を手に入れる約束をしましょう。
    • 買収は、さりげなく、相手に気付かれないように行いましょう。純粋に相手の親切に対するお返しとして何かしてあげたいと思っているように装いましょう。
  6. 6
    被害者を装う やり過ぎなければ、被害者を装うことも効果があります。この方法は控えめに行うことが前提ですが、正しく行えば相手の心に突き刺さります。利他的で素晴らしい人間にも関わらず、貧乏くじばかり引かされているかのように振る舞いましょう。[8]
    • 馬鹿なフリをしましょう。「一体何がいけないのかさっぱり分からない」と言ってなぜ物事がうまくいかないのか心から困惑しているように見せかけましょう。
    • 「大丈夫……どうせいつものことだし」と言いましょう。まるで自分の周囲に助けてくれるような人は誰もいないかのように暗に示唆することで、相手に罪悪感を感じさせるのです。
    • 哀れな人間を装いましょう。友人が隣町まで車で送ってくれなければ、「歩いて行くからいいよ……きっと運動にもなるだろうし」と言うと良いでしょう。
  7. 7
    理論武装をする 合理的な考え方をする人々に対しては、論理的に説得するのがもっとも効果的です。自分の要求が双方にメリットをもたらす理由を最低3つ用意しておきましょう。落ち着いた合理的なトーンで話し、冷静さを失わないようにしましょう。合理的な人に対しては、感情を取り払わないと要求は通りません。
    • 自分の要求だけが唯一理にかなっているかのように振る舞いましょう。それを理解できないことを相手が恥ずかしくなるような空気を醸成するのです。
  8. 8
    最後まで演じ切る どのような方法を使ったとしても、心理操作をしていることや、実際よりも落ち込んだふりをしていることに気付かれて、友人や同僚、または伴侶から責められたとしても、絶対に認めないことが重要です。むしろ「そんな風に思うなんて信じられない」と言ってさらに傷ついたふりをしましょう。相手は一層罪悪感を感じて、気の毒に思うはずです。[9]
    • 一度でも心理操作を試みたことを認めれば、同じ人を再度操るのは非常に難しくなります。

3
自分の周りの人を操る

  1. 1
    友人を操る 友人を思い通りに操るのは少し難易度が高いかもしれません。というのも、友人はあなたのことをよく知っているのでそれなりに技術を習得していないと見抜かれる可能性が高いからです。それでも心理操作は可能ですので心配は無用です。まずはじめに、友人のご機嫌をとる必要があります。大きな頼み事をする1週間前から優しく接して、ちょっとした恩を売りましょう。そして、自分にとっていかに素晴らしい友人であるかを伝えましょう。やりすぎない程度に、あらゆる手を使って理想的な友人を演じるようにしましょう。
    • 感情を駆使しましょう。友人はあなたのことを大事に思っているので、あなたが悲しむ姿は見たくないはずです。演技力を発揮して、実際よりも落ち込んでいるように見せかけましょう。
    • 自分がいかに素晴らしい友人であるかを再認識させましょう。これまで2人の友情のためにしてきた素晴らしい事柄の事例を用意しておきましょう。
    • 罪悪感を抱かせましょう。悪い友人になる必要はありませんが、相手に失望させられた経験をそれとなく伝えると良いでしょう。非難めいて聞こえないように、相手のそうした態度や振る舞いが珍しくないことが伝わるようにしましょう。
  2. 2
    伴侶を操る 自分の伴侶を思い通りに操るのはそう難しいことではありません。一番分かりやすいのは、相手を性的に興奮させてからお願いをする方法です。言う通りにしなければ相手も性的に満足させてもらえないことをほのめかします。しかしこのような極端な手段をとりたくない場合は、もっと巧妙な方法もいくつかあります。
    • どのような手段を使うにせよ、何かを要求するときは色気を醸し出すことを忘れないようにしましょう。自分の可愛さや魅力を再認識させることで、要求を通しやすくなります。
  3. 3
    要求の通りやすさは、相手にもたれている印象次第 自分が人に与える印象を素早く柔軟に変えられるように(相手を欺けるように)しましょう。
    • 感情を使いましょう。自分の伴侶が泣いたり落ち込んでいるのを見て喜ぶ人はいません。
    • 本当に手に入れたいものがあるなら、公共の場所で涙を流しましょう。公共の場で癇癪を起こす子供に屈してしまう親がいるように、外で泣いている妻には逆らえない夫も多いはずです。ただし、この手段はあまり頻繁に使わないようにしましょう。
    • ちょっとした買収をしましょう。例えばロマンチックなピクニックに連れて行ってもらいたければ、翌日野球の試合観戦に行くことを提案してみましょう。この方法は相手を操るというよりも、よくある妥協案という色合いが強くなります。
  4. 4
    上司を操る 上司に対しては、合理的かつ論理的な手段がもっとも効果的です。上司の前で泣いたり個人的な問題を口にしてしまうと、要求が通るどころか評価が下がる可能性の方が高いでしょう。上司に対しては、自分の要求を承諾して欲しい明確な理由を、論理的に堂々と述べましょう。
    • 要求を伝える1週間前から理想的な部下を演じましょう。いつもより残業を増やし、常に笑顔を忘れず、朝は「特に理由なく」ベーグルや菓子パンなどを差し入れしたりすると良いでしょう。
    • 要求はさりげなく伝えましょう。「大事なお願いがあるのですが」と言ってしまうと、上司はこれから大そうなことを頼まれると思って構えてしまいますので、大したことではないような話ぶりでさらっと伝えましょう。
    • 上司に話すタイミングは、できるだけ一日の終わりか休憩時間を狙いましょう。溜まっている仕事の山にストレスを感じている朝は避けるのが無難です。昼食に出かける瞬間や退社のタイミングを見計って話しかけることで、自由時間を犠牲にしてまで議論したいとは思わず、簡単に要求を呑んでくれる可能性が高くなります。
  5. 5
    教師を操る 教師を操るには、学業に対する熱意に少し感情を織り交ぜることが重要です。お願いをする当日は模範的な生徒でいるようにしましょう。クラスには早めに顔を出し、予習したことに気付かせて、積極的に授業に参加しましょう。
    • いかに素晴らしい教師であるか、媚を売らずに伝えましょう。先生に刺激を受けていることや、授業の内容に高い関心があることを何気なく伝えると良いでしょう。
    • 「家庭で色々問題があって」と口にしましょう。先生は気まずくなってこれ以上話を深堀りしたくないと思いつつ、可哀想に思うでしょう。
    • 自分の個人的な話をしながら、先生がぎこちなくなって提出物の期限を延長してくれたり、再提出を認めてくれるのを待ちましょう。それが実現しなかった場合は、「本来期限の延長が認められないことは分かっていますが……」と本来の要求をまずは自ら否定し、声を震わせて涙目になりながら窓の外をじっと見つめましょう。
    • それでも効果がない場合、先生の心の琴線に触れるようにしましょう。「家庭の事情」の中身には触れぬまま、泣いて気まずい思いをさせることで、お願いを聞き入れる他ないと思わせるのです。
  6. 6
    両親を操る 親は子供を無条件に愛しているものなので、他人よりも簡単に心を操ることができます。基本的な愛情や支援があるのであれば、要求を伝える前にしばらく理想的な子供を演じるだけで大丈夫です。門限を守り、勉強をして、できるだけ家事を手伝いましょう。あとは実行あるのみ。
    • 当然の要求であるかのように話しましょう。放課後の夜にコンサートへ行きたいのであれば、改まって交渉せずに何気なく聞いてみましょう。まさか禁止されるとは夢にも思っていない様子で話すと良いでしょう。
    • 洗濯物を畳んだり、お皿洗いをしながら聞いてみれば、自分がいかに素晴らしい子供であるか、改めて再認識させることができます。
    • 周りの友人が皆そうしていて、その親たちも認めていることを大袈裟にならないように伝えましょう。
    • 両親に罪悪感を感じさせましょう。コンサートに行きたかったのであれば、「別に大したことじゃないよ。コンサートのあと友達にTシャツか何か買ってきてもらうよ」と言いましょう。何か重要な社会経験の機会を子供から奪ってしまっているように感じさせるのです。ただし「母さんのせいで私の人生台無し!」とは言わないようにしましょう。正しく交渉すれば、親は自分たちでその結論に至るのです。

ポイント

  • 相手に承諾させてから、偶然を装って難易度を上げるという方法もあります。相手が苦情を言ってきても、「そんなに大変なことになっていたとは。なぜそうなってしまったのだろう」と言って、自分には責任がないことを暗に伝えましょう。ただしこれを実行する場合は、相手が後から辞退したり放棄できないことでなければなりません。
  • 演技のレッスンを受けて、自分の感情をコントロールできるようにしましょう。
  • 人によっては簡単にできる場合もありますので、あまり力を入れすぎず、あからさまにならないようにしましょう。
  • 相手に興味関心を示して、いかにも助けてもらいたそうにしましょう。大抵は助けてあげようとするでしょう。
  • 日頃から心理操作をする人を相手に選ぶのはやめましょう!大抵はすぐに見抜かれます。
  • 両親や友人のグループなどを操りたい場合、その中で一番弱い人を標的にしましょう。例えば、もし両親に何かを認めてもらいたい場合、より容認してくれそうな方の親を相手にしましょう。そして、もう片方の親がその場に不在のタイミングを見計って実行するようにしましょう。
  • 論理的に破綻していたり、あからさまに媚売りに見える場合を除いては、相手を褒めたり、発言には大方同意するようにしましょう。

注意事項

  • 頻繁に人を操っていると、友人を失ったり、先生、上司や同僚から尊重されなくなる恐れがあります。熟達するまでは、用心して心理操作を行いましょう。
  • 心理操作をしていると、賢い人からそれを見抜かれてしまう可能性があります。知的な人を相手にする場合は、心理操作に熟達してからにするのが良いでしょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 人間関係

他言語版:

English: Manipulate People, Español: manipular a otros, Italiano: Manipolare gli Altri, Français: manipuler les autres, Русский: манипулировать людьми, Português: Manipular Pessoas, Deutsch: Menschen manipulieren, 中文: 操纵他人, Čeština: Jak manipulovat s lidmi, Bahasa Indonesia: Memanipulasi Orang Lain, Nederlands: Mensen manipuleren, العربية: الحصول على ما تريده من الآخرين, ไทย: ชักใยผู้อื่น, हिन्दी: लोगों को नियंत्रित करें, Tiếng Việt: Chi phối Người khác, Türkçe: İnsanlar Nasıl Manipüle Edilir

このページは 380 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?