人を幸せにすることができるのは素晴らしい才能です。人を良い気分にすることができる人はカリスマ性があるように見えるため、周囲を引き付けます。周りの人のことを気にかけて、幸せな気持ちにさせてあげましょう。自分が話すよりも、相手の話を聞き、相手に関する質問をするなどして、気さくに会話をしましょう。相手の功績を称賛し、相手について細かく覚えておくことで、その人に「自分は価値のある人間だ」と思わせるのです。ポジティブな感情は周囲に伝染するため、明るい姿勢とユーモアのセンスを保ちましょう。

方法 1 の 3:
気さくに会話をする

  1. 1
    話すよりも聞くことに専念する 会話を独占しないようにしましょう。あなただけが話していると、相手に「一方的に話す人だな」と思われてしまいます。そう思われないように、相手に話をさせるようにし、自分の意見は相手が話し終わってから言うようにしましょう。そうすれば、礼儀正しい、相手の話をしっかりと聞く気配りのできる人だという印象を与えることができます。[1]
    • 相手が話している最中に割り込んではいけません。自分が話している時に遮られたら誰でも不快に感じます。相手が話し終わるまで待ちましょう。
    • 相手が話している時でも、質問された場合は答えて構いません。自分について話すタイミングを見つけようとするのではなく、相手に会話の主導権を握らせましょう。
  2. 2
    相手に関する質問をする 相手のことを尋ねて会話を持続させましょう。相手が心を開いて自分について話せる雰囲気を作ることが大切です。自分の話を聞いてくれる人に話すのは喜ばしいことです。たとえ「ご機嫌はいかがですか?」といった何てことない質問をされるだけでも、相手は自分のことを気にかけてもらえているのだと感じます。[2]
    • 上辺だけの質問をするのはやめましょう。相手が言っていたことに基づく内容の質問をして、相手の話をしっかりと聞いていたことを示しましょう。
    • 例えば、相手が自分の休暇について話していて、その際にタイヤがパンクしてしまったという話題を出されたら、「それは大変だったね。どうやってタイヤを修理したの?」などと言えば、相手の話に興味を示しているだけでなく、注意深く話に耳を傾けていたことが伝わります。
  3. 3
    人と話す時は携帯電話やパソコンをいじらない 人と会話をしている時は、他のことに気を取られてはいけません。携帯電話やパソコンを常にチェックしていては、相手に無関心であるように見えてしまい、失礼な印象を与えます。携帯電話は置いておき、パソコンからは目を離しましょう。相手とアイコンタクトを取り、しっかりと話を聞いていることを示しましょう。[3]
    • どうしても携帯電話をチェックする必要がある場合、「ちょっとすみません」などと言いましょう。
    • 忙しくて話をする時間がないならば、「もっとお話ししていたいのですが、仕事の電話をかけなければなりません。またお会いしましょう」などと礼儀正しく言いましょう。
  4. 4
    相手の話を熱心に聞く 相手の話を楽しそうに聞きましょう。相手が嬉しい知らせや何か達成したことについて共有してきた時は、一緒に喜んであげましょう。「よかったね!」などと言うだけでも、相手は達成感を感じることができ、あなたが相手を大切に思っていることも伝わります。[4]
    • 褒められると恥ずかしくなる人もいます。「いや、たいしたことないよ」などと相手が言ったら、「とにかく、私は嬉しく思っているよ」などと言って返しましょう。相手が気まずさを感じることなく、その人とのつながりを保つことができます。
  5. 5
    褒められたら褒め返す 会話の中で相手にお祝いの言葉をかけてもらったり、褒められたりすることもあるでしょう。そのような場合は「ありがとう」と心から伝え、相手に対しても何かしらの褒め言葉をかけましょう。そうすれば、あなたは親切で寛大な人だという印象を与えることができます。[5]
    • 今日の会議で自分が提案したアイディアを褒められたら、「ありがとう。共感してもらえて嬉しいよ。君のそのスキルがあれば絶対にやり遂げられると思うんだ」などと返すとよいでしょう。
  6. 6
    相手の意見を批判しない 時には相手の考えや意見に反対せざるを得ないこともあるでしょう。相手を批判することなく、明るい会話を保ちましょう。相手も自分の意見を言える雰囲気を作れば、相手はあなたとは楽しく、気兼ねなく会話ができると感じるでしょう。[6]
    • 敵対心を出さずに自分の意見を述べることは可能です。単に、「私は違う考えだけど、そういう見方もあるよね」などと言うだけでも、相手の意見に賛同はしていないけれど、相手の意見も評価していることを示せます。
    • 対立するようなことは絶対に避けたいのであれば、相手の意見はには触れずに話題を変えるとよいでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
相手に自分の存在価値を認識させる

  1. 1
    相手に関することを覚えておく 相手との関係を築き、相手の話を真剣に聞いていることを伝えるには最適な方法です。相手が話していたことをいつも忘れてしまっては、「この人は私の話を聞いていないんだ」と思われてしまうかもしれません。相手との関係を深めるために、相手が話す内容は細かく覚えておくようにしましょう。[7]
    • 詳細についても尋ねましょう。金曜日に「週末にコンサートに行くんだ」などという話をされるかもしれません。月曜日にその人に会ったら、「コンサートはどうだった?」などと聞けば、相手の話にしっかりと耳を傾けていたことが伝わります。
    • ものを覚えるのが苦手だという人は、記憶力を高める練習をしてみましょう。
  2. 2
    言葉を使わずに関心を示す 特定の動作やボディーランゲージを使用して注意を払っていることを示せます。うなずく、アイコンタクトを取る、相手が話す内容に応じて顔の表情に変化をつけるなどすると、相手の話に注意を注いでいることが伝わります。じっと固まって何の反応も見せないのはよくありません。そのような態度は「相手の話には関心がない」と思っていると受け取られてしまいます。[8]
    • 何か予期せぬことが起きたという話をされたら、目を大きく広げて驚いた表情を見せましょう。相手はあなたが夢中になって話を聞いてくれていると思うでしょう。
    • この方法は、相手と直接会話をしていない時でも使うことができます。同僚が会議室でプレゼンテーションを行っている時は、その人に視線を向けましょう。良い指摘をしていたらうなずいたり、メモを取ったりすれば、その同僚は自分の話をしかっりと聞いてもらえて嬉しいと感じるはずです。
  3. 3
    適度に相手を褒める 褒め言葉は相手を喜ばせるのに最適です。やり過ぎない程度に相手を褒めましょう。常に皆を褒めているような人の褒め言葉は単なるお世辞として受け取られてしまいます。誰かを褒める時は、誠実さを見せることが大切です。[9]
    • 一度相手を褒めたら、そのことについて繰り返し褒めるのはやめましょう。相手がお礼の言葉を述べた後に「いや、本当に、素晴らしかったよ」などと言わないようにしましょう。口先だけの褒め言葉に聞こえてしまいます。
  4. 4
    相手の功績を称える 誰かを褒める時、お互いの間だけに留めておく必要はありません。知り合いが何かを達成したのであれば、他の人にもそのことを伝えましょう。その人は、他の人からも自分が成し遂げたことを称賛してもらえて嬉しくなるはずです。[10]
    • 大げさな褒め方をする必要はありません。プレゼンテーションの最中に、「このような好成績を叩き出してくれた鈴木さんに感謝の気持ちを述べたいと思います」などと言えば、手短に相手に対する称賛の言葉を述べることができます。
    • ただし、誰にも言わないでもらいたいと相手から言われた場合は、相手の考えを尊重しましょう。自分の口で伝えたい特定の人がいるのかもしれませんし、単に大げさに褒められると恥ずかしいと感じるのかもしれません。
  5. 5
    相手が何かしてくれた場合は感謝の手紙を書く 相手を大切に思っていることを伝えるには、相手に「自分は感謝されている」と感じさせましょう。何かを手伝ってくれた相手に対し、感謝の気持ちを込めた手紙を書くか、メールを送りましょう。如何に助けられたかを述べて、感謝していることを伝えます。[11]
    • 個人的に相手に会って「ありがとう」と伝えるのもよいでしょう。相手を探して「この前は頼み事を聞いてくれてありがとう。お礼を言いたかったんだ」などと言えば、時間を取ってでも感謝の気持ちを伝えたかったのだと示すことができます。
    • 相手が見つからない場合は、電話で感謝の気持ちを伝えてもよいでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
ポジティブなエネルギーを振りまく

  1. 1
    人の噂話をしたり、悪口を言わない 誰かの噂話を拡散すれば、あなたの親しみやすい印象は崩れ、信頼を失うことになりかねません。あなたはいつも噂話をしているという評判が立てば、人はあなたと距離を置くようになるでしょう。噂話はせずに、「この人とは話しやすい」と周囲から思ってもらえるようになりましょう。話しやすい相手といるほうが気分が良いのは言うまでもありません。[12]
    • 自分が人にしてほしくないことは人にもしてはいけません。自分の噂話をされたら嬉しいですか?嬉しい訳がありませんよね。そう思うなら他人の噂話をするのもやめましょう。
  2. 2
    自分がしてほしいように相手に接する 「黄金律」と呼ばれる教訓があります。人を喜ばせたいなら、自分はどうされたら嬉しくなるか考え、その考えと同じように人にも接しましょう。このような生き方をすれば、非常に友好的な人になれるでしょう。[13]
    • 自分が誰かと話していて、相手が「このバンドが好きなんだ」などと言い、それをあなたが馬鹿にしたとします。相手から同じことをされたら嬉しいですか?嫌な気持ちになるのではないでしょうか。自分が取った行動についてよく考え、相手に謝罪しましょう。
  3. 3
    笑顔を絶やさない 笑顔でいると前向きな気持ちになると同時に、周囲にもポジティブな感情が伝わります。意識して微笑むようにしましょう。笑顔でいれば、周囲に親しみやすい印象を与えるため、周りの人があなたの元へ話をしに寄って来るかもしれません。[14]
    • 人に挨拶をする時は、笑顔を忘れないようにしましょう。微笑みかけることで簡単にポジティブな感情を振りまけるのです。
    • 無理に大きな笑顔を作ろうとするのはやめましょう。見せかけの笑顔になってしまいます。口角を軽く上げれば自然と明るい表情を作ることができます。
  4. 4
    ユーモアのセンスを磨く ユーモアのセンスがあると、ストレスを軽減させ、前向きな姿勢を保つことができます。さらに重要なことに、面白い人の周りには人が集まります。よく笑い、周囲のムードを盛り上げましょう。そうすると自分の周りにポジティブなエネルギーを振りまくことができ、周囲の人も良い気分になるでしょう。[15]
    • ユーモアのセンスを持つというのは、冗談を言えばよいというものではありません。物事を前向きに捉えられることが大切です。何か憂鬱な気分になるようなことが起きても、前向きに考えるようにしましょう。人が落ち込んでいる時こそ、楽観的な態度でいることができる人になりましょう。
    • ただし、節度を守ることが大切です。不適切な冗談を言わないようにしましょう。相手があなたの冗談を面白いと思っていないようであれば、それ以上言ってはいけません。
    広告

ポイント

  • その時の状況に応じて対応すべきだということを覚えておきましょう。何か悲惨なことが起きているというのに、冗談を言うのは不適切です。状況から判断して行動しましょう。

広告

関連記事

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 社交
このページは 367 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告