人を誘う方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:日時を特定せずに気軽に誘う特定の日時を決めて誘う思いつきで誘う9 出典

新たな友人関係を築こうとしている時、相手を誘うことが大きな一歩となります。クラスメート、同僚、あるいはパーティーなどで知り合った人が良い友達になるかもしれません。誘う前は緊張し不安になるかもしれませんが、思っていたよりも簡単に成功することもあります。今度一緒に出かけたいと思っているということを伝えるか、特定の日時のイベントに誘ってみましょう。あるいは、より大胆になり、その場でこれから出かけられないか誘ってみましょう。

1
日時を特定せずに気軽に誘う

  1. 1
    気軽に尋ねる 相手を誘おうと以前から考えていた場合でも、押しの強い態度は控えた方がよいでしょう。必死な印象を与えないよう、穏やかに接しながら誘いましょう。ゆっくりと呼吸をして、普段の会話のような口調で話しかけましょう。[1]
    • 「君って本当に楽しそうな人だから、是非仲良くなりたいんだ」というような話し方をすると、少し押しが強すぎるかもしれません。
    • クラスメートを誘う場合は「二人で話しているといつも〇〇が割り込んできて話が終わらなくなるから、今度学校の外で話そうよ」というように気軽な雰囲気で誘いましょう。
    • パーティーなどの場で会話が弾んだ相手に対しては「今日はとても楽しかったです。今度またどこかで会いませんか?」と誘ってみましょう。
  2. 2
    共通の関心事を利用する 何か特定の口実があった方が誘いやすいこともあります。共通の関心事がある相手であれば、それを上手に利用して「今度ぜひ一緒に」と誘ってみましょう。[2]
    • いつもウォーキングデッドの話で盛り上がる同僚がいる場合は「一緒に見よう」と誘ってみましょう。2人とも見ているということはオンエアの日時に双方の予定が空いているということを意味しているだけでなく、時間が決まっているので見終われば解散することができ気負う必要がありません。
    • いつも通っているジムで人と知り合うこともあるでしょう。恐らくジムを利用する時間帯が似ているということなので、一緒にトレーニングすることを提案してみましょう。「お互い補助し合えるし、良い刺激になるから是非一緒に」というような誘い方をしてみましょう。
    • 同様に、「いつもこの時間帯にスタジオで絵を描いていますよね、今度一緒にどうですか?」と尋ねてみましょう。
  3. 3
    快諾してくれるという自信をもって尋ねる 「きっと断られるに決まってる」といった消極的な態度で誘わないようにしましょう。自分は楽しい人間だから、相手も喜んで応じてくれると自信を持ちましょう。自信をもって単刀直入に誘った方が、びくびくした様子で誘うよりも承諾してくれるでしょう。[3]
    • 「いつも忙しそうだし友達も多いから無理かもしれないけど、今度一緒に出かけない?もちろん、無理なら気にしないで」といった尋ね方は控えましょう。
    • 同僚に声をかけようとしているのであれば、休憩室などで見かけた時に「今度どこか遊びに行こうよ」といった要領で誘いましょう。単純明快で、相手に対する関心を示し、追って相談して詳細を決める余地を残すことができます。
    • 毎週の集まりなどで顔を合わせる相手であれば、「毎週顔を合わせているわけだし、今度一緒にご飯でもどう?」というように誘ってみましょう。 単刀直入で、相手も自分と同じように関心を持ってくれるという前提で誘うことができます。

2
特定の日時を決めて誘う

  1. 1
    都合の良い日時を複数提示する 誰かを誘うのであれば、都合の良い時間をいくつか提示するようにしましょう。向こう2週間で3つほど提示すると良いでしょう。提示した日時に対する相手の都合も尋ねましょう。[4]
    • 特に日時を決めずに誘うと、実現しないかもしれません。3つの日時を提示すると、そのうちの1つを選んでくれる可能性が高まります。
    • 常に夜の時間帯が空いている日を毎週設けておくと良いでしょう。例えば、火曜日の夜ならいつでも空いている、といった旨を相手に伝え、次週の火曜の予定を尋ねることができます。
    • このように決まった曜日を空けておくことで、「土曜日の計画を立てているところなんだけれど、一緒に買い物をして、その後ランチに行かない?」というように誘うことができます。
  2. 2
    イベントに誘う パーティーや集まりなどがある場合は、自分が主催している場でなくても相手を誘ってみましょう。日時が決まっているので例え断られても、それは都合がつかないからであって、あなたを拒絶しているからではありません。また、このような設定であれば2人きりで出かけるよりも気が楽でしょう。[5]
    • 例えば、あなたがスーパーボウル観戦のパーティーを計画している場合は是非、相手を誘いましょう。よく知られているイベントで、日時も決まっているだけでなく、沢山の人が集まるので相手も楽しめるでしょう。
    • 適したイベントがないという場合もあるでしょう。このような時は、友人同士で何か特定の目的の集まりを計画し、そこに仲良くなりたいと思っている相手を誘ってみると良いでしょう。
    • 必ずしも仲間内の集まりである必要はありません。お祭りなどに誘い一緒に出かけても良いでしょう。誘われていなくても元々行こうと思っていた可能性が高く、気軽な公共の催しものなので理想的です。
  3. 3
    週末の予定をたてる 急に誘うと既に予定で埋まっているということもありますが週末だと空いている可能性が高まります。普段、平日しか顔を合わせない相手であれば、週末一緒に出かけられないか尋ねてみましょう。午前、午後、夜まで時間帯の幅も広がります。[6]
    • 金曜や土曜であれば、夜遅くなっても翌日朝を心配する必要がないので、外出に最適です。また、土曜日や日曜日の日中であればいつもより時間に余裕があるという人も多いでしょう。
    • 週末は、市民劇場、ファーマーズマーケット、お祭り、コンサート、パーティといったイベントも多く開催されています。
    • 例えば、「今週は仕事が大変だったから週末に気晴らしをしようと思ってるんだけど、金曜の夜、仕事の後にゴルフの練習場にでも行かない?」と誘ってみましょう。

3
思いつきで誘う

  1. 1
    思いつきで食事に誘う 職場や学校でランチ休憩の時に誰かを誘ってみましょう。双方がお弁当を持参しているのであれば、一緒に食べることを提案しましょう。そうでなければ、どこに食べに行きたいか聞いてみましょう。このような誘い方であれば、どちらもランチをとる必要があり、比較的気軽な状況なため、断られる可能性も低いでしょう。[7]
    • すぐその場での食事でなければならないわけではありません。退社後の夕食に誘ったり、2~3時間後に会う約束をして食事に出かけても良いでしょう。
    • 夜遅くの時間帯にパーティーから帰る場合は、近場のファミレスなどで軽く夜食を食べることを提案してみましょう。
  2. 2
    直前の予定からそのまま出かける 職場やクラブの集まり、クラスといった場で一緒の相手であれば、予定がすべて完了してからそのまま出かけることを提案してみましょう。この場合は打ち合わせ中の段階か終了した直後に声をかけましょう。[8]
    • すぐに次の予定がある人もいますが、終わった直後は時間が空いているということの方が多いでしょう。この隙間時間を上手に活用しましょう。
    • 「このクラスが終わったら2~3時間空いてるんだけれど、少し散歩にでも行かない?」と誘ってみましょう。とてもシンプルで、その場の思いつきなので相手にとって重荷になることもないでしょう。
    • 仕事や打ち合わせを終えて帰る際に「これから1杯飲みに行こうと思っているんだけれど一緒にどう?」と誘ってみましょう。仕事の後の1杯はとても自然な人付き合いの方法なので、気まずくなることもないでしょう。
  3. 3
    自分が出かける時はいつも誰かを誘う 自分が何かをする時は常に、仲良くなりたいと思っていた人に声をかけてみましょう。相手の返事に関係なく元から予定していたことなので、仮に断られても気にすることはありません。毎日顔を合わせる相手であれば、誘う口実も無数に思いつくでしょう。[9]
    • 映画を見に行くために、ちょうど寮から出るタイミング、ハイキングに出かけるためにアパートを出るタイミング、あるいはアルティメットの試合に参加するために退社するタイミングなどで誘うと良いでしょう。
    • 自分が出かけるときは常に相手に声をかけることを習慣づけましょう。しばらくすると誘われることに慣れて気軽に一緒に来てくれるようになるでしょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 友情

他言語版:

English: Ask Someone to Hang Out, Español: invitar a alguien a pasar el rato, Português: Convidar Alguém Para Fazer Algo, Italiano: Chiedere a Qualcuno di Passare un Po' di Tempo Insieme, Русский: предложить кому–то провести время вместе, Deutsch: Eine Person fragen ob sie etwas mit dir unternehmen will, Français: proposer à quelqu’un de sortir, Bahasa Indonesia: Mengajak Orang Lain Bepergian, Nederlands: Iemand vragen om samen iets te gaan doen, ไทย: ชวนใครบางคนไปเที่ยว, العربية: دعوة شخص للخروج والتسكع

このページは 30 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?