人付き合いが苦手だと感じる原因は、他人の目線が気になり、「人と違う」「人から受け入れられていない」などと感じることにあります。自分は社会的規範に合っているだろうか、他人からの評価はどうだろうかという恐怖心や不安感から人付き合いへの苦手意識が生まれると、ばかにされたり仲間から避けられたりするような気がして他人とのコミュニケーションがうまく取れなくなってしまいます。人には誰にでもうまく人付き合いができるかという不安があるものですが、コミュニケーションを恐れるのではなく、自ら社交性を高めることで、優雅に自信をもって気まずい状況を避けることができます。

パート 1 の 3:
意識を変える

  1. 1
    自分が独りではないことを知りましょう。あなたの周りにいる人は皆問題なく生活しているように感じるかもしれませんが、実は人付き合いを不安に思っている人も多くいます。彼らは、自分が周りの人から好かれているかどうか、良い印象を与えられているかどうか、退屈な人だと思われていないか憂慮しています。
    • 周りの人が心配もせずに自然体で自信を持って振る舞っていると感じるかもしれませんが、誰もが人付き合いにおいて苦手な部分を持っているものです。皆、人から好かれて友達を作りたいと思っていることでしょう。
  2. 2
    人付き合いに対する苦手意識の根源を探りましょう。人付き合いへの苦手意識の大部分は、不安感や恐怖心、自信の無さから来るようです。しかし、根柢にあるいかなる原因も、少しずつ自分の限界を押し上げて自信をつけられるよう努力すれば、克服できるでしょう。人との関わりの中で居心地の悪い思いをするたびに、なぜそのように感じるのか心の奥の原因を探りましょう。その根源が早くわかれば、早く対処することができるでしょう。
    • 自意識過剰になってしまう原因には、過去の嫌な経験や、自分は周りの人に理解されないだろうという思い、ある状況(職場で、仲間同士、親子同士など)で人と関わらなければいけないという強迫観念、周りの人の行動やその動機が理解できないなど、さまざまなものがあります。
  3. 3
    恥ずかしがりを改善するよう努力しましょう。恥ずかしがりの性格は、社交性を非常に妨げてしまいます。恥ずかしがりといっても、誰の前でもそう、特定の人の前だけ、など様々です。また、恥ずかしい思いをしたくないという気持ちから、人との関わりを避けようとしている可能性があります。[1] 人と関わるときにはリラックスするよう心がけ、少しでも自分の殻を破って自分を出せるとよいでしょう。
    • 恥ずかしがりの人は、ソーシャルイベントなどに参加したい気持ちがあっても、決まりが悪い思いをするのではないか、置いてきぼりにされるのではないかという恐怖心を抱くことがあります。
  4. 4
    他人からの評価を気にするのはやめましょう。口で言うのは簡単だと思うかもしれませんが、人付き合いへの苦手意識を取り払う主要な近道は、他人があなたをどう思っているのか気にしないようにすることです。他人からの評価を気にする人は多いですが、そのような考えが浮かんだら、気にする必要はないと自分に言い聞かせるようにするべきです。[2]他人にどう思われているか気にしすぎると、リラックスできず人付き合いを楽しむことができません。そのような心配事を取り去ることで、落ち着いて自然に話ができるようになります。
    • どちらの意見が大事なのか自分に問いかけましょう。あなたを好かない人がいるとして、またその人に会うことがあるでしょうか?真の友達なら、あなたがいろいろと失敗したとしても関係は続くものです。
  5. 5
    社交不安障害の有無を知りましょう。社交不安障害とは、学校、職場、ソーシャルイベント等の日常生活に支障をきたす症状を指します。これに苦しむ人は、家族や信頼のおける友人の近くを離れず、公共の場での個人的な交流を避ける傾向にあります。自分が恥をかいて困る様子を他人に観察されているのではないかという継続した恐怖心から、社会不安障害を持つようになります。[3]
  6. 6
    自分の感情を認識しましょう。気まずさを感じている瞬間を意識しましょう。気まずさや不安感を抱いていることに気付けると、そこから逃げ出したり隠れたりしたくなるのは放出されているアドレナリンのせいなのだ、と意識的に認識することができます。
    • いつも以上に暑い、汗をかく、興奮しやすい、落ち着かない、身体が過敏であるなどの症状に気付きましょう。自分の思考を分析し、自分の人付き合いの成果を必要以上に批判していないかチェックしましょう。また、自分は無力で無能だと感じていないかなど、感情もチェックしましょう。このような思考や感情を意識して、突き止めましょう。
    広告

パート 2 の 3:
リラックスするためのテクニック

  1. 1
    独り言を活用しましょう。独り言を言うことで、他人にどう思われているかという心配から、自分を落ち着かせて安らぎを与えることに意識を移せるようになります。[4] 社会的な不安を感じたときに役立つ独り言には、次のようなものがあります。
    • 「大丈夫。感情的になるときもあるけど、リラックスして自分を落ち着かせられるはず」
    • 「身体の中の悪い感情を意識しすぎているな」
    • 「皆いい人たちだし、一緒にいるのが楽しい」
    • 「楽しむためにここにいるんだ」
  2. 2
    リラックスの仕方を学びましょう。まずは最も居心地良く感じられる自分の家で、リラックスする方法を学ぶことから始めましょう。人と会う前にリラックスできれば、より自分をさらけ出して正直な態度で接することができ、人と関わるときに警戒心を弱めることができます。緊張を解き放てば、恐れることなく周りの状況を受け入れられるでしょう。さらに、リラックスして不安感を落ち着かせられるでしょう。[5]
    • 不安感を覚えたときに払拭できるよう、深呼吸を練習しましょう。
    • 瞑想する方法についてさらに学びましょう。
  3. 3
    愉快に振る舞いましょう。ときには、誰から見ても明らかで不快な恥ずかしい状況に陥ることもあるでしょう。気まずい瞬間も、面白い部分に焦点を当てて愉快に振る舞いましょう。 恥ずかしい出来事を面白いものに換えられるだけでなく、ユーモアが緊張をほぐし、人々があなた「を」笑うのではなくあなた「と」共に笑うきっかけとなるでしょう。不格好な人付き合いをやめるには、深刻に考えすぎることをやめるのが効果的な方法のひとつです。プレッシャーを感じずにリラックスできるようになるでしょう。
    • 会話の間の長い沈黙、思いもよらない場面での大きなおなら、受賞の場面で絨毯の端を歩く場面など、気まずい状況はコントロールできないことが多いものです。それなら笑い飛ばしてしまいましょう。
  4. 4
    ポジティブな面を見るように心がけましょう。気まずい場面に出くわすと、周りで起こっている異変に意識を向けがちですが、意識的にポジティブな面に焦点を当てるようにするとよいでしょう。身の回りでうまくいっていることは何ですか?ポジティブな面に目を向けると、大きなスケールで考えれば、気まずい出来事も取るに足らない小さなことだと考え直すことができるでしょう。[6]
    • 1回の悪い経験をしたからといって、人付き合い全般に対して同じ印象を持つことがないようにしましょう。できる限り、人と楽しめた場面や無難にこなせたときのことを思い出しましょう。
  5. 5
    自分の自信を向上させましょう。たとえ自信が無くても、自信が持てるようになるまで自信があるふりをするか、できる限り友好的な態度で振る舞うように自分に言い聞かせましょう。恐怖や不安を感じたり、パニックに陥ったり、逃げて隠れたいと思っている状態では、自信を持つことは当然難しいはずです。[7]
    • 自分自身に「起こり得る最悪なシナリオは何か?」と尋ね、少なくとも何か1つのことを通して周囲の人々と交流ができるよう試みましょう。たいていの場合、最悪なシナリオは実現しないものです。
    • 自分に自信を持つ方法を読んで考え方を改善しましょう。
  6. 6
    自分に優しくしましょう。人付き合いの中での気まずい思いは、一時的なものです。特定の出来事から立ち直ることができれば、今後同じような機会があっても、多くのポジティブな経験ができるはずです。誰にでもうまくいかなかったことや屈辱的な経験をしたことが1度はあるでしょう。そのような出来事を振り返ったときに、大した問題にはならなかったし会食で披露できる話の種になったと微笑むことができれば、自分に優しくできている証拠になります。
    広告

パート 3 の 3:
ソーシャルスキルを改善する

  1. 1
    聞き上手になりましょう。他人との機知に富んだ小話をする気になれない場合でも、上手に話を聞くことで人とつながることができます。人の話をよく聞いて質問を投げかけるだけでいいので、賢く面白い話ができるか心配する必要がなくなり、人付き合いへのプレッシャーも和らぎます。どんな人も、興味を持ってくれる人に対して自分の話を聞いてもらえると嬉しいものです。[8]
    • アクティブリスニングをするときは、相手の話を要約したりくり返したりして、あなたが話に入り込んでいることを示しましょう。「つまり…ということ?」などと言うとよいでしょう。
    • 関連した質問を投げかけましょう。不適切または個人的すぎる内容は避けつつ、質問を続けたり意見を聞いたりしましょう。
    • 頷きや良いアイコンタクト、相槌や短い言葉(「そうだね」「もちろん」など)で反応を返して、あなたが話を聞いていることを示しましょう。
  2. 2
    友好的なボディランゲージを使いましょう。ふさぎ込んだ雰囲気を出すのではなく、寛大で友好的な人物であることを示しましょう。これは、身体の使い方で簡単に伝えることができます。脚や腕を組んでいると、人との交流に興味がないような印象を与えてしまいます。アイコンタクトを避ける様子も同様です。そのため、身体を背ける、前かがみになる、下を向いたままでいるなどの振る舞いは避け、アイコンタクトを取って相手を受け入れる姿勢を保ちましょう。[9]
  3. 3
    雑談をしましょう会ったばかりの人でも、短い会話を通して心を開かせることができます。[10]
    • 調子はどうか、その日に何をしたかなどを尋ねましょう。
    • 共通の話題を探しましょう。応援しているスポーツチーム、観ているテレビ番組、ペットの種類など、同じものがないかさりげなく探りましょう。
    • 環境を活用しましょう。誰かに会った場所がカフェなら、美味しい焼き菓子を注文してみたことがあるかどうか聞いてみましょう。天気の良い日に屋外にいるなら、このような日に何か楽しいことをする予定があるかどうか聞きましょう。
  4. 4
    友好的になりましょう。あなたと仲良くなりたいと思っている人に対しては、あなたも心を開いてフレンドリーに接することができるでしょう。あなたがどれほど友好的に接しても、ねじけた態度を変えない人も中にはいるかもしれませんが、それを理由に逃げ出したり自分を責めたりする必要はありません。結局のところ、他人の言動はあなたの責任ではありません。彼らには何か事情があるか、嫌なことがあった日なのかもしれません。何であろうと、それがあなたの人格を反映しているわけではありません。フレンドリーな態度で相手を安心させ、緊張を解き、相手が心を開いて本当の自分を出すように促すことができるでしょう。
  5. 5
    冗談を言いましょう。変なタイミングで冗談を言うとあなたの「社会的信用」が傷つき、おかしな人と思われてしまいます。しかし、ふさわしい場面で適切な口調で冗談を言えば、非常に緊張の高まった状況でさえ場を和ませることができるでしょう。
    • 場の空気を読みましょう。空気が少し重いとき、ぴったりな冗談を言えば場を和らげることができます。しかし、祖父母の死についてなど「本当に」深刻な話題で話をしている場合は、会話の流れが変わるまではユーモアを封印して様子を見た方がよいでしょう。
  6. 6
    本心からの褒め言葉を伝えましょう。人を褒めるときに最も大切なのは、ふさわしいタイミングで心からの言葉を贈ることです。褒めるために思ってもいないことを口にするのはやめましょう。褒め慣れていないのであれば、他の人が褒めるタイミングに合わせるとよいでしょう。人のアクセサリーやセーター、新しい髪型などを褒め、その人との仲が深まったらより深い褒め言葉を伝えましょう。
    • 例えば、ユーモアのセンスや初対面の人とのやりとりが上手であることなど、外見よりも性格の一面を褒めると、相手も特別嬉しく感じるでしょう。
    • 身体的特徴を褒める場合は、誤解を招かないように気を付けましょう。身体について褒めると変な意味にとらえられてしまう可能性があるので、身体的特徴を褒めるのであれば顔と髪の毛にとどめましょう。
  7. 7
    避けるべき事柄を知りましょう。交流の場面はそれぞれに異なりますが、社会的な分別を備えた人として避けるべき話題があります。周囲の人々の中で居心地の悪い思いをしたくなければ、避けるべき言動があります。次のようなことに気を付けましょう。
    • 気まずさを感じていると明言するのはやめましょう。それを言ったところで、周りの反応は明らかです。
    • 個人的すぎる質問は控えましょう。特に親しい仲でなければ、なぜ付き合っている人がいないのか、体重が増えたのではないかというような質問は避けましょう。
    • 何キロも離れる必要はありませんが、人とはある程度の距離を保ちましょう。
  8. 8
    エチケットを改善しましょう。一緒に時間を過ごす予定がある人々の社会的規範を学びましょう。社会的規範を知らないと、気まずい思いをすることになります。例えば、国内でも異なる地域を訪問するときや、海外に行く場合にそのようなことが言えます。良いマナーで振る舞い、「お願いします」や「ありがとうございます」と言うようにしましょう。[11]
  9. 9
    外出しましょう。家にこもり、コンピュータの画面に隠れ、壁に身を隠し、ランチの誘いをすっぽかしたところで、気まずい状況を避けることはできません。人との交流を恐れて、ほとんどの時間を家で過ごしたりコンピュータに向かっていたりするようでは、社交性を改善することはできません。
    • なかには、上から目線の人やよそよそしい人もいると知りましょう。そのような人々は一般的ではないため、人付き合いを避ける理由にはなりません。素早く頷いて「お会いできてよかったです」と言って歩き出すなど、そのような人と出くわしたときにスマートにその場を去るために使える手法を身に付けましょう。
    • 会話の始め方だけでなく、終わらせ方も身に付けましょう。失礼で冷淡にならないように気を付けすぎて、会話が空回りしたり、内容が非常につまらなくなって気まずくなったりすることが多くあります。
    広告

ポイント

  • そのうち多くの人が人付き合いに気まずさを感じなくなります。気まずさを感じるのは、一般的に10代や若年層の性質と関連しているため、年齢を重ねると、かつては人付き合いの気まずさを人生の重大事だととらえていた人も、それを乗り越えられるようになります。

広告

注意事項

  • 心配して状況を分析しすぎることのないようにしましょう。人付き合いは人付き合いと割り切ってシンプルに考えるべきです。
  • 自慢話をして他人と関わろうとすることや、感心してもらおうとするのはやめましょう。自分の功績についてべらべら述べてしまったと感じたら話をやめ、謝るか誰か別の人の話を引き出しましょう。
広告

関連記事

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

酔っぱらっても吐かない

How to

チャットで会話を盛り上げる

How to

別人になる

How to

話題が無い時に会話を始める

How to

お酒に酔わない

How to

口数を減らす

How to

心を鬼にする

How to

女性と会話を始める

How to

授業中にお腹が鳴るのを止める

How to

失恋を乗り越える

How to

楽しく会話する

How to

挨拶をする

How to

人を良い気分にさせる
広告

このwikiHow記事について

Trudi Griffin, LPC, MS
共著者
認定カウンセラー
この記事の共著者 Trudi Griffin, LPC, MS. トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーで、依存症と精神衛生を専門としています。個人治療や地域医療の場で、依存症、精神病、心的外傷に苦しむ患者のカウンセリングにあたっています。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得。
カテゴリ: 社交
このページは 508 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告