人前で恥ずかしがらずに踊る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 11 出典

この記事には:自分のダンスに自信を持つ基本の動きを覚えるダンスの動きを練習する

人前でダンスをするなんて恥ずかしいと思っていませんか?それではせっかくの楽しむ機会を逃してしまっています。ダンスフロアで踊れるようになるための基本的な動きを覚えるのはそれほど難しくありません。家で練習し、基本の動きをマスターして自信をつければ人前でも恥ずかしがらずに踊れるようになります。

1
自分のダンスに自信を持つ

  1. 1
    笑顔で楽しむ ダンスフロアで恥ずかしそうにしているように見られないためには、たとえ自信がなくても、自信があるように振舞うことです。顔を上げて背筋を伸ばしましょう。これだけでも自信があるように見えます。笑顔で楽しむことを忘れないようにしましょう。そうすることで自分のダンスにも自信を持つことができます。[1]
    • 下を向いて背を丸めるのは避けましょう。恥ずかしがりで落ち着きがないように見えてしまいます。
  2. 2
    飲み過ぎないよう注意する 1~2杯であれば緊張をほぐすのにはよい量ですが、飲み過ぎて酔ってしまうとかえって恥ずかしい思いをすることになります。酔うと抑止力が低下し、踊ったことのない派手なダンスを試したりしてしまうものです。また、自分の体を思うようにコントロールできなくなり、人にぶつかったり床に倒れたりするかもしれません。[2]
  3. 3
    他人にどう思われるかは気にしない 他の人に自分のダンスを評価されることを心配して、緊張するかもしれません。しかし、バーやイベントのダンスフロアで踊るだけであって、何もミュージックビデオに出演するわけではありません。周囲に上手く溶け込んでしまえばよいのです。他の人も自分がどう見えるかということばかり気にしているので、あなたのダンスを見ている余裕なんてありません。[3]
  4. 4
    ぎこちない動きや派手な動きは避ける ダンスで恥ずかしい思いをしたくないのなら、ダンスバトル番組で見るようなダンスはせず、基本の動き以外は避けましょう。そういったダンスはプロに任せて、あなたは自分をクールに見せる動きだけをすればよいのです。ブレイクダンスやクランピングなど、人の気を引くようなスタイルのダンスは避けましょう。[4]
    • 同様に、ムーンウォークのような動きも避けたほうがよいでしょう。マイケルジャクソンのように格好良く踊るのは難しいでしょう。
  5. 5
    パートナーや友達と踊る 友達と一緒なら、自分だけが注目されているのではないかと心配する必要がなく、落ち着いてダンスをすることができるでしょう。パートナーと踊るのもよいでしょう。他人の視線を気にすることなく、パートナーのほうに集中できます。[5]
    • グループでダンスをするのであれば、周囲の人に気を配りましょう。腕を振り回したり、他人の足を踏んだりしないようにしましょう。

2
基本の動きを覚える

  1. 1
    曲のビートを知る 音楽に合わせてダンスをするには、ビートを刻めるようになる必要があります。曲を聴いてビートに合わせて足でリズムを取ったり、手をたたいたりしてみましょう。曲によってビートの速さも変わります。リズムの取り方を学ぶにはドラムのビートがある音楽を聴いてみましょう。リズムが取りやすくなります。[6]
    • ビヨンセの「クレイジー・イン・ラブ」やビージーズの「ナイト・フィーバー」のリズムに合わせてダンスしてみるとよいでしょう。[7]
  2. 2
    腕を動かす 音楽のリズムをつかむことができたら、ビートに合わせて体を動かしてみましょう。習いはじめは様々な動きを個別に練習するとよいでしょう。まずは足をしっかりと床につけ、リズムに合わせて腕を動かしましょう。上下左右に動かしてみるとよいでしょう。[8]
    • 肩や胴体も腕と一緒に動かしてみましょう。
    • カチコチした動きではなく、波を打つような動きをしてみましょう。
  3. 3
    基本的な足の動きを覚える 音楽に合わせて腕を動かせるようになったら、次は足の動きも加えてみましょう。まずは片足を上げて下ろし、次にもう一方の足を上げるシンプルな動きをしてみましょう。その場で足踏みをするような感覚です。慣れてきたら、膝を曲げたり軽くはずんだりしてみましょう。はずみながら横に動くステップを加えるとよいでしょう。[9]
    • 腰や下半身の動きもダンスに加えてみましょう。
  4. 4
    ダンスレッスンを受ける 初心者にダンスレッスンを提供しているスタジオがあるか調べてみましょう。ヒップホップやジャズ、コンテンポラリー、社交ダンスなど色々な種類があります。自分が興味のあるダンススタイルを選びましょう。[10]
    • よりカジュアルなレッスンがよければ、地元のコミュニティセンターや青少年会館などで行われているダンスレッスンを探してみるとよいでしょう。
    • または、オンライン動画やDVDを見て学ぶのもよいでしょう。

3
ダンスの動きを練習する

  1. 1
    自分だけで踊ってみる ダンスで緊張しないようにするには、人に見られる心配のない自分しかいない場所で練習することです。そうすれば自分の動きに集中できるようになり、自信もつきます。音楽をかけながら練習することを心がけましょう。
    • 練習中に何かにぶつかったりしないよう、自分の部屋に自由に動き回れるスペースを作りましょう。
    • 練習中に誰かが部屋に入ってくるのが心配なら、自分しか家にいない時間を選びましょう。
  2. 2
    ゆったりとした動きやすい服を着る タイトなスカートやパンツだと動きが限られてしまいます。汗もかくので、暑くなるような服やきつめの服は避けましょう。リラックスした状態で踊れるように、ゆったりとした快適な服を着て練習しましょう。
  3. 3
    鏡の前で練習する 鏡の前で練習すれば自分の動きをよくチェックすることができます。鏡に映る自分を見ると、思っていたほど悪くないかもしれないと感じるでしょう。ぎこちない動きをしていれば気付くことができるので、その点は改善しましょう。[11]
    • 鏡を使えば改善すべきところを細かくチェックできるので、ダンスフロアで踊るときに自信が持てます。
    • 体全体が映る鏡を使いましょう。
    • 自分をよく見せるための動きを知るために色々な動きを練習してみましょう。
  4. 4
    新しい動きを試してみる 基本の動きを覚えてリズムに合わせて動くことに慣れたら、音楽をかけながら違った動きも試してみましょう。楽しむことが大切です!

ポイント

  • ダンスには正解や不正解などありません。表現の形は人それぞれ違います。人目はあまり気にせず、リラックスして楽しみましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: ダンス

他言語版:

English: Dance Without Embarrassing Yourself, Español: bailar sin sentir vergüenza, Português: Dançar sem Passar Vergonha, Italiano: Ballare Senza Imbarazzarsi, Русский: танцевать, не стесняясь, Deutsch: Tanzen ohne sich zu blamieren, Français: danser sans se ridiculiser, العربية: الرقص من غير التعرض لإحراج, Bahasa Indonesia: Menari Tanpa Rasa Malu, 中文: 在跳舞时避免尴尬, Nederlands: Dansen zonder jezelf voor schut te zetten, ไทย: เต้นโดยที่ไม่ต้องรู้สึกอายใคร, 한국어: 창피하지 않게 춤추는 방법

このページは 592 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?