PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

蒸し人参はすぐ簡単にできてどんな料理にも合う付け合せです。蒸すという方法は野菜の調理方法の中で最も健康的な調理法のひとつで、野菜の色と栄養素、風味と食感をほとんど残したまま調理できます。蒸し器、電子レンジ、(必要ならば)フライパンで人参を蒸すことができます。その方法をこれからご紹介します。

方法 1 の 3:
蒸し器で蒸す方法

  1. 1
    鍋でお湯を沸かします。鍋いっぱいに水を入れる必要はなく、2.5~5cm程度の水で十分な蒸気が出ます。
  2. 2
    人参の下準備を行います。4人前で約680gの人参が必要です。冷水で人参をきれいに洗い、汚れや農薬を十分に取り除きましょう。人参の茎を小さい包丁で切り落としたあと、野菜用ピーラーで皮をむきます。その後お好みの大きさに切りましょう。丸ごと、スライス、角切り、また丸い形などお好きなサイズに整えましょう。
  3. 3
    蒸し器に人参を入れます。蒸し器がない場合は鍋の上に置けるサイズの水切りざるで代用できます。
  4. 4
    お湯が沸騰している鍋の上に蒸し器をのせます。蒸し器の底に水が触れないように気をつけましょう。人参が水に浸ってしまうと「蒸す」ではなく「茹でる」調理になってしまいます。
  5. 5
    鍋を覆います。鍋のふたを使って鍋をカバーしますが完全には蓋をしません。片側に少しだけ隙間を作り、蒸気が外に出る抜け口を作りましょう。
  6. 6
    人参が柔らかくなるまで5~10分程度蒸します。ただし人参のサイズによって調理時間は異なります。
    • フォークを人参にさして、仕上がり加減を調べましょう。すっと刺されば調理完了です。
    • この調理時間は単なる推奨時間です。人参をとても柔らかく仕上げたい方や、非常に硬めに仕上げたい人はお好みに応じて調理時間を長めや短めに調整しましょう。
  7. 7
    ざるにあけ、水気をきります。
  8. 8
    お皿に盛りつけましょう。
  9. 9
    風味や調味料を加えましょう。人参が熱いうちにお好みの風味を加えて混ぜます。小さじ1杯の溶かしバターをさっとふりかけたり、オリーブオイルでさっとソテーしたり、また小量のニンニクとレモンの絞り汁と混ぜるなどがお薦めです。
    広告

方法 2 の 3:
電子レンジで蒸す方法

  1. 1
    人参の下準備を行います。4人前で約680gの人参が必要です。冷水で人参をきれいに洗い、汚れや農薬を十分に取り除きましょう。人参の茎を小さい包丁で切り落としたあと、野菜用ピーラーで皮をむきます。その後お好みの大きさに切りましょう。丸ごと、スライス、角切り、また丸い形などお好きなサイズに整えましょう。
  2. 2
    人参を電子レンジに対応したボウルに入れます。大さじ1杯の水を加えたら、電子レンジ対応の食品用ラップでボウルを覆います。
  3. 3
  4. 4
    人参を盛りつけましょう。人参が電子レンジ対応ボウルに入っている間にお好みの風味や調味料を加えましょう。溶かしバター小さじ1杯と塩コショウは特にお薦めです。人参をお皿に移したらすぐに配膳しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
フライパンで蒸す方法

  1. 1
    人参を洗って皮をむき、茎を取り除きます。丸、スライス、角切りなどお好みの形に切ります。
  2. 2
    大きなフライパンに深さ2.5cm程度の水を加えます。塩を少し加えて水を沸騰させます。
  3. 3
    人参をフライパンの中に入れます。
  4. 4
    フライパンのふたをして、中の水が蒸発し、人参が出来上がるまでそのままにします。必要に応じて水を少し足しましょう。
    • 実際のところ、この調理方法は水の中で人参を調理をしているので、厳密に言うと「蒸している」のとは違います。
    • しかし蒸し器も電子レンジもない場合は、この方法で、蒸した場合と同じように仕上げることができます。
  5. 5
    フライパンに残った水を捨てます。
  6. 6
    バターやハーブ(パセリやナツメグ)、塩コショウなどをフライパンの中の人参に加えます。人参と調味料を混ぜ合わせたら、人参をお皿に移してすぐに配膳しましょう。
    広告

必要なもの

  • 蒸し器
  • 水切りざる
  • 電子レンジ対応ボール
  • 食品用プラスチックラップ
  • フライパン
  • まな板
  • 小さく切れ味のよい包丁
  • 野菜用皮むき器

ポイント

  • 人参を蒸しすぎてしまったと感じるときは、冷水の入ったボールの中に人参を入れ、これ以上人参に火が通るのを防ぎましょう。
広告

注意事項

  • 蒸気は火傷の原因になります。注意しましょう!
広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
鶏肉を解凍する鶏肉を解凍する
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
ビールをショットガン飲みする
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
パンをおいしく温め直す
野菜を蒸す
オートミールを作る
アボカドを熟成するアボカドを熟成する
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
オーブンでステーキを調理するオーブンでステーキを調理する
チェダーチーズを溶かす
ビンのラベルをはがす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む15人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は30,781回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 30,781 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告