人口密度を計算すると、特定地域の平均的な込み具合が把握できます。その地域にどれほどの物資が必要なのかを算出したり、地域ごとに比較することも可能になります。まず、人口密度を知りたい地域の面積と人口を調べましょう。次に、数値を人口÷面積という計算式に当てはめます。

パート 1 の 3:
情報を集める

  1. 1
    調べる地域を決める 人口密度を知りたい地域を決めましょう。なぜ人口密度を知る必要があるのか考えてみましょう。自分が住んでいる国、都市、あるいは地区、といったように範囲を設定します。その範囲の全体の面積を求めましょう。フィート、マイル、メートル、キロメートルといった単位から適したものを選びましょう。
    • 既に分かっている可能性も高いでしょう。国勢調査や百科事典を調べてみたり、インターネット検索をかけてみましょう。
    • 当該の範囲に既に境界(領界)線が設けられていないか確認してみましょう。境界線がない場合は、自分で定義することが求められます。例えば、ある都市の地区といった範囲では国勢調査には情報が掲載されていないかもしれません。この場合、自分で線を引かなければならないでしょう。
  2. 2
    人口を調べる 自分で人口を数えることはできないので、最新の統計を手に入れなければなりません。まずは、インターネット検索をしてみましょう。例えば、テキサス州ヒューストン市の人口を知りたいと仮定しましょう。最新の国勢調査を参照すると、比較的正確な数値が手に入ります。世界各国の人口を調べたいのであれば、CIA World Factbook(英語) が便利です。[1]
    • 記録が存在しない地域の人口密度を計算する場合は、自分で人口を数える必要があるでしょう。例えば、公式には指定されていない都市近郊地区の人口や、オーストラリア奥地のカンガルーの頭数などが挙げられます。できる限り正確な数を把握できるようにしましょう。[2]
  3. 3
    単位をそろえる 1つの地域を別の地域と比較する場合は、単位を統一しなければなりません。例えば、一方の国の面積が平方マイルを単位として用い、もう一方の国が平方キロメートルを用いている場合は、どちらかを変換してそろえる必要があります。[3]
    • 単位変換にはこちらが便利です。
    広告

パート 2 の 3:
人口密度を計算する

  1. 1
    計算式を学ぶ 人口密度は、当該地域の人口をその地域の面積で割ることで求められます。つまり人口密度=人口÷面積です。[4]
    • 面積の単位は、平方マイルか平方キロメートルとなります。範囲が小さいのであれば、それぞれ平方フィートや平方メートルで表すことも可能です。より専門的かつ学術的な用途で人口統計として用いる数値なのであれば、標準的な平方マイル、または平方キロメートルのいずれかを用いたほうが良いでしょう。
    • 人口の単位は、1平方マイル(あるいはキロメートル)あたり何人、という扱いになります。例えば、1平方マイルあたり2000人、のように考えることができます。
  2. 2
    数値を計算式に当てはめる この時点で当該地域の人口と面積が分かっているはずです。例えば、ニューヨーク州オーバーン市の人口が145,000人で面積が9平方マイル(約23平方キロメートル)である場合、145,000÷9(あるいは145,000÷23)という計算式になります。
  3. 3
    人口を面積で割る 筆算を用いたり、電卓を使用して計算しましょう。既出の例では、145,000を9で割るという計算式だったので、この地域の人口密度は1平方マイルあたり16,111人(あるいは1平方キロメートルあたり約6300人)となります。
    広告

パート 3 の 3:
人口密度を分析する

  1. 1
    人口密度を比較する 複数の地域の計算結果を比較し、対照的な人口密度を使いその地域について観察してみましょう。例えば、ブーンズビル市は8平方マイル(約21平方キロメートル)の面積に60,000人の人口を抱えているとすると、その人口密度は1平方マイルあたり7500人(あるいは1平方キロメートルあたり約2860人)です。ブーンズビル市と比べると、オーバーン市の人口密度がかなり高いということが分かります。この差を利用して、2つの都市に対してどのような結論を導き出すことができるのか考えてみましょう。[5]
    • 大都市のように人口の多い地域の人口密度を計算しても、その中の地区ごとの差異を把握することはできません。より正確にその地域について理解するために、様々な規模の人口密度を求める必要があるかもしれません。
  2. 2
    人口増加も見積もる 特定の地域の 人口の増加も予想し、既存の人口密度と将来の推定人口密度を比較してみましょう。過去の国勢調査を参考にして、過去と現在の人口密度を比較してみましょう。一定期間でどれほどの変化があったのか、今後どのように推移する可能性があるのか考えることができます。[6]
  3. 3
    限界があることを理解する この記事で紹介した方法は簡単で分かりやすいものですが、特定の地域について、それ以上詳しく知りたいという時には不十分でしょう。また、人口密度を計算しようとしている地域の広さや特徴による影響も受けます。人口が密集している地区と、そうでない地区が混在している広大な地域よりも、より小さく、人口が密集している地域の人口密度を求める際に用いたほうが得られるものが多いこともあります。
    • 例えば、国土の大部分が開けた土地と国有林で占められつつも、大都市もあるという国の人口密度を調べると仮定しましょう。この場合、国全体の人口密度を求めても、実際に人が暮らしている都市自体の密度については、ほぼ何も分かりません。
    • 人口密度は平均値だということを覚えておきましょう。つまり、特定の一部の状況に見合った数値であるとは限りません。その場合は、なぜなのかを考えてみましょう。元々の地域を、より小さく分けて人口密度を計算してみましょう。[7]
  4. 4
    数値について考察する 高い(あるいは低い)人口密度に基づいて予測をたててみましょう。例えば、人口密度の高い地域は低い地域よりも犯罪発生率、住宅価格、さらに物価も高くなる傾向があります。人口密度の低い地域は高い地域よりも農業が盛んで、自然や開けた土地が多く含まれている傾向があります。特定の地域(複数、単数いずれの場合も)の人口密度について導き出す結論は、そのデータを用いる目的によって変わります。データをどのようにして役立てることができるか考えてみましょう。[8]
    広告

ポイント

  • 自分で見つけたデータを人口密度に関するその他の報告書と比較してみましょう。自分で計算した人口密度と報告書の情報に差異がある時は、経時的な傾向を調べてみましょう。ミスが原因であることも考えられます。
  • 人間だけでなく動物(家畜など)の頭数を使って密度を計算する時も、同じ計算式を使うことができます。

広告

必要なもの

  • 百科事典あるいはインターネット検索の手段
  • 地図や地図帳
  • 計算機
  • 鉛筆

関連記事

How to

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する

How to

円の中心を求める

How to

華氏と摂氏の温度を換算する

How to

直角三角形の斜辺の長さを求める

How to

三角形の高さを求める

How to

数独の問題を解く

How to

「分」を「時間」に変換する

How to

面積(㎡)を計算する

How to

円の直径を算出する

How to

リットルの体積を求める

How to

成長率を計算する

How to

円の半径を求める

How to

六角形の面積を求める

How to

通常の五角形の面積を求める
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む21人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 数学
このページは 204 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告