いわゆる人気者は皆どんなことをしているのでしょうか?全員同じ服装をして、同じ髪型をして、同じ発言をしているのでしょうか?いいえ、決してそんなことはありません。学校でも、職場でも、人気のある人というのは必ず存在します。人気になるための絶対的な素質というものはありませんが、自分の存在感を示し、社交的になり、何事にも積極的に参加すれば、色々な人があなたに注目をしたり、にこっと微笑みかけてくれるようになるでしょう。この記事を読んで、あなたも人気者を目指しましょう。

パート 1 の 3:
存在感を示す

  1. 1
    自信をもつ 完璧な人など存在しません。そのため、人気者になるために完璧な人間になる必要はありません。理想とどんなにかけ離れていようとも、まずは自分自身を信じることから始めましょう。[1]
    • 隅っこに隠れ続けていては、何も生まれません。時が来たのなら、しっかりと立ち上がり、表舞台に出ましょう。自分の見た目や他人の評価ばかりを気にしていたら、先へ進むことはできません。ありのままの自分を愛し、自分の行動に自信を持ちましょう。自分のことを好きでいたら、自然と周りの人も集まってくるはずです。
    • 授業では存在感を示し、いつも手を挙げ、宿題を必ず期限までに終わらせておきましょう。そうすることで周りの人はあなたの存在を認識しはじめます。臆せず発言しましょう!
    • 自信が持てるようになるまでは、自信のあるふりをしましょう。本当に自信がある状態でなくても、そのふりをすると、少しずつ近づくことができます。
    • 自信は仕草に表れます。顔を上げて歩き、腕は組まずに体の横に置き、まっすぐ伸ばしましょう。猫背はいけません。
    • 自分の好きなことや新たな趣味を頑張ることで、自信を育てましょう。とても大切にしたいと思うことが見つかったのなら、自分をもって肯定的に感じられるはずです。
  2. 2
    自分の殻を破る コンフォートゾーンから抜け出しましょう。あなたが人気者になれていない原因は、人気者たちが普段から行なっている、以下のような行動をものにできていないことかもしれません。
    • 一般的に、積極的な会話をする、冗談を言う、異性とじゃれあうなどすると、人の興味を惹きつけることができるといわれています。ただし、人気者の子供の場合は、周りの人に存在を知られている(注目を集めている)というだけの理由でそのような状況になるので、少し状況が違います。
    • 上手くいかない場合は、周りが話しかけてくるのを待つのではなく、以前にしたことがなくても、自分から話しかけに行ってみましょう。
    • たとえあなたが、内向的で恥ずかしがり屋で大人しい性格だとしても、目的を達成するには、他人とのコミュニケーションの仕方を変えていく必要があります。
    • 始めのうちは、自分が浅はかで嘘くさい人間になってしまったように感じるかもしれませんが、自分らしくいることを芯に据えておけば、本当に人生で大切なのは何か、ということが見えてくるはずです。
  3. 3
    自分のスタイルを見つける 存在感を示したいからといって、髪をピンク色に染めたり、顔にタトゥーを入れる必要はありません。自分にしっくりくる見た目やスタイルを見つけて、周りにそれを示しましょう。
    • とはいえ、グレーのスウェットパンツのように印象に残らない服を着て気配を消していては、存在感を示すことができません。プレッピー、ヒップスター、シック、グランジなど、自分に合うファッションを見つけましょう。
    • 自分に似合うと思わない限り、周りの皆が着ているような流行の服装をする必要はありません。学校で流行っているコンバースの靴を買ったとしても、あなたに似合ってなければ、周りの人もそう思うでしょう。
    • 何を着ていても、自信を持ちましょう。鏡の前に立って悩んだり、今日の服が似合っているかと行く先々で人に聞かないようにしましょう。自分に自身がないことに、周りが感づいてしまいます。
    • 自分の見た目に気に遣うのは悪いことではありません。しかし、意図的に人気者になろうとしている思われてしまうのは、何も気にしてないように見られるよりも、印象が良くありません。したがって、化粧をするのが好きでないのなら、無理にする必要はありません。同様に、襟を立てるファッションが好きでないのなら、周りに合わせる必要はありません。
    • 流行のファッションを試したくても予算があまりない場合は、お手頃価格で良い服を売っている店を見てみましょう(特にセール期間が狙い目です)。ユニクロ、GU、ZARAなどに行ってみるとよいでしょう。
  4. 4
    あえてリスクを冒す 人気を獲得するには、時折、自分が普段関わらないような地位の人にも接触しなければなりません。大胆に[2]行動する覚悟を持ちましょう。
    • 初めて合った人に自分をアピールする、(参加者に知っている人が少ない場合でも)招待されたパーティーに出席する、人混みの中で目立つような発言をする、など少々大胆な行動を取ってみましょう。
    • リスクを冒して挑戦すること(もちろん、危険な目に遭わない程度)に慣れたら、きっと以前よりも周りに存在感を示すことができるでしょう。
  5. 5
    関心がないふりをしない 学校で極度にクールを装っていると、周りの人から良くない意味で注目されてしまいます。教師の言いなりや優等生になりたくなかったとしても、教師からの質問を無視したり、失礼な態度を取るよりは、授業に積極的に参加した方が、良い印象を与えることができます。
    • 笑顔でいる時間が増えると、常に準備万端で、これから起こることに対してわくわくしているように見えます。ただし、大袈裟に笑顔を作ると胡散臭くなってしまうので注意しましょう。挨拶された時ににっこりと微笑み返すか、または自分から相手に笑顔を向けてみるのもよいでしょう。相手に良い印象を与えることができ、あなたに興味を持つはずです。
    • 今あなたが高校生であったら、気だるい雰囲気や全く何ふり構わない様子でいることが格好良いと考えているかもしれません。しかし、流れに逆らってみる方が、かえって注目を浴びることができるでしょう。
    広告

パート 2 の 3:
社交的になる

  1. 1
    周りに関心を持たれようするのではなく、自分が周りに関心をもつ 注目を集めようとするのではなく、自分が周りに関心を持つことが大切です。職場や学校の様子、家族の話、以前に話していたことがその後どうなったのかなど、色々と質問してみましょう。次に、その話題に共感を示し、話しを広げましょう。自分や知り合いが同じような経験をしたことがあり、どのように対処したのかを伝えると良いでしょう。[3]
    • 自分自身のことや、どうしたら好印象を与えられるかについてばかり考えるのは止めましょう。「自分には人気者が持っているような能力はない」という人でも、人に共感することならできるはずです。他人にしっかりと同調することができますか?
    • 自分の容姿や話し方を気にしたり、人と比べたりすることを止め、周りの人がどのように行動しているのかに気を配ってみましょう。
  2. 2
    親しみやすい人になる 人気者は誰に対しても友好的に接します。自分の仲間だけでなく、教師、上司、食品店の店員、清掃員、両親、子供など、ほんの少しでも心を開いてくれる人であれば、基本的にどんな人とでも仲良くなれ、短い雑談で打ち解けることができるのです。是非、あなたも実践してみましょう。簡単でありながら、効果的です。[4]
    • 気軽に話せる話題を選びましょう。雑談をする時は、誰にとっても「安全」な話題を選ぶのが鉄則です。宗教や政治などの敏感なテーマは避けましょう。自分の意見を言ったところで、反対意見の人たちから反感を買うだけです。「軽め」の話題に抑えておきましょう。
  3. 3
    干渉し過ぎない 「親しくすること」と「干渉すること」は違います。他人のプライバシーは、むやみに詮索するものではありません。相手の仕草に注目して、自分の質問で相手が不快に感じているかどうかを判断しましょう。もし、そっぽを向いている、携帯電話を5分おきに確認している、あなたと話す前に他の友達に小声でぼそっと話している、などの行為をしていたら、話しかけるのは遠慮したほうが良いでしょう。
    • どこへでも押しかける、跡をつける、自慢話をする、話しの腰を折る、などの行為は、相手を苛立たせるだけなので、しないようにしましょう。
  4. 4
    人を手伝う 人気者は誰とでも「知り合い」であるだけではなく、全員と「仲が良い」状態です。そうした人々は、他人を手伝うことで、親しい関係を築いています。しかし、必ずしも大それたことをしているわけではありません。(ボランティアなどの具体的な活動に加え)些細なことでも信頼関係を築くことができるのです。例えば、鉛筆を忘れた人に貸してあげる、強風の際に近所の家のドアを補強してあげる、後ろの人の為にドアを開けてあげる、などです。まずは人の話を聞いてから、行動に移しましょう。
    • 心の底から同情しているのであれば、自然と手を差し伸べたくなるはずです。手を貸せることが全く何もなかったら、上手くいくように願っていることを伝えましょう。
  5. 5
    自分らしくいる ありふれたことかもしれませんが、真の人気者は、周りに自分を合わせようとしません。確固たる自我を持っているので、その必要がないのです。魅力的であったり、特別な才能がないと人気者になれないと考える人もいます。確かにそれは人を惹きつける重要な要素であることに間違いありません。しかしながら、全くもって普通なのに人気が高い人や、突出した容姿と才能を持ち合わせているのに、人気のない人もいます。[5]
    • 人々から支持を集めるには、高度な社交術を使いこなすことが重要です。相手がどのようなことを考えているかに関わらず、自分のペースに引き込んでしまえば、こちらのものです。
    • ネタにして笑い飛ばせるくらい、自分についてよく理解しましょう。軽く流せるくらい自分の癖を把握している様子を周りにアピールしましょう。
  6. 6
    頑張り過ぎない 驚くことに、多くの人気者たちは、何か特別な努力を意識的にしているわけではなく、ただ、ありのままの自分を見せているだけです。どうしても人気者になりたいからと、意図して何かをしても、ただの目立ち屋だと思われるか、最悪の場合は、頭のおかしい人だと思われてしまいます。自分と共通の趣味をもっている人であれば打ち解けやすいはずなので、まずはそうした人たちと仲良くなりましょう。付き合いに慣れてきたら、違うタイプの人にも声を掛けてみましょう。
    広告

パート 3 の 3:
積極的に参加する

  1. 1
    チームに所属する 学校のバスケットボールチームに入るために、田臥勇太選手のようになる必要はありません。スポーツチームに入ると、体を動して爽やかな気分になれるだけでなく、自分の視野を広げたり、チームメイトと友情を育んだりと、良いことが沢山あります。運動が得意でなくても、何かしら校内のスポーツチームや地域のスポーツ大会にまずは参加してみましょう。チーム活動には以下のような利点があります。
    • チームでの活動を通して、沢山の人々と触れあい、クラスや日常では接しないような人を含め、色々なタイプのたちとの付き合い方を自然と学べます。
    • 友達付き合いも増え、試合の後の計画を立てたり、試合前に決起集会としてディナーに出掛けるなど、チームメイトとの予定が入るようになります。
    • 自分の存在をより多くの人に知ってもらう機会にもなります。
  2. 2
    運動部以外の部活に入る 文化系の部活に入ることも、視野を広げたり、多くの友達と知り合う絶好の機会になります。校内新聞に載るようなサッカーチームの友達とは違うタイプの人に出会うことができるので、時間の許す限り、文化系の部活とスポーツチームへの参加を両立してみると良いでしょう。自分の興味のあるもの、もしくは少し気になる程度でも、挑戦してみましょう。ある程度、経験を積んだら、リーダー役に就きましょう。リーダーになれば、多くの人と知り合う機会ができます。
    • 内容があまりにオタク寄りで、自分には合わないと思った部活に入る必要はありません。自分の好きなことをして、沢山の仲間に出会えば、人気者になるチャンスも増えます。
  3. 3
    教室で活発に行動する 教室で注目を浴びるために、教師に媚びたり、授業で手を挙げ続ける必要はありません。隣に座っているクラスメイトと仲良くなる、謙虚な姿勢で教師からの質問に答える、などの行動で十分です。総じて、周りに流されることなく気を配ることが大事です。
    • クラスで目立てば、名前を覚えてもらいやすくなります。また、会話の中に登場したときにも、思い出してもらいやすくなります。
  4. 4
    幅広く興味を持ち続ける 体育会系になる、人気者のグループに入るといったことにこだわる必要はありません。色々なことに興味を持ち、モチベーションが高いうちにどんどん試しましょう。幅を広げ過ぎると、自由時間がなくなってしまいますが、多くの活動に参加すると、より多くの人が自分のことを認識してくれるようになります。また、様々な背景を持った人との付き合いも生まれるでしょう。
  5. 5
    地域活動に参加する 地域活動を通して、直接誰かの役に立てるだけでなく、異なる環境、年齢、経済状況に置かれている大勢の人々との付き合い方を学ぶことができます。人との打ち解け方が分かってくるにつれ、新しく人と知り合う時に好意的な印象を抱いてもらえるような対応の仕方も覚えていくことでしょう。
    広告

ポイント

  • 知っている人には全員、好意的に接しましょう。にっこりと笑い、挨拶をして、相手から挨拶が返ってきたら、近況をたずねてみましょう。どこへ行っても、初対面や顔見知りに関係なく、たとえ数分であっても、雑談をする習慣をつけましょう。
  • もしも、気の利いたことが言えそうにない場合は、何も言わないようにしましょう。まるで、おばあちゃんからのアドバイスのようですが、確かなことです。誰かを見下すような発言をしている人がいたら、巻き込まれないように注意しましょう。意見を求められたら、「彼女はいつも良くしてくれるから、よくわからないな」「周りの知らない事情がきっとあるんだろう。誰にも分からないよ」と無難なことを言って逃げましょう。
  • 近づきやすい雰囲気を出しましょう。一緒にいて楽しくなる人の周りには、自然と人が集まってくるものです。悲壮感を漂わせている人には、誰も近づきたくありません。人が入り込める隙を作りましょう。
  • スポーツをはじめましょう!人気者には大抵、何かしら得意なスポーツがあります。チアリーダーや体操、ダンスなどが代表格です。あまり、それらが好きでなければ、野球、ラクロス、水泳、陸上球技、バスケットボール、バレーボール、サッカーなどに挑戦してみましょう。どんなスポーツチームにも必ず人気者がいます。
  • 人気の度合いは、あなたの人柄そのものを表すものではなく、むしろ人間性を際立たせます。人気者になれたからといって、別人になりきる必要はありません。
  • しかし、グループの中で「人気のない人」を邪険に扱わなければいけない状況もあるかもしれません。中学・高校時代に起こりがちな傾向です。しかし、それは1人友達を失うことになりかねません。よく考えてから行動しましょう。
  • 常に携帯電話の電源を入れておきましょう。いつでも連絡が取れる人の方が好かれます。
  • Facebookのアカウントを持っているなら、学校の友達を追加して、頻繁に連絡を取りましょう。「いま、すごく退屈だよ」などという風に会話を始めるのはあまり良いとはいえません。相手は「自分も同じ状況だよ」程度にしか相槌を打てないからです。これでは、ただ意味のないやり取りをしているだけになってしまいます。些細でもいいので、具体的な話題を持って話しかけましょう。
  • どんなことがあっても、人気があるからと調子に乗った「意地悪女」になってはいけません。意地悪な人間には、誰も見向きもしません。学校で孤立しないためにも、気を付けましょう。

広告

注意事項

  • あまり深く考えすぎないようにしましょう。人気とは心の持ちようだったりします。人気を得るために躍起になっているところが見えると、人はしらけてしまうものです。人気とはつまり、ある程度、他人がどのようにあなたを見ているかによるものなのです。時と共に、評判は薄れていくものです。それに抗うことはできませんが、人への接し方は自分の力でコントロールすることができます。
  • くれぐれも自分のプライバシーは守りましょう。周りの人によく存在を知られていると、詮索されたり、噂話の対象になる可能性が非常に高くなります。有名人の私生活をのぞこうとする人があちこちに存在していることを思い浮かべれば分かりやすいでしょう。ちょっとした用事で外に出ている時や、公園で座って本を読んでいる時などに話しかけられるかもしれないという心の準備が必要です。有名になると仕方のないことですが、上手く乗り切りましょう。
  • 学校一の人気者になれないからといって、落ち込む必要はありません。それよりも、あなたを気にかけてくれる友達と遊んだ方が楽しいこともあります。仲間はかけがえのない存在なのです。
  • 人気には浮き沈みがあり、新しい学校や職場に行き始めると急速に人気が薄れることもあるかもしれません。状況によって結果は違い、最初からやり直さなければならない場合もあります。
  • 上手くいかなくても、がっかりする必要はありません。簡単に人気者になれる人もいれば、全くどうにもならないという人もいます。外交的で人に好かれるキャラクターになれない要素は沢山ありますが、だからといって、あなたに価値がないということにはなりません。
広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

復讐する

How to

他者に依存しない

How to

泣いている人を慰める

How to

キスが上手になる

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

男性からの好意に気付く

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

敬意を持って人に接する

How to

落ち込んでいる友達を励ます
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 751 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告