PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

成功するための決まった方法はありませんが、成功者と呼ばれる人の多くに共通する特徴や習慣はあります。成功した人の習慣をまね、自分自身の日々の生産性を高める方法を理論立てすることができると、目指しているものが何であっても成功できる可能性も高くなるでしょう。

パート 1
パート 1 の 3:
健康的な生活から成功を手にする

  1. 1
    早起きする アメリカ合衆国の建国の父と呼ばれ、実業家としても成功していたベンジャミン・フランクリンの名言に「早寝早起きは、健康、富裕、賢明のもとである」というものがあります。早起きをすると、毎時間を最大限に活用しながら、より勤勉になり、問題解決能力が高まるという研究結果もあります。[1] 早起きがしやすくなるポイントもあります。下記を参考にしましょう。
    • 遅すぎない時間に就寝できるように夜の過ごし方を工夫しましょう(就寝1時間前に電子機器の使用を止めることも含まれます)。
    • スヌーズボタンは押さないようにしましょう。目覚まし時計といった時間を知らせる機器は同じ部屋の、自分が寝ている場所から最も離れた位置に置き、起き上がらなければ目覚ましをオフにすることができないようにしましょう。
  2. 2
    運動する ベストな自分でいるということは自分の体を大切にするということだという点を成功者は理解しています。そのために、定期的に運動をし、次のような効果を得ています。
    • ストレスが軽減されます。[2]
    • 元気が増し疲れにくくなります。[3]
    • 免疫力が高まり、病気にかかりにくくなります。[4]
    • 自分を律し目標達成のために専念するという姿勢が身につきます。[5]
    • 本格的な運動をスケジュールに組み込むことが困難なのであれば、ささやかな変化をつけましょう。例えば、階段を使う、目的地が近い場合は運転せずに歩く、といった工夫をして健康的な生活をおくりましょう。[6] [7]
  3. 3
    情緒的、精神的健康を意識する 情緒的健康は、自信を持つために必要不可欠で、自信は仕事上の成功をおさめるために不可欠だという結果を示す研究があります。言葉を変えれば、成功によって人は幸せになるのではなく、幸せによって成功が生まれるということでしょう。[8] 下記のポイントを参考に、自分で自分の幸せの主導権を握り、成功を作り出しましょう。[9]
    • コミットメント(Commitment): この場合のコミットメントとは、困難に見舞われたり挫折しそうになっても諦めずに続けるという姿勢を指します。つまり、一人で考え込んで自信を喪失するのではなく、落胆を今、そしてこれからの努力の原動力にするという姿勢です。
    • コントロール(Control):主導権を失わないということを意味しています。自分が抱えている課題と、それに関わる苦労を受け止め、結果をただ受け入れるのではなく少しでも変えようとする考え方です。
    • チャレンジ(Challenge): ストレスが伴う状況を(良い状況も負の状況も)学び進化する糧としてとらえる不屈の心構えを指します。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
思考などの精神的処理から成功を手にする

  1. 1
    計画を可視化する 毎日、その日の計画を立てましょう。単に一覧にするだけでなく、重要なプロジェクトや課題を完了させるために必要な実際の手順を可視化しましょう。可視化することで、その課題が達成されやすくなるだけでなく、達成までに要する時間も短縮されるということを示す研究結果もあります。つまり、計画を可視化することで一日にこなせる仕事や課題の量を増やせるようになるということです。[10] 下記は、成功を引き寄せる可視化のポイントです。
    • 成功するために必要な個人の特質に着目しましょう。銀行の頭取であってもPTAの会長であっても、成功する人物が持ち合わせている特質には共通点があります。例えば、聞き上手、学ぶ意欲が高い、コミュニケーション能力が高い、そして、周囲への仕事の割り振りが適格、といった点が挙げられます。
    • 成功が実際に何を意味しているのか考えてみましょう。優れたインテリアデザイナーに、あるいは家事専業者になりたいのだとしても、具体的に目指す状態がどのようなものなのか、毎日の服装から自分の周りにいる人に至るまで詳細を思い描きましょう。
    • 断言しましょう。思い描く状況を口頭や書面上の言葉と一致させましょう。例えば、ゴルファーとして成功したいのであれば、目を閉じて「グリーンに立つ自分が見える。不安もなく自信に溢れていて、ゴルフクラブを振ろうとしている。打ったボールは思った通りの方向へ飛んでいき、グリーンに落ちる。イーグルも狙えそう」といったように自分に言い聞かせましょう。
  2. 2
    なぜ手に入れたいのか考える 成功の一部分は自己認識で構成されていて、自己認識とは自分の願望や行動の源となる動機を理解することを意味しています。[11]
    • 自分の目標、その目標を達成することで得られるもの、そして、達成がどのような前向きな影響を自分の人生に及ぼすのかを認識することが求められます。例えば、仕事で昇進したいと思っているのであれば、なぜそう思っているのか考えてみましょう。お金のため、自分の成果のため、あるいは誰かを感心させたいから、など色々な理由が考えられます。
    • 目指す方向について再帰的に考えることで、自分の要求や願望を再評価し、より賢い決断を下すことすら可能になるかもしれません。つまり、昇進を望む理由と、そのために必要な人物像が一致しないと言うことが分かったのであれば、物事の優先順位を考え直し、成功を手にしつつも幸せを維持することのできる方法を見つけていきましょう。
  3. 3
    優先順位を入れ替える この一週間で達成したこと、達成するまでに要した時間を書き出し時間の使い方を分析しましょう。厳しい目で、どのようなことに自分の時間と労力を費やしているのか見直してみましょう。これには、個人的、さらに仕事上の人間関係の構築にかけた時間も含まれます。成功するために重要な役割を担うこともある要素です。[12]
    • 投資した時間に対して得られたものが、これまでの努力に見合ったものか考えてみましょう。例えば、夜ふかしをしてガールフレンドとおしゃべりをすることは、やりがいを感じている仕事での生産性の向上に貢献していますか?教員補助としての週40時間の勤務は、子供を助け、より良い世の中を築きたいという信念を満たしていますか?
    • 期待することと、叶え方を調整しましょう。どのような課題や責任を背負うと満足感を最大限高めることができるのか自問し、答えを書き出しておきましょう。次に、その一覧を見ながら、目標を達成するためにどのような困難に直面する可能性があるのか考えてみましょう。困難とは、自分で作り出したものなのか、こうした困難を経験することで自分が人として成長できそうなのかという点についても考えます。さらに、これらの困難は、目標達成までの道から排除できるのか、排除することで達成が近づくのかどうかについても自問しましょう。
  4. 4
    情熱を大切にする 成功を夢見る人が陥りがちな過ちの一つが、自分の情熱を無視して、「誰かがそれで成功したから」という理由で特定の目標達成を目指すというものです。だからと言って衝動的に行動すればよいというわけではありません。大切なのは強みを活かし、創造性と熱意を活用するということです。[13]
    • 仕事の成果と給与は比例します。つまり、給与が高いから特定の仕事を狙うのではなく、熱心に取り組み、優れた成果を残すことのできる仕事を狙いましょう。優秀であれば、金銭的な報酬もついてくるでしょう。
    • モノではなくヒトが商品です。誰かがとある会社に投資する時、その会社が販売している製品がなくてはならないものであるから投資するのではありません。その製品の開発のかじを取る人物のビジョンに光るものがあり、信頼できるから投資するのです。自分の情熱を大切にすれば、あなたを光らせる特性やスキルを際立たせることができます。周囲もそれに気がつき、あなたを信頼するでしょう。
    • 「やらないなんて無理だから」という理由で行動しましょう。朝目が覚めて起き上がる原動力が何なのか考えます。職場での役割、親であることの責任、夜に楽しみにしている趣味の時間など、様々でしょう。自分をやる気にさせるものと需要のあるスキルあるいは製品をつなげ、独自の成功を作り上げましょう。
  5. 5
    不快な状態に耐えられるようになり「ご褒美」を遅らせられるようになる 精神的な強さは無感情とは異なります。精神的な強さとは、自分の感情を把握しつつ、避けられない不快な状況に直面しても感情を制御することができる、ということを指しています。[14]
    • 前向きになりましょう。面識のない人に囲まれて不安になったり、大型のプロジェクトの成功に関わる重要な課題であるにも関わらず、やる気が出ないといった場面に直面した時は、「こんなことする必要なければ良かったのに」と考えるのではなく「自分ならやり抜ける」「少しずつこなしていこう」という考え方に切り替えましょう。
    • 小さなことから始めましょう。今日は、「食器洗いが終わるまでテレビは見ない」という程度の決心から始めましょう。一年後はマラソンを走っていて22キロを超えても、引き続き走り続けているかもしれません。訓練とは一瞬で終わるものではありません。生活のあらゆる側面において基準と良い習慣を長期にわたって維持する、ということを意味しています。
  6. 6
    進捗を振り返る 計画することと同様に、これまでに達成できたこと、まだ達成できていないことを振り返ることも重要です。[15]
    • 一週間あるいは一か月に一度は、このように振り返る時間を設け、順調に進んでいる項目とそうでない項目を把握しましょう。[16]
    • 日記をつけましょう。日記帳、一覧表、あるいはカレンダーを活用したり、ビジョンボードを作るなどすると、振り返るだけでなく、今後の道筋も見えやすくなります。
    • ただし、振り返ることは簡単ではありません。振り返ることの目的はそもそも自分をねぎらうことではなく、節目を達成することができているかどうかを批判的に評価することです。達成できていない場合は、もとの計画を調整したり、完全に見直す必要があるのかもしれません。
    • 再スタートは敗北ではありません。振り返って見つめ直した結果、正しい道を進んでいないということが分かったのであれば、新たな方向を可視化しましょう。これまで学んだことを評価し、これまでの道から自分の志や才能とより密接に関わっている道へ切り替える方法を見つけましょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
成功に導く習慣を取り入れる

  1. 1
    失敗から学ぶ 成功者は生まれつき成功していたわけではありません。様々な経験を重ね、リスクをおかしたり、失敗をしながら成功していったのです。衝動的に行動するのは得策ではない一方で想定内のリスクをおかすと、長い目で見ると報われるということもあります。挑戦したこと全てが成功しなくても、失敗を見つめ直し、そこから学ぶことが成功した人に共通する重要な要素です。[17]
    • スティーブ・ジョブスは、1985年にApple社からクビになりました。主に、協調性が低く一緒に働きづらいということが原因でした。しかし、12年後に返り咲き、より良きリーダーとなって傾きかけていたApple社を成功に導いたのです。[18]
  2. 2
    受け身にならずに率先して行動する 研究によって個人の成功と率先した態度の関連が指摘されています。つまり、機会が訪れるのを待つのではなく、日々の生活や仕事を改善する方法を考え、すぐにでも行動に移しましょう。下記は、率先して行動するためのポイントです。[19] [20] ひらめきを求めている時は、思いつくことを自由に書いたり(フリーライティング)、一覧表に書き出してみたり、一つの項目を別の項目と結び付けて考える(マッピング)と良いでしょう。[21]
    • どのような困難に直面する可能性があるのか、それらをどう乗り越えるかを考えておきましょう。可視化といったスキルと関連しているのは予測です。成功までの道を現実的に見積もる時、その過程に潜む危険も見積もることが必然的に求められます。
    • 回避可能な困難は回避しましょう。避けられない困難もある一方で、準備、資金集め、そして訓練などををあらかじめ徹底しておくことで回避できる困難も多々あります。
    • タイミングを大切にしましょう。研究によれば、行動することと同様に行動するタイミングも重要です。不慣れなことに対して行動を急ぎ過ぎると、準備不足あるいは向こう見ずといった印象を与えるかもしれません。逆に遅きに失すると、自分のスキルを活かしリーダーシップを発揮する機会を逃すことになるかもしれません。[22]
  3. 3
    成功した人に囲まれて過ごす 成功は勝手に起こることではありません。成功した人には、それぞれ大勢の友人、教師、メンター、同僚などがいます。こうした周囲の人々の支えを受けながら達成してきたのです。[23]
    • 既に面識のある人の中で、才能にあふれ、前向きで、支えとなり、意欲に満ちていて、知識が豊富な人がいないか考えてみましょう。こうした人から学び、可能な時は協力していきましょう。
    • インターンシップ、セミナー、ジョブシャドウイング(学生が一日仕事に同行し内容を体験、体感すること)もまた、成功した人と交流し学ぶことのできる良い機会です。
    • 目標が出世競争で勝ち進むことではなく、優れた親や教師になることにあるという人もいるでしょう。原則は同じです。既に成功している、お手本となる人を見つけましょう。この人物と一緒の時間を過ごし、成功に大きく貢献した要素を学びましょう。良い習慣はまねて、自分の夢を後押ししましょう。
  4. 4
    強固で前向きな人間関係を築く 製品やサービスを顧客に届ける仕組みの改善を試みている、自分よりも経験の豊かな人物から指導を受けたいと思っている、競輪選手として技術を磨きたい、など状況は様々ですが、論理的に考えても、個人的に考えても、強固な人間関係を築くことは、どの分野においても成功に欠かすことのできない要素でしょう。下記の方法を参考に、人間関係をより生産的に強化していきましょう。
    • 個人的な人脈を気づきましょう。起業家であれば、強いブランドイメージとSNSでの存在感が成功の鍵だと知っていますが、このルールは個人的な出会い(ありふれているようで最も頻度の高い成長の源です)には当てはまりません。[24]
    • 夢に直結しない分野でも人間関係を築きましょう。例えば、プライベートな人間関係を仕事、または仕事関係の場で人をまとめるための練習の機会ととらえてみましょう。家族の要望に耳を傾けなかったり、友人に対して忠実でなかったりすることがあると、その人間関係は育まれません。また、新しい友人関係を築く機会を探すことも大切です。クラブや趣味や関心事の「ミートアップ」へ参加することを検討しましょう。[25]
  5. 5
    質問をして、話すよりも聞く 質問すると自分以外の人に話す機会を与えられるので、重要な会話に加われるだけでなく、知識を増やし、好かれやすくなります。
    • 他者に耳を傾けると、その人の専門から学ぶことができ、それを今後の自分の課題に活用することができます。
  6. 6
    責任感を持つ 自分の過ちを他人のせいにすると、自分の成功も自分の手柄だと言えなくなります。[26]
    • 自分の失敗を他人や外的要因のせいにしないようにしましょう。その代わりに、自分が何をどのように行ったのかを分析し、次回はより上手く行えるようになりましょう。成功したか失敗したかを判断できるのは自分だけです。
  7. 7
    高い基準を課す 成功者は猛烈にやる気に満ちていて、高い労働倫理を持っています。
    • 自分に課された課題のそれぞれに全力で取り組みましょう。同僚や上司の期待を超えましょう。「充分」な仕事で満足するのではなく、さらに改善と向上を加え、求められていた以上の成果を出しましょう。
    広告

関連記事

ずる休みをするずる休みをする
夢精を止める夢精を止める
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
勃起を隠す勃起を隠す
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
彼があなたのことを好きかどうか知る彼があなたのことを好きかどうか知る
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
学校を楽しむ学校を楽しむ
10代でも大人っぽく見せる10代でも大人っぽく見せる
ありのままの自分に満足するありのままの自分に満足する
広告
  1. http://www.realsimple.com/health/mind-mood/emotional-health/visualization-techniques/mental-visualization
  2. http://www.businessinsider.com/habits-of-exceptionally-successful-people-2015-8
  3. http://success.oregonstate.edu/files/LearningCorner/Tools/prioritization_3_methods.pdf
  4. http://www.investopedia.com/articles/pf/12/passion-success.asp
  5. http://www.inc.com/christina-desmarais/7-scientifically-proven-ways-to-achieve-better-success-in-life.html
  6. http://www.sideroad.com/Leadership/self-reflection.html
  7. Lauren Krasny. キャリアコーチ. 専門家インタビュー. 27 March 2020.
  8. http://www.inc.com/christina-desmarais/7-scientifically-proven-ways-to-achieve-better-success-in-life.html
  9. http://content.time.com/time/specials/packages/article/0,28804,1873486_1873491_1873461,00.html
  10. http://www.researchgate.net/profile/Maria_Kraimer/publication/229906646_WHAT_DO_PROACTIVE_PEOPLE_DO_A_LONGITUDINAL_MODEL_LINKING_PROACTIVE_PERSONALITY_AND_CAREER_SUCCESS/links/53e8ef3f0cf2dc24b3c7dc8b.pdf
  11. http://homepages.se.edu/cvonbergen/files/2013/01/Proactive-Personality-and-Career-Success.pdf
  12. http://writingcenter.unc.edu/handouts/brainstorming/
  13. http://www.inc.com/oscar-raymundo/how-to-be-proactive-without-being-pushy.html
  14. http://www.besthealthmag.ca/best-you/wellness/7-habits-of-successful-people
  15. http://www.entrepreneur.com/article/230783
  16. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1460-2466.1990.tb02247.x/abstract
  17. http://www.csmonitor.com/Business/The-Simple-Dollar/2011/0910/Taking-responsibility-for-your-own-success

このwikiHow記事について

Lauren Krasny
共著者 ::
エグゼクティブ、ストラテジック、パーソナルコーチ
この記事の共著者 : Lauren Krasny. リーダーシップコーチ、エグセクティブコーチのローレン・クラスニーは、サンフランシスコ・ベイエリアにてプロフェッショナルコーチングとパーソナルコーチングを提供している会社「Reignite Coaching」を経営しています。健康管理プログラムOmada HealthとModern Healthの元オンラインコーチで、現在はスタンフォード大学経営大学院のLEAD Programにてコーチングを行っています。CIT(コーチ養成機関)にてコーチとしての訓練を修了。ミシガン大学にて心理学の学士号を取得。                
カテゴリ: ティーン
このページは 498 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告