愛を見つけることは人生で最も素晴らしい経験のひとつですが、「愛」という言葉はとても観念的なものです。恋愛関係における愛について考える前に、さまざまなタイプの関係における愛の意味を考えてみましょう。また、「恋をする」ことと「誰かを愛する」ことは全く異なるものです。その違いについても触れていきます。この包括的なガイドを参考に、人間関係における愛の意味を考えていきましょう。

1
感情的な絆を感じる

  1. 愛にはさまざまな種類があり、どんな愛でも愛は愛です。愛というと恋愛を思い浮かべる人が多いでしょうが、友達や家族、ペットに対しても、真の愛情を抱くことがあります。さまざまな形で感情的な結びつきを持つことは、人間として大切なことです。[1]
    • 通常、愛とは、自らの意思で相手を深く想うことであり、そうした感情を持たなくてはいけないという義務はありません。ただ、そうした想いが湧いてくるというだけなのです。
    • 結局のところ、愛することは非常に個人的な体験です。誰もが同じように見たり感じたりするものではありません(そういうものなのです)。[2]
    広告

2
互いを尊重できる

  1. 愛情があれば、互いの意見や信念を何よりも大切にできます。アドバイスが欲しいとき、あなたが最初に相談するのはパートナーでしょう(その逆もまた然りです)。それは相手を尊敬し、相手の考えを本当に重要視しているからです。パートナーは常にあなたに対して誠実で、あなたの個人的な境界線に疑問を挟まず、尊重してくれるでしょう。[3]
    • 24時間365日一緒にいることを愛とは呼びません。それは執着と言います。愛し合う関係なら、離れて過ごす時間を持つことが健全であると互いにわかっていますし、それで平気なものです。
    • 愛し愛される関係において、同意は必要不可欠です。あなたが誰かを愛しているなら、相手がやりたくないことをするよう、プレッシャーをかけたりはしないはずです。[4]

3
つながりを実感できる

  1. 2人は常に互いの気持ちに寄り添い、同調しています。パートナーが幸せなら、あなたも同じように幸せを感じるでしょう。相手が悩んだり落ち込んだりしていれば、その痛みを感じ、助けてあげたいと思うはずです。肉体的なつながりというのは、時間が経つにつれて変化するものですが、心から誰かを愛しているなら、感情的なつながりが変化することはありません。[5]
    • 自分と相手のニーズを同じように重要なものとして考えることができ、それを躊躇せずに相手に伝えられるのが、本当のつながりです。[6]
    広告

4
安心できる

  1. 愛し合っていれば、批判される心配などせずに、自分の本当の姿を見せることができます。パートナーがありのままのあなたを愛していることを、疑うことなどないでしょう。安心して自分のあらゆる面をさらけ出し、遠慮なく自分の考えを伝えられるはずです。自分の中にあるものを、隠したり曖昧にしたりすることもありません。[7]
    • パートナーの側で警戒心を解けるほどの安心感を覚えると、帰属意識が生まれます。相手と一緒にいると落ち着き、安全だと感じるのです。

5
支え合える

  1. 互いに応援し合い、成功を喜び合えます。あなたの目標や夢は、パートナーにとっても大切なものです。あなたも、パートナーの成功を見ると心からの喜びを感じ、相手が目標を達成できるように自ら進んで手を貸すようになるでしょう。相手の成功はあなたの成功であり、あなたは彼らを全力で応援できるのです。[8]
    • 愛とは相互に支え合うことであり、決して一方的なものではありません。たとえ困難な状況にあっても、同じように互いをサポートし合えるはずです。
    広告

6
互いを信頼できる

  1. 愛があれば、パートナーが自分を1番に考えてくれていると信じていられます。パートナーの浮気を心配することなどないのが、本当の愛です。あなたは心の底から、相手がそうした形であなたを傷つけることはないと確信できるでしょう。2人の関係こそが、2人にとって最も優先されるものなのです。[9]
    • 信頼関係を築くのには時間がかかります。一朝一夕にとはいきません。新しくできた人間関係の場合、互いをもっと知っていくことで信頼を深めていけるでしょう。

7
無条件に大切にできる

  1. 相手の欠点やミスによって、気持ちが変わることはないでしょう。ただし、誰かを無条件に愛するということは、粗末な扱いを受けたり、浮気されたり、虐待されたりしても我慢するということではありません。自分の感情に惑わされず、現実的なレンズを通して2人の関係を見つめましょう。愛情があれば、相手の欠点(これは誰にでもあるものです)を受け入れることができ、ミスをしたことで相手を責めることもありません。[10]
    • 無条件の愛とは、自分が注ぐ愛に見返りを求めないということでもあります。愛とは無償で与えられるものであり、2人の関係は取引ではありません。
    広告

8
進んで歩み寄れる

  1. 互いに譲歩することで、言い争いも問題解決のための話し合いに変わります。愛情ある関係でも時折衝突することはありますし、これは健全で正常なことです。とはいえ、ひどいケンカのときでも、パートナーを敵のように感じることはないでしょう。2人が問題を解決することに意識を向け、希望に応じて譲り合うことで、また幸せな気持ちで一緒にいられるようになります。[11]
    • 言い争いが終われば、その問題もそこで終わりです。そのことについては忘れましょう。愛していれば、相手に恨みなど抱かないものです。

9
ともに成長し向上していける

  1. 本当の愛があれば、それぞれが単独でも、またカップルとしても、成功をつかむことができるでしょう。愛とは、最高の自分になれるよう後押ししてくれるものであり、愛情あふれるパートナーはそれを促してくれる存在です。感情的につながっていても、いつも一緒というわけではなく、それぞれが自分のプロジェクトに取り組む時間を持つことができるでしょう。2人は互いの良さを引き出し合える関係なのです。[12]
    広告

10
長い時間をかけて努力できる

  1. 本当の愛は、時間をかけて育まれるものです。誰かを愛するということは、日々、意識的に決断をしていることを意味します。つまり、人生の浮き沈みを共に乗り越え、どんな困難があっても一緒にいることを選んでいるということなのです。2人の絆は揺るぎなく永遠であり、それは一夜にして作られるものではありません。[13]
    • 「恋する」ことと「誰かを愛する」こととは違います。恋に落ちるというのは、誰の身にも起こることです。素晴らしい経験ですが、無意識の現象でもあります。しかし、それが本当の愛への扉を開く、長い旅の始まりとなるのです。

関連記事

女性を甘やかす女性を甘やかす方法14選—愛されていることを実感してもらうために
キスの絵文字が送られてきた場合に返信するキスの絵文字が送られてきた場合に返信する
友達に利用されているかどうかを知る友達に利用されているかどうかを知る
いじめられている人を助けるいじめられている人を助ける
生理中の女の子をメッセージで慰める生理中の女の子をメッセージで慰める
人の信頼を取り戻すために説得する人の信頼を取り戻すために説得する
自分に興味のない女の子を振り向かせる自分に興味のない女の子を振り向かせる方法(女の子の気を惹く方法16選)
有名人と友達になる有名人と友達になる最高の方法
友人に嫉妬されているかを知る友人に嫉妬されているかを知る
大切な友人と距離を置く大切な友人と距離を置く
信頼できない友人と縁を切る信頼できない友人と縁を切る
目の絵文字が送られてきた場合に返信する目の絵文字が送られてきた場合に返信する
親友を失ったことを乗り越える親友を失ったことを乗り越える
Instagramで好きな男の子に話しかけるInstagramで好きな男の子に話しかける
広告

このwikiHow記事について

Cherlyn Chong
共著者 ::
リレーションシップコーチ
この記事の共著者 : Cherlyn Chong. シャーリン・チョングは、恋愛関係破綻後のケアとデートコーチングを通じて、成功意欲や責任感の強い女性が失恋から立ち直り、新しい恋愛関係を築けるようサポートしています。デートアプリ「The League」のオフィシャルコーチも務めており、その業績はAskMen、Business Insider、Reuters、そして HuffPostで取り上げられました。
このページは 108 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告