人魚のような服装で学校に行く方法

人魚はおとぎ話、テレビ番組、映画などで人気があります。美しさと謎めいた雰囲気が大きな魅力だと言えるでしょう。本当に水中で生活できるようになるわけではありませんが、人魚のような服装を楽しむことはできます。人魚の見た目に似た服や小物(貝殻のネックレス)などを選びましょう。そして、人魚について学び、自信をもって人魚の様に振舞いましょう。

パート 1 の 4:
人魚のような服装を選ぶ

  1. 1
    海の色を選ぶ 海の色を選ぶだけであれば校則を破ることなく人魚らしい服装を楽しむことができます。明るい青や緑系、ターコイズやアクアといった色が海を連想させます。もちろん、他の色を混ぜてはいけないというわけではありません。紫やオレンジを加えると南国風になります。また、あまり着飾らずに「ミニマル」な服装を心がけている人は、白やベージュも良いでしょう。大胆な服装も恐れず黒が好きなのであれば、迷わずに黒を選びましょう。人魚らしさには、自分らしく振舞うという要素も含まれています。適した色の服がなく、買うことも難しいのであれば、小物や前向きな考え方で不足を埋めましょう。[1]
    • 海洋生物の画像を見て、鮮やかな色や模様を取り入れても良いでしょう。
  2. 2
    貝殻や魚のうろこがデザインとして用いられている服を着る 女性の人魚は、貝殻を上半身の水着の様に着用しています。学校へ行く服装なのであれば、上半身に貝殻だけをまとった状態は好ましくないので、貝殻がデザインに取り入られているTシャツなどを探してみましょう。玉虫色の魚のうろこの柄が描かれているトップスも良いでしょう。また、海らしい柄が取り入れられているレギンス、魚柄のトップスも探してみましょう。オンラインショッピングであれば、より幅広く探すことができるかもしれません。[2]
    • セーター、ジャケット、ワンピースの場合も、こうした柄のものを選んでも良いでしょう。
  3. 3
    マーメイドスカートを着用する マーメイドスカートとは、裾まではぴったりとしていて、裾だけフリルが広がっているスカートです(この形状が人魚の尾ひれに似ています)。お好みの色のマーメイドスカートを選ぶこともできますが、濃い青や紫のものを着用すると、より人魚らしくなるでしょう。さらに、貝殻や魚のうろこがデザインに取り入れられているTシャツなどを合わせることができれば万全です。マーメイドスカートが無い場合、わざわざ購入したくないという場合は、ふんわりとしたスカートで代用しましょう。海や海の生き物らしい色やスタイルを選ぶだけでも、かなり人魚に近づきます。[3]
  4. 4
    人魚の尾ひれの柄になっているレギンスを着る 人魚は近年人気が高まっているので、関連グッズなども多数販売されています。人魚の尾ひれに見える柄のレギンスやパンツを探してみましょう。レギンスであれば、本物に近い玉虫色のうろこのような見た目を再現しやすいかもしれません。このレギンスに、濃い青のTシャツを合わせれば完璧です。あるいは、色鉛筆を1分ほど水に浸し、うろこを描いてみましょう。誰かが小片に気づいた場合は素早く隠し、その場を離れましょう。[4]
  5. 5
    場に相応しいのであればコスチュームを着用する 学校では、通常はコスチューム着用は許されていない場合がほとんどでしょう。ただ、劇の役で必要な時や特別なイベントでコスチュームの着用が許されている時であれば、人魚のコスチュームを試してみましょう。オンラインショップで人魚の尾ひれのコスチュームを購入し、上半身には肌色のトップスを合わせ、胸元には貝殻も添えましょう。くれぐれも、コスチュームが学校の服装の規則に反しないよう注意しましょう。また、人魚をテーマにしたショーを鑑賞する際に着用するのも良いでしょう。尾ひれは手作りすることもできます。[5]
    広告

パート 2 の 4:
人魚風の見た目になる

  1. 1
    髪を長く伸ばす、あるいはかつらを着用する 人魚は長く美しい髪が特徴的です。本気で人魚風の見た目を再現したいのであれば、髪を伸ばすことも検討しましょう。本当に伸ばさずに、かつらやヘアエクステンションを用いることも可能です。ヘアエクステンションは様々な色の製品が存在するので、部分的に青や緑の毛を加えると、空想の世界らしい雰囲気が高まります。ただし、この為に地毛や地毛の健康を犠牲にしないよう注意しましょう。人魚の髪の見た目は健康的です。ヘアケア用品、ヘアカラー、ヘアエクステンションによって髪が傷んでしまうのは本末転倒です。直毛でも、くせ毛の人でも、パーマがかかっていたり縮れている毛でも、人魚の髪の様に見せる方法は多数あります。人とは異なる、自分らしい方法を試しましょう。[6]
    • 髪を染める場合は、校則で禁止されていないことを事前に確認しましょう。
  2. 2
    ソルトスプレーをかける ソルトスプレーを用いるとビーチ帰りのような見た目の髪に仕上がります。美容品を取り扱っている店舗で探してみましょう。自分で手作りすることも可能です。手作りする際は、240ミリリットルの温水、大さじ1の海塩、小さじ1のアルガンオイル、さらに2~3滴のエッセンシャルオイルをスプレー容器の中で混ぜ合わせましょう。ココナッツオイル、ココナッツミルク、あるいはココナッツウォーターを加えると南国風になるだけでなく、保湿力が高まります(海塩は髪を多少乾燥させます)。このスプレーを髪にふきかけ、手で馴染ませましょう。[7]
    • ラベンダーがエッセンシャルオイルとして適しています。
    • アルガンオイルの代わりにアボカドオイルを用いても良いでしょう。
  3. 3
    ネイルの色を南国風にする 青系、緑系、紫系の色が適しています。また、玉虫色に輝くマニキュアを用いると、魚のうろこのような見た目になります。より大胆なことを試したいという人は、魚のうろこをもとにしたデザインをネイルに施しても良いでしょう。[8]
  4. 4
    メイクも全体の見た目に合わせる 唇や目尻に青を加えると、服装をより際立たせます。もっと分かりやすい人魚風のメイクを目指しているのであれば、目元にラメを加えてみましょう。また、頬にハイライトを入れることで、魚のうろこの様に輝かせましょう。もちろん、必ずメイクをしなければならないというわけではありません。人魚の肌には透明感と健康的な輝きがあります。緑のラメ、青の唇といった特徴はかなり最近の流行りです。泳ぎに行く際は特に、良質なオイルを顔に馴染ませることを忘れないようにしましょう。神秘的な輝きを肌が放ちます。[9]
    • コスチュームを着用する場合は、顔に魚のうろこを描いてみても良いでしょう。
    広告

パート 3 の 4:
小物を揃える

  1. 1
    人魚風の靴を選ぶ 足元まで人魚らしいお洒落を楽しみましょう。きらきらとしたフラットシューズであれば簡単に購入でき、人魚風の服装にもよく合うでしょう。あるいは、魚のうろこのデザインが施された靴を探してみるのも良いでしょう。[10]
    • 無地の靴にうろこの模様を描いても良いでしょう。
  2. 2
    貝殻の小物を身につける 貝殻のネックレス、ブレスレット、イヤリングなどを揃えましょう。難しい場合は、浜辺で小さな貝殻を見つけましょう。細いチェーンを通すことができるような穴が空いている貝殻が見つかることもあります。ただし、穴が大きすぎると貝が割れてしまうかもしれません。穴が無い場合は、自分で小さな穴を空けてネックレスを手作りしましょう。
  3. 3
    海らしいヘアクリップをつける 海の生物を形どったヘアクリップを探してみましょう。ヒトデ、イルカ、魚、タツノオトシゴなどに人気があります。こうしたヘアクリップで髪を前から後ろに留めましょう。[11]
  4. 4
    貝殻の形のバッグを用意する 貝殻の形のバッグに必要なものを入れて携帯しましょう。バッグを持つことが好きでは無いという人は、貝殻の形のバックパックを探してみると良いかもしれません。あるいは、貝殻型の筆箱や財布なども検討してみましょう。[12]
    広告

パート 4 の 4:
人魚について学ぶ

  1. 1
    人魚についての本を読む 人魚にまつわる古い言い伝えからまず始めてみましょう。人魚の伝説は、ロシアからギリシャに至るまで、世界各地に存在します。次に、人魚が登場する架空の物語を読んでみましょう。中でも、アンデルセンの「人魚姫」は不朽の名作と言えるでしょう。[13]
    • アンデルセン以外にも、オスカー・ワイルドの「漁師とその魂」、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの「インスマウスの影」、そしてアリス・ホフマンの「恋に落ちた人魚」などがあります。
  2. 2
    人魚に関する映画やテレビ番組を鑑賞する 例えばディズニーが制作した「リトルマーメイド」から始めてみましょう。「スプラッシュ」は、水に濡れる度に人魚になってしまう登場人物の試練が描かれている実写映画で、人魚らしい身のこなしを身につける必要がある時に参考になります。これらはほんの一部に過ぎません。他にも優れた作品が多々存在します。[14]
    • 「恋に落ちた人魚」も良いでしょう。
    • また、「ピーターパン」、「パイレーツオブカリビアン」、「幻影の航海」なども参考になります。
  3. 3
    機会があれば人魚のテーマパークを訪れる 米国フロリダ州タンパには有名な人魚のテーマパーク「Weeki Wachee Springs」があり、人魚の尾ひれをつけて、人魚の様に泳ぐ練習をする子供向けの講座が存在します。フロリダ州が気軽に訪れられるような場所でない場合は、より近い場所に似たような施設がないか検索してみましょう。[15]
  4. 4
    人魚のショーを鑑賞する 人魚のテーマパークといった場所では、人魚のショーを楽しむこともできます。「Weeki Wachee Springs」だけではないので、一度検索してみましょう。実際に訪れることが難しい場合は、YouTubeの動画を検索してみましょう。[16]
  5. 5
    海洋生物の保護活動に参加する 真の人魚とは、自分が生きている世界(海)を大切にします。環境保護団体や汚染啓発のキャンペーンに参加してみましょう。また、乱獲や原油流出に関する危険についても調べましょう。浜辺の近くに住んでいる人は、ゴミ拾いに参加しましょう。[17]
    広告

ポイント

  • 自分の自然な美しさを大切にしましょう。人魚は常に自信に溢れていますが、うぬぼれたり傲慢に振舞うことはありません。
  • 歌の練習をしましょう。人魚は美しい声で歌います。すでに歌に自信がある人は、運転中や音楽室で披露しましょう。
  • 髪を海の色に染めましょう。アクア、シーフォームグリーン、ブライトブルーなどが参考になります。
  • 金魚鉢を持って学校へ行くと、より本格的な見た目になります。
  • 少し普段の自分らしさも交えましょう。完全に人魚になりきってしまうと、不自然さが感じられるでしょう。
  • 足元が少しおぼつかない様子で歩いてみましょう、人魚は海で暮らしているので、陸の上を歩くことを苦手としています。
  • 髪が短い人は、ヘアエクステンションを使ってみましょう。かつらよりも自然に見えます。もちろん、髪が短いままでも十分に人魚らしくなることはできます。
  • 友達とどこかへ向かう際は、靴は履かず、裸足で歩きましょう。
  • 海の美しさを愛し、周囲の意見に流されることなく海を心から大切にしましょう。海があなたの「故郷」です。
  • 泳げるようになりましょう。

広告

注意事項

  • マーメイド風の服装やコスチュームが校則に違反しないよう、しっかりと事前に確認しましょう。
  • 肌を過度に露出させないようにしましょう。人魚は可愛らしく上品であると考えられています。「セクシーさ」はあまり重要ではありません。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む209人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 144 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告