返信しなくてはならないメールや迫っている締め切りなどがあり、上司の期待に応えなくてはいけないのに仕事に集中できないという時もあるでしょう。大事な仕事を終わらせなくてはいけない時に集中力が失われると、イライラして生産性が低下するかもしれません。幸いにも、集中力を高めて、より効率的かつ迅速に仕事を終わらせる方法がいくつかあります。

1
気を散らすものを取り除く

  1. 携帯電話を片付け、テレビを消してソーシャルメディアからログアウトしましょう。気を散らすものが少なければ少ないほど、集中しやすくなります。
    • 仕事でコンピューターを使うものの、仕事とは関係がないウェブサイトを閲覧してしまう場合は、ウェブサイトブロッカーを使って仕事中にアクセスできるウェブサイトを制限しましょう。 Freedom、StayFocused、Limitなどのウェブサイトブロッカーをコンピューターにダウンロードして使うことができます。
    広告

2
休憩を取る

  1. 意外に感じるかもしれませんが、休憩は集中力の向上に役立ちます。携帯電話やコンピューターのリマインダー機能を使い、50~60分ごとに短い休憩を取りましょう。[1]
    • 休憩のたびに席を立つ必要はありません。ソーシャルメディアをチェックしたりコンピューターの前でボンヤリするだけでも、脳にとっては十分な休憩になります。
    • 休憩を取ると、頭がすっきりしてエネルギーが回復します。

3
やることリストを作る

  1. 紙に書くと把握しやすいかもしれません。その日にやらなくてはならないことをすべて書き出し、終わったものに打ち消し線を引きましょう。[2]
    • 終わった仕事に打ち消し線を引くと、1日中やる気を維持できるでしょう。
    • デスクの周りを紙で散らかしたくない場合は、携帯電話やコンピューターを使いましょう。
    広告

4
仕事を細かく分ける

  1. 1つの仕事が大きすぎると意欲が失われてしまうかもしれません。達成感を味わうために、次の1時間に片づける仕事を細かく分けましょう。[3]
    • たとえば、初めの15分でメールの返信を済ませ、次の20分で下書きをして残りの25分で下書きの編集をするという計画を立てましょう。
    • 1時間で終わらせる仕事を細かく分けて、それぞれを小さい目標として扱います。
    • 30分ごとに終わらせた仕事をチェックして生産性を確認しましょう。

5
初めは簡単な仕事に取り掛かる

  1. なかなか集中できない場合は、難しい仕事を後回しにしましょう。難しい仕事に取り掛かる前に、すぐにできる簡単な仕事を30分から1時間行います。[4]
    • こうすると、脳が「仕事モード」なります。
    • ただし、簡単な仕事に時間をかけすぎないようにしましょう。1時間経ったら本当にやらなくてはいけないことに取り掛かります。
    広告

6
マルチタスクを避ける

  1. たくさんの仕事をこなすにはマルチタスクが最適のように感じるかもしれませんが、1つ1つの仕事がおざなりになる可能性があります。1つの仕事に集中して取り組み、最善を尽くしましょう。[5]
    • 手当たり次第に10の仕事を終わらせるよりも、1つの仕事を完璧に仕上げるほうが良いでしょう。

7
心地良い音楽を聴く

  1. 歌詞がない音楽を聴くと集中力が高まります。 脳を落ち着かせて仕事に集中するために、クラッシック音楽やインストルメンタル音楽を聴きましょう。[6]
    • 集中力を高めるために、SpotifyやYouTubeでプレイリストを探しましょう。
    • クラッシック音楽が好きでない場合は、コンピューター音楽を聴きましょう。一般的に、コンピューター音楽は歌詞が少ないので、集中力の維持に役立ちます。
    広告

8
仕事をしない時間にはリラックスする

  1. 1日中仕事をしていると燃え尽きてしまいます。仕事をしない時間には、屋外やリラクゼーション施設に行ったり瞑想したりしましょう。[7]
    • リラックスしながら体を動かす方法として、リストラティブヨガを試しても良いでしょう。

9
十分な睡眠を取る

  1. 疲れていると判断力や集中力が低下します。十分に休息して次の日に備えるために、毎晩8時間以上の睡眠を取りましょう。[8]
    • 携帯電話のアラームをセットして、毎晩同じ時間に寝るようにしましょう。
    • 睡眠が不足すると心身の健康状態が悪化する可能性があるので、十分な睡眠を取ることが重要です。[9]
    広告

10
毎日運動をする

  1. エネルギーを発散しないと集中力が低下するかもしれません。体を動かして集中力を高めるために、1日の初めに近所を散歩したりランチタイムにジムで体を鍛えたりしましょう。[10]
    • ヨガやジョギング、サイクリング、水泳は、血行促進に効果的な低負荷の運動です。
    • 毎日、運動に長時間を費やす必要はありません。中強度の運動を20分間行うだけでも、全般的な健康と集中力の向上に役立つでしょう。

ポイント

  • 時間を有効に使うには、事前の計画が重要です。 
広告

関連記事

NASAで働くNASAで働く
Microsoft Wordでパンフレットを作るMicrosoft Wordでパンフレットを作る
有名人と繋がる有名人と繋がる
昇給の割合(%)を計算する昇給の割合(%)を計算する
プリント基板から金を取り出すプリント基板から金を取り出す
Google Docsを使ってパンフレットを作るGoogle Docsを使ってパンフレットを作る
給与についてメールで尋ねる給与についてメールで尋ねる
勉強と仕事を両立する勉強と仕事を両立する
メールで指導教員に推薦状を依頼するメールで指導教員に推薦状を依頼する
メールでフィードバックを依頼するメールでフィードバックを依頼する
宇宙飛行士になる宇宙飛行士になる
ホワイトボードを綺麗にするホワイトボードを綺麗にする
モデルになるモデルになる
プロのカメラマンになるプロのカメラマンになる
広告

このwikiHow記事について

Rahti Gorfien, PCC
共著者 ::
ライフコーチ
この記事の共著者 : Rahti Gorfien, PCC. 認定プロフェッショナルコーチ、そしてキャリア専門サービスプロバイダーのラーティ・ゴーフィエンは、「Creative Calling Coaching, LLC」の設立者です。ADDコーチアカデミーにて 上級レベルADHDコーチ認定資格を取得し、2018年にはあらゆる分野の専門家を紹介するサイト「Expertise」より「ニューヨーク市のライフコーチ15選」の1人に選ばれました。ニューヨーク大学大学院演劇科の卒業生でもあり、30年以上にわたり現役の舞台俳優として活躍しています。
このページは 209 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告