仕事探しをしているとストレスが溜まりやすく、気が滅入ることもあります。職が見つかるまでに長い時間がかかることもあるでしょう。自分が納得でき、安定した収入を得られる理想的な仕事を見つけたいと誰もが考えています。仕事口が次々に舞い込んでくるような魔法は残念ながらありません。しかし、仕事探しの効率を上げる方法ならば、いくつかあります。

パート 1 の 3:
求人探し

  1. 1
    求人情報をインターネットで探す 近頃では、ほとんどの求人がインターネット上に掲載されています。いろいろなサイトを調べてみましょう。多くの企業や公的機関が自らのウェブサイトに直接求人を掲載しています。また、そのような求人を集めたいわゆる求人サイトもあります。もちろん、これら大量の求人がすべて自分に適しているわけではありません。
    • 募集期間や応募方法の詳細を確認しましょう。募集が終了していることに気づかずに応募するのは、時間の無駄です。
  2. 2
    スキルと経験に十分合致した求人にのみ応募する 求人要件をすべて満たしている必要はありませんが、条件からかけ離れ、採用される見込みの薄い求人に応募しても、大切な時間を無駄にするだけです。求人要件におおむね合致していれば、応募する価値があります。
    • 仕事がすぐにでも必要ならば、幅広く応募しましょう。これは、自分に適正がまったくない求人にも応募するということではありません。選択の際、ときには自分の固定観念から離れる必要もあるということです。ある仕事に必要なスキルは、類似の仕事にも例外なく応用が利きます。
    • 遠隔地の求人や希望する勤務時間外の求人も検討する価値があります。非の打ち所がない理想的な仕事を見つけることは、残念ながらきわめて困難です。どのような仕事でも、何かしらの職を持っていた方が無職でいるより都合がよいでしょう。
  3. 3
    募集人数の多い求人に応募する 早く仕事を見つけたい場合は、募集人数の多い求人に応募するのがいいでしょう。この場合、最良の仕事とは言えなくとも、仕事を早く獲得することができます。
  4. 4
    見込みの高い求人に応募する 結果を早めに出すには、積極的に行動し、見込みのある企業・公的機関の担当者に、自分がその仕事を真剣に考えていること、また適任であることを伝えます。
    • 担当者と話をする機会としては、必要書類を提出するときが好都合ですが、その前に面会してみるのもいいでしょう。仕事やその具体的な業務内容を尋ねます。その際、会話の中で自分の積極性や自発性も強調します。事前に質問をいくつか用意しておき、気まずい沈黙に陥りそうになったときに利用します。
    • 面会には、仕事にふさわしい服装で臨みます。運動着などは避けます。服装により真剣さを示すのです。
  5. 5
    人間関係を活用する 最近は、人間関係、つまり人脈を利用して仕事を得る人が増えています。[1] 目当ての企業や公的機関内に、協力してくれる知人がいれば、有利に事が運ぶでしょう。職探し中であることを周りの人に知られるのを恐れる必要はありません。かえって思いもよらない人が、理想的な職を獲得する助けになってくれるかも知れません。
    • 多くの専門サイトが、職業上の人脈作りを支援しています。職探しのために人間関係を活用する手助けとなるでしょう。
  6. 6
    支援を求める 一日も早く仕事が必要ならば、公共職業安定所(ハローワーク)などの公共サービスを利用するのが一番の近道かもしれません。どのようなサービスがあるかを問い合わせてみましょう。自分のニーズに合致するカウンセリングプログラムなどがあるかもしれません。
    広告

パート 2 の 3:
必要書類の用意

  1. 1
    履歴書(および職務経歴書)を準備する 基本様式に沿った履歴書を使用し、適したフォントで作成します。
    • 最近のワープロソフトには、あらかじめ履歴書のテンプレートがついているため、楽に作成できます。レイアウトに手を煩わせる必要がなく、情報を入力するだけで済みます。ただし、応募先に合わせてテンプレートを手直しした方がいいでしょう。
    • 履歴書には、必要な経歴をすべて列挙します。どのような経歴が役立つのかをよく検討することが重要です。同時に、無関係な経歴を書かないように注意します。常識を働かせて選択します。
  2. 2
    適切な添え状(カバーレター)を書く 添え状により自身の価値を訴え、他者との差別化を図ることができます。[2] 社会人としてふさわしい、礼儀正しい言葉遣いで書きます。
    • 礼儀正しい挨拶から始めます。通常宛名には、求人情報にある問い合わせ先を記入します。問合せ先が明記されていない場合は、宛名を「関係者各位」とするか、「〇〇会社採用課御中」などとします。
    • 本文は、好印象を与えるような形で始め、自己紹介、応募内容、志望理由などを書きましょう。本文の冒頭部分はインパクトのある形で書き、他者との差別化を図ります。ただし、ユーモアや小細工に走リ過ぎないようにしましょう。
    • 最後に、仕事に対する関心の高さ、自分が適任である理由をもう一度述べます。
    • 複数の求人に応募する場合は、同じ添え状を使い回しせずに、応募ごとに内容を修正した方がいいでしょう。
  3. 3
    すべての必要書類を見直す 添え状と履歴書を見直し、間違いや不適切な言い回しがないかを確認します。他の誰かに見直してもらうのが非常に有効です。自分では気づかない箇所を指摘してもらえるかもしれません。
    広告

パート 3 の 3:
面接の準備

  1. 1
    すべての必要書類と募集条件を見直す 面接を受ける前に、必要書類に記入した内容と募集要件を頭に入れておきましょう。
    • 応募する会社についてあらかじめ調べておくといいでしょう。基本的なビジネスモデルや企業としての特徴、掲げている社会的使命などを把握しておきましょう。以上の事柄は、インターネット検索で簡単に調べられる情報ですが、こうした内容を面接で問われたときに答えられれば、その会社に対する関心の高さと一途さを示すことができます。
    • ブレーンストーミングを行い、自分の個性・性格や今までの経歴を書き出しておけば、面接で話題にできるかもしれません。[3] 履歴書には書かないことかもしれませんが、面接担当者と心を通わせる助けになります。自身の人格や労働観を整理しておきましょう。
  2. 2
    面接の練習 面接では通常、仕事に関する質問と、応募者の人柄をみる質問があります。前者は業務内容の理解度を測り、後者は協調性を測ります。両タイプの質問に自信を持って答えましょう。
    • たとえば、人柄をみる質問には、「10 年後、自分はどのようになっていますか?」、「自分が批判されたら、どう対処しますか?」、「チームの一員としてどのように仕事をしますか?」などがあります。
    • 「年収はどのぐらいを希望しますか?」と聞かれたら、具体的な数字は答えないようにします。さもないと、お金にしか興味がないと思われてしまいます。「交渉過程で柔軟に考えます」とだけ答えるか、「現行の給与水準はどのぐらいですか?」と聞いてみましょう。「今の仕事に対する不満は何ですか?」と聞かれた場合、後ろ向きの答えをすると、それがたとえ事実だとしても、ネガティブ思考の人間だと思われてしまいます。「5 年後の自分は何をしていますか?」と質問され、今と同じ役職を答えてしまうと、仕事への意欲が不足していると評価されます。この質問には、少し上位の役職を答えておきましょう。
    • 模擬面接を実施し、面接の練習をしましょう。何度か面接を受けても、いい返事をもらえない場合は、面接にまだ慣れていないのです。3~5 回ほど場数を踏めば、採用の返事をもらえるようになります。
  3. 3
    適切な服装で臨む 応募する職種や企業によって適した服装は異なりますが、基本的に上品で清潔感のあるものを選びましょう。
    • 身だしなみも整えましょう。体臭や髪の乱れなどは、面接を失敗させる大きな要因にはならないにせよ、面接官への印象を悪くします。面接で重要なのは、自分の人格や経歴を引き立たせることです。つまらないことで自分の評価を落とさないようにしましょう。
    広告

ポイント

  • 面接をいくつか受けたにもかかわらず、どこからも採用されなければ、落ち込んでしまうのも無理はありません。丸一日ゆっくり休んで、気持ちを入れ替えて再挑戦しましょう。何度でも挑戦し、自分のスキルを磨き続けることが、仕事を得る唯一の道です。
  • 面接には、履歴書のコピーとノートを持参しましょう。面接担当者が自分のことをまったく知らないようだったら、履歴書のコピーを渡します。面接が終わったら、聞かれた質問と面接担当者の名前をノートに控えておきます。後で面接担当者にお礼のメールを送りましょう。ノートに記した質問を見直しておけば、次の面接に呼ばれても慌てずに済みます。

広告

関連記事

How to

NASAで働く

How to

Microsoft Wordでパンフレットを作る

How to

メールで指導教員に推薦状を依頼する

How to

昇給の割合(%)を計算する

How to

宇宙飛行士になる

How to

ホワイトボードを綺麗にする

How to

Google Docsを使ってパンフレットを作る

How to

勉強と仕事を両立する

How to

プリント基板から金を取り出す

How to

仮病で仕事を休む

How to

ストリッパーになる

How to

有名人と繋がる

How to

英語でリマインダーEメールを書く

How to

コンセプトペーパー(企画書)を書く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は3,827回アクセスされました。
カテゴリ: 求人 | 仕事・職業 | 仕事
このページは 3,827 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告