新しい仕事が見つかったものの、今の仕事を辞めることをメッセージで知らせる方法がわかりませんか? 最近の労働力不足によって労働者の力がますます強くなっているため、仕事にうんざりした社員がもう仕事に来ないことを上司に伝えるスクリーンショットがインターネット上で拡散しています。[1] しかし、仕事を辞めることをメッセージで連絡しても良いのでしょうか?また、どのようなメッセージを送ったら良いのでしょう?ここでは、このような疑問に対する答えと、退職の意思をメッセージで伝える方法を紹介します。 

方法 1
方法 1 の 3:
仕事を辞めることをメッセージで連絡しても良い?

  1. 1
    関りを断つ覚悟があれば、メッセージで連絡してもかまいません。仕事を辞める場合は、退職届を提出して対面で伝えるのがマナーですが、劣悪な職場環境で上司と必要以上に話をすることに耐えられない場合は、メッセージで連絡してもやむを得ないでしょう。[2]
  2. 2
    職場での信用を失わないために、できればメールや電話で伝えましょう。採用を行う企業は応募者の前職の会社に電話をして調査することが多いので、上司と良好な関係を維持したほうが将来のためになります。退職する場合は対面で伝えるのがマナーですが、メッセージよりもメールや電話のほうがまだ良いでしょう。[3]
    • 上司がメッセージに注意していないと見落とされる可能性もありますが、電話で伝えれば、上司に退職の意思が伝わったことを確認できるでしょう。
    • 一般的には、対面で伝えるのがマナーとされています。また、職場の他の人よりもまず上司に知らせる必要があります。他の人から上司に伝わることがないようにすれば、印象が悪くならないでしょう。[4]
    • 性格や経済状態によって、辞める理由は人それぞれです。
    • しかし、できれば次の仕事が見つかるまで辞めないほうが良いでしょう。
    • また、辞める代わりに興味のある業務や得意な業務に配置転換してもらえるか確認しても良いでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
仕事を辞めることをメッセージで連絡する場合のアドバイス

  1. 1
    できるだけ早く連絡しましょう。法律では2週間前に退職の意思を伝えれば良いことになっていますが、就業規則では1か月~3か月前と決められている場合もあります。できるだけ早く伝えるようにしましょう。ただし、虐待的な環境に置かれていて一刻も早く辞める必要があれば、急に辞めるしか方法がないかもしれません。[5]
  2. 2
    社会人としてきちんとした文章を書く 上司に社会人として正当に扱われていなかったとしても、社会人らしく正式な文章できっぱりと意思を伝えましょう。略語などを使用せずに、正式なメールと同じように丁寧な文章を書く必要があります。[6]
    • 仕事上のメールと同じように、送る前に文法や誤字脱字を確認しましょう。書いた文章に自信がなければ、友達や家族に確認してもらいましょう。
  3. 3
    仕事に関しては前向き、または中立的な姿勢を保ちましょう。軋轢を生みたくなければ、たとえ正当な主張でもメッセージに不平不満を書かないほうが良いでしょう。「良い経験になった」と書きたくなければ、「この職場で働く機会を頂けたことに感謝しています」などと書きましょう。[7]
  4. 4
    退職届を提出することを伝えます。非公式な方法で辞めるので、正式な退職届を提出することをメッセージで伝えましょう。印象が良くなることはないかもしれませんが、できることはやっておきましょう。[8]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
仕事を辞めることを伝えるメッセージの例

  1. 1
    例1
    • 「誠に勝手ながら、新しい環境で挑戦したく、2月20日をもって退職させていただきます。職場の皆様には大変お世話になりました。必要に応じて退職届を提出させて頂きます。現在取り組んでいるプロジェクトを終わらせてから退職致します。」
  2. 2
    例2
    • 「突然失礼致します。残念ながら、家庭の事情により仕事を継続することが難しくなりました。2月20日をもって退職させていただきます。必要に応じて、退職届を提出致します。これまで大変お世話になり、心から感謝申し上げます」
  3. 3
    例3
    • 「急な話で大変心苦しいのですが、本日をもって退職させて頂きます。今まで大変お世話になりました」
    広告

関連記事

NASAで働くNASAで働く
Microsoft Wordでパンフレットを作るMicrosoft Wordでパンフレットを作る
有名人と繋がる有名人と繋がる
昇給の割合(%)を計算する昇給の割合(%)を計算する
プリント基板から金を取り出すプリント基板から金を取り出す
Google Docsを使ってパンフレットを作るGoogle Docsを使ってパンフレットを作る
給与についてメールで尋ねる給与についてメールで尋ねる
勉強と仕事を両立する勉強と仕事を両立する
メールで指導教員に推薦状を依頼するメールで指導教員に推薦状を依頼する
メールでフィードバックを依頼するメールでフィードバックを依頼する
宇宙飛行士になる宇宙飛行士になる
ホワイトボードを綺麗にするホワイトボードを綺麗にする
モデルになるモデルになる
プロのカメラマンになるプロのカメラマンになる
広告

このwikiHow記事について

Meredith Walters, MBA
共著者 ::
認定キャリアコーチ
この記事の共著者 : Meredith Walters, MBA. 認定キャリアコーチのメリディス・ウォルタースは、クライアントが充実した仕事に就けるよう、技能開発のサポートを提供しています。キャリア&ライフコーチとして8年以上の経験があり、エモリ大学ゴイズエタ・ビジネススクールと平和部隊(米国政府ボランティアプログラム)で講習を行ったこともあります。New Ventures Westにてコーチの認定資格を、サンフランシスコ大学にて経営学修士の学位を取得しました。 ICFジョージア州支部の理事会メンバーを務めていたこともあります。
カテゴリ: 仕事
このページは 605 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告