このwikiHowでは、友達や愛する人のFacebookアカウントに緊急時(行方不明、怪我など)や本人から頼まれた場合にアクセスする方法を説明します。また「信頼できる連絡先」を設定して使用する方法(アカウントからロックアウトされた場合)、およびパスワードを安全に保つ方法についても紹介します。

方法 1 の 3:
他人のアカウントにアクセスする

  1. 1
    ウェブブラウザで https://www.facebook.com を開きましょう。他人のFacebookパスワードを合法的に解読することは不可能ですが、その人のメールアドレスやテキストメッセージにアクセス可能な場合はアカウントにサインインできます。もし相手が「信頼できる連絡先」を追加していた場合(そして、その連絡先が誰なのか、その人への連絡方法を知っている場合)、この機能を利用してアカウントにアクセスすることができます。
    • この方法は身近な友達や親戚などが行方不明の場合や、トラブルに巻き込まれている場合、またはなんらかの理由でアカウントを使うように頼まれた場合に使用できます。 
    • 自分のアカウントにサインインしている場合は、ページの右上隅にある下向き矢印をクリックしてログアウトを選択し、サインアウトしてください。
  2. 2
    アカウントを忘れた場合をクリックしましょう。サインインページの右上隅にあるパスワードボックスの下にあります。
  3. 3
    ユーザーのメールアドレスまたは、電話番号を入力して検索をクリックしましょう。アカウントの設定に応じて、入力したメールアドレスや電話番号に6桁のコードが自動送信されるか、あるいはアカウントの一覧が表示されます。
    • 入力したメールアドレスまたは電話番号にアクセスできない場合は、コードが届かなかった場合というボタンをクリックして次の手順に進みます。
  4. 4
    自分のアカウントを選択して これが私のアカウントをクリックしましょう。これにより、選択したメールアドレスまたはテキストメールに6桁のコードが送信されます。コードが送られたメールアドレスまたはテキストメールボックスにアクセスできる場合は、次の画面でコードを入力してパスワードをリセットし、アカウントにサインインしてください。
    • 表示されているアカウントにアクセスできない場合は、次の手順に進みます。
  5. 5
    アカウントへのアクセス権がなくなりましたをクリックしましょう。 オプションの下にあります。
  6. 6
    続行アクセスできるメールアドレスまたは電話番号を入力してクリックしましょう。パスワードを正しくリセットできた場合は、ここで入力したメールアドレスまたは電話番号にリセットリンクが送信されます。
  7. 7
    信頼できる連絡先を教えてもらいましょう。信頼できる連絡先というオプションが現れない場合は、次のステップへスキップしましょう。Facebookはロックアウトされた場合に備えて、信頼された連絡先を自分のアカウントに登録すしておくことをユーザーに推奨しています。もしもユーザーがすでに「信頼できる連絡先」を選択している(また一人でも連絡先に登録されている人を知っている)場合、「信頼している連絡先」リストを見ることができ、回復コードを生成できるように連絡することができます。
    • 信頼できる連絡先を表示をクリックする。
    • 連絡先の名前を入力して確認をクリックします。その人が信頼している相手の連絡先の一覧がURLと共に表されます。
    • 各「信頼されている連絡先」に登録されてる相手に電話、テキスト、またはメッセージを送信し https://www.facebook.com/recover にアクセスしてサインインするように頼みます。これによりコードが「信頼できる連絡先」に登録されている相手から送られてくるでしょう。
    • 「信頼できる連絡先」によって生成されたコードを入力して続行をクリックします。
    • 画面の指示に従ってパスワードをリセットし、アカウントにアクセスします。
  8. 8
    画面の指示に従って操作しましょう。上記の手順を使用してもアカウントにアクセスできない場合は、関連付けられているメールアドレスまたは電話番号にアクセスしないとログインできないというメッセージが表示されることがあります。セキュリティに関する質問に回答したり、当該ユーザーの友人を特定したりするなど、別のオプションが与えられている場合は、それらの手順に従ってアカウントにアクセスします。
    • それでもアカウントにアクセスできない場合は、相手のコンピュータにパスワード保存された文書がないか検索してみてください。 「パスワード」または「ログイン」という名前で作成されているかもしれません。
    • 行方不明の人や法的に問題がある人のアカウントにアクセスを試みる場合は、地方自治体の管轄部署に連絡してください。当該機関は正当な令状を持って、個人のFacebookアカウントにアクセスすることができます。
    広告

方法 2 の 3:
「信頼できる連絡先」を設定する

  1. 1
    ウェブブラウザで https://www.facebook.com にサインインしましょう。「信頼できる連絡先」リストに3〜5人の友人を追加すると、アカウントからロックアウトされた場合に役立ちます。サインインできない場合は、パスワードをリセットしてオンラインに戻るために使用できる回復コードを「信頼できる連絡先」のメンバーに生成してもらうことができます。[1]
  2. 2
    メニューをクリックしましょう。Facebookの画面上部の青いバーの右上隅にあります。
  3. 3
    設定をクリックしましょう。メニューの下の方にあります。
  4. 4
    セキュリティとログインをクリックしましょう。左の一欄の上方にあります。
  5. 5
    「ロックアウトされた場合に連絡する友達を選択してください」の横にある編集をクリックしましょう。ページの上部、「おすすめ」ヘッダーの下にあるはずです。表示されていない場合はスクロールダウンして「セキュリティの設定」セクションの下にあるでしょう。
  6. 6
    友達を選択するをクリックしましょう。信頼できる連絡先の利用に関する詳細を含むポップアップが表示されます。
  7. 7
    信頼できる連絡先を選ぶをクリックしましょう。
  8. 8
    信頼しているFacebookの友達の名前を入力しましょう。友達の名前を入力を開始します。入力を進めると一致する友達のリストが表示されます。名前が表示されたら、正しい友達をクリックしてリストに追加します。
  9. 9
    少なくとも2つ以上の連絡先を追加しましょう。合計で5つの連絡先を追加することができます。
  10. 10
    確認をクリックしましょう。これにより選択した友達が信頼できる連絡先に追加されました。このリストは、リストの編集をクリックすることでいつでも編集することができます。
  11. 11
    自分のアカウントに戻りましょう。アカウントからロックアウトされ、信頼できる連絡先の助けてもらう必要がある場合は、次の手順に従ってください。[2]
    • Facebookのログインページでアカウントをお忘れですか?をクリックし、画面の指示に従って、メールアドレスまたは電話番号を入力して自分のアカウント名を検索します。
    • 表示されているアカウントにアクセスできない場合は、「これらへのアクセス権がありませんか?」をクリックしましょう。
    • アクセスできる新しいメールアドレスを入力して、続行をクリックしましょう。
    • 信頼できる連絡先を表示をクリックして、追加した友達の名前を1人入力します。これにより、全ての信頼している連絡先が表示されます。
    • 各信頼している連絡先にメールまたはテキストを送信し、相手に開くように依頼します。 その人がアカウントにログインすると、あなたにアカウントに戻るためのコードを送信するよう求められます。
    • 送られてきたコードを入力して、続行をクリックします。これで自分自身のアカウントに戻ることができます。
    広告

方法 3 の 3:
パスワードを保護する

  1. 1
    二段階認証を有効にしましょう。この機能は、許可なくあなたのアカウントにアクセスしようとする試みのほとんどを阻止することができます。認識されていないデバイスでアクセスしようとしていることが検出されると、ログインするために入力する必要があるコードが携帯電話に送信されます。このコードがないと、侵入者はあなたのFacebookアカウントにアクセスできません。[3]
    • Facebookアカウントにログインします。
    • ▼ メニューをクリックして、設定を選択します。
    • セキュリティとログインをクリックします。
    • 「二段階認証を使用」の横にある編集をクリックします。
    • 認証方法を選択して、画面の指示に従います。
  2. 2
    ユニークなパスワードを使用しましょう。名前、誕生日、自宅の住所、または実際の単語は容易に推測できてしまうため、パスワードに使用しないようにしましょう。パスワードは単語と文字の組み合わせで、できるだけランダムな順序にしましょう。パスワードが長くランダムであるほど解読が難しくなります。
  3. 3
    各オンラインアカウントに異なるパスワードを使用しましょう。メール、オンラインバンキング、Facebookアカウントなどに同じパスワードを使っている場合、パスワードを1つ発見するだけであなたの全ての情報にハッキングするのが簡単になってしまいます。
    • 最善のパスワードを作成するためのヒントについては、安全なパスワードを作成する方法を参照しましょう。
  4. 4
    Facebookからログアウトすることを忘れないようにしましょう。他の人のコンピュータ、携帯、またはタブレットにログインする場合、これはとても重要です。他の人があなたのコンピュータにアクセスした場合は、そこからログアウトすることも検討しましょう。
  5. 5
    ファイアウォールとマルウェア対策保護を使用しましょう。ウイルス対策およびマルウェア対策のアプリを常に最新の状態に保ち、安全Facebookにサインインするのはファイアウォールを備えた場合のみにしましょう。コンピュータがこれらの機能によって保護されている限り、ハッカーがパスワードを盗もうとするためにキーロギングソフトウェアのインストールを試みても、警告がくるでしょう。
    広告

注意事項

  • 許可なしに他人のFacebookアカウントにアクセスすることは個人のプライバシーの侵害であり、違法です。他人のアカウントに侵入する前にこのことを考慮しましょう。
広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

画像のURLを取得する

How to

2台のルーターを接続する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

Outlookで投票ボタンを使う

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

閲覧履歴を確認する

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む104人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,417回アクセスされました。
カテゴリ: インターネット
このページは 1,417 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告